サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日はJ2プレーオフ

 今日はJ1昇格を掛けたJ2のプレーオフ「千葉対大分」の1戦があったが、
テレビ中継があったおかげで、観る事が出来た人も多かったと思う。

 ゲーム内容では完全に千葉が上回っていた。
決定機も多く、ゲームを支配していた時間も長かったが、残念な事に結果が
付いてこなかった。41分の失点で昇格がならなかったのだから、今夜は
選手やチーム関係者だけでなく、サポーターも悔しくてガッカリしている事
だと思うが、このプレーオフは実質的に勝ち抜きトーナメントみたいなもので、
内容よりも結果が重要だという事だ。

 ボールを支配して、決定機を多く作り、相手を圧倒して、どんなに良い内容の
ゲームをしても、それが必ずしも結果を伴わないのだから「勝負事」は理不尽では
あるが、それが面白さであり、理屈通りにはならないという事だ。

 それにしても両チームとも、選手は勝負への執念を見せてよく戦ったと思う。
一生懸命にプレーするひた向きさが伝わったのではなかろうか。
千葉は、サイドからの攻撃でチャンスを作ったし、大分は効果的な縦パスを見せて
くれたのが印象に残った。J1と比べて技術レベルでは劣るが、無駄なバックパスや
緩い横パスを多用して、手数と時間を掛けて攻めるJ1のクラブよりも好感が持てたし
終盤の起用法も判り易く適切な采配だったと思う。

来シーズンの大分は、仙台や鳥栖という手本があるのだから、見栄や体裁よりも、
結果を優先する現実的なサッカーでJ1残留を目指してもらいたい。

千葉はリーグ戦で5位ではなくて2位以内に入り、自動昇格する事を目標にして
シーズンオフを有効に活用してもらいたい。
スポンサーサイト

ナビスコカップに関して

 ナビスコカップの決勝戦は鹿島アントラーズが優勝、清水エスパルスは、奮闘
むなしく準優勝に終わった。

 中盤での潰し合いが目立ち、枠に飛ぶシュートが少なく、バックパスと
緩いショートパスが多用されたから、つまらないゲームだったと思った人も居たかも
知れないが、守備面ではかなりハイレベルの一戦だったと評価したい。
特に、1点リードした後の鹿島の守備は素晴らしかった。清水が長身選手を2人、
トップに並べたのに対して、中央をシッカリと固めつつも、両サイドからのクロスに
備えて、サイドで主導権を与えずにスペースを作らず、清水にサイドを自由に
使わせない事に、かなり神経を使っていた。リーグ戦では不調だが、この辺りの
采配は見事で、日本人の指導者には大いに勉強になると思う。

 原が鹿島の時間稼ぎに対して苦言を呈したようだが、何を言ってるのか。
カップ戦の延長戦で、残り時間が少ない状況で、あのようなファウル絡みの時間稼ぎ
と遅延行為が出来ずに、同点の時と同じようなゲーム運びしか出来なかったら、
それは国際試合での勝負弱さに繋がる。

 アウエーゲームでは、少し注意しなければいけないが、その辺りは臨機応変に
対処すれば良いだけで、原の苦言は、典型的なバカ正直で、お人好しの日本人の
ものの見方、考え方である。
 2002年のW杯開催騒動や、中東勢のホームゲームでの戦い方を見れば、
外国は、自分たちが利益を得る事しか考えていないのが一目瞭然じゃないか。
それはサッカーやスポーツの世界だけじゃなくて政治経済全般に言える事だ。
今現在、日本周辺の領土問題で起きている事を見れば、国益最優先だというのが
誰にでも判るはずだ。

 むしろ注目すべきは、鹿島の勝負強さと、相手の流れを断ち切る駆け引きの
上手さ、どこで、どのようなプレーをしたら良いのかを選手が知っている事だ。
ガチガチに守るだけじゃなくて、カウンターで3点目を取れそうなチャンスも
作っているのだから、あの延長戦でのゲーム運びを批判するのではなくて、
参考にしても良いのではなかろうか。

 逆にリードされてからの清水の選手の対応は酷かった。
長身選手を2人並べたのに、その直後の攻めが、ショートパスとドリブルで
強引に中央突破を計ったり、MFが真ん中に集まりすぎた為に、サイドに開き、
クロスを上げるタイミングを失って、鹿島に完璧に守られてしまった。
その挙句に、ハイクロスを長身の2人ではなくて別の選手に合わせるとは、
パワープレーのやり方を知らないんじゃないか。

鹿島の柴崎は本当に素晴らしかったし、このゲームでは遠藤も良かった。
二人とも、W杯出場権獲得後の合宿やゲームでは、フル代表に入れて経験を
積ませた方が良いと思う。




湘南対京都は面白かった

 J1より一足早くJ2が開幕した。
湘南対京都は面白かった。特に湘南のサッカーは、明らかに対京都を意識した
戦い方で、なぜ去年はこのようなゲームが出来なかったのだろうかと不思議な
感じがしたが、監督が代わったのが大きかったようだ。
 京都の速いショートパスとドリブル攻撃に対して、中盤からの速い潰しと、
勇敢なタックルが目に付いた。けっして受け身に立たずにガンガンと行った
のが良かった。それもガムシャラに当たって行くのではなくて、タックルが正確
だったし、フィジカルでは完全に勝ってた。

 攻撃ではサイドにポッカリとスペースが出来る京都の弱点を狙って、約束事が
徹底されていた。ボールを奪ったら、まず横にパスをするのではなくて、
前に、縦に攻める。DFもMFも一気にスピードドリブルで突進するか、サイドに
早めにミドル、ロングのパスを出して、両サイドを効果的に使っていた。

まるで一昔前の韓国のチームみたいだったが、監督が韓国人だった事も影響している
のかどうかは不明だが、京都戦に関しては、反町よりは数兆段優秀な采配だった。

 京都に勝つ為には、こうしたら良いという手本のようなゲーム運びだった。
元旦の天皇杯決勝を見れば判るように、京都は、あの攻撃戦術を採用している為に、
守備に回った時には、必ず両サイドのどちらかが人数が不足してスカスカになる。

他のJ2のクラブもこの日の湘南の戦い方を参考にするべきであろう。

京都は、天皇杯決勝での印象とほぼ同じで、速いショートパスとドリブルの攻撃は
、見ていて面白いし、楽しいと思う。しかし、残念な事にプレーエリアが狭すぎる。
おそらく中東のチームが相手だと、岡田の日本代表がそうだったように、ゴール前に
壁を作られて跳ね返されると思う。このゲームでも湘南の強いボディコンタクトと、
果敢なタックルに合って、速いパスワークを中断されるシーンが目立った。
後半の途中からはDFラインから、早めに前線へロングボールを出す攻めが主体に
なったが、両方の攻めをバランス良く使いこなせれば、対戦相手は混乱するはずだ。

 攻めに使ったエリアの逆サイドの守備がスカスカになるという守備の弱点の解消
に取り組むべきで、もし湘南にシュートミスが無ければ、4~5点取られて大敗しても
おかしくなかった事を認識するべきであろう。

 湘南のゲームキャプテンの遠藤は良い選手だ。まだ19歳か、あれで空中戦が
強ければA代表の候補に、少なくともU-23の代表でテストする価値はある。

それと京都の先取点の前にあったプレー、最初の接触プレー、次のタックルと、
二回とも完全にファウルだし、主審の位置からは見えてるはずなのに、なぜファウルを
取らなかったのか実に不思議だ。
 

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

Jリーグ2011開幕

 Jリーグが開幕した。

ACLとの絡みで、名古屋と鹿島は明らかにコンディションが悪い。
名古屋は、やり方を研究されていて、両サイドを起点にしてケネディに集める
攻めを封じ込められたら全く得点できる可能性が感じられなかったのは問題で、
永井の役割が重要になると思われる。

鹿島は、マルキーニョスが抜けた分だけ攻撃力が低下しており、新しいメンバーの
組み合わせで連係が上手く行くまで苦戦しそうだが、勝利の為に、本山の出場時間
を長くする必要があるかもしれない。
両クラブとも、次節からはもっと良いゲームを見せてくれるだろうと期待しているが
要チェックだ。

川崎が非常に良いスタートを切ったと思う。個人技だけでなく組織力との融合が
上手く行ってるように見えたが、強い相手との対戦で真価が問われる。

 また苦戦が予想されたマリノスも、名古屋のコンディションという問題があったに
せよ、非常にしぶとく粘り強くなった。去年には見られなかった泥臭さが出てきて、
優勝候補のクラブににとっては嫌な相手になりそうで、甘く見たら足元をすくわれる。

山形は守備陣が大問題で、有力な降格候補といえよう。安定性という点で行けば、
今までのやり方に戻した方が良いと思うが、成長する為には必要な事に挑戦している
わけで、考え方は間違ってはいないのだが、ある時期まで来てもこのような内容の
ゲームになってしまったら、戦術やゲーム運びを変更しないと手遅れになる。

その他には、浦和と清水が思う良いにいってないようで、広島と大宮は予想以上に
開幕戦を戦えたのではないか。

次節は「マリノス対川崎」 「C大阪対柏」 「仙台対名古屋」に注目したい。
柏と仙台が勝ってもビックリしないし、マリノス対川崎は壮絶なゲームになりそう。


対FC東京戦でのトゥーリオの得点から判る事

 Jリーグ、FC東京対名古屋の1戦は、ロスタイム終了間際の
トゥーリオのヘッド一発で名古屋が劇的な勝利を収めた。
気が付いただろうが、トゥーリオのマークに着いて競り合ったのは
今野だった。自分のゴールに戻りながら、後ろに居たトゥーリオに
頭一つ無かっただろうか、覆いかぶされるような形でSHを許して
しまったのだ。

 ここで思い出すのは「今野」はユーティリティープレーヤーだと
日本のマスコミが新聞や雑誌、テレビ、ネットなどで高く評価しまくった
事だ。特に報知新聞はW杯本大会でも、今野をCBにと推薦していたが
今日のゲームの失点で、過ちに気が付いたと思う。

 日本代表の次のW杯の目標はベスト8だ。
そして南ア大会で「トゥーリオ」の空中戦の強さはワールドクラスだと
評価されても不思議ではない程の強さだったのが判った。

今野を代表のCBに起用した場合に、W本大会では、ベスト8クラスの相手や、
準々決勝や準決勝のゲームで、長身大型の空中戦に強い選手が居た場合には、
今日のゲームのような失点をする危険性があるというのが判るだろうか。

トゥーリオが凄かったのと、今野のCB起用を並行して考えよう。
トゥーリオと同じ位、空中戦に強い相手には、同じように失点すると
判断するべきで、その時に後悔しても遅いんだよ。

アジアカップやJリーグではなくて、W杯本大会でベスト8進出が
目標という前提に立って、選手のポジションやプレーの評価を行うべきだ。

今野の身長が、後5~10センチ位、高かったら、あの失点は防げたはずだ。
だから、今野は一番良いのはボランチで守備的な役割を任せるか、サイドBK
の控えとするべきだろう。180CM台後半の大型CBを発掘し、育てるのは
急務である。

Jリーグ2010・不安定すぎるクラブが多い

 Jリーグも開幕して3節を経過したが、今シーズンの第一印象は、
とにかく不安定な戦い方をするクラブが多すぎるという事。

ホーム開幕ゲームで、不甲斐ない、無様な内容のゲームをしたり、
勝っても、時節には格下の相手に信じられんない敗戦や引き分けを
演じるなど、これがこの国のトップリーグなのかと疑いたくなるような
惨状だ。
 本来、開幕直後は肉体的にも精神的にも、コンディションが整って
疲労も少なく、好プレー、好ゲームが期待できるはずだ。
 90分のゲーム中でも、良い時間帯と悪い時間帯の差が大きすぎるし、
凄いプレーを見せてくれたと思ったら、残りの時間は消えてるとか、
ムラがありすぎる。W杯イヤーの年だというのに、コアなサポーター
はともかく、それ以外の愛好者に、もっとアッピールするものが
少なすぎる。

 そんな中で鹿島の安定性が際立っている。
まだ開幕3節だというのに、この時点で、取りこぼしさえしなければ、
ほぼ優勝確実断定としても良さそうな雰囲気になっちゃってる。

 それに対抗出来そうなのが「俊輔」復帰後は圧勝のマリノスと、
負傷者が復帰してACLをグループリーグ敗退してJリーグに専念する
という条件付きで川崎、
トゥーリオと金崎がチームに溶け込むプラス要素が見込める名古屋
現時点では、大体この4クラブで上位が決まりそうな感じだ。 

 鹿島は「小笠原」マリノスは「中村俊輔」というファンタジスタが
居て、自分のリズムでゲームを組立てて、勝負所の流れを見極められる。

川崎も、名古屋も、中盤で手数を掛けずにチャンスの時にはドリブルや
ロングパスで、一気に効果的な速攻を仕掛けられる特徴があって、
ケネディやチョンテセといった前線で軸になれるFWが居る。
もちろん鹿島にだってマルキーニョスが居る。

 ゲームの流れや勝負所を見極められずに、バカみたいにやたら走り回り
90分間、全員が同じリズム、同じテンポでプレーするのが良いとか、
ポストプレーやドリブルをあまりしないで、相手の裏を狙うだけのFW、
中盤で細かいパス回しを精力的に行うけどSHしない攻撃、

そういう、まるで岡田ニッポンのミニ版や模倣みたいなクラブは、
調子に乗った時や、ハマった時には良いけれども、本当に不安定な
戦い方で、チーム作りや1シーズンを乗り切るという戦略で、なんか
勘違いと言うか間違いを犯してるような気がするがどうだろうか。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

名古屋対川崎戦での、トゥーリオについて

Jリーグ開幕して2戦を行ったが、混戦か波乱の予兆がする。

名古屋対川崎のゲームは凄かったし、見ごたえがあった。
名古屋の3失点は、全てトゥーリオの責任だったのが印象的で、
自分は次のように判断した。

1点目は相手の足を引っ掛けて倒す。
2点目はあっさりと競り負けて腕を使って引っ張る。
いずれのパターンも、簡単にファウルを行って与えたFKからの失点だ。

 この2失点に共通してるのは、速さに対して対応が遅れてる事だ。
速い動きに着いていけないから足を出すタイミングが遅れる。
振り切られそうになるので腕を出して止めようと試みる。

3点目は、ゴール前で、チョンテセがボールに触れた時は、2対2の局面
だったが、完全に対応が遅れていた。あの場面は連係がスムーズに行ってない
のが明白で、名古屋のCB二人が川崎のFW1人にかぶってる形で、
チョンテセは、ノーマークになってしまった。

 その後の対処だが、チョンテセの動きだしの速さには対処できず潰すのは
不可能だったと思われるから、結果的にSHを打たれるのは避けられなかった
だろうが、もし全盛期の「加藤久」や「井原」だったらと想像してみると、
おそらく、SHコースに足を出すか、身体を投げ出して抵抗出来ていたはずだ。
 しかしトゥーリオは完全に振られてる。なぜそうなるかと言うと、
ポジショニングが悪く、カバーリングが出来なかったからだ。

 これらの一連のプレーから判断して、トゥーリオはまだコンディションが
悪いのではないか。開幕戦のガンバの時には、ほとんど攻撃参加せずに
守備を重点にプレーしたように見えたが、あれは体力的に問題があったのかも
しれない。そして川崎戦では、速さに着いていけず、ポジショニングも悪い。

 2月の代表合宿では、体力や走力トレーニングはやったのだろうか?
まさか戦術練習ばかりでは無いと思うが、シーズンオフってのは、一年間を
戦う体力を養う時期でもあるんだ。

他のDFとの連係は、これから練習と実戦を通じて改善するから良いが、
トゥーリオの動きの鈍さ、速さへの遅れは心配で、要チェックだと思う。

テーマ:名古屋グランパス - ジャンル:スポーツ

Jリーグ2010開幕

 本日Jリーグ2010シーズンが開幕した。

各クラブの印象だが、鹿島は相変わらずの勝負強さが健在で、メンバーを観ると
攻撃陣が戦力アップは大きく無いが、DFが強いし勝ち方を知っているので、
今シーズンも優勝の最有力候補になるだろう。

 ガンバは、若手がまだ成長段階にあるので今シーズンは苦しいと思われる。
各クラブがガンバのやり方に慣れて抵抗出来るようならば、かなり苦しんで
世代交代という課題に直面するかもあしれないし、山口の居ないCBコンビを
軸にした中央の守備は弱いので、シーズン途中で補強しないと、せっかく得点
しても失点の多さに悩まされるのではないか。

浦和は、トゥーリオの抜けた穴が埋められていない。山田のCB起用は、開幕戦
を観た限りでは失敗だと思う。守備陣をコントロール出来てないので、バイタル
エリア内でのマークとチェックが甘く、簡単に相手をフリーにしてる。
これならば、ACLの出場権を得られれば上出来と思った方が良い。

名古屋はこの調子を維持出来たら優勝を狙える可能性が高い。特に攻撃の際に、
手数を必要以上に掛けずにゴールを目指して来るので、Jクラブには脅威では
ないか。それも有力な選手が揃っているのが強みで、対戦が一巡した所で、
各クラブとも対策を真剣に立ててくるだろうから、それを乗り越えれば、
最終的に鹿島とFC東京との優勝争いになると予想する。

 FC東京は、攻撃陣に人材を揃えているが、積極的な守備をベースにした
ゲーム運びを行うのが、成績に繁栄すると思う。体力とモチベーションが続けば、
優勝争いに顔を出せるし、取りこぼしをしなければACL出場は当然として、
それ以上の結果も残せると期待したい。

苦戦を予測された湘南、新潟、仙台も奮闘したようだが、まだ開幕したばかり
なので、1シーズンどこまで持ちこたえられるかが課題だ。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

ACLは今年も面白い

ACLは本当に面白い。

自分がサポートしてるクラブが出場して無いのでつまらないとか、関心が
無いという人もいるかも知れないが、他のクラブがアジアを相手にして
どう戦っているかを観るのも勉強になるので、テレビ観戦できる環境にある
人には、ぜひ観る事を勧めたい。

 まず、日本の4チームが、タイトル目指して真剣に挑んでいるのがよく判る
対戦相手も、それなりに強いチームなので、好ゲームが多い。出来れば、
日本勢以外の対戦カードも見れれば、もっと面白いのだけども。

アジアのトップクラスの国を代表して出てくるクラブが、どのようなサッカーを
行うのか、どのような選手が居るのかを観るのも楽しみの一つだ。

全体として、レベル的にはすべての面で、欧州とは歴然とした開きがあるが、
発展途上の段階という目で見れば良いと思う。

 日本の4チームは、非常にテクニカルでボールキープ力が高く、
DFラインからMFまでのボールの回し方なんかは、完全に一段抜けてる。
日本人の組織力を生かす考えた事や、賢さを強く感じるがどうだろう。
弱点は、「フィジカルが弱い」 「まじめ過ぎる」という点が挙げられる。

韓国・中国・オーストラリアの3ヶ国からの出場チームは、ペース配分が下手
で、メンタルコントロールにも問題があると思う。クラブに遠藤のような選手が
居たら、今大会は圧勝する可能性だってあるんじゃないか。

 ここまで見た中では「FCソウル」が、一番、ハイレベルで勝負強いと
上手いと思う。ただし、経験不足に加えて、メンタルコントロールで問題が
ありそうなのが難点だ。


Jリーグ・2009シーズン開幕

 Jリーグが開幕したが、予想通り、なかなか面白いシーズンになりそうだ。

 鹿島は非常に強く、攻守ともに安定しているというのが第一印象で、チームと
して熟成しているのがよく判る。この調子で行けば3連覇も充分に可能と思う。
おそらく、現在のJのレベルでは、他のクラブが勝つのは、ちょっと難しいように
思うほどの、ゼロックスでのガンバ戦に続く、浦和戦での圧勝であった。
 ただ、昨年のACLでの戦い方を見れば判るように、Jリーグで勝つには充分
だが、アジアで勝つ為には、それなりの対応が必要と思う。

 選手個々を見れば、どう見ても「高木」や「今野」よりも「岩政」の方が代表の
CBに相応しい選手だと思う。候補に召集しない理由を知りたい。

 浦和は、懸念された通り、まだ新しい戦術がマスターされていない。
オフシーズン、それと全員が揃って練習する時間が不足していたのは明らかで、
実戦を通してクリアーするしかないから、何節か過ごすうちに、そこそこに
行けるようになるが、レベル的には上位クラスは間違いないが、順位的には
どうなるか現時点では不明だ。

ガンバは、ゼロックス・スーパーカップでは、どうなる事かと不安だったが、開幕
には、きっちりと間に合わせてきたのは、今が旬のクラブだけの事はある。
しかし、CBは弱いので、カウンターで崩されて失点というケースが増えると思う。

 ジュビロ磐田は、どう評価するかだが、結論から言えば
今までの栄光は過去のものになってしまい、昨年16位で入れ替え戦に回った
のは、実力通りだったと言う事だ。ベテランと中堅クラスの選手の大半は、
「もう終わった」ようなもので、レベルアップは期待しない方が良い。
 カバーリングが下手な「茶野」をDFの中心にした時点で、惨状は決定した
ようなもので、今まで「田中誠」「鈴木秀人」を重宝してきたツケを払うのだ。

 ただ若手は才能がある人材が揃っている。将来の事を考えたら、
ポゼッションサッカーを志向して、優秀な若手をゲームで使いながら育てる
のは悪くはないが、軸になるベテランが問題なので、外国人の緊急補強を
行うべきであろう。CBとMFが必要で、このままだとJ2降格の有力候補だ。

J1昇格の山形は、初戦の相手が、マスコミと一部のライターだけが強いと
思いこんでるだけで、本当は弱いジュビロだったおかげで、正義の6得点を
挙げたが、この勢いを出来るだけ維持して、J1に4~5年は留まるように
強く望む。カウンターだけのサッカーではなくてパスも繋ぐスタイルだったが、
「無駄な事・余計な事をしない」のが印象的で見ていて判りやすいし、
選手が初のJ1に、物おじせずに伸び伸びとやってる。

 京都と神戸は大量補強した割には、期待外れで落ち着きのないバタバタ
したサッカーで、観ていて疲れる。やはりレベル的には、上位クラスとは
落ちるが、勝負は内容に連動するとは限らないから、自分たちよりも
ハイレベルな相手と対戦した時にどう戦うのかが興味深い。

千葉は惜しかった。結果は0-3だけども、決定的なチャンスに決めておけば
、もうちょっと、なんとかなったんじゃないか。もう一段高いレベルのサッカー
をやる為の苦しみのようなもので、勝つ為だけを考えるならば、次からは、
DFラインの位置取りを修正しないと、簡単に裏を取られて苦戦する展開が
続くのではないか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。