サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対カメルーン戦で良かった事

 A代表の対カメルーン戦は面白かったし、なかなかの功ゲームだったように思う。DFラインに「トゥーリオ」が入って本来の守備陣形が整った事、攻撃のトップの3人を同時に起用して良い感触を掴めた事。この2点を具体的な成果としてあげたい。
 功ゲームとなった要因として、日本が前半に先取点を挙げたのが大きかった。ホームとはいえ格下の日本に失点した事が、コンディションに問題を抱えている中で、カメルーンがゴールを狙って真面目に戦う姿勢を見させてくれたのだから。

 トゥーリオは、先制点ばかりに注目と評価が集まりがちだが、むしろ守備面を評価するべきだろう。このDFラインだったらアジアカップも優勝出来たはずだ。「阿部・中沢」と並んだ時よりも安定してたのが判ったはず。

それと攻撃陣3人があれだけやれたのも驚くに値せず。特に田中達也は素晴らしい。現時点で日本の宝だよ!!!本当にアジアカップに間に合っていればと惜しまれる。それと前田が良かった。ポストプレーさせたら、今、日本で一番上手いんじゃないか。このメンバーでの連係プレーなんかビッシリ練習してないのにあれだけやれたってのはセンスの良さだと思う。少し要求すれば、もっとゴールに向って積極的に行って欲しかった点か。ゴール狙わないでポストプレーばかりだと、守る方は対策を立て易いのと、巻のような豪快さと走力があればかなり使えると思う。そうすれば代表に定着させたい選手だ。

 後半はメンバーを代えた事で、バタバタしちゃってカメルーンにペースを握られたけど、いろんな選手をテストするという目的が無かったら、もっと互角に近い展開になったのではないか。

とりあえず合格点をあげたい。
スポンサーサイト

明日は反町運命の日になるか?

明日は、A代表が対カメルーン戦、U-22代表が五輪最終予選の対ベトナム戦とゲームが組まれているが、どちらも大事なゲームである事には変わりない。
 A代表は、カメルーン相手に攻撃陣の生き残りを賭けたテストとなり極めて重要なものと考えられる。アジアカップの情けないメンバーとの比較となるわけだが、それにしてはハードな相手なので、活躍→得点の有無だけで評価するのは難しいのだが、良い結果を期待したい。個人的な意見を言わせてもらえば「山岸」との比較で言えば「大久保」「田中達也」の方が【 ∞(無限大)】に優れていると信じる。

さて問題はU-22の方だ。引き分け以下ならば「反町」更迭という可能性も取りざたされているが、それは当然の考え方であり、絶対に留任させてはいけない。反町の監督としての評価はこれから査定されるからだ。現時点ではJの弱小クラブの監督として、そこそこの実績を上げた程度に過ぎないからだ。決して絶賛するべき程のものではなく、あくまでも監督として比較的良好なスタートを切った程度と見ていれば良い。

 「新潟」では、限られた人材しか集められず、レベル的にもそれほど高くなく、戦術的にもリアクションサッカーから、全員で走って頑張って戦うというスタイルのサッカーだった。これは下手だけでそれなりの戦い方で頑張り、才能のある選手が多く所属し、ハイレベルなサッカーを行う相手に対して果敢に挑み結果を出す。という点で考えれば≪典型的なスタイル≫であって、各カテゴリーのチーム作りと大会で全国津々浦々で見られるものに過ぎない。
 そして成果を出すと、錯覚してしまう関係者やジャーナリストやサポーターが現れるのもまた、どこでも見られる光景である。

では、U-22ではどうなるか、国内はもちろん時として海外も含めて出場資格のある選手全員の中から、自分の好みで選択する事が可能となるのだ。そして才能のありレベルの高い選手を集めて自分の理想に近い戦術を試し、挑戦するチャンスを与えられるというわけだ。

 ここで監督として、一つの評価が下される事になる。
1流か2流か? 弱小クラブを上へ押し上げる事は出来るが、トップクラスでタイトルを取れる監督か?単独クラブの監督の器か、それとも選抜チーム(代表チーム)クラスを指揮できる器か?といった具合である。

反町がどの程度のレベルがふさわしい監督か?
どの程度の器の監督なのか?

そういった事の見極めをされるのが、この五輪予選であり、最初のテストが対ベトナム戦なのだ。
U-22の「山本正邦」やU-20の「大熊」のように、才能のある選手が多すぎて、誰を選んでチーム編成を行い、ゲームでは誰を起用して戦うかの選択に迷い、結果を出せなかった監督になる可能性が強い。

反町のここまでの采配を分析すれば、選手を試す事に力点を置きすぎてしまったために、本番になったのに選手選抜と起用法に安定感がないのが判るではないか。

≪与えられた玩具が多すぎてどれで遊んで良いか分からず迷っているお坊ちゃま第3号≫になっても不思議ではない。

従って、各カテゴリーの代表レベルでの采配を振るうだけの能力の無い人物か、あるいは時期尚早だったのかも知れない人物という評価が下される事になる。

明日の二つのゲームは、そのような点に注目してみる事を薦めたい。

対カメルーン戦の代表メンバーについて

 日本代表のメンバーが発表されたが、攻撃陣が大幅に変更されたのは当然の事で、何かホットしたような気分になる。

アジアカップ終了後には、入れ替えを示唆したと思ったら、また、ほぼ同じメンバーで行くような発言をしたりと、サッカーファンを一喜一憂させてくれたが、今回、選出されたメンバーを観ると、ケガやコンディション等の理由で招集されなかったケースもあるので、びっくりするほどのサプライズ選出はなかったといえよう。

ただ、これで千葉勢は浦和に移籍した「阿部」以外は、オシム就任当初に大量選出された≪個々の能力では招集されなくても驚かない≫顔ぶれが全員外された点に注目したい。負傷中の「羽生」は、今後どうなるか不明だが、オシムの戦術を表現できる選手主体で戦う事と、戦術的な練習時間が少なかった為に、千葉と浦和連合にプラスαという構成のチーム編成を基盤にしてきたが、それを終える段階にきたと解釈すれば、この時期に千葉勢を外したのは、良いタイミングだったと評価したい。

 巻・山岸・佐藤勇・羽生などは、セットで起用された時に効果的な役割を果たすレベルの選手であり、個人能力の高さで勝負できる選手ではないからだ。特に再三再四指摘している「山岸」は、その典型的な例であり、アジアカップの「カタール戦」「韓国戦」での起用は好意的に解釈すれば「オシムの判断ミス」だと思いたい。
 非常に残念なのは、他の才能ある選手たちに「経験の場を与えるチャンスを潰してしまい活用できなかった」事である。願わくば、山岸は二度と戻ってきてもらいたくないと強く念じる。

日本サッカー狂会という本が発行されました

 「日本サッカー狂会」という題名の本が出ました。

内容は「狂会」の事だけではなく、「サポーター史」のようになっているので、Jリーグ誕生直後や近年の日本代表に集まるサポーターとは一味違う人たちの話や活動を知るだけでも有意義かと思う。
 実は、自分は12年も前の1995年に脱会しており、現在の会の運営にはタッチしていないが、今回、呼びかけ人の久保田氏の要請に応えて協力したのだが、期待以上の出来栄えで中々良い仕上がりになっているので、ぜひ一冊買っていただきたい。

自分の出てる所はというと。

コラムを一本「プロ化への夜明け前 日産・読売の時代」
それとインタビュー・「松本育夫氏」
後は、会報に掲載された会員の投稿のベストコラムに一本
「狂会の今後」という力作で、脱会する前に書いた文だが、サポーター活動の予言の書みたいな面と、狂会の内情や歴史に関して鋭い指摘をさせてもらった。
 さらに、ベストコラムを10本再録してあるのだが、自分が何本か選別するという大役を担わされたので自信作を選ばせてもらった。自分が選んだのは「リード文を書いてるのですぐにわかるはず」投稿された当時、メディアに転載されなかったのが惜しまれるコラムだと思ってもらいたい。それだけ価値のある内容だと感じる。


サポーター関連の書物と聞いて、98年フランス大会前後に大量出版された一連の物を連想する人もいる事と思うが、この本と比べたら、あれらの大半は「貴重な紙資源の無駄使い」に過ぎないと思えてくるから不思議だ。


「日本サッカー狂会」(国書刊行会)¥1900消費税別

 本日、自衛隊の友人と恒例となった「靖国神社」参拝に行って参りました。いや~凄く暑かったけど、やはり参拝にいかないと8月が来た気分になれない。皆さんもぜひ一度参拝したらどうでしょうか。
 それと7日は「反ソデー」でしたが、ご存知ですか?麻布台のロシア大使館周辺では愛国団体の方々が正義の活動を展開していました。



祝!女子代表五輪出場決定!!

 女子代表チームの北京五輪出場権獲得を喜びたい。
本当に良かった。選手の皆さんには「おめでとう!」「お疲れ様!」と言ってあげたい。

 理想を言えばアウェイの韓国戦に勝って決定して欲しかったのだが、今の女子サッカーにあっては、どんな形であれ予選を勝ちぬくのが一番大切な事だから素直に喜びたい。ホームでのベトナム戦ではなかなか得点できなかったので、過酷な環境が待っているアウェイのゲームには不安を感じたのだが、まだまだ実力差が大きかったという事なのだろう。まだ映像を観てないんでゲーム内容に関しては、なんとも言えないのだが、8-0という結果からして、そのような点差で一方的だったとしたら、粗探しをするような指摘はしない方が良い。

 オールスターなんかよりも観たかったから、ちょっとテレビ局やJFAも考えてもらいたい。オールスターなんか所詮、お祭り試合で強化には役に立たないエキジビションにすぎない。女子五輪予選で出場権獲得が掛ったゲームの方がはるかに大切・重要と思う。またU-22候補も同様で、中国の瀋陽のあの異常な雰囲気の中で「中国」や「ボツワナ」と対戦して経験を積んだ方が選手の成長に役立つ。

早く、女子代表のゲームがバレーボールのように、ゴールデンタイムで中継されるようになって欲しいと思う。オールドファンの中には「女子はレベルが低すぎて金を払う価値があるか疑問とか、まだまだ観戦に耐えられない」と公言する者もいるようだが、実際にスタジアムへ行って生で見れば、一生懸命プレーしている姿を観る事が出来るし、意気込みや情熱が伝わってくる。
 例え、レベルが低くても「上手くなって欲しい」「勝ってほしい」という気持ちで応援したくなってくるでしょう。

 というわけで、これで「W杯」に「五輪」と構好成績をあげて活躍するように、心から願っている。そして底辺拡大に競技人口の増加はもちろん、自治体や企業の協力やスポンサーの獲得にとつながってもらいたい。


 

瀋陽・四カ国対抗

 中国で開催されているU-22代表の四カ国対抗戦は一体何の為にやってるのか判らない大会に見えるが、五輪を一年後に控えたスタジアムや地元組織の運営の経験と準備の為という側面と、中国代表は「遠征と合宿を重ねてこんなに強くなりました」というのを党や国民にアッピールするために行っていると思う。

 自分が興味深いのは、中国が日本以外の国と対戦した時にも、同じようなでたらめな審判とブーイングとラフプレーが横行したのかどうかという事だ。もしそうだったら、この中国代表は五輪終了後は恐るるに足らずだ。
 
 よくこれだけ平均的に高いレベルとフィジカルの強いメンバーを揃えたと関心するが、長身大型で速くて強い選手にそれを前面に出すチーム作りは、明らかに対欧州&アフリカ対策と思われる。地元開催の北京五輪で、本気でメダルを取る為のチーム作りをしているのがよく判る。アジアの予選を戦う必要がないから当然と言えば当然だが、本当にこれで良いのかと考えさせられるチームである。
 この中国チームの第一印象は《とにかく荒っぽいプレーが多い≫という事だ。記憶に間違いが無ければ、イギリスに遠征して乱闘騒動を起こしたチームだったか?
 対日本戦で審判が全員中国人だから、このような内容になっただけではなくて全般にわたってラフなプレーをするようならば、北京五輪終了後のアジアカップやW杯の予選でのアウエイゲームでは大変なことになるだろうし、決定的な致命傷となるのは選手が伸びないと予想される事だ。

 ラフプレーの多さとマナーの悪さに加えて、SHが下手なのも目につく。あれだけフィジカルで優位に立ち、審判の判定に助けられたおかげで、日本DF陣が思い切って当たっていけないのにも関わらず、まるでゴールが欲しくないのではと思えるような決定力の無さであった。

 逆に日本にとっては非常に有意義なゲームだった。このような展開の中から、選手個々のメンタルの強さ、冷静さ、賢さなどが見えてくる。ベストメンバーの中国に対して、こちらはメンバーを落としており、しかもU-20の若手に経験の場を与える事が出来たのだから、結果は0-0でも、内容や今後の対応の仕方では日本には大きなメリットがあったのだ。  

羽生の評価

 阿部と山岸と同様に批判が集中している羽生だが、ちょっと評価が分かれる選手だと思う。評価する場合に選手のどこを好意的に(あるいは批判的に)見るかで全然違ってくるから、そういう点で言えば勉強になる選手である。
 
 例えば次のような決定的なシーンをどうみるか?
対サウジアラビア戦・80分のバーを直撃した強烈なミドルSH。
対韓国戦・73分のゴール正面でコースが空いた所からSH・GKの正面に飛ぶが強いSHだった為にファンブル。
延長戦後半、125分の矢野がヘッドで落としたのをSHは・ボールは相手DFに当たる。これはDFが避ける余裕もない強烈なSHだった。

このようなSHシーンを観て最も多く感じる印象は「惜しい!もうちょっとズレテいれば入っていたのに-----------」だと思う。他の選手の思い切りの悪いプレーを散々見せられている中で、このようなシーンに接すると大きな期待感を持つ事は良くある。それに加えて運動量も多くダイナミックな動きで、あちこちに顔を出すから、一見ハツラツと動き回るようにも見えるから好意的に見られがちだ。

 だが。これらは大きな勘違いなのだ。
つまりこういう事である。あのようなシチュエーションで、SHが後一歩で入らないのは、≪羽生がそのように運命付けられている≫からだ。だから≪ 惜しかったのではなくて、惜しいSHしか打てない。≫と解釈すれば、何故羽生の強烈なSHが、本人のミスというよりも相手のDFやGKやバーに当たってしまうのかという理由が判る。

 また明らかに技術的にレベルが低い。出場した全ゲームを通して、中盤で日本がパス回しを行っている際に、相手にチェックされると羽生は他の選手よりも余裕がなくなり落ち着いてキックしているように見えず、時として慌てて強引に切り抜けようとする事もある。あれは自分の技術に自信がないため、そのようなアクションに走るのだ。単純なトラップミスやパスミスが他の中盤の選手よりも多いのも技術の低さの証明である。

 運動量が豊富で忠実で勤勉で労を惜しまず、最後まで頑張る。このようなプレースタイルや選手の存在は、さわやかさとスポーツマンシップにふさわしい行為に映り、見る者に感動を与えがちだ。だが非常に残念な事に≪技術レベルが低すぎて≫肝心要の場面で大きなミスを冒すのは、スポーツの世界(特にサッカーの世界)では、よく見られる光景である。動きの質が良かったり、スタミナを活かして、実に良い場面に現れるのだが、その《動きに技術が伴わない》為に、ミスをしてチャンスをつぶすのだ。その判りやすい例が、対カタール戦での同点に追いつかれた後のロスタイム突入前の90分のシーンである。羽生は相手DFラインの裏へ入り込みGKと一対一になり決定的な場面でイージーミスを犯し追加点を奪えなかった。


 70年代には、このようなタイプの中盤の選手は何人もいたが、誰一人として成功しなかった。だから答えと結論はとっくの昔に用意されている。そう、代表選手のレベルではないのだ。

さらに付け加えれば、3位決定戦の対韓国戦のPKでは、日本の6人のキッカーのうち、韓国GK「イ・ウンジェ」にコースを読まれたのは「阿部」「羽生」の二人である。阿部はキックの正確さで、サイドネット付近に強いボールを蹴った為に奇麗に決めたが、羽生はお粗末で「恰好の餌食」になってしまった。なにも遠藤みたいな芸術的なPKを決めろと要求しているのではない。あれは1本で3点分くらいの価値があると思うが、羽生はちょっと酷すぎるのでは。もしかしたら川口の方が上手いんじゃないか?

これでわかったと思う。羽生を批判するのは「決定的なSHを外した」とか「PKを止められたから」ではなくて、攻撃的なMFにしては技術が低くて、勝利の女神から遠ざけられてしまう宿命のようなものを感じるからだ。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。