サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪最終予選の展望

 北京五輪最終予選のカタール戦は惜しかった。ロスタイムのPKは不運としか言いようがない。サッカーは、スポーツでは、こういう事は往々にしてある事だから、気持ちを入れ替えて残りの2戦に備える方が大切だ。
 自分は引き分けでも構わないと考えていたし、追加点を奪うチャンスもあったのを決められなかったという見方もあるが、引き分けでも良いゲームでリードした後に、したたかなゲーム運びで逃げ切るという戦い方が出来ないようでは、W杯で実力でベスト8を狙うのは難しい。
 ひたすら攻めて攻めて攻めまくって圧倒するゲームは観ていて爽快だし理想的だけど、いつでもそう旨く行かないのが世の常だ。

 そして対戦相手がいるという事は、日本には不運だったが、カタールから見たら幸運なPKの勝利で首の皮一枚繋がったという事になる。そういう視点で見たら、いつも理想的なゲーム展開になると期待する方が無理というのが判る。

今後の展望をしてみよう。
マスコミは、例によって目先の結果に一喜一憂して、もう後がなくなり、残り連勝して得失点差が重要という報道になっているが、そうともいえない。

■・成績

    勝ち点 得点 失点 得失点差 
カタール 7   4  3   +1
日本   7   3  2   +1
サウジ  5   3  2   +1
ベトナム 2   2  5   -3

■・残りの日程

サウジ 対 カタール   ベトナム 対 日本

日本 対 サウジ     カタール 対 ベトナム


 最大の注目点はサウジ対カタールだ。
日本とカタールがベトナム戦で勝つと仮定したら、両チームの勝ち点は「10」になる。サウジが残り連勝すれば勝ち点「11」で出場権を得る。サウジはカタールとホームで対戦するから、チャンスが残っている以上、ここで《ピッチの内外で》手段を選ばず勝ちに行くのは充分に考えられるし、アラブの盟主・サウジが勝つ可能性が高いと予想した方が順当ではないか。そうすると、カタールの勝ち点はベトナムに勝っても「10」どまりだ。日本とサウジの決戦になるが、日本はホームで戦う利点がある。ただ、ここでカタールが勝つと、非常に厄介な事になる。カタールは最終戦をホームでベトナムと対戦するから、本当に得失点差の争いになってしまう。
 
 だから、このゲームではサウジを応援して勝つ事を祈ろう。

そして、日本はと言うと、ベトナムとの対戦が重要になってきた。ベトナムがホームで異常な強さを発揮しているのが気がかりだが、もう失格が決まっているので、守備固めに走らずに前に出てきてくれたらありがたい。そうすれば日本にも得点のチャンスが増えるはずだ。ここで引き分けても、サウジとの対決で勝てば勝ち点が「11」で日本が1位になるから大丈夫だ。つまり、可能性のある3チームの中で、現時点では日本が最も優位な立場に居る。

最悪のパターンを考えると。
日本がベトナムに負けるか、引き分ける。そうすると最終的に勝ち点がサウジに勝っても「10」か「11」。もしカタールがサウジに勝ってしまうと、最後のベトナム戦はホームで戦うから、本当に《何でもあり》という状況に持ち込まれる危険性があるので、カタールが勝つはずだ。カタールの勝ち点は「13」になる。
 日本がベトナムに負けてカタールがサウジに勝つ。これが最悪の展開で、このような結果になったら、ほぼ絶望と覚悟した方が良いだろう。

もしサウジ対カタールが引き分けでも、カタールがベトナムに勝つと計算して、勝ち点は最終的には「11」になる。そうなるとやはり得失点差の争いになるだろう。

他力本願ではあるが、現時点では日本が若干有利だと思う。それはサウジとカタールがアウェイのベトナム戦で引き分けて、勝ち点が「1」しか確保出来なかった点が大きい。

だから、次のベトナム戦は絶対に勝たなければいけないし、サウジ対カタールの結果は非常に重要になってくるのが判ったと思う。
 また、日本協会が最終戦のサウジとの対戦のキックオフの時刻を調整するというのも正しい判断であるから、そういう状況になったら、帰宅の足を気にせずに、次の日は休暇を取るくらいの心構えで準備しておこう。








スポンサーサイト

対エジプト戦を終えて

 エジプト戦は相手が主力9人が抜けてるという編成だたっが、なかなか骨のある手ごわいチームだった。確かに守備面は問題があって、主力が抜けた大きさを感じさせた。日本の素早い攻撃にあって対処できずに失点を重ねたが、それでも最後まで自分達のやり方を貫いたのは、このゲームに臨むエジプト側の姿勢が出ていたと思う。

 主力でない控え選手たちに経験の場を与えるという事じゃないか。それも、チームとしてのコンセプトを変えずにどこまで戦えるかを試したの可能性もある。
 途中で戦術を変更する事もなく、前線から積極的にプレスをかけてきて、リスクを冒してDFラインを上げ、両サイドもをガンガン攻撃参加させてきたのが、それを証明している。

 その為に、両サイドの攻防に競り負け、またDFラインの裏を突かれて苦境に陥る展開になったのだが、ガチガチに守備を固めて逃げるサッカーじゃなかったので、面白いゲームが観れた。
 
 エジプトは主力抜きとはいえ、同様の手抜き編成だったジーコの時の「ナイジェリア」「エクアドル」みたいなインチキ・でたらめな編成やコンディションのチームでなく、真面目に頑張る姿勢を前面に出す良いチームだった。

 懸念された観客動員もなんとかクリアー出来たようなので、これからも関西での代表チームの試合開催が続行されるだろうから良かった。

日本代表は「大久保」と「前田」の二人が素晴らしかったし、いつも避難していた「山岸」も、このゲームでは良かった。それは動きの質と周囲との連係という点で貢献したので評価したいと思う。

 日本側も、今年はかなり同じようなメンバーでゲームと合宿をこなして居るので、チームとしてまとまってきたようだ。これからは南ア大会予選に向けて、どれだけ肉付けしていくのかが興味深い。


ブログ・「サッカーこそ我が命」の方もアップしたので、これとセットで読んでくれたら良いのではないでしょうか。

守備優先のボランチ起用は当然

 アウェイの対カタール戦でのボランチに「柏木」を起用する案に疑問を感じる意見を書いたが、どうもマスコミ、特にスポーツ紙の記者の希望いや願望が出た記事みたいだったようだ。

反町はDFを緊急コンバートする構想と報じられている。
ドバイ合宿の最終日に行われた戦術練習では、出場停止の本田拓、故障離脱中の梶山の主力2人を欠くボランチの位置で細貝、小林がテストされたというが、これは別に不思議な事ではない。細貝なんか高校時代のプレーを思い出せば本来DFではなくボランチで起用した方が適材適所だと思う。小林だってホームの国立での対カタール戦では途中出場だったが、数的不利で突然の起用だったにも関わらず、なかなか頑張ったと思う。しかも幸いな事に「ボランチの青山敏」はカタール戦に間に合う見込みとされている。

 今回のように強力な相手とアウェイで対戦する場合は、ボランチは攻撃ではなくて守備を重点に置いた起用を優先するのがセオリーだから、そういう眼で見たら反町はオーソドックスな采配を行うという事だ。

Jリーグ以降、ビルドアップとか、攻撃の組立の起点という解釈が優先されてしまっているが、チーム作りの基本と実力が拮抗している相手との対戦では守備の安定を優先させるべきという考え方も覚えておいた方が良い。

ボランチにDF登録の選手をコンバートするのが苦肉の策と報じている記者もいるようだが、全くの素人ではなくて「ボランチ経験者で実績がある選手」なんだから必要以上に不安を煽る報道は控えるべきだろう。


 それでもゲームは苦しい展開になるだろうし結果は楽観できないが、
反町が正統派的な采配・選手起用を行うのを支持したい。

 

対エジプト戦のメンバーに関して

 エジプト戦に向けた代表メンバー21人が発表されたが、「代表レベルではない山岸」が入っていた以外は、この時期には順当なメンバーだったと思う。

 今回、召集されなかった4人はいずれも負傷など体調面での理由だし、このような親善試合で強引に無理をする必要はないから納得できる。4人に代わって召集されたのが「前田」「大久保」「播戸」「藤本」で、いずれも今まで呼ばれたことがあり、Jリーグで実績を積んでいたものばかりだから、これまた問題はないだろう。特に大久保と藤本は個人能力の比較で、ポジションが重なる可能が高い「代表レベルではない山岸」よりも、比較しようがないほど上回っているのだから、もっとチャンスと経験を与えるのが常識的な采配である。

 今回発表されたメンバー構成で要望が二つある。
「トウーリオ」が居ない為に4BKの場合「中沢」とコンビを組むのは誰なのか?という点に関してだ。まさかと思うが「阿部」になるのだろうか。坪井はしばらくスタメンからフル出場していないから、このような時に出して、経験と周囲との連携を積ませるべきだ。DFラインはほぼ固定されて来ているようだが、万が一という事態を考えたら坪井には新しい代表での出場経験を与えた方が良い。
 
 アジアカップで散々だった阿部は、あの時の経験が活かされてくると期待したい。活かされていればアジアカップの時よりも安定性が出てくるはずで、そうなれば良いのだが、同じようなミスを連発した場合にはDFとしては見切りをつけた方が賢明かも知れない。あくまでも非常事態における際のスタメン起用と位置づけるべきである。

 それと「矢野」だ。スイス戦では短い出場だったが攻撃に関しては素晴らしかった。もう「巻」の力は判っているのだから、矢野をスタメン起用しておいて、なおかつ出来るだけ引っ張り経験をとチャンスを与えて欲しい。なぜなら、もう巻は飛躍的な成長は望めないが、矢野はこれからの選手だからだ。CFとしての才能は非凡なものを持っているし、巻よりも凄い選手になる資質が有るのだから予選に間に合うように育てるのも、監督の役割じゃないか。

柏木のボランチ起用について

北京五輪予選のアウェイの対カタール戦で、ボランチに「柏木」を起用するという案が出ているようだが、あまり賛成できない采配だ。

柏木はU-20代表でボランチの経験があるし、あの高い能力ならば普通に考えたら、十分にこなせると思う。だが、今回の相手は強力な攻撃陣を揃えるカタールと、しかもアウェイで戦うという事を考慮したら、守備重点の起用を行った方が賢明ではなかろうか。

中盤の底のポジションから攻撃を組み立てる能力が高い選手よりも、相手の中盤を潰して長所を消す方が良いと思うのだがどうだろう。確かに勝てば非常に楽になるし出場に王手を掛けられる。しかしこのゲームは絶対に勝たなければいけない物ではなくて、0-0の引き分けでも構わないのだから、攻撃的な布陣で冒険を冒す必要はないのだ。
 ホームでのゲームの勝因は、前半、カタールの攻撃のキープレーヤーをガチガチにマークして潰した作戦が功を奏したという事実を忘れてるんじゃないか。
 
 カタールはもう後がないから必死で向かってくるだけではなく、そのような状況下では、露骨なホームタウンデジションの中で、どんな不利益がもたらされるかという不安が強いのだから、あまり冒険をしない方が良い。少なくとも守備的なポジションには普段は攻撃的な役割を任せられている選手を起用するリスクは避けるべきだ。
 記憶に新しいのはアジアカップでの「阿部」のCB起用だ。日本DF陣の穴となり、一次リーグでの失点やピンチに絡んだのは皆が見たはずだ。

 先取点を取って1-0で逃げ切るか、追いつかれて1-1の引き分けか、猛攻を耐え抜いて0-0の引き分けに持ち込むか。といったパターンで勝ち点を稼げれば良いのではないか。攻め合いになって3-2とか3-1で勝つのを目標にしなくて良いのだから、立ち上がりに飛ばして先取点を奪って逃げ切る作戦は一つの選択として良いかも知れないが、終始「前掛かり」とか「無理攻め」になる戦術は愚かな選択である。

U-22・韓国と練習試合

 アウェイの対カタール戦に備えて合宿中のU-22代表が、韓国と練習試合を計画しているという。大事な1戦を前にしてよりによって韓国と練習試合を組まなくても良いと思うが、考え方によって良くも悪くも解釈できるが、ここまで来た以上は「反町」を信頼して任せるしかないだろう。
 
普通に考えれば、調整を兼ねた練習試合だから、本番さながらの激戦にはならないだろうし、次の対戦相手と異なるスタイルのチームと試合を行う時は、自分達のスタイルや戦術で戦う事の確認程度だから、ここでの勝敗は、参考にならないと思っていた方が良い。


もし負傷者が出たとかコンディショニングに失敗するとかといった問題が出ても、それは今後の参考資料として活かせば良いし、またこのカタール戦で敗退しても予選失格が決まるわけではないのだから、一つのモデルケースと捉えれば良いと思う。

ひとつ苦言を呈すれば「強い相手とやった方が課題が出るから」という点だ。この遠征と合宿と練習試合の最終的な目的は「課題を見つけて修正する事ではなく、アウェイでカタールと対戦して旨く行けば勝って、ほぼ五輪出場を決定づける事にある」

大体、課題が見つかったら僅か四日間で、すぐに修正して克服できるなどマンガの世界の話じゃないか。それに、そんなに簡単に克服出来る課題ならば何も心配する必要はない。またカタールと韓国ではスタイルも戦術も置かれた立場も条件も異なるのだから、課題が見つかったと言っても、カタールが相手ならば深刻に悩まなくても良いレベルの課題かも知れない。

プラスがあるとしたら「メンタル面」での効果を期待したい。カタールは後がないからホームの利を活かして初めからガンガン来ると予想すれば、日本の若いメンバーが圧倒されて対応に苦慮しパニックに陥る危険性も考えられるから、ここで闘争心旺盛でフィジカルに強い韓国と対戦して「心の準備」が出来れば、この練習試合を組んだ成果が有るというものだ。

唯一心配なのは負傷者が出る事か。本当にそれだけが不安だ。

 



 

不可思議なJリーグ側の対応

 川崎Fのメンバー大量入れ替え問題に関し、Jリーグは3日、サポーターの代表と事務局で話し合いを持った。

やはり自分が気になったのが犬飼専務理事の発言だ。
「ACLに出るチームが全部こういうことをしたらJリーグはどうなるのか」と、あらためて自説の正しさを主張した。とされているが、これはマスコミ報道だから、「正しさを主張した」というよりも、Jリーグ側の立場に立って意見を述べたという事だろうと思う。

これは非常に興味深い意見だと思う。「Jリーグはどうなるのか」というが、サポーターはアジア制覇を優先してほしいと希望している声が多いのと明らかに矛盾しているのではないか。全クラブのサポーターの意見が出てないので断定はできないが、どこかのメディアでアンケート取って参考意見としての判断材料にしてくれたら良いのだが。
 
 ただ、犬飼専務理事やJリーグ事務局や全クラブのフロントに対して「Jリーグがどうなるのか、川崎の方法は間違っている」という苦情や意見が集まっているという話は確認していないし、マスコミには公表されていない。だから、これはJクラブや全部のサポーターの意見ではなくて、あくまでも犬飼専務理事個人の意見だと思う。

そして毎度の事だが、日本協会の川淵≪キャプテン≫も「Jリーグはかつて、年間52試合やった年もある。強いチームゆえの日程だから、疲れたなんて言わないで頑張ってほしい」と“泣き言”を禁じた。
と報道されているが、ちょっと待った!!!
Jリーグは52試合やった年もあるが、明らかに選手の疲労が蓄積してパフォーマンスが落ちたケースがあったとは思わないか。また当時と現在では、そもそも全体のスケジュールが過密化してきているのではないか。また、その当時JリーグチャンピオンはACLを制覇したのだろうか?
 
 年間52試合やった時には、イランやインドネシアや韓国へ遠征してJリーグの公式戦をやったのか?国内でホーム&アウェイで対戦するのと海外遠征が加わるのでは、精神的・肉体的にも疲労や消耗が全然違うと思うのだが、川淵≪キャプテン≫は、そういう事が理解出来ていないようだ。
 
 サポーターや選手は、今回の川崎に理解を示す声が多く聞こえるようだが、Jリーグの幹部と川淵≪キャプテン≫だけが、激怒・批判している構図が出来つつある。ここまで来ると、毎回指摘しているけども、やっぱりスポンサー対策だな。「Jリーグはどうなるのか」の言葉の真意は、つまり現在Jリーグの運営を支えている、高額なリーグスポンサー契約金やテレビの放映権料の収入に影響する可能性があるからと推測されても仕方がないんじゃなかろうか。Jリーグ当局は他にどんな理由があるのか明確にしてほしい。

「日本サッカー狂会」刊行イベント参加

 昨日は・神保町「東京堂書店」に於いて、「日本サッカー狂会刊行記念イベント」のトークライブが行われたので参加してきました。

予想外の?盛況で大勢の参加者がみえたのには驚きましたが、自分は会を脱会して12年経ちましたが久しぶりに会うサッカー仲間の元気な顔を観て心が和み、またゲストの都並氏のユーモアたっぷりの軽快な話を聞いて、楽しい時間を過ごせました。

 初版もなかなか好評なようです。

会報に掲載された会員の投稿文の中から「これは是非皆さんに紹介したい・後世に残したい」と思ったものを再録コラムとして何点か掲載してあります。自分が選別を任されたので、何点か選ばせてもらいましたが、いずれも自信作です。特に下記の5点はお勧めですので、書店で買ってご覧下さい。

1・「東京に移った高校選手権」・近江達さん(枚方FC)
2・「ヨーロッパサッカー観戦記・ハッスル奥寺」市村保雄さん
3・「香港に日本サッカーの夜明けを見た」・後藤健生さん(ジャーナリスト)
4・「ハンス・オフトの失敗」・小川智史さん(成城大監督)
5・「狂会の今後」・宮崎雄司(自分です)

日本サッカーの分岐点となったと言っても過言ではない、後藤健生さんによる「香港で行われたスペインW杯予選の観戦記」は、今となっては貴重な文献となるでしょうし、小川さんの「93年のドーハの予選の観戦記」は、ドーハの悲劇を報じた、当時のメディア及びジャーナリストの記事の全てを圧倒する程の内容であり、当時、陽の目を見なかったのは非常に残念に思うほどの力作です。

過去に出版された「底の浅いサポーター関連の本」とは明らかに異なる資料的価値のある内容となっておりますので、ぜひお買い求めください。


川崎サポーターの行動を支持する

 川崎対甲府戦で、横断幕を掲げた川崎サポーターの勇気と良識ある行動を断固支持する。
「犬飼さん、我々は裏切られていません」という文句を、Jリーグ幹部は真剣に受け止めるべきであろう。これは「サポーターを裏切ったことへの説明を求める」「リーグ戦を投げた」“犬飼発言”への反論だが、レッズのフロント内で、親会社側ではなく市民派の立場で行動して、サポーターから支持を受けた、あの犬飼氏と同一人物とは信じられない発言(いや暴言と言っても過言ではないだろう)には唖然とした人も多いはず。

 ナビスコカップのベストメンバー問題と言い、今回のJリーグの件といい、やはり裏に何かあると読んだ方がいいように思う。幹部のベストメンバーへの執着には尋常っではない物を感じる。前の記事でも書いたが、スポンサー企業絡みとみた方がいいんじゃないだろうか。
 Jリーグへの企業スポンサーの看板広告料金は、適切だろうか?NHKが放映権料で折り合いがつかずに、地上波での放送が減少したが、あの法外な放映権料を別の放送会社に払わせるには、交渉の時にそれ相応の条件を出しているはず。 

いいですか!皆さん!現場出身の人間が、選手の体調管理やコンディショニングを無視するような暴言をするなんて、どう考えてもおかしいんですよ。もっとも、興行師や変節者ならば十分にあり得る発言だろうが。

今後、何か同様、あるいは類似の事件や問題が起こった時に、サポーターの動向に関係なく一方的に、川淵≪キャプテン≫やJリーグの幹部が、サポーターの代弁者であるかのごとき≪サポーターを裏切った≫とか≪ファンをバカにしてる≫といったような発言をしたら、十分に注意した方が良い。

 犬飼専務理事は発言以降、表舞台に出てきていないそうだが、もう一人、忘れちゃいけない人がいる。
そう!≪JFAハウスに名誉会長室なる特別部屋を設けて、そこから院政を敷こうと企む、われらの川淵キャプテン!!!≫だ。お得意のぶら下り取材や、御用記者へのリークでも構わないから、≪ファンをバカにしてる≫発言の根拠と「我々は裏切られていません」というサポーターの声と行動に対する見解をお願いしたい。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。