サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪予選のタイ戦は良い勉強の場だった(なでしこ)

ロンドン五輪女子サッカーの予選が始まった。
 
 3-0で勝ったが、主力を起用しないでスタメンのメンバーのままで、
この結果ならば良かったし、佐々木監督も出来ればそうなる事を望んで
いたのではなかろうか。開始から15分までは、このメンバーでも楽勝
かと期待したのだが、失点しなかった事で、タイが落ち着いてしまい、
主力抜きの日本ならば怖くないし、かなりミスが目立つという事が判り
自分たちのリズムで戦えた事が前半0-0の善戦に繋がった。

 日本は15分以降は本当に無様なゲームだった。
両サイドの「近賀」と「鮫島」はあまりコンディションが良くないようで
守備で受け身に立った時に、イージーミスが多く、自らの凡ミスで、
ピンチの起点となっていた。
 またMFの4人はゲームをぶち壊していた。
高瀬は明らかにCFの選手で、サイドのプレーは何も出来なかった。
オーバーラップした近賀を活かさず、裏もサイドも狙わずに、強引に中央に
入ってSHする事ばかり考えていたようだ。無謀な起用と言いたい。
ボランチの宇津木も同様で、明らかにサイドの選手で、ボランチの位置に
居ただけの存在だった。また田中はパスミスが多かった。味方が前掛かりに
なった時や、タメを作らない時に簡単に相手に渡していた。あのような
ミスを繰り返されると周囲の選手達は本当に苦しくなる。
4人とも精度が低くリズムが悪い為にFWとの連係も酷かった。

 タイがFWをワントップにして、MFがあれだけ退いて来るならば、
ボランチは2人必要ないのではないか。4人をダイヤモンド型に配置して
高瀬をトップ下に、宇津木を左サイドにすれば、2人とも、もっと活きた
のではなかろうか?

 後半、宮間を起用してから、ガラッと流れが変わった。
面白いもので、チームも別のチームに変わってしまったように生き生きと
動けるようになった。そして大野が入り、FWとスムーズにパスが交換
されるようになっただけでなく、「田中」「上尾野辺」が見事にチームに
溶け込んで代表選手に相応しい動きが出来るようになったのは愉快だ。
おそらく初めから宮間や沢と一緒に起用されていれば、相当にやれるのでは
ないかと思われる。そうやってベテランと一緒に供されて、若手は育って
いくのだから、佐々木監督は、今回はちょっと冒険し過ぎたのだ。


 結論から言えば、このターンオーバー制の采配は短期的にみれば失敗
だったが、中長期的に見れば良かったのではないか。
MFの控えだった4人は同時に起用された事では不合格だったが、正当な
理由と原因があったのだから、経験を通して個々に成長すれば良い。

W杯から帰国後、「歓迎イベント」「表彰」「テレビ局回り」等と
多忙で休養も取らずに、リーグ戦に合宿と本当に突かれた中で、マスコミも
サポーターも楽勝と思っていた、タイに大苦戦した事がプラスに作用すると
信じたい。

本日の日本戦以外のカードは
「中国 対 韓国」  「北朝鮮 対 オーストラリア」だった。

2位狙いで五輪出場権を獲得する為には、ライバル同士なのだから、勝って
勝ち点3を確保しておきたい相手だったのだから、接戦・死闘を繰り広げた
のは容易に想像できる。今日の1ゲームを消化した時点では、主力を出来る
限り温存して手の内を全て見せなかった日本が最も優位にある。
スポンサーサイト

テーマ:なでしこジャパン - ジャンル:スポーツ

U-17女子選手権、準優勝

女子のU-17世界選手権の決勝で、PK方式の結果、惜しくも韓国に
敗退して、準優勝に終わったが、健闘を称えたい。
出来れば勝たせてあげたかったが、まだU-17だからチャンスは何時でも
ある。優勝すれば大きな自信となり国内でサッカーーに取り組む女子の励みに
なったと思うが、むしろ、今後の勝利の為の目標と課題が出来たのだから、
フル代表でのW杯や五輪でのタイトル目指して、強化にまい進してほしい。

 U-17という事は、選手としてもチームとしても未熟な面があって当然
なのだから、年齢が上がるに連れて、欧州勢はグングン伸びてくるだろうし、
日本も研究されて対策を練ってくる。

 日本の場合は、この年代からトップまで、フィジカルの面での弱点を抱えて
おり、テクニックと速さと駆け引きだけでは、今大会と同じように勝つのは
難しくなるだろう。バレーボールやバスケットでは、高さは勝敗を分ける
決定的な要素となるが、サッカーでは相当部分、カバーできるのが強みだ。
そう考えれば、他のボールゲームよりも世界を相手に勝負できる可能性が
高いと思う。

 180CM前後で身体能力の高い女性が、サッカーに入ってきて、DFラインに
揃えられれば、大人の世界レベルの大会でも十分にタイトルを狙えるようになる。

 天皇杯が元旦だが、女子は早く皇后杯を賜り、女子サッカー日本一を決める
皇后杯を3月3日に行って、もっともっと、世間やメディアにアッピールして
競技人口とスポンサー企業を増やそう。 





全日本女子選手権・準決勝を見て

 第30回女子サッカー選手権準決勝を観戦してきた。
承知の通り、TASAKIが今シーズンで休部、この大会が最後になる
可能性が高かったので、

『 TASAKIペルーレFC 』

 ハッキリ言って、準決勝に残った4チームの中で、一番力が劣っていた。
得点出来るような雰囲気もなく、一杯一杯だったのではないか。
コンディションも良くなかったように見えたが、どうなのか。

『INACレオネッサ』

 DFは攻守の切り替えが早い。特に相手ボールになった時の戻りは
速くて、中央の守備が強い。一対一が強いというよりも、守備陣が壁を
作るような形で跳ね返す。特にCBの8番「藤村」が効いてる。
GK「海村」は非常に勇敢で、FWの足元に果敢に飛び込み、キャッチングも
正確なので、頼もしく感じる。良いキーパーだ。
攻撃陣もボールが持てて、動きがシャープで、バランスがとれた好チームだ。

『日テレベレーザ』

 攻守両面に渡り、相変わらずのボール回しの巧みさで「読売らしさ」
は健在だった。高さと強さを兼ね備えた二人のCBは、鈍いように見えたが、
後半途中に出場した荒川の「これぞCF」というゴールへの積極性と、身体の
使い方の巧みさと、動きの質の良さは、なかなか見応えがあった。

『東京電力』

スタミナとスピードは素晴らしいが、試合巧者のベレーザに適当にあしらわれて
振り回されてしまい、経験不足を露呈したのと戦術的に柔軟性に欠ける。
 セカンドボールをほとんど拾われて苦しい展開になり、カウンターアタックも
大半がコースを読まれており、攻め込んでいる割には有効ではなかった。

ベレーザの攻撃陣に、CBの裏を取られたり、左サイドがズタズタにされても
、修正出来なかったのは、これが限界なのか、監督が気がつかないのか。
丸山は常にトップで前線に張り付いていたが、全く機能しなかった。
代表でプレーしているように、サイド中心で動かした方が有効である。



女子サッカーを盛り上げる方法を考えよう

 昨日は西が丘で女子のオールスター戦が行われて盛況だったようで
喜ばしい限りだ。自分も見に行きたかったんだけど、別の用事で断念。
別の用事というのは、恒例「靖国神社」参拝だ。

北京五輪で、我が「大和なでしこの女子代表」が「歴史捏造の中国」代表
に完勝して、ベスト4の歴史的成果を収めた事を 【祖国防衛戦争】 で
散っていった英霊に報告してきた。しかも8月15日「敗戦の日」に勝利した
事は非常に感慨深いものがあったから英霊に報告するのは当然である。

 その後に「熊野神社」へ行き、W杯最終予選の勝利~本大会出場を
祈願して、さらに渋谷に出来た「自衛館」を見学。非常に有意義な一日を
過ごした。

女子サッカーだが、現在のトップクラスの30人前後位は入場料を出して
観るだけのゲームを行うレベルにあると思うが、リーグ全体のレベルを
考えたら、残念だけどもまだまだ不十分だ。

 サッカーのレベルという点だけに絞ってみたら、男子と比較した場合、
ハッキリ言って物足りないように感じるのは仕方がないだろう。
たとえば男子と同じことをやるのではなくて、女性の特徴というか、
女性ならではというような動きとかテクニックなんか出来たら面白い。
男子と比較すると、どうしてもレベルの方に話が展開してしまって、
不利にならざるを得ない。とはいっても盛り上げるには、何か売り物が
ないとダメだろうから、世間を注目させる作戦を考えないと。

単純に考えたら、スケベ男の注目を浴びるような美人や可愛こちゃんが
サッカーをやってくれたら良いとか、同性の女性が憧れるような存在を
作るとか、とりあえずは、そういう方法も必要だろう。

 ビジュアル系ではなくて、純粋にサッカー的な素晴らしさを求めるなら、
「大野」「丸山」なんか良いと思う。この二人はボールを持って前を向いた
時には、何かをやってくれそうな期待感がある。これは自信を持って良い
し、宮間のトリッキーなプレーも受けるかもしれない。

 五輪のプレーを振り返ってみれば、ドリブル~シュートへの積極性と
思い切りの良さは、男子には観られなかったものだった。自分は男子の
攻撃陣よりも優れていたと評価している。

 理想を言えば、現在はバレーボールやバスケットやハンドボールに進んで
いる長身大型で運動能力の高い女子が、中学&高校段階でサッカー界に
入ってきてくれるようになれば、もっとレベルは高くなるし、世界を相手に
勝てるようになると思う。

 まだまだ競技人口は少ないし、国内リーグはテレビの中継に耐えられる
ほどのレベルに達していないし、したがってスポンサー企業も付かない。
中長期的な戦略だけでなくて、短期的な戦略を立てる必要があるんじゃ
なかろうか。

女子バレーから学ぶ事

 バレーボールのW杯が行われているが観ている人もいると思う。実は自分はボールゲームでは、サッカーの次にバレーボールとラグビーが好きで観る事が多い。昔、サッカー狂会に居たころは、やはりバレーが好きな仲間と日本サッカーリーグの試合を観戦中に女子バレーの話で盛り上がり、池原幹事長や後藤健生さんに嫌な顔をされた思い出がある。「そのうちバレー狂会でも作るんじゃないか」なんて半分冗談?で文句をいわれたもんだ。

 でも、他のスポーツを観て発見した事がある。同じ女子スポーツでも、バレーの選手を観て、サッカーと比較すると体つきや身体能力だけではなく、顔の表情が違った。女子サッカー創世記の頃から発展期にかけては、まだまだ子供というか遊びの延長のような雰囲気を感じたものだ。「仲良しクラブ」見たいで、これではタイトルの掛った国際試合で勝てと強く望むのは無理かなと思ったものだ。
 もっともやってる人たちは真剣だった人も居るだろうが、会場でスタンドから他のチーム同士の試合を観ている時の態度や雰囲気が全然違ってた。バレーボールの選手は「勝負士」の顔だった。きりっと締まって目つきが鋭く、バレーボールが好きというよりも勝負に対する真剣さ、試合への意気込みが周囲に居る者に伝わってきた。それは日本代表クラスではなくて、日本リーグよりも下の実業団リーグ(つまり2部リーグ)の試合・選手たちからも感じる事が出来た。体育会というか軍隊みたいというか本当に戦っているのを実感できた。

 ようやく最近になって女子サッカーも代表クラスの選手たちからは、以前見たバレー選手たちと同じような雰囲気を感じるようになってきたのは成長の証しだと思う。


以前、アメフトが嫌いだと書いた記事にアメフトファンが文句をつけていると聞いたが、こればかりはしょうがない。誰にでも好き嫌いはある。そもそもアメフトよりもバレーボールやラグビーの方が面白いと感じるんだから個人の趣向の問題なんだ。ただ、この「サポーターレベルアップ講座」を他のブログやHPと同一視されちゃ~困る。
 だから、もしアメフトから学ぶ事があったら、それはサッカーとアメフトが好きな人に任せる。

 ブログを始めた時は思いもつかなかったが、サッカーマニアのHPやこのブログで使った表現や内容をパクられるケースが増えてるようだ。ま~それだけ、大勢の人に見られているとか、表現内容が気に入られたという意味なんだろう。
 
 自分はブログの内容や表現について著作権だの無断引用だのと騒いだりしない、逆に自分の考え方や物の見方が支持を得てるとか広がって入るんだなという受け止め方をしたい。

柔の激励よりも、大切な事がある

 川淵三郎[会長」は女子柔道の谷のサポート体制を訴えたというが、一体、何を考えているのか。ご本人も「他競技のことに意見をするつもりはないが、」と発言されてるように、そのような事は、柔道団体に任せておけば良いじゃないか。
 
 確かに、ママさん選手へのバックアップに配慮という意見は正論ではあるけども、わざわざ口出しする事ではないと思う。あるいは、これを機に「宮本の例を出して、サッカーはベビーシッターを帯同させて配慮が行き届いているのを世間にアピールするのが目的」なのだろうか?
 しかし、過去の川淵発言を見てきた者としたら、「あ~また思いつきで発言してる」とか「有名人に絡んで売名行為&自己アピールしてる」と判断する人が出てきても不自然じゃない。

 他の競技団体や分野の出来事に、頼まれても居ないのにしゃしゃり出て来て意見を言うなんてのは、典型的な目立ちたがり屋のオヤジか、強い権力志向を持っている人物だと思う。

 そんな事よりも、女子サッカーの予算を増やすべきだし、労力を使うのだから、世間やマスコミチームの注目を集める方が、はるかに先決じゃないか。女子代表全員が、お揃いのスーツを着れるように、衣料品のスポンサーを見つけて来るか、協会で用意しても良いと思う。
 サッカー界は他の競技団体の事まで係わり合いを持つ事よりも、国内の行事や少年少女への指導・代表選手による講習会など予算を継ぎこむべきだ。
 まだまだ、サッカー界には充実させなければ行けない所が、随分あるように感じるのは自分だけではないはずだ。 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。