サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野洲高校優勝・技術の勝利

 第84回高校選手権大会・野洲高校の優勝を歓迎します。
日本サッカーのユースのレベルを一段上げましたね。
 
 今日は国立競技場へ行ってきました。ゲーム全体が見渡せるように聖火台の下で観戦したのですが、なかなか見応えのある好ゲームでした。野洲と鹿実というスタイルの違う対照的なチーム同士の対戦でしたが、このようなカードで両チームが持ち味を発揮すると良いゲームになるという事を覚えて置いて今後の観戦の目安にしてください。

 野洲は技術のチームでパスを繋ぐサッカー・そして冷静さも注目されてました。対する鹿実は、今までと同じイメージのサッカーで、この異質のチーム同士の対戦、それも決勝戦で野洲が勝った事の意義は大きなものがあります。
 過去の例で行くと、技術のチームがせり負けてしまい、理想と現実は違う。やっぱり勝つためには泥臭い方が良いんだみたいな傾向になりがちでした。
 
 単に、テクニックがある。ボール扱いが上手い。パスを繋げるというチームは過去にもありました。では野洲の凄さは何かといえば、持ち味のパスを繋ぐ際の『状況判断の速さと適切さ・個人戦術の理解度の高さ』です。
 
 パスを出すコースが何本かある際に、一番、良い場所を選択している。それも瞬時に判断しています。相手にとっていやな場所は・そして得点するためには、相手DFを混乱させるためには、どこへ出せば良いのかという判断が良いわけです。更に、ここは無理をしないで回せばよいとか、一気にカウンターアタックを狙っていくのが良いか、等の判断も素晴らしいです。その典型的な例が決勝点となった攻めです。
 
 ユースのレベルを一段上げたというのは、相手のプレッシャーを受けた中で、それをチーム全体で普通にやってしまった事を指してます。

 何故、そのようなサッカーが出来るのか?選手が育ったのか?要は技術を大切にする指導理念を持った指導者の存在が大きかった。それと面白かったのがゲーム形式の練習に時間を費やしたことも注目したい。あの判断力と冷静な態度は、おそらく、ミニゲームのような練習パターンの中から育まれたものでしょう。一昔前の「ミニサッカー」や「室内サッカー」などで育った選手やチーム・
たとえば昔の札幌大等がそうでした。
 
 しかも周りが見える・視野が広いのも大きな特徴で、テクニックがあるが視野が狭くて細かいエリアだけでプレーするという選手が多い中で、よくあれだけピッチ全体を見渡せるように育てたと感心します。

 また、ボールを持ってキープする、相手を抜く時の身のこなしが日本人離れしてます。上半身の動きが鋭角的で素早い。ユースレベルでこれだけボディシェイプに近い動きが出来るようになったのは素晴らしい事です。しかも姿勢が良い。背筋を伸ばして、顔を上げ前を向いてプレーするよう心がけているようです。どちらかというと、ブラジルよりもアルゼンチンみたいですね。
 
 一対一の強さ・球際の強さも印象的でした。激しいボディコンタクトにも少しも怯みませんでした。姿勢の良さに、高いテクニックとも合わせて考えれば、ボディバランスが良いわけで、フィジカルトレーニングもそこそこにはやってるんじゃないでしょうか?

 ユースレベルの選手育成で、国見や鹿実よりも野洲のサッカーを今後の目標にしていけば、実力でW杯ベスト8を狙えるのも夢ではないと思います。




スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。