サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン五輪、男女とも勝利!!!

 ロンドン五輪の先陣を切ってサッカーが開幕したが、日本代表は、
女子は苦戦の予感を感じる内容だったのに、男子は素晴らしい発進だった。

女子は、初戦という事で、堅さとぎこちなさが少し眼についたが、
明らかに格下のカナダに対して完勝と言って良いだろう。
問題点は鮫島のパスミスが目立った事で、チームのリズムをぶち壊す
危険性を感じた。また鮫島の上がった裏を突かれるという不安は全く
解消していない。沢と坂口があれだけフリーなのに、攻めになった時に
パターンが少なくて攻撃に厚みが無いのも気掛り。

男子は前評判が低かったが、「吉田」「徳永」の2人を比嘉と山村が
いた場所に起用した事で、一気に守備面での安定感が増したばかりか、
徳永の攻撃参加からチャンスが生まれそうな予感を感じさせた。
またコンディションとゲームコンセプトが非常に良かった。
始まる前にはどうなるだろうかと不安だった人も多かったはずだが、
終わってみれば、日本の勝利は順当な結果にも見える。

 スペインがべストコンディションで無かったのと、日本のアタックへの
対応を見ると、日本の選手の情報が少なかったとしか考えられない。
 それによってⅠ-0という思わぬ勝利を得る事が出来たが、
理由と原因はともかく、公式戦でスペインに勝ったという事実と結果に
対しては、イチャモンやケチを付ける筋合いは無い。
内容でも結果でも、完全に日本の方が上だった。

 この勝利から認識するべきは、守備の重要性とカウンターアタックの
威力で、ボールポゼッションでは、スペインに大差をつけられたが、
SH数もチャンスの数も日本の方が多かった事だ。

もちろんサッカーのレベル的にはベストのスペインの方が上なのは
間違いないが、「勝負の世界」というのは、その時々の状況によっては
このような結果が出る事を知ったのは大きな成果と学習といえよう。



スポンサーサイト

オーストラリア戦は引き分け

 W杯最終予選の第3戦、対オーストラリア戦は、勝てたゲームだったが、
アウエーで不利な状況の中で戦った事を考慮すれば1-1の引き分けでも
良かったと思う。しかも相手はオーストラリアなのだから。

 立ち上がり20分間は、オーストラリアの猛烈なアタックに戸惑った
ようで、4回の決定的なチャンスを作られてしまったが、それ以降は、
76分のCKのこぼれ球を狙われた1回だけだった。ほとんどの時間を
日本のペースで戦えたのだから、合格点をあげたいと思う。

 本田と香川は別格のプレーを見せてくれた。
完全にアジアのレベルを超えている。それも同じタイプではないから、
オーストラリアも対応に苦慮したのがハッキリと判る。本田は潰せないし、
香川にはかわされる。特に香川は流れの中でトップ下&中央の位置に出て
ボールを持った時には、相手との間合いの取り方やリズムが際立っていた。

 ただ守備麺では、空中戦は完敗で90%は競り負けていたと思うが、
ゴールの枠の中に飛ばさせたのは少なかったから、よく持ちこたえたと
評価したい。前半はセカンドボールを拾われ続けてしまい、苦しかったと
思う。また、フィジカルでも圧倒されており、高さとパワーの前に
DFが下がり気味になってしまったのも波状攻撃を受けた原因だった。

オーストラリアは、アジアカップの時よりも、両サイドを有効に使って
来たが、それがオジェックが立てた対日本戦対策だったのだろう。
早めのクロスではなくて、少し深く持ち込んでからのハイクロス、
それと、DFラインから日本の両サイドのスペースにロングボールを
ガンガン放り込んできたのが印象的で、また効果的だった。

これは自分たちのやり方で戦うとかよりも、長所を出しつつも、相手の
長所を消した上に、そこを得意なパターンで徹底的に突くという目的が
あったのだ。おかげで長友はあまり攻撃参加出来なかった。
誤解しないように指摘するが、長友が攻める意識が足りなかったのでは
なくて、狙われて釘づけにされかかったのだ。今野と栗原はハイボールの
対応に必死で、遠藤と長谷部はセカンドボールの競り合いと、中盤での
潰し合いに精力を注いでいた為に、速攻と放り込みを受けた時の守備の
バランスを考えたら、この日の両サイドバックの攻撃参加はリスクが
大きかったので、アウエーでの失点を最小限にする事を優先した方が
賢明である。

 主審のジャッジに関しては、見ての通りだ。
「ミリガン」をイエローカード2枚で退場にした事が混乱の始まりだった。
その結果、それ以後のジャッジは、冷静さとホームへの媚が目立ち、
メチャクチャ、デタラメの進行を行うだけの存在に過ぎなくなった。








アジアカップの決勝戦では「完全に負けゲームだった」のを
思えば、ゲーム内容は、今回の方が遥かに良い。

分解写真を見るようなパス回しは厳禁だ!!!

 仙台とFC東京がスタートダッシュに成功したが、両クラブに共通した
傾向があるのに気がついたと思う。それは、速く激しいチェックで、ボールを
奪ってから、相手の守備の組織が構築されていないうちに、速攻で一気に
攻め込んで、シュートまで持っていく事だ。

 日本代表やU-23代表はどうだろうか。
数的に優位な状況で、相手守備陣の組織が崩れてるのに、ユックリとパス回し
をしたり、バックパスと横へのショートパスを出す事ばかり考えて、手間暇、
時間を掛けてペナルティーエリアに迫った時には、相手守備陣が戻ってしまい、
守備のブロックを形成されて、シッカリとマークされた状態で攻めあぐむ事が
頻繁にあるのは皆が知っている。
それは、一部のクラブの戦い方にも同じような事がいえるのが現状である。
 
しかも、非常に愚かな事に、それを「組織的な攻め」「パスサッカー」
「格上のチームの戦い方」と錯覚してるウルトラバカのサポーターとマスコミ。

対神戸戦のFC東京の1点目の速さとダイナミックな展開。あれと比べたら、
対ウズベキスタン戦の日本代表のパス回しは「スローモーション」どころか、
【分解写真】のように見えるだろう。


今日のJリーグで、ガンバ大阪相手にジュビロが見事な速攻カウンターから2点を
あげたのも印象的で、遅攻やDFとMFでのパス回しは、速攻で得点できない、
チャンスが作れない時に行うのが正しい事に速く気が付いてもらいたい。

ボールを奪った時に、得点のチャンスになりそうな状況で速攻を仕掛けずに、

【分解写真のようなバックパスと横パス回し】
など見たくない。



テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

勉強不足のマスコミ(対シリア戦から)

 五輪予選の対シリア戦の敗戦を受けて一夜明けてから、ようやく非常事態に
なったという認識が広まってきたようだ。関塚は「勝ち点を積み重ねる」なんて
トンチンカンな事を言ってたが、勝ち点だけではなくて、得点が必要なんだ。

 マスコミには、対シリア戦では自分たちの戦い方が出来なかったとか、
日本らしさが出なかったのが敗戦という言い方や記事が書かれている。
さらには、受け身に立って積極性がないとか、押し込まれたという論調もある。

全部、サッカーどころかスポーツを知らない、底の浅い短絡的な意見だ。
特に今回ヨルダンに行った読売新聞の記者、サッカー知らないな!!!

90分間、常時、相手を押し込むゲーム展開や、完全にペースを与えない等と
いうゲームの方が圧倒的に少ない。戦力差が同等か少ない相手では、もちろん、
日本よりも戦力が上回る相手ならば、そのようなゲーム展開を望むのが非常識。

ピッチ状態の悪い中で、日本の特徴である。細かく素早いボール回しが
出来ないか、難しい時に、いわゆる日本らしさが出せない時にどう対応するか、
違った戦い方も選択出来るか。そういう事を考えて適応出来るようにしないと、
今後の中東や中央アジアのアウエーゲームでは、再三、再四、同様の苦難に
ぶつかる事になる。

また、引き分けでも構わないとか、前掛かりになってる相手にカウンターで
得点を狙う。押し込まれたり、相手のペースでリズムを握られた場合でも、
じっと我慢して、粘り強く時間が過ぎるのを待ち、相手のリズムをぶっ壊す。

そういう試合運びを出来ないようでは、日本は絶対に世界の一流にはなれない。
ゲーム中に、そういった駆け引きが出来ないのは致命的な弱点になる。

シリア戦では、ゲーム開始から終了まで、ボランチが下がり過ぎて、中盤の
スペースを作ってしまい、2点目の場面では、守備の人数は足りていたが、
シュートコースに入らなかった。アジア大会の時には、シュートコースに
必ず誰かが入って防いだので、失点の危険性は少なかったが、五輪予選では
その意識と動きが減っている。

最終戦、シリア対マレーシアは、日本対バーレーンの、7時間後に行われる。
結果が判ってからのゲームって事はだ、「何でもありだ」7時間あれば
審判やマレーシアを買収できるだろう。





テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

韓国に歴史的快勝

 札幌で行われた対韓国戦は、日本が素晴らしいゲーム内容で快勝した。

3-0という結果だけでなく内容でも、日韓戦の歴史の中で、これほどの
差をつけた快勝は無かったと思う。
例えば、1974年の日韓定期戦での4-1のゲームはアジア大会直後で、
韓国が全く乗ってなく覇気の無い状態で、心身ともにコンディションが酷く
このチームが韓国とは信じられないような惨状だったから、韓国の方は
大きなショックを受けなかったであろう敗戦だった。

 それに対して今日のゲームでは、韓国のMFとDFの守備が日本の攻撃に
対して対応出来ず、絶望的なまでの明確な差を感じるほどのショッキングな
内容だったに違いない。

 本田と香川のテクニックとポジショニングにはなす術もない有様で、
フィジカル面でも圧倒出来なかった事が、決定的な差となった。
この二人に完全に振り回されて、さらには遠藤にいいようにあしらわれて、
中盤では一見無策としか見えないような守り方だったが、それほど本田と
香川の個人技と二人を軸にした日本のパス回しと展開が素晴らしかった。

 韓国は日本の中盤に対して、特別な事はせずに、コンパクトにして
人数を増やしてスペースを作らせない事、そして本田が持って危険な地域に
侵入して来た時は2~3人掛かりで潰す。香川に対しては飛び込むと抜かれる
。かわされるから、安易に飛びこまずに少し距離をあけて仕掛けててくるのを
待つという守り方をしてきた。

これらが全て機能せずに、日韓戦の歴史上、記憶にないほどに中盤で
面白いように振り回された。2010年W杯の直前の埼玉スタジアムの日韓戦
での、岡田ニッポンが絶望的な惨敗を喫したのと逆のパターンである。

 韓国のプレスが激しくなかったように見えるが、あれは、プレスを掛けても
かわされたりパスを回されるから行けない、飛び込めない。しかも当たり負け
しないから、得意のボディコンタクトで潰そうとしても潰せない。

 これは韓国選手と監督が、サッカーを良く知っている事の証明である。
飛び込めばやられる。だから行けない。という事だ。
 ボールをキープしたりスルーパスを出す能力は高いが積極的にSHしない
のが、今までのテクニシャンタイプの日本人選手の傾向だったが、本田と香川
の二人は、積極的にドリブルで仕掛けてSHを打ってくる傾向が強い。
 
 韓国のようなチームは「本田と香川」は実にやりづらいタイプの選手だと思う。
 
 日本は後半に数回のピンチがあったが、3-0と勝負がついた後で、
遠藤と長谷部のボランチの二人を代えた為に生じたものであり、それほど
不安視する必要は無い。あえて指摘すれば、緩いバックパスと横パスを
自陣内で、しかも相手選手のプレーエリア内で行った結果が何を招くか
を自覚して絶対に繰り返してはならない事だ。

 よく考えてみよう。
親善試合とはいえ、大事な日韓戦で、長谷部と遠藤の二人を負傷したわけでも
ないのに交代させるなんて、凄い余裕ではないか。

 韓国が相手なのだから、出来れば、4点・5点と追加点を挙げて欲しかった。
こういう展開の時にはドンドン得点を重ねるべきで、徹底的なダメージを与える
事が望ましい。

北朝鮮代表の入国容認の見通し

 ブラジルW杯予選での北朝鮮代表選手団の入国が容認される見通しだ。
別に驚いたり、ホッとする程の問題ではない。

日本政府が北朝鮮からの入国禁止等と言ってもFIFAがそれを受け入れる
はずもなく、そんな事をしたら日本サッカーのイメージダウンに繋がり、
世界の非常識として、異常な国、キチガイが支配する悪魔のような政府と
断定されても反論など出来るはずが無かった。

 これで、一番ガッカリしてるのは、不安と悲観論を煽るスポーツ紙だ。
常識で考えれば、入国禁止などあり得ないのは初めから判ってるはずで、
不安要素として指摘した人物はサッカー担当記者失格である。本当に
サッカーを愛して、日本の予選通過を望むならば、北朝鮮の入国を許可して
ホームゲームを行うような論陣を張るべきなのだ。

3次予選の組み分けが決まったら、格下のチームばかりで2位以内通過は
確実なので、なんとか不安や危機の要因を無理やり見つけたり、こじつけ
、マイナスと決めつけてネガティブ報道をしたのが実情だ。

不安を煽れば新聞が売れるとか、ファンの注目を集める等と判断した人物は
【 国賊 】【 売国奴 】である。
こんな連中をサッカー担当記者として取材を許可するのは記者席の無駄使いだ。

記者席ではなくて牢獄と拷問と
処刑場を用意するべきであろう

サッカーに対する認識を改めよう

 U-17に続き女子代表(なでしこ)も、個人の強さと勝負に対する意識
の差がハッキリと出て、イングランドに完敗した。

サッカーというスポーツは、相手よりも多く得点した方が勝つという大前提を
再認識しなければいけない。その為にはSHを打たなければいけないという
事を知る必要がある。

 SHを打つ事よりも、綺麗なパス回し(あくまでも綺麗であって華麗ではない)
や、DFとMFの間で、緩いバックパスと横パスを数多く行ったチームが勝つ
スポーツではないのだ。

また、SHを打つ前には、必ずワントラップしてボールを止めなければいけないと
いうルールがない事も事前に知っておく必要がある。
さらに、無理な体勢から打ったSHが入ってもゴールと認められる事も
覚えておこう。

そしてサポーターは、組織でパスを回して攻めるのが正しいサッカーであって、
ブラジルのように個人技で2~3人抜いて得点するのは間違ってるとか、
「草サッカーの戦術だとか、レベルの低い攻め」と信じてるならば、即刻、
その考え方を改めなければならない。

前線と中盤でプレスを掛けて、ボールを奪った時に、相手のDFの組織が出来てない。
あるいは、スペースがあったり、数的優位の状況にあったら、手数を掛けずに
一気に攻め込んだ方が得点する確率が高い事を学ばないといけない。

 それを典型的な格下のチームの戦い方だとか草サッカー等と蔑んでる人は、
何時まで経っても、ゲームを数えきれない位見ても、サッカー観察眼は進歩しない。

キリンカップ・対チェコ戦について

 昨日行われたキリンカップ、対チェコ戦は「テスト」としては有意義だが、
「強化」目的では大失敗で、何も得る物は無かった。

 ペルー戦で機能しなかった3-4-3システムを、今回はレギュラー組で
再度挑戦したが、やはりダメだったのが判ったのが「有意義」という事で、
おそらく、ペルー戦の後半も、3-4-3で行ったら、似たような展開に
なったと思われる。

 日本代表は、ボールはキープするものの、1軍半のチーム編成にも関らず、
守備が実に良く組織化されたチェコに対して完全に攻めあぐんでしまった。
ザックは「3-4-3」を、ペルー戦よりも良かったと評価していたが、
両サイドに「内田」「長友」前に「本田」を置いた結果であって、これは
個人の能力の違いが出ただけに過ぎず評価に値しない。
 しかも、サイドに起点を置いて崩すはずが、サイドから攻めてチェコの守備
を崩すシーンは無かった。日本のチャンスの大半は、本田がトップ下やボランチ
の位置に下がってボールに触れた時に生まれた物で、これは4-2-3-1の
方が慣れているという事の証明であり、また、この方が日本の良さが出ると
いう事を意味する。
 どうしても3-4-3に執着するならば、トップに前田か李ではなく本田を
置いて、本田の居た所に香川を起用する。それでないと得点の可能性が見えて
こないと思う。
李の所でボールが収まらず、岡崎・内田・長友はリーチのあるチェコDF陣に
ドリブルやパスが、随分引っかかってたのが印象的だった。

 アジア諸国がW杯予選で日本と対戦する際には、両サイドの守備を固めて
内田と長友にスペースを与えず、本田と香川にはマンマークを着けてくると
予想する。それもファウル覚悟の相当に厳しいものになるだろう。
その上、審判がホームでもアウエーでも、日本に対しては多くの場合、不利な
ジャッジを行うのは、過去のアジアカップ、W杯予選で十分すぎる程判ってる。

 これでは相手の術中に嵌まってしまう訳で、日本は自滅するだろう。
ゲーム中にシステムを変更して相手を撹乱させる目的があるならば、過去の
ゲームでも見せたように、ゲームの流れの中で、各自がポジションチェンジを
行えば、それで良いのではないか。例えば、4BKの中で、攻撃になった時は、
内田や長友が思い切って前線に飛び出して行けば済むし、本田・香川・前田
3人の連係の良さもまた実証済みだ。

それよりも、アジアカップのグループリーグで見せた「ゲームの入り方の拙さ
の解消」や、準決勝の韓国戦、決勝のオーストラリア戦で徹底的に突かれて、
大苦戦の要因となった「高さとフィジカル」の弱点解消の方こそ、新しい
システムのテストとマスターよりも優先して対策を立てるべきではないか。

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

ジュビロ磐田サポーターの処分は妥当だ

清水対磐田戦で、磐田のサポーター2人が、清水のゴトビ監督を誹謗する横断幕を
出した件で、この2人のサポーターを無期限入場停止処分とする採決が下ったが、
当たり前の事が実行されて良かったと思う。

 今後は磐田のホームゲームでは、事前に認可された横断幕のみ掲げられるように
するらしいが、これまた当然である。
 事件を起こした2人は10代で、「何も考えずにやってしまった」と言ったようだが、
結果的に、自分で自分の首を絞めてしまったのだ。しかも他のサポーターの自由まで
奪ったのだから罪は大きい。

なぜ、何も考えずに誹謗中傷するような横断幕を出したのか全く理解不能だ。
それも、サッカーとは関係なく、ゴトビも関り合いの無い文面だ。

 いつも指摘しているが、このようなサポーターの不祥事が続く事で、
ドンドン、スタジアム内の自由が規制されて行くのだと自覚してもらいたい。

 今、自分が興味を持っているのは、サポーターの不祥事によって、
最初に、勝ち点はく奪やホームゲーム無観客試合等の厳しい処分を受けるクラブは
何処になるかと言う事だ。


ハマムを糾弾せよ

 FIFA会長選挙もブラッターの無投票当選が確実になった。
ハマムの買収疑惑が今後明らかになるかどうか不明だが、ここは
重要な決断を行う事で、アラブ勢によるFIFA乗っ取りと、
サッカーの滅亡を阻止しなければいけない。

ハマムはブラッターの調査も要求したり「疑わしきは罰せずなのに
自分だけ暫定的とはいえ活動停止はおかしい」等と言ってるようだが
こういう人間は完全に失脚させねばならない。

 普通に考えれば判るように、サッカー界の莫大な利権がらみの権力抗争
なのだが、FIFAを支配する南米と欧州が、他地域の理事によるFIFA
乗っ取りは、断じて容認しないという強いメッセージを感じる。

 過去の会長選挙。各大陸連盟選出の理事選挙。そしてW杯開催地選定選挙
そういった各種選挙での買収や賄賂などのロビー活動を野放しにしてきた
ツケを払う時期が来たという事だと思う。
 各種利権と名誉欲を求めるハゲ鷹やハイエナどもが群がり、手段を選ばず
という状況になるのは当たり前ではないか。

 残念だが、AFCはアラブ勢に乗っ取られたし、W杯誘致に成功して
味をしめたハマムが、次はFIFAを乗っ取ろうと仕掛けてきたが、
今回は挫折したにすぎない。ハマムは分相応という言葉を知るべきだ。

 もし買収の不祥事が事実と判明すれば即刻処分すべきだし、
買収した事ではなくて買収しなかった事を100%完璧に証明出来なければ
極悪人と断定するべきであろう。

そして以下の処分を行うのが妥当と考える。

1・ハマムの永久追放とAFC会長職の解任
2・カタールの国際試合、最低1000年間の禁止
3・カタールリーグへの他国選手の出場禁止
4・・2022年W杯の開催地の再選
5・AFCの管理はFIFAが直接行うか、清廉潔癖の小倉氏を
  定年延長で任せる。
6・FIFAとAFC内のハマム支持派の理事の処分
7・W杯開催地選挙の第1回投票でカタールに投票した理事の
  買収疑惑の徹底調査を拷問に掛けてでも行い永久追放とする。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。