サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!!ハマム永久資格停止

 金権 極悪悪魔 のハマムが

永久資格停止処分となった。


 誠にめでたい!

今夜は皆も祝杯をあげた事と思うが、これで終わりではない。
まだ、この買収野郎の資格停止とAFC会長職の剥奪しか実現していない。
買収野郎は反省する意思など微塵もなく、自らの正当性を主張している。
したがって更なる正義を実行しなければならない。

 2022年のW杯本大会のカタール開催の取り消しとW杯開催地選挙で
カタールを支持した理事の永久追放がまだ残ってる。
こいつらはサッカーの仲間ではなくて、恥知らずのハイエナにすぎない。

所詮同じ穴のムジナという意見もあるだろうが、同じ悪党でも、ハマムより
、ブラッターの方が、まだ正常な人間に見える。

 そして日本がカタールの代行開催を行うようFIFAにアプローチしよう。


スポンサーサイト

痛快!ベスト4にアラブはゼロ!

アジアカップも準々決勝が終わりベスト4が決まった。
「日本・韓国・オーストラリア・ウズベキスタン」

 めでたい事に中東が一つも残ってないのだが、
好意的に解釈すれば、ガルフカップとの関連で、コンディションに
問題があった国があるという事で、今後の課題になったという事。

普通に解釈すればAFC私物化を進める「アラブに天罰が下った」

 悪意で解釈すれば「サッカーで勝つのを諦めて権力も放棄しろ」
という正義の審判の結果といった解釈が出来る。

 南アW杯の出場国も
「日本・韓国・北朝鮮・オーストラリア」だった。

中東勢は、勝負を度外視して攻撃的なスタイルを貫いたのではなく、
勝負にこだわり、ずるく汚く、そして見苦しく、戦ったにも関わらず
このような結果が出るという事は、彼ら自身のサッカー観やスタイルや
強化方針に問題や欠陥があるのではなかろうか。

 次の4年後のアジアカップまでに改善がみられなかったら
絶対にAFCは分裂した方が良い。バカがうつる危険性があるから。


 

どこまで続く中東の札束攻勢

レアンドロに続いてFC東京のカボレがカタールのクラブに引き抜かれた。

カタールへ行った時点で再来日はしないだろうと覚悟をしていた関係者
もいただろうし、このように有力なブラジル人を次々と引き抜かれると、
もう諦めの境地に達するしかない。

 しかし、面白くなるのはこれからだ。
ついに韓国人、チョジェジンにもオファーが来てるという話だが、引き抜きの
対象はブラジル人だけではないようだ。これは当たり前の事で、優秀な
選手ならば国籍に関係なくオファーを出すだけだ。

 多くのスポーツ紙と一部のサポーターが狂ったように愚かな希望と夢を
まき散らしたのが【アジア枠」の導入】だったのは記憶に新しい。

それがどうだろう。アジア枠で取っても中東勢が引き抜くための資料を
提供するだけという、誠におめでたい役割を果たすのだ。

 将来はアジア枠の人数を撤廃して、全アジア内の移籍を自由化する。
そしてJリーグにアジア各国から代表クラスのスター選手が集まれば、
アジアのレベルアップにつながるというのが売り物だったはずだ。

一体、全体、どこまで【自分本位】【自己中心的】な発想なのだろう。

アジア中のスター選手が集結したリーグ戦で、アジアのレベルアップを
図る中心が、日本でなくて、中東(カタール・UAE、サウジ等)になっては
いけない理由はない。少なくとも日本だけがそのような役割を担う存在
だと決定したわけではないのだ。

たとえば、同じ宗教の中央アジアはもちろん、東南アジアや南アジアの
国の選手ならば、気象条件や生活環境や、高額年俸を考えたら、
日本で芽が出て、中東に移籍したら、引退後は遊んで暮らせるほど
稼げるのだから、日本は単なる通過点に過ぎなくなるのだ。

 だが、中東勢には、まだやる事がある。
次は日本人選手を引き抜く事だ。環境の変化が大きすぎて困難かも
知れないが、法外な高額年俸を提示して好条件を出せば、代表クラスの
選手といえども獲得するチャンスも出てくるだろう。

その時が来たらどうなるのかな。
アジア枠の導入や、アジア内は欧州のような移籍完全自由化に賛成したり
中東勢をアジアの仲間として好意的に見る、サポーターやスポーツ紙や
フリーライターの反応が楽しみだ。

自分はすでに表明しているように、中東をアジアの仲間だと思ってないし、
AFCはアジアとアラブに分裂すべきだと思ってるから、別に驚かない。



 







 


 

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

レアンドロ移籍に関して

またか!

 ガンバのレアンドロがカタールのクラブに持って行かれた。
これで3年連続で得点源を引き抜かれた事になるが、以前指摘したように、
中東の金持ちクラブに、金銭の勝負に持ち込まれたら、どうしょうもない。

契約条件に、移籍を認めないと一筆入れようが、違約金を設定しようが、
ほとんど無抵抗に近い状態で応じざるをえない。せいぜい、莫大な違約金を
設定しておいて、金銭的なメリットを求めるしかなさそうだ。

ブラジルからJリーグで通用しそうな比較的若い才能と実績のある選手を
連れて来て、期待通り活躍してくれて、「シメタ!良い買い物をした。
これで上位の成績を、そしてACLのタイトルを」等と構想を持っても、
目についた活躍をした途端に、持ってかれるんだから、関係者もサポーター
も、皆不愉快だろう。

このままだとJリーグは ≪ブラジル⇒Jリーグ⇒中東のクラブ≫という形で、
選手供給源かテスト会場みたいなもんになっちゃうな。

ガンバは、新潟でプレーしている「ペドロジュニオール」を完全移籍で緊急に
獲得したそうだが、これで、来シーズンの開幕前か途中で、中東の金持ち
クラブに、またまた引き抜かれて行くんだろうな~





祝!U-16アジア選手権、イエメン失格

 U-16アジア選手権で、日本と同グループで1位となったイエメンが
年齢詐称でめでたく失格、日本が繰り上げで1位となった。
イエメンに1-2で敗退と聞いて、ちょっと驚いたのだが、やっぱり実力では
なくて、≪インチキ≫だったようでホッとした。

 自分はいつも、中東の国はユースカテゴリーの大会では年齢詐称をしている
ので、負けても悲観的になる必要はないと思ってる。ブログでも、そのような
趣旨の記事を書いてるが、今回、その正しさが実証されたわけだ。

 今まで、同じアジアの仲間だからと好意的に中東勢を見てきた人は、
その考え方を改めた方が良い。あいつらはアジアではなくてアラブだ。

今回から 【 中東の横暴 】というカテゴリーを作った。
【 お人好しは辞めましょう 】という事だ。

イエメンが失格処分になったが、素直に喜び祝杯をあげよう。
ユース段階では、わずかな年齢の違いでも大きな影響が出るのだから、
こういう連中には厳罰を与えねばならない。ユースの大会から閉め出すべきで、
U-16選手権には10~20年出場停止位の処分を下して猛省させた方が良い。

 あるいはAFCの理事には100年間程度選出不可とか、議決権剥奪、
上位の成績を収めても世界大会を辞退させるといった処分を下すのが
アジアサッカー界正常化の道と信じる。

 嫌ならば、アジアから脱退してアラブ連盟を作れば万事解決する。
W杯もアジアが2・5アラブが2・5、3位同士で、残り1を争うという出場枠に
すれば良い。
アジアが「日本とオーストラリア」の2強で決定。韓国と北朝鮮で3位を争う。
アラブが「イランとサウジ」の2強に、後の亡者どもで醜く汚く争う。

準々決勝の相手がオーストラリアからサウジに変わったが過去の対戦経験を
参考に考えれば、サウジの方で良かったと思う。勝負の世界なのだから、
結果は判らないが、なんとかベスト4に入って、世界大会の出場権を獲得しよう。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。