サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア大会・男子パキスタン戦の感想

 アジア大会が開幕し、サッカーは昨日、男子の対パキスタン戦が行なわれた。結論から先に言ってしまえば、ちょっと期待外れだったといわざるを得ない。3対0から2失点した事だけではなく、全体として内容が悪かった。
 
 コンディションの問題・審判のジャッジ・そしてメンバーの選考と召集方法などに関して、弁護の余地はあるのだが、公式の大会、それもアジア大会という大きな大会に出場していて、来年の五輪予選と連動する以上、大事なのは「言い訳」よりも≪結果≫である。

 一部スポーツ紙には、日本とパキスタンの世界ランクを取り上げて比較しているが、あれはA代表のものであって、今回は参考にもならない点を指摘しておく。
 日本がU-21、パキスタンがU-23プラスオーバーエージを加えている。これを同一に比較するなどまともではない。

 中国と韓国との4ゲームの経験はあったものの、メンバーの変更が多く一定していなかったのと、異質で年齢が上の相手との初対戦による戸惑いが大きかったのが苦戦の原因である。
 速さ・強さ・プレッシャーは、中国と韓国の方が厳しかったと思う。ただ違っていたのは、パキスタンは非常に荒っぽかったという点だ。若い選手達がファウル気味のタックルに逃げ越しになっており、このような相手との対戦経験の無さがモロに出てしまった。
 この年齢層では、2歳という年齢差と経験値の影響は大きいと思った方がよく、素材の良さでは日本の方が上回るが経験の差で思わぬ苦戦をするのはよくある事だ。このパキスタン戦の内容と結果がその証拠として記憶にとどめておく事を勧めたい。

 また審判のジャッジに対する戸惑いも見られたが、前半を戦い審判の能力も傾向も判ったのに、同じようなミスを繰り返したのは反省しなければいけない。個々の駆け引きの巧みさとか真剣勝負のゲームに臨んだ際のしたたかさが問われるのだ。

 Jリーグの終盤と日程が重なるために、1クラブから1人招集を原則としたり、所属クラブのゲーム終了後の途中参加の容認など、とても本気でアジア大会で好成績を上げる事を目指しているとは信じられない愚かなもので、次回からの改善点として真っ先に問題点とされるべきである。
 そして、これは「反町監督の責任」である。

 次の対シリア戦でも、今日と同じコンディションでは完敗するであろうし、それは選手や監督が一番良く知っているはずだから、どれだけ回復して臨んでくるか期待したい。


 
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 U-21 - ジャンル:スポーツ

今日の浦和レッズとガンバ大阪

 今日のFC東京対浦和レッズ戦は面白かった。
リーグの優勝争いは、自分の予想どおり最終戦までもつれ込んだわけで、これでガンバとレッズのどちらが優勝するか微妙になってきた。
 今日のゲームを振り返れば、浦和の選手のプレーの硬さとぎこちなさが目立った。優勝への重圧という事だろうが、このような雰囲気と経験を乗り越えて勝って行かないと、本当に強いクラブにはならない。それが続いてタイトルを獲得する事で《伝統》が創られ、積み上げられていくと思えば良いだろう。
『勝たなければいけないゲーム』では、今日のように前線の攻撃陣が厳しくマークされている時には、中盤やDF陣が思い切って飛び出すとか、ラインを高めに上げて押しむ時間帯を作るべきで、相手に来させておいてカウンターという戦い方では、リズムに乗せちゃう危険性がある。FW陣はつぶれ役になるとか、早くボールを回すべきなんだけども。
 だから、今日の浦和は「トゥーリオ」を除く守備陣は慎重になりすぎの感があるのと、ペナルティーアーク付近で「ワシントン」「三都主」「ポンテ」の3人は、ちょっと個人技に走りすぎたように思う。

 ガンバの攻撃力は凄い。
万事休すと思われたロスタイムに「マグノアウベス」の3点目が決まった時には、チームの勢いのような物を強く感じた。大体、過去のリーグ戦やカップ戦を振り返れば、優勝したチーム
というのは、このような奇跡的な神がかったような勝ち方をしていくパターンは、よくある事だから、そういう点じゃ「ガンバ』の方に怖さを感じる。

 自分は、守備の強いチームと攻撃優先のチームが決勝戦、あるいはタイトルが決まるゲームで対戦した場合には、守備の強い方が勝つと思っているし、実際にそうなる傾向が強いから『浦和レッズ』の優勝で決まると予想するけど、今日のような受身の状態で硬くなったら『ガンバ大阪』が3点差以上の圧勝という眼も充分にあり得るだろうから、ポイントは浦和が、キックオフからリラックス出来て、良い意味での緊張状態でゲームに入っていけるかどうかだと思う。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

有意義だったU-21日韓戦・(国立競技場)

 昨日は風邪が完治してないが無理をして「国立競技場」へU-21の対韓国戦を観に行ってきました。ハーフタイムに《サッカー講釈》でお馴染みの「武藤」さんと会ったので、少し話をしたんだけど反町采配に関して、えらくご立腹の様子でしたが、勝てる相手にはしっかりと勝っておきたいところなので、気持ちは判るという事にしておきましょう。

FC東京サポの自分としては、まだ本領発揮しているとは思えない「梶山」を起用して経験を積ませてもらえるのは、大変にありがたいことだと思う。あとは、CBに千葉ではなく「伊野波」をスタメンから使ってくれてたらもっと良かったんですが、やっぱり「新潟」の教え子が好きなのだろうか?

 韓国は、事前の一部報道では「若手主体」と報じられていたが、先週のホームゲームの時とスタメンが替わっていたのは
「GK①チョン・ソンニョン」と「左のCB④カン・ミンス」「ボランチでキャプテンだった⑰オ・ジャンウン」「FW22・パク・チョヨン」の4人だけで、後はポジションが変更になってはいたものの同じメンバーだったから、2軍ではなく1軍半というべきか。
 ただCBの2人が控えメンバーの起用だったと思われる(この前は右のCBだった⑯イ・ヨハンは、このゲームではボランチ起用。)ので、あれだけチャンスが有った前半に2~3点取れていれば快勝しただろうから、FWの「平山」と「苔口」の二人には不満が残る。特に両サイドで「水野」「家長」の二人が完全に韓国DFを圧倒していただけに、この二人は不甲斐ないという印象が強くなってしまう。

 しかし、さすがに日韓戦だけあって、両チームとも前半から飛ばしていた為に後半のスタミナが心配だったが、最後まで続いたのはライバルとしての意地の張り合いのようで、好ゲームの要因となっていた。おかげで、このカテゴリーでは近年稀に見る見応えのあるハイレベルな面白いゲームだった。

 勝てたゲームだったのを引き分けたのは残念だったが、この前のゲームは韓国側から観たら勝ちゲームだったから痛み分けみたいなものだが、お互いに収穫があったので、この日中韓交流戦は、やって良かったといえる。

テーマ:サッカー日本代表 U-21 - ジャンル:スポーツ

明日はU-21の韓国戦だ

 明日は国立競技場で、U-21の日中韓交流戦の対韓国戦のホームゲームが行われる。先週・14日のアウェイでの対戦では、引き分けだったが、明日のゲームは逆の立場になりそうだ。

 日本は現時点での最強メンバーの編成で臨む予定らしいが、韓国の方は、メンバーを落としてくるそうだから、絶対に勝たないといけない。それも1点差の辛勝ではなく圧勝・大勝が望ましい。ここで引き分けか負けると、韓国に大きな自信をつけさせてしまうからだ。

 韓国を特別に意識する必要はないと考えている若い世代のサポーターも居ると思うが、もう日本には勝てないとか、日本のホームではやりたくないという意識を植え付ければ今後の対戦が優位になるという風に考えてほしい。

 中国には≪韓国≫≪日本≫に対してコンプレックスがあるという。あれだけの大国で人口も多いのに、彼らから見たら小国の「韓国と日本」には、サッカーでは中々勝てないという意識が強いんだ。そういう状態になるとどうなるか?
 始めから負けを意識して対戦する事になる。リードしていても逆転されるんじゃないかと思いヒヤヒヤしながらゲームをするわけだ。そうなると思わぬミスや信じられないミスを起こしたりするもんなんだ。

 今回のサウジ戦も似たようなもので、A代表でもアジアユースでも「サウジには負ける気がしないもの」勝ってる方は、こんな調子で、対戦する前から精神的に一歩優位に立てるから余裕を持ってゲームに望める。多少押し込まれたり、不利な状態になってもパニックにならずに対応できる。
 だから「韓国」にも勝って勝って勝ち捲くらねばならないんだ。

 ところで、明日は前売りチケットを買ってないで、当日売りで入ろうと思ってる人は、少し早めに行った方が良いかも知れない。対中国戦の時は、当日券売り場の窓口が少なくて、キックオフ直前になっても長蛇の列が出来ていたという話を聞いてる。日本協会の対応が改善されているかどうかチェックしてみるのも面白いかな?



 


 

優勝争いに注目

 まいった!先週から風邪ひいちゃって、ず~っと不調だ。
ビジネスの方も忙しいので無理をしてるために、中々治らない。
おかげでブログの更新作業と、マニアの戦評と分析の方が滞ってしまい、申しわけありません。

 トラックバックも整理した。「安藤美姫」はいいんだけども、サッカーや、このブログとは関連がないんで、削除させてもらった。

 さて、J1もJ2も、いよいよ大詰めに来て優勝争いが面白くなってきた。今年はレッズで早い時期に決まるかと思っていたら、最終説までもつれこみそうな雰囲気になってきた。
 ガンバがJ2自動降格から脱出するのに必死の「福岡」「京都」に取りこぼしをしなければ、最後のガンバ対レッズ戦は、他のクラブのサポーターでも見逃せない一戦になりそうだ。
 
 その前にFC東京対浦和レッズのゲームがあるけど、東京は「ガンバ」(28節)「川崎」(30節)の両クラブに勝ってるから、レッズにも勝てる可能性があるかも。ジュビロには大敗したけど、レッズ戦に備えて鋭気を養ったと解釈したい。

 Jリーグもようやくリーグ戦らしくなってきたと思う。一シーズンを通しての戦いかたの重要さが問われるわけで、「トルシエ」や「ジーコ」の時には、A代表やU-23の試合(特に遠征)が入ると、リーグ戦が中断してぶつ切りになってしまい、その時々に調子の良いクラブが《連勝~独走》という、まるで勝ち抜きのカップ戦みたいなリーグ戦になってしまう時が少なからずあった。これだと各クラブの本来の力が反映されないで、勢いに乗ったクラブが好成績を上げちゃう。
 中断やぶつ切りの少ない方が、クラブの総合的な戦力の差が明確に出るから、リーグ戦本来の楽しみに加えて、各クラブの戦力強化の評価も出しやすい。今後も、今年のような傾向を続けてもらいたい。

U-21・対韓国戦に価値ある引き分け

 いや~大笑いのゲームだった。何がって?
さっき終了したU-21の対韓国戦だ。《黄金世代》という触れ込みの韓国に対して、実質2軍の日本のU-21代表が、アウェイで1-1の引き分けという結果だったからだ。

 最初に今回の遠征メンバーを見た時、そして欠場の交替メンバーを選出しないと聞かされた時にも、反町は、随分と無謀な選択をする。つまり、負けを覚悟で多くの選手に経験を積ませて底上げを計る事を優先する。これは一種の冒険ではないかと思った。なにしろ相手の韓国は、この世代のチームでは史上最強で、しかもアウェイゲームだ。

 2軍という評価のされ方をして不快感や屈辱を感じる選手が、もし居たとしたら、実戦でその評価を見返す働きをすれば良いだけで、それが本当のプロフェッショナルである。このゲームは、選手生活の全盛期における貴重な一戦じゃないんだから、そこまで深刻に受け止める必要は無いのだ。

 勘違いしてはいけない。この年代で代表に選ばれて地位を確固たるものにするのは、Jリーグでの活躍だけではなく、国際試合で通用する可能性や将来性や素質が重要視されるという事だ。
 2軍扱いされてプライドが傷つくとか悔しいと感じたら、反町を見返してやろうというガッツを見せて這い上がり、のし上がって行くべきだろう。≪トップレベルの地位を築いていない≫21歳以下の若者ならば、そういった意気込みと志の高さを持ちチャレンジして欲しい。

 さて、今日のゲームだが、前半の日本は好守ともにほとんど良いところが無く、【攻めは得点チャンスなし】【守備は韓国のSHミスと判断ミスに救われる】という惨状だった。
 後半に入って、韓国は立ち上がりこそ猛烈に攻め込んだものの、その後は、ペースダウンしてプレスが効かなくなり、16分以降は、むしろゲームの主導権を握ったのは日本の方だった。GK「松井」の好守と、ポストやバーに助けられるという幸運も加わり、決定的なチャンスは韓国の方が多かったものの内容的には悪くは無かった。

 注目すべき点は、2軍扱いで、しかも急造編成のチームにも関わらず、これだけ戦えたという事だ。前半と後半では別のチームみたいだったが、今回のメンバーの適応力の高さと日本の若手のレベルの高さ、そして選手層の厚さを示したと評価したい。
 得点した時間帯の流れるようなパスワークとコンビネーションは素晴らしかったではないか。韓国のプレスが効かなくなったからだという見方もあるだろうが、たぶん、A代表との合同合宿の疲労と前半のオーバーペースが原因と思われる。しかし、日本側も土曜日にJリーグがあって、急造編成のチームだったのだから、評価を下げる理由にはならないのだ。

 問題点を指摘すれば、二人のCBの対応の拙さと、本田と細貝が相手の速さと強さに苦戦してたけど、次からこの経験が生かされれば良いだけだ。

 ライバルである対韓国戦の勝利という事だけでいえば、ゲーム前までは、掛けに等しい冒険だったが、終わってみれば結果的にも内容的にも成果を上げた。
 あるいは、アジア大会と北京五輪予選に向けた単なるテストマッチの一つの準備試合に過ぎないと位置付けたならば、戦力の底上げと厚い選手層の構築という点では見事な成功と評価したい。 
したがって反町は今回の賭けに勝ったといって良いだろう。

 これで、韓国は次は絶対に勝ちに来るだろうから、次の対戦となる21日のゲームは激戦になるかもしれない。もっとハイレベルで激しい内容になるのではないか。



テーマ:サッカー日本代表 U-21 - ジャンル:スポーツ

アジアユース決勝戦で無念

 アジアユース決勝は残念だった。後一歩という所で優勝を逃してしまった。
 小野や稲本が居た時の黄金世代よりも、このチームの方が実力やレベルは上だと思う。トルシエの時のユースは守備陣がフラットスリーを消化し切れてないどころか、ほとんど試行錯誤のような段階で大会に参加しなければならなかったせいか、一試合2失点してたんじゃなかろうか。
 そう考えたら、日本も随分と守備能力が向上したようだ。

「韓国」「北朝鮮」は、このカテゴリーでも既にチームとしてのまとまりは良く、成熟しており伸びしろが少ない場合が多い。逆に日本は、このカテゴリーでは未熟な段階で、準決勝の韓国戦・決勝での北朝鮮戦を延長~PK戦まで良く乗り切ったと評価して上げたい。

 決勝の北朝鮮から学ぶ事は、積極的なシュートをする姿勢だ。この特徴はフル代表と同じで、ユースでも距離があるところからでもドンドン打って来た。それが功を奏したのが先制点の場面であった。
≪日本≫≪韓国≫≪北朝鮮≫とベスト4のうち東アジアが3国を占めたのは大きい。

祝!アジアユース決勝進出

 いや~メデタイ!嬉しい!本当に良かった!

 アジアユース準決勝で2-2からPK方式で「3-2」日本の正義の勝利という結果に歓喜爆発だ。一人退場になって10人になってからは、防戦一方だったようで、韓国側からみたら「勝てたはずのゲーム」にPK戦で負けたといえよう。さぞかし無念な事であろう。

 アジアユースでは韓国になかなか勝てなかった。特に準決勝とか準々決勝という場面で対戦した時には、勝負強さの差というか執念というか、前に立ちはだかる大きく頑丈な壁だった。

 準決勝でのPK戦というと、真っ先に思い出し忘れらないのが、≪1971年のアジアユース東京大会≫での本当に悔しい敗戦だ。
 あの時の日本ユースは、地元開催という事で上位を狙うために、社会人と大学生を主体に編成された良いチームだった。『麻田』キャプテン(中大)の下に『奥寺』『永井』(古河電工)・『高田』(三菱重工)・『古田』(早大)・『江野口』(新日鉄)・『北村』(ヤンマー)・『瀬田』(日立)ら日本サッカーの一時代を築いた選手が名を連ねていた。
 対する韓国も『チヤ・ブンクン』『キム・ジンクック』『イー・チヤーマン』『ファン・ジェマン』『コー・ジェ・ウク』という70年代の韓国サッカー界のスター選手に成長する名手が揃っていた好チームだった。

 日本が押し気味に勧めていたのだが得点できず、延長でも決着がつかずにPK戦になったのだが、『キム・ジンクック』が、走り出してからキックする直前で止まって、ボールを置きなおしてやり直すという、現在だったらスポーツマンシップに反する行為で警告、さらには後日マナーが問題とされて追加処分が出されても不思議ではない非常にアンフェアな蛮行が行なわれたのが記憶されているゲームだ。
 この時、日本のGKだった『瀬田』は、これでカッときて冷静さを欠いてしまったのだが、これを『頭脳作戦に引っかかったとか』『まんまとやられてしまった』等と第三者的な発言や表現をする日本人を見ると『本当にサッカーを愛しているのか?』『実際に現場かテレビで観戦してないのでは?』という質問をぶつける事にしている。

 あれを体験している人の多くは≪怒ったか泣いたか≫しているはずで、平然と前述のように語ったり書いたり出来るはずがないからだ。自分は昔から(例えばメキシコ五輪の頃)サッカーを見てるというが、本当かどうか疑問に感じる時には、これが試金石となる試合と質問だと受け止めてほしい。

 その時以来、私が≪一番嫌いな韓国人≫は「キム・ジン・クック」になった。今から35年前の出来事だけど絶対に許さん。

 そのような「ユースの日韓戦」の歴史を体験した者として、この勝利は本当に嬉しい。35年前の無念さが、かなり晴れた思いだ。
 さあ~次は決勝だ。U-17に続きアジアチャンピオン目指して奮闘を祈りたい!

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

祝!U-20W杯出場決定!

 アジアユース選手権の準々決勝で日本は「アジアではなくアラブの為に頑張るサウジ」に2-1で勝ち、U-20のW杯出場権を獲得した。準決勝では「韓国」と対戦するが、何とか勝って決勝に進出して、U-17に続いて優勝してもらいたい。

 2日のブログでも書いたとおり、サウジに対しては相性が良く、フル代表からユースまでの各カテゴリーで優位に立ち好成績を収めているので、今回もある意味では順当勝ちともいえよう。92年の広島アジアカップ決勝からアトランタ五輪最終予選など、その時々の節目でのサウジとの対戦では、日本は前評判と関係なく好結果を出しているのを思いだせば、中国同様、サウジも日本コンプレックスを確実に持つであろう。

 今回の日本チームへの期待は大きい。ナイジェリア組以降のU-20は、軟弱でおとなしい優等生ばかり集めたような、エリート集団だが野性的な面に欠けたチーム編成という印象が強く、若手育成の方向性に危惧を抱いていたのだが、その反省が生かされたのならば素晴らしいと思う。

 サウジ戦は結果を知っただけで、まだゲームを見ていないので詳細については、日本の他のゲームも含めて、後日、改めて書く予定なので楽しみにしておいて欲しい。実は、先月下旬から仕事関係が多忙の為に時間が取れないところに加えて、新たに5個目のブログを始めて力を注いでいるので、サッカー関係に費やす時間が充分ではない状態ですが、なんとか今のペースは維持していくつもりです。

 さすがに5個のブログを管理するのは疲れるけど、《サッカー専門》はここだけなので、他のブログはあえて紹介はしないし、お気に入りにも加えてないのであしからず。

2010年南ア大会のアジア枠に関して

 2010年南ア大会のアジア枠に関して小倉副会長は「4、5」の現状維持を希望する方向らしい。

ドイツ大会の惨状では減らされても仕方がないと思うが、オーストラリアがアジア連盟に加入した事で、主張が通る可能性は出てきたと思う。またプラッターが提案したオセアニアの勝者をアジア最終予選に参加させるという案も悪くはない。

 仮に「4,5」になった場合、オーストラリアが加わったから大変だという意見を聞くことが多いが、そんなに悲観的に考える必要はない。なぜなら、日本以外の国だって「これは大変だな」と日本以上に悩んでいるはずだからだ。
 例えば、常識的な線で判断すれば、サッカーの質が高い≪日本≫≪イラン≫≪オーストラリア≫の3カ国は決まりで、残りの《1,5》を、《韓国》《サウジ》《中国》《アラブ諸国のどこか》あたりで争うという構図が見えてくる。

 北京五輪に備えて強化した中国の若手が成長したら、この中から中国が一歩抜け出すのではないか。連続出場をしている「韓国」「サウジ」のどちらか、あるいは両方がめでたく予選敗退という結果に終わる公算が高い。
 という見通しを立てているので、何も心配する必要はないし、自分は2010年の南ア大会の日本出場決定というつもりで普段からJリーグや代表のゲームを見ている。

 それと「川淵会長」と同様に、西アジアは、例えば北アフリカ諸国も混ぜた《アラブ連盟》を結成して、アジアから分離独立してもらいたいと思う。彼らアラブ諸国は《アジアのため》ではなく《アラブのため》に頑張っているだけだ。だから自分はアラブ諸国をアジアの仲間だなんて思っていない。

祝!日本ユースの8強進出

 アジアユース・ベスト8進出決定!
イランに逆転負けは、ちょっと残念だが、得失点差で1位通過を素直に喜びたい。これで一山越えたわけで、死のグループとも言える組み合わせを勝ち抜いたのは大きな自信になるはずだ。

 準々決勝の相手は「サウジ」か「イラク」になるだろうが、どちらかといえば日本と相性が良いサウジの方がいいのではないだろうか。ただイラクは他のアラブ諸国と異なり、フル代表同士のゲームの時のように、堂々と正面から向かってくるかも知れないので、そうなったら日本にも付け入るチャンスが出来るだろうから、楽観的に考えれば対戦相手はどちらでも構わないという事になる。この大会で大切なのはベスト4に残りU-20の世界選手権への出場権を勝ち取る事だから、次の準々決勝は非常に重要な1戦だ。

 準決勝の相手は「中国」「韓国」「オーストラリア」のどれかになると思われるが、要注意は北京五輪を控えて上昇傾向にある「中国」だけか。いずれにせよ絶対に勝てない相手はいないので、準々決勝さえ乗り切れば、そのまま一気に優勝という可能性もあると思う。

今回、注目すべきはピッチ状態の悪い中で行なわれている大会で、日本の本来の持ち味である早いパス回しがやりにくい中での戦いだという事だ。このような経験は非常に重要で、しかも結果を出せれば素晴らしい事だ。将来のフル代表に選ばれて、またインドでゲームが行われても慌てる必要が無いだろう。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。