サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシム采配に限界の不安を感じる

 3位決定戦で「韓国」に屈辱的な内容でPK方式に持ち込まれて4位となってしまい、サウジ戦に続き新たな課題を残しただけの結果に終わり、誠に後味の悪い幕切れになってしまった。

 今回のアジアカップで明らかになったのは、一部のメディアに報じられた「日本サッカーの限界」のようなものではなく、「オシムの限界」が見えたような気がする。ただ、オシムが現時点での最高と信じて執った采配なのか、それとも今後2010年の南アに向けて更に進歩させるための構想があるのかが定かではないので、しばらく様子を見るべきかも知れない。
 なぜならば、記者インタビューを見たり読んだりすれば一目瞭然で、《本音を言わない≫からで、マスコミに表面化した部分を全面的に信じて受け入れる等ありえず、それだけで判断して結論付けたりするのも不可能な人物だからだ。

 しかしそういった点を考慮しても、今大会の際立った特徴として「オシムの采配の大半が裏目に出た」のと、「アジアの事を知らない監督だった」という事に注目が集まってしまう。
オシムが育てた「現元千葉勢」が代表チームの足を引っ張りブレーキを掛けまくった点を、どう評価&反省して修正していくかが問われる。それは以下の通りである。

1・本来、ボランチでありCBではない「阿部」は、ベトナム戦を除き、残りの全ての失点に絡んだ事。

2・「山岸」はカタール戦・韓国戦と不甲斐無いプレーの連続で貢献出来ず、特にボールを持った時に何も出来なかった。交替でベンチに引っ込んでからの方が、攻めの展開が良くなったのは印象的であった。

3・「羽生」はゲームの勝敗の分岐点になるような非常に重要な場面でミスを繰り返した事・

4・「巻」は、ここまでの代表チームや今シーズンのJリーグでのプレーどうり、【やっぱり巻だった】事。

トーナメントに入ってからの3戦の全てが、ほぼ似たようなシチュエーションで進み、日本の特徴も弱点も、そしてメンバーチェンジに顕著にみられたオシム采配も、焼き写しのような展開になってしまった所から、「オシムの限界」という懸念が生まれてくる。2010年の南アに向けた通過点と好意的にとらえたいのだが、選手の起用法も戦術も『修正⇒学習能力⇒発展』といった姿が見られなかったのが不安要因となっているのだ。


サウジ戦での敗戦でも好意的に評価したのだが、この韓国戦では、一人少ない相手に対して何も手を打たなかったのと、メンバーチェンジが遅すぎるのと、拙攻の連発に対しては、辛口評価はやむを得ない。

「アジアを知らなさすぎる」のはアジアカップの一次予選の頃に露呈しており、今大会も同じだった。アジア地域は広くて、高温多湿や高度差や習慣や交通インフラやスタジアムやピッチ状態などで、多種多様な変化のある地域だったのを知らなかったのだから。旧ユーゴスラビア以外、例えば欧州以外の地域で代表監督の采配を振るい、公式大会の指揮を執り成果を残しただろうか?

 また次の不安が出てきた。どうも勝負運が貧しい監督じゃないのか?
「面白いサッカー・楽しいサッカー・常に攻めるサッカー」これらを忠実に実行できたから勝利~タイトル獲得とならないのが勝負事である。

幸いな事にU-20には才能豊かな若手が出てきているし、五輪候補にも素材は揃っているのだから、今年の残りのゲームと年が明けて来年の強化合宿にどのようなメンバーを集めるかを興味深く見たい。もしそれら一連の流れの中で、再び「山岸」「羽生」「巻」「加地」が召集されるようならば、出来るだけ早い時期に「オシムの見極めを」行い、決断を下すべきと考える。彼らに変えて「水野」「家永」「森島」等が積極的に起用されても不思議だとは思わない。

 
スポンサーサイト

サウジ戦の敗退に関して

 アジアカップ3連覇の夢が破れたからといって、日本のサッカーが終わったわけじゃないので、結果は残念だったが悲観論で染まる必要はない事を強調しておく。
 
 オシムは当初、今大会をなにがなんでも勝ちに行くような事は言ってなかったはずで、最終目標は2010年の南アW杯に置いており、アジアカップはあくまでも通過点に過ぎないと位置づけていたはずだ。
実際に、オシムの就任から今年に入ってまでのチーム作りや選手起用などを観ていると、アジアカップを本気で勝ちにく態勢とは全く信じられないようなものであった。 
 それが、マスコミ関係を中心に大会が近づくにつれて、ノルマとか3連覇がかかっているとか、コンフェデ杯の出場権といった話が出てきて、目標はベスト4といったような設定がされたように思う。

 アジアカップ・対カタール戦からサウジ戦までの日本のゲームを観ていてハッキリと判ったのは、自分達の戦いを貫いたという点だ。例えば、対戦相手に応じてシステムや選手の配置やゲーム展開を大幅に変更はしていない。例外は、初戦のカタール戦で機能しなかったワントップ&ツーシャドーを辞めた事くらいで、サウジ戦などは4-4-2で始まり、最後まで4BKで押し通したが、何が何でも勝利を目指すならば、サウジのツートップに「中沢」「坪井」のマンツーマンに「阿部」のスイーパーで対応してなければ、どう考えてもおかしい。
 それは、「カタール戦」「オーストラリア戦」でも同様で、阿部ではなく坪井ならば速さに対応できたはずで、中盤の構成も、二人の中村と遠藤を同時に起用する事で、守備面でのリスクを負って戦い続けた。

 全ゲームを通して「スピードのあるFW」を潰すための対策を徹底しなかったといって良いと思う。カタール・UAE戦での失点シーンを見れば、阿部のCB起用は守備面での弱点だったし、中央は3BKにした方が守備が安定するのは明らかだったのに修正しなかった。

★・つまり守備に関して言えば、《オシムの采配がすべてだ≫といって良いのである。

ただ攻撃に関しては、積極的にSHを打たない、特にあれだけ引いて守っている相手に対してミドル・ロングのSHを打たないのは問題で、ゲーム終了後の選手の談話や前日の練習でも、SHを打つ必要性に触れていながら実際のゲームに出なかったのは、MF個々ののメンタル面・意識の低さにあると思う。パス回しは素晴らしかったのだから、それをすべてやめろと言うのではなく、もっとSHを打たないといけないという事だ。

 「オシム采配」「SHへの積極性」この二つが、今大会で現れた大きな課題というわけで、考え方によっては、南アのW杯予選が始まってからでなくて、この時期に表面化して幸いと思えば良いのではないか。これから修正すればいいだけである。
 このサウジ戦は【南アW杯の最終予選ではなく、アジアカップなのだから】次に対戦する時の参考資料となるし、代表チームの課題も見つかったのだから、敗戦という結果は悪い事ばかりではない。
 

オーストラリア戦は戦術的な勝利である

 アジアカップ準々決勝・対オーストラリア戦は、勝って本当に良かった。あの内容で負けていたら後味が悪く、ショックも大きかっただろう。

 オーストラリアの粘りにあってPK方式に持ち込まれたのは悔しかったし、10人になった相手に決勝点を奪えず攻めあぐんでいるようにも感じた人も居ると思うが、実際には90分で日本が勝っていてもおかしくない程の、一方的な日本ペースの展開だった。

 日本はビドゥカの封じ込めに成功して、オーストラリアの攻撃を機能不全に追い込んだ。オーストラリアのチャンスらしいチャンスは、得点場面を除けば、後は前半に2回あっただけで、守備陣の奮闘を讃えたい。オーストラリアに一人退場者が出た時には、「シメタ!」と喜んだかも知れないが、逆にあれでオーストラリアが一層守備重点にゲームを進めて、延長戦⇒PK方式に持ち込むという作戦を選択させてしまったわけで、後半の立ち上がりからは積極的に攻めに人数を掛けて、押し上げ、前線へ飛び出してきていたのだから、「退場者が出ない」方が、日本に得点チャンスが増えたであろう。同点に追いついたのが71分・退場者が出たのが76分で、この時間帯以降は延長の後半まで、全くチャンスがなかったのである。これだけハイレベルな相手に、自陣深く守備ラインを下げてペナルティーエリア内に密集した守備をされると、得点を挙げるのは困難だと思う。

「ビドゥカ」に仕事をさせずに潰すのに成功した。オーストラリアにハイクロスの波状攻撃をさせなかった。退場者が出る前も出た後も、ゲームを支配し、ペースを握ったのは日本だった。

 結果は90分間と延長は引き分けだったが、内容的には日本の戦術的な勝利といえるゲームだったと判断して良い。

「鈴木啓太」は≪水を運び、汗をかき≫「中村俊輔」は≪弱さを出すのではなく、巧みなパス回しと駆け引きで相手を悩ませた≫のである。
 
それにしても「川口」の冷静さと読みの鋭さは素晴らしい。これで今回も優勝したら≪アジアカップ男≫の称号を与えても良いんじゃなかろうか。

対オーストラリア戦の展望

 明日は、いよいよアジアカップ準々決勝の対オーストラリア戦だが、ちょっと展望をして見よう。

 今回の対戦は日本が有利だと思う。現在の代表をドイツ大会の時と比較してみると、一番の違いであり、また日本が戦力アップしているのは「監督が違う」という点だ。「無能のジーコ」と「オシム」なのだから、恐らくオーストラリアも一番警戒しているのは、監督の采配ではなかろうか。不安なのは「山岸」「羽生」に執着し「阿部」のCB起用くらいか。

 W杯でのオーストラリア戦の終盤におけるゲーム展開を振り返れば、FWとMFが消耗してバテバテの状況で、DF陣はハイクロスへの対応で苦しめられ、その上セカンドボールを拾われて波状攻撃を許すという展開にも関わらず、≪DF陣のクロスを妨害するために前線からチェックし走り回るFW≫や《中盤で相手を潰しまくり、ボールを拾いまくるMF≫を投入する事をしなかった「無能のジーコ」采配が印象的だった。あの敗戦は【人災】だったのである。

 今度は違う。MFには、あの時には居なかった「水を運ぶ」者がいる。「鈴木啓太」「今野」の存在は守備面で大きなウエイトを占めるはずだ。そして「ファンジスタ・俊輔」と「高原」の二人は今回の方がコンディションが良い。チーム全体として「個人の自由」や「自主性」を軸にして戦うチーム作りをした「無能のジーコイズム」ではなく「組織を生かし」「戦術を優先する」オシムイズムが浸透しつつある。

 ドイツ大会のオーストラり戦では、コンディショニングに失敗して暑さにやられたが、ベトナムでは、今度はオーストラリアが暑さと湿気に苦しまされる番だ。
 メンバー的に言えば、速さと高さでは「坪井」がいるので、思い切って「阿部」を外しても良いかも知れないし、前線からチェイシングする巻はリードした状況での後半には非常に効果的なのだが、やっぱりスタメンから行くのか?
 
 残り30分を過ぎた時点でリードしているか、されているかで選手起用は違って来るはずだが、ここはオシム采配の見どころでもある。例えば、もしリードされていたら、すばしっこい「佐藤寿人」の起用があるだろうし、ひょとしたら、ここまで酷評を浴びてきた「羽生」が終盤になって、あの運動量と速さを活かして多大な貢献をするかも知れない。

 暑さと湿気に苦しんでいるのだから、今回はオーストラリアに勝つ絶好のチャンスだ。この環境下で勝たせてしまうと、彼らに大きな自信をつけさせてしまう。絶対に負けられない戦いと念じて勝ってもらいたい。

アジアカップ・対ベトナム戦に圧勝

 相手が地元という事で対戦前は一部不安を感じさせたが、見事にベトナムに完勝した。終わってみれば、日本の強さとレベルの高さを際立たせるものだった。

 オウンゴールで先取点を献上した時には、苦戦を覚悟した人も多かったと思うが、実力の差がはっきり出たと言って良いと思う。これだけ戦力の差があれば、先制されても慌てず騒がず、じっくりと料理できるというわけで、選手の表情やプレーぶりからも自信と落ち着きが見えていたのが判る。巻の同点ゴールも、遠藤のFKも、そういった中から必然的に生まれた物と言えるのではないか。

ベトナムの弱点である高さ・
日本の武器であるセットプレー

 ベトナムと日本の両国の特徴が、見事なまでに得点という結果に現れたという点で、見ていて判りやすいし勉強になる面白いゲームだった。

このグループリーグの3戦を振り返って見れば、日本がゲーム毎に日本らしさというか、ゲーム内容が進歩して,個々に自信を持ってプレーしてきているように見える。ちょっと余裕がありすぎるような感じもするのだが、準々決勝以降に、良い結果になると信じたい。

 期待の大きさから、高原以外の選手たちへの不満や失望を感じたかも知れないが、このベトナム戦では納得する働きを見せてくれたと思いたい。高温多湿のなかで、対戦相手が皆、あれだけ引いて守備的に出てくるのを考慮したら、よく頑張っていると好意的に評価したい。

アジアカップ

 今大会のアジアカップは、ある意味で興味深いし参考になる大会だと思う。それはどういう点かというと、各会場が高温多湿の中で行われており、参加各国に良くも悪くも多大な影響を与えているという事だ。

 過去にもW杯や五輪予選などで、この気象条件が話題になった例があるが、今大会は夏の7月に集中開催されている事とJリーグ以降、サッカーがメジャースポーツになったために注目された結果、サッカー関係者だけでなく、マスコミ関係者やサポーター一般の大衆にまで、この時期に行われる東南アジアでのアウェイでのゲームの過酷さが認知される事は非常に有意義と考える。
 
 思えば7~8月というと、昔はマレーシアで毎年「ムルデカ大会」が開催されていて、優勝チームがその年のアジアのチャンピオン同様の高い評価を受けてきた。日本も毎年のように参加していたが、なかなか勝てなかった。アジアでも勝てないと他の競技団体やファンやマスコミからバカにされていたが、改めて、過酷な環境と厳しい日程の中で良く戦ったと評価してあげても良いだろう。

 第1戦のカタール戦は失望した人も多いと思う。追加点を奪えるチャンスにイージーミスを犯し、あの失点に繋がるまでの一連の軽率なプレーには、審判の判定基準の違いよりも、現在の日本サッカーの置かれた地位への怠慢さと傲慢さを感じた。第2戦のUAE戦では、逆に「勝ちたい」という意思が強く感じられた。一人退場になった相手に得点を許したのは残念だが、前半で勝負を決めてしまった程の働きを見せたのだから、後半は逃げ切れた点を評価したい。
 後半の球回しを観ていて感じたのは、日本のサッカーのレベル、特にボールコントロール、オールタッチの柔らかさの格段の進歩だ。昔はあれと同じ事を、逆にやられて振り回されてきたんだから、痛快な気分でもあった。それに加えて相手との間合いの取り方やパスの出す方向も適切だった。カタール戦の前半のパス回しとは明らかに違うもので、そう考えたらカタール戦での失敗から学んだといえるんじゃないか。

 ちょっと不満な点を挙げれば、後半から出場してきた、まだ19歳の若い「13・アハメド・モハメド」に大きな自信を与えてしまったかも知れない事だ。今後成長して嫌な選手になりそうな気がする。

U20-W杯の日本

 U-20W杯は、いよいよトーナメントに入るが、アジア勢では日本以外は全てグループリーグで敗退。それも1勝も出来ない惨状であった。大会組みわけが決定してから、私が3月5日の当ブログで書いた通りの展開になったのは、ここまでは順当にゲームを消化してきたと言うわけだ。

 スコットランドとコスタリカには勝ち、ナイジェリアとはお互いにメンバーを落として引き分けという結果は満足して良いと思う。組みわけが決まった時に《サンスポ》が「地獄の組」と書いたのに対して、私は批判したが、この結果を見れば予想が的中したという大げさなものではなくて当たり前の事を指摘しただけというのが判るはずだ。

「韓国」と「ヨルダン」の入った組が文字通り、地獄の組だったのも指摘した通りの結果になったが、これもまた当たり前の事にすぎない。
このように、日本を蔑み悲観論をばらまき、韓国を過大評価するというのが、2002年以降の日本サッカージャーナリズムの特徴でもあるが、今回の結果を教訓にして、バカな記事を読んで「一喜一憂」するのを辞めて、冷静に分析できるようになれれば良いでしょう。

 韓国も北朝鮮も、アジアでは圧倒的な勝負強さを見せて勝ち抜けるが、世界を相手に戦う本大会では好成績を残せないのは、彼らの基本的なチーム作りや戦い方に問題があるのは明らかで、「自分達の遣り方で勝つ、こだわる」のがマイナスに作用している。簡単に言えば、アジアモードから世界モードへの切り替えが出来ないというよりは、そんな事を全く考えていないとしか思えない。だから、この両国はアジアにおける強さに目を奪われがちだが、世界を相手にした場合は、少し割り引いて戦力をチェックするべきである。

 さて、我が日本は、チェコに勝った次に、準々決勝では、恐らくスペインが相手になるだろうが、なんとか勝ってベスト4に進出してもらいたい。吉田采配も中々良いので、大いに期待したいと思う。

代表メンバー発表

 アジアカップに臨む代表メンバー23人が発表されたが、順当な結果だった。30日のJリーグの結果に関係なく、オシムはすでにメンバーをほぼ固めていたといわれており、30日のゲームは代表候補に選ばれた30人にとっての最終選考の場ではなくて、負傷しないで乗り切るかにのみ焦点があったといえるのではないだろうか。

 今回の発表で興味深かったのが「前田・ジュビロ」が選ばれるかどうかだったが、FWは過去にA代表の実績あるメンバーが残り、実績のない前田が外された。非常に調子が良かっただけに残念だと思う人が大勢いるだろうが、ここにアジアカップに対するオシムの姿勢というか意気込みを感じる。
 今までの国際大会やAマッチに備えた合宿では、Jリーグでの活躍&好調を評価して代表に招集してきたのに、今回前田を残さなかったの理由は、大会3連覇を目指し、最悪でもノルマであるベスト4の成績を上げるためには、実績を重視するのと合宿で他のメンバーとのコンビネーションを試した結果であろう。
 したがって、この決定は受け入れねばならない。戦術重視で、守備力を要求されるのがオシムのやり方なのだから、単に一人で得点を挙げているだけでは、代表の他のメンバーとの関わりを考慮して、残りのFW陣との比較で不十分だったと判断されたと思われる。つまり、前田の個人能力が劣っているのではなくて、周囲との連携を考慮した末の落選と解釈したい。
 だから、例えば、もし前田が故障からの回復⇒復帰が早かったならば、もっと前から合宿やゲームに出場して、周囲のメンバーとの連携や相互理解も深まり、有力な選手になっていった可能性が強いはずだ。次の南ア大会での活躍を期待して、アジアカップ集合後にはメンバーに招集されて、再度、代表入りを狙えると思って良いだろう。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。