サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南ア大会アジア最終予選組分け発表

2010年南ア大会のアジア最終予選の組分けと日程が決まったが、結論から先に言ってしまえば、
悪くはない組み合わせだと思う、スケジュール的にはかなりハードなのが気になるが、それを乗り越えるしかない。

 毎回の事だが、悲観的に観るか、楽観的に観るかで、分析も評価もまるで正反対になってしまうのだが、日刊スポーツのセルジオ越後のようになってしまうと、辛口を通り越してマイナス志向の自虐的な意見の押し売りになってしまう。

 まずA組とB組の顔ぶれを見れば、誰もがB組に入らないで良かったと思うだろう。つまり組分けの時点で、【日本にはツキがある】と言えるのだ。B組を見ると、最近のW杯常連の、イラン、サウジ、韓国のうち一つはプレーオフに回る運命にある。なおかつ北朝鮮・UAEの奮闘次第では、予選敗退になるのだから、まさに死の組といえよう。

A組だが、過去の対戦成績を参考にして分析したり、予想を立てるメディアが多いが、その時々で条件や環境が異なるので、本当に参考程度で良い。なぜならば、これもまた、悲観的にみるか楽観的にみるかで分析結果が大きく異なるからだ。

A組で良かったと思う反面、少し不気味な感じや不安感を持たれる要因は、例えば「イラン」「サウジ」「韓国「北朝鮮」等は、名前を聞いただけで、どういうサッカーや試合運びをするのかというイメージが湧いてくるが、カタールやウズベキスタンと聞くと、ちょっとなじみが薄い事にある。

今回の組み合わせの感想に関しては長くなりそうなのと、後日の参考資料の役割も果たしたいので、姉妹サイトの「サッカーこそわが命」の方で、久しぶりに「正論」コーナーを復活させて論じたいので、これから書き上げたい。今日中には間に合うでしょう。
スポンサーサイト

南アW杯3次予選・対バーレーン戦(ホーム)

 対バーレーン戦は大勝を期待した人には残念で欲求不満な内容だったと思うが、とりあえず勝って良かったのを喜ぶしかない。

 引き分けを覚悟した頃に、あのようなゴールが産まれたのだが、どんな入り方であってもゴールはゴールだし、それまでの日本の得点への圧力が実を結んだようなものだから、立派なゴールである。

 開始4分のPKを決められなかったのが、その後の嫌な流れを決定づけてしまったように感じる。日本は30分くらいまで、綺麗な攻めでチャンスを作り大きな期待を持たせた分だけ、入りそうで入らない展開が、次第にスタンドの失望感を高めていったように思う。

 見ての通り、課題は山積みだ。

 セットプレーから得点出来なかったらどうするか?
という不安は、両サイドからの攻め込みからチャンスを作れた事で解消できる可能性を感じたが、同時に、相変わらずの決定力不足を露呈してしまった。

 この日、久々に起用された「佐藤寿人」は、立ち上がりのPKを誘う飛び出しを含めて、何度か、裏を狙う動きを見せたものの、良かったのはそれだけで、ツートップが機能していなかった。これならばワントップ・の方が良い。「大久保」の存在価値の高さが改めて判ったし、「高原」の復調を強く願うだけである。また佐藤はスタメンで起用するよりもスーパーサブとしての方が有効と思われる。

 本田は完全に期待外れだった。周囲との連係が悪く、これはU-23の時も同じように感じたのだが、ちょっと、周囲と感覚が合わないのかもしれない。具体的に言うと、パスを出すタイミングが合わないのと、ポジショニングもチグハグでプレーの志向性が他のメンバーと違い過ぎるのではないか。国内組との融合が早急に求められる。

それと守備面では、相手にミドルSHのコースを開けすぎるのではないか。一歩間違ったら、こぼれ球を押しこまれる危険性がある。もう一つ気になったのが、バーレーンの両サイドからのライナー性のクロスにDF陣の対応が遅れている点があった事。当初、日本側が予定していた攻撃を逆にバーレーンにやられたのは、ちょっとショックで、中沢とトゥーリオの二人に高さではなく速さで勝負するのは、案外効果的かも知れない。

 攻守両面でレベルアップしないと、最終予選では、中東勢に大苦戦しそうだ。





 

フーリガンは厳罰処分にすべし

 スタジアムで不祥事を起こしたガンバとヴェルディのサポーターへの処分が発表された。
特にガンバは事件の原因となったサポーターグループの解散と、騒動の主役となった2人の永久入場禁止という厳しい内容のものだった。

 Jリーグの場合「子供や女性が安心して来場して楽しめる場」を売りにしているから、それを脅かす行動に対しては、今回、相当に強硬な対応策をとったように感じる。他のプロスポーツでは、案外、見逃されたり、その場の処分で済まされてしまうケースが多いが、サッカーは国際基準で考えた場合、サポーターに対しても厳しく接するのは間違っていないと思う。

 もうJリーグが誕生して15年目だから、だいぶ理解が進んだと思うが、外国・特に欧州サッカー界を見れば、不祥事や暴力行為等を起こしたサポーター・フロント・クラブ・選手などに対する処分の重さを感じていると思うがどうだろう。

 監督や選手がゲーム中に退場処分になった場合は、内容次第では、その後に出場停止や罰金などの追加処分がなされるので、日本のプロ野球などの寛大さと比較して、随分厳しいなと感じた人も多かったと思うが、サッカーの世界ではそれが普通だという事を改めて認識しておこう。

 中には野球の応援団のような感覚で、他のクラブのサポーターにケンカ腰で突っかかる者も居るようだが、野球と違って、乱闘や暴動の切っ掛けとなった者は入場停止処分と言う前例が出来たのを肝に銘じてもらいたい。さらに今回の騒動でガンバと浦和の双方に罰金が課せられたのを忘れないように。サポーターの不祥事がクラブにも迷惑がかかるのだ。今回は避けられたが「勝ち点はく奪」とか「降格処分」というケースも想定範囲内と自覚しなければならない。

そしてもう一つ、警備の名目で両クラブのサポーターの間に設けられている緩衝地帯が拡大されるという事は、サポーターに回るチケットが減らされるという事だ。純粋にサポートしている善良なサポータたちの観る権利を奪う原因を自分が作ったわけで、恨まれたり非難される立場に立たされるようになるし、ましてや「無観客試合」になったら、責任は物凄く重くなるのだ。

自分が相手サポーターにケガをさせた事により、「勝ち点はく奪」とか、緩衝地帯の増加でチケット割り当てが減る。その罪の重さを感じ取らなければいけない。

 ここでひとつ提案するが、もし暴力行為でケガをさせられたならば、泣き寝入りしたり穏便に済ませるのではなく、正式に告訴した方が良いと提言をしておく。なぜならば、そのような人物はサッカーを愛する仲間ではないから、関係当局に≪犯罪歴≫を記録させた方が世の中の為になると心を鬼にして、警察に通報しなければいけない。

本人、あるいはその場に居合わせた人が、携帯やデジカメで証拠写真を撮る事も可能だし、それをJリーグや協会や警察に提出すれば良い。

成り行き次第で、相手クラブの勝ち点はく奪で、勝ち点1差で自分のサポートしているクラブが優勝出来たら嬉しいじゃないか。暴力に訴える愚か者に対しては、そういう報復行為もあるのを知っておこう。

W杯3次予選・タイ戦(アウエイ)

やっとW杯3次予選「対タイ戦」のビデオを見る事が出来た。

結論から先に言ってしまうと「日本がゲーム運びに関してレベルアップした」1戦だったと位置づけたいと思う。マスコミや評論家の間では、このゲーム内容の評価は賛否両論があるようだが、自分なりの考えを言わせてもらうと、タイ戦だけを見て論ずるのは早急すぎるのではないかという事。

 この時期の一連の予選をトータルで見て評価すれば、また違った見方が出来ると思う。
まず横浜で「オマーン」とのホームゲームを終えて、すぐに遠征して酷暑のオマーンでゲームを行い、そのままタイに入って、高温多湿の中で戦う。
 これが今回のスケジュールだけども、アウエイの2連戦は、選手には心身ともに相当な負担となった可能性が考えられる。「オマーン戦」では後半に入って有利なはずのオマーンの方が足が止まったのが印象的で、日本はセットプレー以外でもチャンスを作れていた。オマーンは日本の気候に順応するために、韓国で合宿を張り、来日したのを覚えていると思う。それが災いして地元では日本よりも先にバテたとは考えられないか。日本選手のメンタルの強さという要因があったにせよ、両チームのコンディショニングの差が出たと思う。

 日本は絶対に勝たなければならないというプレッシャーの中で、結果を出した後で「タイ戦を迎えた」わけで、オマーン遠征の疲労蓄積の為に、後半にバテバテだったのは、ある意味、当然の結果ともいえる。ましてや歴史的に、ホームにおけるタイの強さは尋常ではないのだから、押し込まれるシーンがあっても当たり前ではないか。

 そういう状況を考慮すれば、日本は過去なアウエイの遠での2戦目の大戦の前半にセットプレーで得点をあげて逃げ切るというゲーム運びは正当な戦術として評価されねばならない。実際に日本のセットプレーはアジアの低身長の国に対しては有効なのだから、それを武器にして得点して何が悪いと開き直るべきである。

 前半、地元のタイに与えたチャンスはゼロでセッとプレーからでしか特点出来ないというけども、前半は全くチャンスを与えてないんですよ。確かにオーバーペースだったと思うが、強いチームの戦い方が出来るというのが判った1戦でもあった。

五輪のオーバーエイジ枠について

土曜日から公私ともに異常な忙しさに加えて、風邪をひいてしまい、実はW杯3次予選のタイ戦は中継を観れず、ビデオは録ったけども、まだ観てない。やっと今日になって体調が回復したので、これからチェックします。

 五輪代表のオーバーエイジ枠だが、一次リーグ組分け発表の時点で敗退確定と思ってたのに、本気でメダル狙いで行くのならば、3人召集は当然行うべきだろう。
今、名前の上がっているのが「大久保」「遠藤」「中村憲」「楢崎」の4人だが、大久保と遠藤は前線と中盤の要として必要だと思う。五輪チームもMFには才能豊かな人材が揃っているので、遠藤を入れると一人外れるのが残念だが、勝つための選択としてやむを得ない。

 中村憲剛は、ここまでの代表のゲームでのプレーぶりからして、一人ではリーダー的な存在になれないと思う。遠藤か中村俊輔とセットの方が持ち味が発揮されて活躍出来るとみた。チームを引っ張っていくという点に関して言えば、同じU-23の「本田圭」や「梅崎」の方が資質が上のように見えるがどうだろうか?

GKは「西川」に経験を積ませてあげたい。「楢崎」が入ったらサブに回る事になる。次のA代表のレギュラーを狙える実力があるので、五輪ではフル出場させて欲しいのだが、CBの二人「水本」「吉田」は潜在的な能力は高いが、経験が物を言うポジションなので、いずれも強豪相手と3戦するのを考えたら、後ろには「楢崎」が居た方が適切なコーチングが出来て、押し込まれた時にDFラインを落ち着かせると期待できる。

 大久保・遠藤・楢崎の3人で良いのではなかろうか。

「トゥーリオ」は五輪に出たがっているようだけど、これからDFの中心に全く新しい選手を入れると、能力がどうのこうのと言う前に、DFの連係やらタイミングやらを再構築しないといけなくなるので、時間が無いために難しいと思う。

今、スーパードラマTVで「特攻野郎Aチーム」放送してるけど、2002年の時に、パロディにした「買収野郎Kチーム」の画像サイト、あれ面白かった。番組を見てると思い出すよ。保存しておけば良かった。

 

Uー23日本対カメルーン

 昨日の対カメルーン戦では、U-23代表は中々良いゲームをしたと思う。ただしカメルーンとの相対的な比較での評価じゃないし、このゲームはあくまでも親善試合だという事を忘れないように。

まずカメルーンU-23代表なんだけども、アフリカ予選を見てないので、このゲームに臨むチーム状態やベストの時と比べてどうなのかという比較が出来ない。例えば、ベストの時を10としたら、この日本戦はいくつだったのか?

そういう難しい状況ではあるが、反町ニッポンの出来は予想以上に良かった。チームとして一つになるつつある。、何をやりたいか、どういうサッカーをするかというコンセプトが確立している。ポジション毎に見ていくと、
 GK西川は文句なしで合格。DF陣には驚かされた。それはフィジカルと一対一の強さだ。吉田の強さは特筆もので、ボディコンタクトと球際も強さを活かして相手を潰すだけではなく、ボール奪取能力も高いのは素晴らしい。五輪終了後にはA代表に選んでも良いんじゃないか。
 左サイドの森重も強くて安定しているから好感が持てる。いろんなポジションが出来るそうだけど、これから経験を積めば良いDFになるだろうから将来のA代表の戦力になる。とにかくDF陣には、カメルーンとの身体能力の差をあまり感じなかったのが大きな収穫だった。

DFは過去のU-23代表の中でこのチームが一番優秀なメンバーが揃っていると思う。「高さ」「一対一の強さ」「速さ」と揃っていたチームは無い。課題を指摘すれば、球出しが良くないみたいだ。特にCBの2人。さらに「伊野波」と「青山」が控えに居るなんて豪華な顔ぶれだ。

 MFも素晴らしい。本田圭は、まだちょっと周囲と合わない時があるけども、一緒にプレーしていけばクリアーできると期待したい。梅崎は攻撃のリーダーシップを取れる力量がある。
梶山・谷口・本田拓のトリオは守備面では強力なバリアーみたいで、随分、相手の芽を摘んでいた。これら、DF・MFは「トゥーロン国際大会」の経験を積んで、一段レベルアップしたように見える。

 大問題はFWだ。見たとおり、点が取れそうな気がしない。考えると頭が痛くなってくるから考えたくないほどだ。 

 ボールキープ率が高くて、ゲームを支配しているようで、DFとMFが頑張っても、最後に息切れして失点して借敗というパターンが見えて来そうなチーム。それがこのU-23代表だ。

キチガイに刃物

まず、秋葉原で、通り魔のキチガイに惨殺された被害者のご冥福を祈ります。御遺族・友人の皆様、深くお悔やみ申し上げます。

 秋葉原で起きた通り魔の惨劇は、まさに 【キチガイに刃物】。
もしサッカー観戦に大勢のサポーターが集まったスタジアムで、このような事態が発生したら、大変な事になる。スタジアムの中と周辺は見通しが良くて遮蔽物がほとんど無いから、今回のように刃物を持ったキチガイが走って追いかけてきたら逃げ切れないかもしれない。

 サッカーやサポーターに対して、被害妄想で逆恨みするようなキチガイが居て、もし行動を起こしたらと想像すると不安を感じる人も居ると思う。日本協会もJリーグも非常事態に備えて準備しておいてもらいたい。

秋葉原だったら、パソコンや・ゲーム関係・電気製品などが展示されてるから、いざとなったら、投げやすい小物や頑丈そうな製品を手にして戦う覚悟を持っておいた方がいい。むざむざ殺されるのではなく、逃げ切れ無い場合は戦わなければいけない。刃物さえ押さえるか手放させてしまえば、後はボコボコにして警察官が到着する前に、犯人のキチガイを殺しても構わないだろう。まず正当防衛が成立するだろうから、それなりに処分すれば良い。一人で出来なければ周辺に居わせた人たちとリンチにかければ良いだけだ。

 通り魔のキチガイは、少なくとも熱烈なサッカーファンではないはずだ。
EUROが開幕、W杯の3次予選まっ盛り、しかも北京五輪は男女アベック出場。
こんな時に自殺したり、事件を起こして逮捕、拘留されたら、応援も観戦も出来なくなってしまう。
だから、このキチガイは熱烈なファンじゃないのが判る。

そうそう、キチガイという言葉は差別用語、放送禁止用語だから「キチガイに刃物」という言葉を良くないと思う人も居るかもしれないけども、こういう惨劇を起こす奴は精神障害者ではなく「キチガイ」と言ってやるのが相応しいんだよ。

W杯3次予選・アウェイの対オマーン戦(6月7日)について

 7日のアウェイの対オマーン戦は勝てたゲームだったのに残念な結果だった。アウェイで過酷な環境の中で先制されたのだから、負けないで引き分けて勝ち点1を獲得したのだから良しとするのも、一つの考え方だけれども、あの内容だったら勝たなければいけないだろう。

ゲーム前のオマーン協会の頭のイカレタ野郎(専務理事だとさ)の、岡田監督が会見に出ないから勝ち点はく奪云々等は、いくら対戦相手に揺さぶりを掛ける目的とはいえ正気の沙汰ではない。勝つためには姑息な手段も行う連中なんだと判ったと思うから、こいつらには相応に対応するべきだ。

 あの暑さと湿気の中で、後半は完全に日本ペースで戦い、気候に慣れてる筈のオマーンの方がスタミナ切れを起こして足がつったり、動きが止まった選手が多かったのが印象的だった。不利なはずの日本の方がチャンスの数も圧倒的に多く、いつ2点目が決まるかという流れになったのだから、こういう時に勝っておけば、中東勢に対して、【倦怠感や絶望感】を与えて、今後の予選でも日本と同グループに入るのを嫌がるような雰囲気に持っていく心理的効果があったのだ。

 だから「大久保」の退場は非常に痛かった。
何故あの程度の接触でGKを蹴るのか?
≪「キン●マ≫(本人は急所ではなく、キン●マと発言してるんじゃないのかな?一部のスポーツ紙には、そのような発言で記事を書いてあったけど)を蹴られてカッとなった気持はよく判るが、それならば、そこで審判に≪キン●マを蹴られた≫とアッピールするべきだった。

 「やられたらやり返す」と言うのが、サッカーの場合は正当な行為にはならないし、ましてやあのシチュエーションでは、接触しそうになったらFWの方が避けるのが普通の行動なのだから、大久保に弁解の余地は無く、極めて悪質な行為と断定されてしまう。いずれにせよ、大久保のとった行動は最悪のパターンだったが、25歳ならば人間としてではなくサッカー選手として、ゲーム中には分別のある行動をとるようにしなければ困る。

 両チームともバテテいた中で、どうして岡田はメンバーチェンジしないのかという疑問を感じた人も居ただろうが、岡田の言うとおり、あれで交代枠の使い方が難しくなってしまったのは事実だと思う。逆にいえば、今後は主力選手が退場になった際の展開も想定しておくべきではなかろうか。

もしオマーンのPKが決まっていたら負けてた等とアホな事を言ってはいけない。あのPKは主審によっては、あるいはホームでなければ獲らない可能性が高いし、楢崎がキッカーのコースを読んで正々堂々と止めたもので、奇跡や好運で止めたんじゃないのだから、【決まらなかった】時点で蒸し返すのはおかしい。それならば78分に玉田が倒された方こそ、完全にPKだった事にも触れるべきだろう。


 

長沼健さんの思い出

亡くなった長沼健さんの思い出を話そう。

今から32年前、1976年3月21日・モントリオール五輪予選の対韓国戦が国立競技場で行われた。
日本代表の監督だった健さんは、試合前に、このゲームがA代表の公式戦初出場の中大4年生だった「高林⇒卒業後に日立」を連れて、リラックスさせる為にピッチを歩いて一周したんだけど、バックスタンド中央を通り過ぎた時に、19番ゲートの上に陣取った我々サッカー狂会員達、(あの時は30数人居たかな)が、「ニッポン!チャチャチャッ!」の後に「健さん!チャチャチャッ!」とやったら、振り向いて我々の方に大きく手を振ってくれたんだな。些細な事かも知れないけども、応援していた我々は嬉しかった。

この試合は「ニッポン!チャチャチャッ!」の声援が「スタンドの点から面へ拡がった」最初の試合だった。もちろん、バレーボールではまだ、そういう応援はやってなかったのは言うまでもない。

試合開始前に、わずか30数人の声援がちゃんと届いて、それにに反応しちゃうなんて、今では考えられない状況だったんだけど、健さんと言うのはそういう人だった。
これがサポーターの立場から見た一番の思い出かな。

代表監督の時、協会の専務理事、会長、最高顧問と役職や立場は代わっても、底辺のファンを大切にする義理人情に厚い人だったと記憶しておきたい。

W杯3次予選 対オマーン戦 

 対オマーン戦は完勝だった。岡田ニッポンだけでなくオシム時代も含めて、一番、楽しく面白いゲームだった。結果だけでなく、ゲーム内容も采配も合格点で良い。

 ゲーム直前のオマーンは随分気合いが入っていたようだ。
ピッチ上で円陣を組み鼓舞しあってたけども、双眼鏡で見たら一人一人の顔の表情が締まって戦闘モードに入っていたのがはっきり分かった。確かに、オマーンはあまり情報がないから不気味なイメージはあったので、どうなるかなと思ったが、中沢のボンバーヘッド一発で、あっさり日本のペースに持ち込んだのは素晴らしかった。あれで完全に日本の流れになった、それにして豪快なゴールだった。
あの開始10分の一発で、勝負は決まったようなものだ。

しかも勝負が決まってから、新人の香川を交代出場させるとは思い切った采配だけども、親善試合だけでなく公式戦で起用された香川は良い経験を積んだ事になる。
≪原石は磨かなければダメ≫だから、この起用法は岡田を高く評価したい。

 問題点を挙げれば、このサッカーが90分間続くかどうかで、パラグアイ戦でも前後半では別のチームになってしまったように、スタミナと配分が課題になる。

それと松井はトリッキーで以外性があるけども、中盤で早くはたけば良いのに、持ってこねくり回したり、個人技で抜きに掛って、チームのリズムを崩してたのが4~5回あったけど、あれをゴール前でやれたら、アジアのレベルでは止まらないんじゃないか。だから松井は、もっとやれるし、ベストの時にはどうなるのかという楽しみが出てきた。

それにしても「俊輔」と「松井」は本当に自信を持ってやってたように見えるが、海外での実績がその根底にあるのだと思う。何か「満を持して代表の公式戦に登場」という雰囲気が漂ってきたが、このメンバーならば、ちょっと見逃せないから出来る限りスタジアムに足を運んだ方良い。

FWとMFは全員、高い技術とファンタスティクな才能のある選手ばかりだったのに気がつく。これだけ揃うとこういうレベルのサッカーが出来るというわけだ。しかも俊輔も大久保もベストコンディションとは、ほど遠い状態だったのを思うと、チーム状態はもっと進歩する可能性が高い。

この調子ならば、もうバーレーン戦の二の舞はないだろうし、残りの3戦も全勝出来ると思う。


◆・追記

長沼健さんが亡くなったニュースは本当に驚いたしガッカリした。加茂監督解任騒動で悪い印象を持っている人も居ると思うが、日本サッカーの最大の功労者だった。義理人情に厚く責任感の強い人で、川淵会長と比べたら「引き際」も心得ていたし、自らの発言に無責任な対応もしなかった。

自分のような存在の人間とも、毎年、年賀状のやりとりをしてくださった人間味溢れる人で、本当に残念だ。まだ77歳で逝ってしまうとは----------合掌

と言うわけで、昨日は喜びと悲しみが半々でした。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。