サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホリエモンと野球マスコミ

 ライブドア社長ホリエモンを含む4名が逮捕されました。

 テレビ各局のニュースや特別番組を、次々はしごしながら観てますが、本当にマスコミ各社の豹変振りには驚くばかり。と言いたいところだが実際は大笑い、時代の寵児として奉り上げておきながら、今度は、犯罪者として悪人扱いして批判する報道を、酒を飲みながら楽しんでます。
 
 マスコミ各社、ホリエモンが一昨年、近鉄球団の買収&プロ野球界への参入に名乗りをあげた際に、好意的な報道を行った事への反省など全くなし。
 野球人気の低迷により、赤字経営に耐え切れず、球団経営から撤退する企業が出てきたのだから、新規参入する企業に対しては、経営状態の実態など調査して判断するべきだと思うのだが、そんなことなど考慮せずに諸手を上げて支持、絶賛して、10チームか8チームに縮小して一リーグ制にしようという「正論」を、間違っていると狂気のキャンペーンを張って若者達を扇動した責任は大きい。

 楽天が新規参入して仙台を本拠地にすると決まった時に、地元の仙台のファンの間では、ホリエモンに来て欲しかったと希望した人が大勢居たとされている。
 しかし、このような事態になってみれば、ライブドア・ホリエモンをプロ野球界に参入させなくて本当に良かったと思ってる人のほうが圧倒的に多いはず。

 ホリエモンの狂信的な支持者と観られても仕方が無い『玉木大先生』など、『金儲けよりも野球の方が面白い事にきずいたかも』などトンチンカンな事を言ってるようだが、一刻も早くメディアに出演する機会があったら「正体を見抜けなかった」とか「一生の不覚だった」とか表明して、素直に失態を認めるべきではなかろうか。
 
 ホリエモンにとっては、自社株の時価総額を上げる事が大切であって、自分自身が広告塔として先頭に立っていただけ。近鉄球団買収・プロ野球界参入も、その為の手段に過ぎなかった可能性が極めて強いと言わざるを得ない。それならば、『野球のほうが面白い事に気づく』どころか、赤字経営で自社の株価に悪影響を及ぼすと判断したら、さっさと手放すだろう。
 
 いいですか! ライブドアが上場してからは、株主に対して『無配当』を続けてるんですよ。その一方では他社の株を買って粉飾決算していたのだから、そのような事を行った人物が、プロ野球チームのオーナーになれば、地域密着・サポーター・野球ファンの事など真剣に考えると言われても、信じろという方が無理というものだ。

 野球が大好きなスポーツライターの皆さん、2リーグ制・12球団維持とか、全国各地にチームを作ろうなんて提案する前に、斜陽産業らしく規模を縮小して生き延びる事を考えるべきでしょう。

 

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。