サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本と韓国のキャンプの違い

 ジーコ・ニッポンの宮崎キャンプも順調に進行しているようだが、2002年W杯を分裂開催した隣国の韓国は、積極的な海外遠征で強化を計っている。

 日本がフィジカルトレーニング中心で、体力・走力の強化を中心にした合宿を行っているのに対して、韓国は6週間(42日間)の間に、中東ー香港ーアメリカーシリアと渡り、11試合を消化するというハードスケジュールである。
 
 まず最初に言わせてもらうが、日本と韓国のどちらの方法が正しいとは言い切れない。
日本の場合は、シーズンオフが明けての始動だから、フィジカル中心のトレーニングを行い、コンディショニングに注意を払いつつ強化するのは、この時期のトレーニングとして適切と思う。3月から5月初めまで、リーグ戦があるのだから、体力養成を主体にしたトレーニングを行うのはこの時期しかない。

 韓国の場合、この時期は国内のピッチコンディションが良くないだろうから海外合宿は順当なところだろう。ただ彼らの場合は、基礎体力の強化というよりも、厳しい試合を通じてチーム全体を強化するというのがメインで、ちょっと違和感を感じるのが、試合の結果(つまり勝利)を優先する傾向があるという事だ。

 韓国の場合、各カテゴリーの代表は、目標とする大会の開催時期に関係なく、早い時期に完成度の高いチームを編成する事が多い。選手個々を見ても、年齢的にも早い段階で基礎的な体力とか技術等が一定のレベルに達している者が多く、伝統的に個の強さを生かす試合運びを取りがちだ。
 だから、このようなハードスケジュールの中で、精神力とコンビネーションなどの相性を中心に、選手の見極めを行うという方法は、韓国ならではの物かも知れない。
 
 ひとつジーコと大きく違うことがある。そしてそれは100%正しいのだが、ほとんどの選手を起用してテストを行った事である。しかも遠征の前半で二つの国際大会に参加していながら行なった。

 おそらくジーコならば全く逆の采配を行なったであろう。このようなテストマッチで、色々な選手のテストを行いながら試合に勝利するのだから、悪くはないだろうとは思うが、韓国の場合、あとは、選手が経験を積むことによる成熟度や組織力の向上くらいしか「伸びシロ」が期待できそうもないのが難点か。   


スポンサーサイト

WEBサッカーマニアの紹介

 サッカーマニアのHPをご覧になった方は居ますか?今回は、その解説をしましょう。その中から、皆さんのブログ作りやHPの運営に役立てれば嬉しいと思います。
 WEBサッカーマニアは、私がメイン執筆者ですが、管理人は私ではなく仲間が担当してます。(リンク集から入れます)
  
 私が担当してるのが『正論』 『戦評と分析』 『toto予想』です。
 「正論」という名称は、もう判った方も居ると思います。産経新聞の社説の名前、また私の愛読書である『正論』から拝借したものです。更新の頻度は月間3回程度になりますが、管理人の都合もある為、どうかご容赦ください。
 内容に関して言えば、このブログよりも長文で辛口で、じっくりと読ませる仕上がりになっているはずです。

『戦評と分析」は、基本的に日本代表のゲーム限定で行っており、内容は分析に主点を置くように心掛けてます。なぜならば戦評などは、ゲームを観ていればほとんど判る事ばかりなので特別に触れる必要性を感じません。アクセスした人は判ったでしょうが、スポーツ紙や雑誌のような表現や得点経過の記述などとは、著しく異なる内容になってます。
 
 他のブログやHPなど見ると、皆さん、スポーツ紙や雑誌の記事と同様な内容で書いてる方が多いようですが、あのようなゲームを観てれば判る表現と選手のエピソード中心の記事など、存在価値は無いので参考にしないほうが良いです。

 toto予想はJリーグが開幕すれば、毎回行いますので、参考にしてください。ちょっと修正すれば的中も可能かと思いますので楽しみにしてください。

 宇部氏の『珍・日本サッカー書誌学』は秀逸で貴重な資料的価値、また研究材料として利用可能な内容となってます。例えば、既存の有名ライターが、あの内容で、もっとレベルの低い文章を書いても、出版物として陽の目を見ているはずです。
 これは内容よりも、執筆者のネームバリュー優先で本が出版されてしまう、現在の日本の出版業界の底の浅さを見る思いです。出版不況で本が売れないのも当然ですよ。
 
 掲示板や、その類のものはありませんが、実は5年位前に3ヶ月程度の期間限定で閲覧者の反応を見ようと言う事で短期間『ゲストブック』を設置した事があります。
 
 私はその必要性など全然感じなかったのですが、短期限定を条件に認めたところ、案の定、草サッカー関連教室を主催する某サポーターの息が掛かった不心得者が、私を誹謗中傷する個人攻撃の書き込みをしてきたので、閉鎖しました。
 
 そのような体験から『掲示板』『ゲストブック』など一切必要なし。そもそも、これだけブログが普及したら、自分の意見発表は、他人の掲示板やコメント欄などに書き込むのではなく、自分のHPやブログでやれば良いのです。特別に皆と議論したければ、自分で掲示板を作って場所を提供して参加すれば良いだけ。
 
 サッカーマニアのHPの更なる充実を目指しますが、複数の仲間で運営している為に、出来ることと出来ないことがあります。そこで出来ない事を、このブログでやろうと思い始めたのですが、これは私個人が、誰かの気兼ねも無く、遠慮なく好きな時に好きな事を書くつもりです。
 
 

カールスバーグ杯をどう見るか

 香港で行なわれていた「カールスバーグ杯」も終了し、優勝がデンマーク・2位が韓国・3位クロアチア・4位香港・という結果だった。

 例によってマスコミは、その折々の結果だけを強調して、一喜一憂するような論調の記事を書きたてているが、賢いサポーターならば、それに踊らされて右往左往してはいけない。

 今回のクロアチアは遠征辞退者が続出し、レギュラークラスがたったの一人しか参加していないチームで、他のメンバーも代表入りが微妙なメンバーだったとされている。その上、時差ボケとクロアチアとの温度差に悩まされたと伝えられている。
  
 こう考えたらどうか。クロアチアは代表チームで紅白戦を行なったら、レギュラーの相手をするサブメンバーを更にレベルダウンさせたようなチーム編成で、この大会に参加したようなものだと。また韓国もベストメンバーではなく、アテネ五輪世代の若手をテストしたという。
 これでは、まるで参考にならないばかりか、偵察しても時間の無駄だ。
 クロアチアが例外だというのではない。大体、欧州各国リーグ戦が中盤戦を過ぎて、いよいよ佳境に入ろうかというこの時期に、極東遠征を組んでもベストの編成などは望めない。

 おそらく、これから6月の本大会までの間、マスコミは日本と同グループのクロアチア・オーストラリア・ブラジルを中心に、テストマッチの様子に関して、ある時は過大評価して悲観論を、時には過小評価して優越感を振りまくであろう。

 皆、6月の本番に向けて、調整と戦術の習得に重点をおき、その中で、選手の見極めや適正をテストするのだから、チームの全容がはっきりと形になって現れるのは、5月以降ではないだろうか。

 チェックするとしたら、W杯予選の時のビデオと比較して、新戦力の台頭はあるか、チームの基本的なコンセプトは変わらないかどうか、監督が何か、目新しい事にチャレンジする兆候はあるか、などであろう。
 



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。