サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京五輪壮行試合に関して

 男女の北京五輪壮行試合が行われたが男女とも有意義なゲームだった。
男子は、「反町色」がハッキリと出せた内容で、選手選考も戦術も、いずれの
点でも、納得のいく方向性が示されたわけで、就任当初からアジア大会等の
お粗末なゲームの連続だった頃とは雲泥の差といえよう。

 守備重点というとマスコミ関係者とミーハーサポーターには受けが悪いようだ
が、チーム作りの基本と、日本の置かれた現状と、五輪での対戦相手との
力関係等を考慮すれば、この方向性は間違っていない。

このゲームで示された点は
忠実な守備を心掛けた事と、メンタルの強さに冷静さを持つ事。
それとカウンターに出た時の思い切りの良さ、ドリブルで勝負できる個の強さ、
そういった点ではなかろうか。

 日本は、前半の10分間位までは、ヒヤッとするシーンがあったが、
それ以後は、素晴らしい守備だった。失点場面は個人技でやられてしまったが、
後は、アルゼンチンがボールを持った時に、シュートコースを空けなかったし、
また、作らせなかったのが良かった。
 アルゼンチンが、ダイレクトパス・サイドチェンジ・に加えて、前線の動きの巧みさ
で、なんとかフリーの選手を作っても、SHを打たれる前に必ずカバーに入って、
防いだのは見事であった。世界のトップクラスが60%程度の出来だったら、十分に
抵抗できる事を証明したのは大きな収穫だった。

 立ち上がりの10分は、受け身に立ち、少し戸惑ったようだが、残りの時間帯は、
物おじせずに堂々と臆せずに戦ったのも素晴らしい。本気で勝つつもりでやっている
のが見ている者にも伝わってきた。

 個人では、内田・本田・水本・森重・西川が良かった。
特に内田はスピードとドリブルが冴えわたり、アルゼンチンがファウルで止めるしか
対応できなかったのが印象的だった。本田はこのチームだとリーダーシップを発揮
出来るようだし、2人のCBは安定していた。西川はセットプレーでは、随分、難しい
ボールを防いでいた。アルゼンチンは、取るべきかパンチするべきか迷うような
本当にイヤラシイボールを蹴ってきたのだが、非常に良い判断で対応出来た。

課題はやはり攻撃で、豊田が何もできなかったし、谷口がもっと前線に絡まないと
苦しい。また安田と香川の連係が良くなかった。問題は安田の球ばれのタイミング
の悪さにあるのだが、まだま改善の余地が多い。

 慾を言えば、ゲーム終了までやらせてみたかった。
終盤の総攻撃が試せなかったのもあるが、あれだけアルゼンチンにパスを回され
振り回されて、相当に消耗したはずなんで、日本の守備陣のスタミナが最後まで
持つかどうかが興味深かった。

メダルうんぬんよりも、一次リーグ突破の夢が実現するかどうか、
幸運を願うばかりだ。

 
スポンサーサイト

犬飼会長の発言はあいまい過ぎる

 サッカー協会の犬飼新会長だが、評価は現時点では、まだまだ未知数だ。

すでに幾つかの刺激的な発言をしているが、基本的に、川淵【元大尉】の意向で
動いているのか、それとも本人の意向なのか不明の為に、しばらくは様子見の
段階が続くだろう。

 たとえば、Jリーグのシーズンを秋春制に移行するという提案は、別に目新しい
物ではなくて、元々、川淵【元大尉】の構想だったはずだから、その意思を受け
継いだだけかも知れないし、二人とも同じ構想を持っていた可能性もある。

 問題とされるべきは、犬飼会長が積雪地帯の雪国の環境に関して、
「なんとか解決出来るんじゃないか」みたいな考えを持っているようだが、
解決に向けた具体策を何も提示しない点にある。
シーズン制の移行に際して、一番の懸案事項を素通りしてるから、賛否の意思を
表明する段階まで話を進められない。早期に移行したいと望むならば、積雪地帯の
運営や対策に関して、早く具体策を提示するべきではなかろうか。

 それと「代表選手がたるんでる」みたいな発言をしたようだが、Jリーグと絡めて、
代表も同様のような解釈だが、これもまた、具体的な例をあげておいて、
どういう点が、何が、たるんでいるように見えるのかを指摘しないと判らない。
選手個々の言葉使いなのか、練習の取り組み方や、ゲーム中の態度なのか、
あるいは日常生活の過ごし方なのか、マスコミ対応の仕方なのか、
具体的に指摘して、こういう理由で改善または教育すべきだと言わないと、
説得力が無いし、中途半端な感じがする。

前任の【大尉殿】は、その場の思いつきで発言して失笑を誘ったが、そんな悪習は
真似をする必要はない。会長という日本サッカー界の最高責任者という立場を
認識して発言してもらいたい。

バレー引き抜きの意味

ガンバ大阪の「バレー」がUAEのアル・アリに引き抜かれたのは、非常に興味深い
出来事だった。移籍と報じるよりも、シーズン途中で引き抜かれてしまったと見る
のが正しい。

 年俸・違約金・その他等で、10億円以上の巨額のお金が動いたわけだが、
将来のアジア枠の自由化がどのようになるか、一つの可能性を示したという点で
誠に有意義な出来事と言えよう。

確か、ガンバは、マグノアウベスをサウジのクラブに引き抜かれた実績を持ってた
はずだが、これで2度目か。日本で育ったブラジル人が中東の金持ちクラブに
法外な巨額マネーで、次々と引き抜かれる事例が、これで2回目になる。

 欧州のマネ事をしてアジアの域内ならば、選手は外国人枠とは関係なく、
自由に何人でも確保出来るようになったら、アホなスポーツ紙は
「中東や豪州の有力選手が日本に来るようになるかもしれない」と、
提灯記事を書きまくっていたが、今回の「バレー」の1件で、アラブのオイルダラー
の前には、惨敗・完敗・という惨状が待っていると覚悟した方が良いだろう。

中東の金持ちクラブは,≪Jリーグのように身の丈に合った運営≫なんか関係ない。
欲しい選手は≪札束をド~ンと積んで持っていくだけだ≫

ガンバは、バレーを引きとめておくだけの資金を用意できなかった。
もう、中東勢との勝負はついているのが判ったと思う。
自分が、アジア枠に関して、「Jリーグにアジア中からスター選手が集まるなんて、
甘く考えない方が良い」と忠告・提言してる意味が分かったんじゃないかな。


浦和対川崎戦での事件について

 浦和対川崎で、また事件が発生した。事件の概要はすでに報道されたとおりで、
説明は要らないだろうが、本当に困ったもんだ。基本的にサッカーというスポーツは
見ている側も自然に熱くなってしまうので、不測の事態と言うのは起きやすいのだが
、そこを自由奔放に、野放しにしたら、それこそ無法地帯になってしまい、それでは
スポーツの場ではなくなってしまう。

 自分のサポートするクラブが負けたからといって、相手サポーターに八つ当たりを
してはいけない。対ガンバ戦で、すでに判ったとおり、クラブやサポーター仲間に
迷惑をかける結果が待っているだけだし、自分が入場禁止処分になれば、大好きな
サッカーが見れなくなるだけで、何も良い事は無い。

 サッカーが生きがいだとか、好きなクラブの応援をして、勝ってくれたら
「嫌な事や不満を忘れる事が出来る」ような効果があるならば、なおさら、そういう
場を持ち続ける事の大切さを、絶対に忘れないように心掛けるべきだ。

 ペットボトルを4本、持ち込んだという事実は重大で、今後は入場の際のチェックが
厳しくなるかもしれないが、あの検査方法では簡単に持ち込めてしまうと思う。
自分はペットボトルが大好きだし、絶対に投げないのに、持ち込み不可は面白くない
から、現状や対策に関しては、あまり詳細な指摘はしたくない。

 今回の事件で良かったのは、逃げようとした犯人を浦和サポーターが捕まえた事。
それと、被害に合った川崎サポーターが警察当局に「被害届」を出した事だ。
浦和フロントが、犯人を無期限入場禁止処分にしたのも良かった。

対ガンバ戦の事件があったにも関わらず、このような事件を起こす人物は、
事の重大さが認識出来ていないとしか思えず、

「被害届が出た」「所轄の警察署には記録が残る」

始末書とか、不起訴になっても、次に事件を起こすと、さらに罪が重くなる。
それが「犯罪の抑止力」になるわけで、不幸中の幸いとして評価したい。

 

 

サッカー協会理事会の人事に関して

 日本協会の新しい体制が決まった。

小倉副会長の次に有力と言われていた大仁が会長に就任するという
最悪の選択を逃れたのが、もっとも高く評価される点である。

 次に高く評価される点は「キャプテン」という珍妙・不可解な笑止千万の
ニックネームを引き継がなかった事か。
≪正確には川淵が手放したくなかったのだろう≫
 
 川淵三郎「元大尉」の独裁に批判的だった野村理事に続き、釜本理事が
粛清されたので判るように、川淵色が出た人事だった。
 マスコミは「平尾」「伊達」二人の他競技からの理事抜擢を好意的に扱う
報道に力点を置いているが、釜本粛清の追及の方に、はるかに大きな意義が
あるのに、これでは次の2年間もマスコミには期待できない。

 推薦委員会や理事会の投票による選任など、所詮、お飾り、体裁を繕うだけで、
全く無意味だという事も充分に判った。委員会も理事会も得票数も判らず、
不透明の状態は変わらない。理事の間で信任の厚い綾部先生は何故、
理事以上の立場になれないのか?

 Jリーグ専務理事が決まらずに、しばらく席が空白の状態になるというが、一部報道
では、川淵が粛清した「森健さん」の実弟「森考慈」の名前が挙がっていたのに、実現
叱ったのは、何か都合の悪い事があったと思わざるを得ない。Jリーグの専務理事の
席が空白とは、明らかに奇妙だ。

犬飼新会長が、自分のJリーグ専務理事の後任候補に誰も指名せずに部署を離れて
知らん顔というような人物とは信じられない。これは犬飼会長と川淵の間で調整が
つかなかった事を意味しているのではないか。

副会長から昇格するという慣例が破られた事で、犬飼会長以降の人事も、同様の
人事を行いやすくなったという事。
川淵が提示した会長選定5つの条件を「田嶋専務理事」は現段階で満たしてない
事も明白だが、これは今回だけの特例なのか、今後も継続するのかよく判らない。
もし今回だけならば、なぜなのか理由を説明して記録に残してもらいたい。

 川淵元大尉が、ライバルを粛清した結果、自分の周囲には
会長職の任期を2期続けられない「小倉」「鬼武」役不足の「大仁」
自分の思い通りに動きそうもない「釜本」しか残っていなかった為に仕方なく
白羽の矢を立てたのが「犬飼新会長」だったのではないか。
 

 

祝!アジア枠創設が大前進!

 不幸な事にアジア枠創設が決まりそうだ。早ければ来シーズンからの導入だとさ。
もし、そうならば大変に有り難い事だと思う。
この件に関しての自分の反対意見は4月に書いたけども、あそこで表明した危惧が、
杞憂に終わるか、あ~やっぱりという事になるか、いずれ判る時が来る。

 決定したら、どうやって有効活用したら良いかを考えて見よう。

 アジアと切磋琢磨する事で、日本もレベルアップする等と公言している輩は
現状認識が甘い。少なくともジャーナリストで、そんな事を言ってるのは
分析能力がゼロどころかマイナスの連中だ。

 特にサポーター上がりの連中は、アジア予選を緊迫感で迎えて、勝負のスリル
と、ハラハラ、ドキドキ感を楽しみたいという個人的な願望が背景にあるにすぎない。
これは覚えておいた方が良い。必ずどこかで、そういう文章や発言が出てくるから。
 しかしアジア予選を、どうにかこうにか突破して出場権を獲得する程度のレベル
では、本大会では一次リーグ敗退する戦力しかない。
場合によっては、どうしてこのようなチームがW杯に出てくるのかと批判の対象に
なるだけだ。

 欧州や南米・アフリカ諸国と切磋琢磨する事で本当の強化とレベルアップが
可能となる。だから、そういった地域に目を向けるのが正しい。今は1930年代と
違って交通手段が著しく発達したから船ではなくて、飛行機という物がある。
それもプロペラ機や複葉式じゃなくて、ジェット機で欧州や南米まで、昔と比較したら
簡単に行けるんだよ。
 多分、知らないからアジアと切磋琢磨するなんて言ってるんだと思う。

本題に入ろう 「アジア枠を有効に使う」

日本に呼ぶよりも、日本人が海外へ出て行った方がサッカー的には有効だ。
サウジ・イラン・イラク・カタール・クウェート・UAE.バーレーン・オマーン・イエメン・
ヨルダン・シリア・
これで11カ国・例えば各国のリーグの1部と2部のクラブに、日本人選手・
J1でレギュラークラスの選手を一カ国あたり合計10人程度送り込むんだ。
合計110人だから人数は大丈夫だ。J1が18チーム・レギュラーが198人だから
残りの88人は東南アジア諸国のレベルアップの為に、これまた全員、アジア枠を
活かして日本を出ていくのが望ましい。

 そうする事で、アジアカップやW杯予選の時には、中東の強豪国の必要な
データは、気候や社会環境面も含めて、現地に在籍する日本人選手から、全て
集める事が出来るし、場合によっては環境に慣れた彼らの中から代表チームに召集
するのも良いだろう。

 アジアでのJリーグの価値を上げ、将来的にアジアでのマーケティング活動や
、放送権販売につなげようとの意図も大丈夫だ。大量に抜けたレギュラークラスの
穴埋めに、レベルの低い東南アジア勢を中心に集めれば良い。
 残念だけど、中東やオーストラリアのハイレベルな選手たちは、資金の豊富な
中東諸国や中国のクラブに持ってかれてしまうだろう。
 
将来は欧州みたいに自由化するなら、契約金や年俸は、ドルでもらうのか、
それとも現地の通貨か、あるいは自分の国籍がある国の通貨になるのか知りたい。
例えば、理想を言えば、カンボジア・ミャンマー・ネパール・バングラデシュ・等へ
行った日本人選手も現地の通貨で、クラブの資金力に応じた金額でもらうべきだ。
 
 ヨーロッパチャンピオンズリーグでは、外国人で固めたプレミアリーグ(イングランド)
のチェルシーやマンチェスターUが活躍したそうだが、イングランド代表もEUROでは
決勝に進出したんだろう。
決勝のスコアは10対0くらいでイングランドがスペインに大勝してるかな。

ジーコに「外人枠を増やさないと契約延長しない」と言われたクラブがある
トルコの代表チームなんか、予選で惨敗して本大会には出てないのと違うか。


 

オーバーエージ枠無しで戦うのも悪くない

 五輪オーバーエージのただ一人の候補だった「遠藤」がウイルス感染症で、ほぼ絶望のようだ。
この調子じゃ、合宿どころか五輪本番も無理かも知れない。W杯最終予選もあるのを考慮したら、
無理をしないで静養に務めるべきだろう。

 オーバーエージ枠を一人も使わない方向で決まりそうだが、ま~仕方がないだろう。名前の挙がった「中村憲剛」は、前にも触れたが一人でリーダーシップを取るタイプではなくて遠藤や俊輔の脇で活躍する《副官》タイプだから、反町も召集しないようだし、無い物ねだりをするよりは、現状を受け入れて現有戦力で最善を尽くす事を考えた方が良い。

 過去の五輪を見ても、オーバーエージを入れたからといって、確実に戦力アップして勝利を導いたわけでもないのだから、無理に加えるべきじゃない。むしろ、これを契機にして、誰かに頼るのではなくて自分たちが主体性を持って戦う意識を付けるほうに力を注いでほしい。

 五輪チームは、守備面では戦力が整いメンバーを固定してきてるようだし、実際に、DFにボランチの守備能力は相当に高いから、そこそこにやれるように思う。一次リーグの3戦とも、立ち上がりの15分に攻めこまれてもパニックに堕ち込まずに持ちこたえられれば、大量失点は逃れるだろう。

 問題は攻撃で、平山はちょっと信頼性が欠けているようだし森本もパッとしない。明るい点は「李」が、ここに来て得点に絡んできてる事か。

メンツと体裁を優先する協会の対応

大久保のオーバーエイジ召集騒動も決着がついたが、協会側の体裁を繕う対応には大笑いしちゃった。「神戸の強硬な拒否の姿勢」に屈したのではなく、「反町監督が落選させた・選出しなかった」という方向で理由を説明してるのは、明らかに無理があるからだ。

 召集の為の正式な文書を送ったのが27日で、29日の夜まで交渉に当たっていたのだから、協会のメンツと体裁を第一に考える姿勢が露骨に出た形となった。これは「我那覇のドーピング問題」「主審暴言問題」等に見られた協会側の対応と共通するものを感じる。

我那覇の件では、最後まで強硬姿勢を貫いた揚句に、裁定が出た後も、なかなか過ちを認めようとはしなかったし、主審の件ではクラブと選手側に圧力をかけて規制するような方向で決着させた。

自分は基本的にはクラブは選手を出すべきだと思ってる。代表の成績はJリーグはもちろん、国内サッカー界にも波及効果があるからだ。しかし、今回は神戸側の事情と日程のきつさを考慮した上に、さらに協会側の対応の拙さと傲慢さには賛同するのは難しい。

それよりももっと大切なのは、川淵政権の末期に、このようなゴタゴタガ起きて拙い対応をしたのを、記録と記憶に残す事で、将来の協会幹部の参考や反省の学習資料として役立たせる事だと思う。


 今後、同様の問題が起こった時に備えて、≪前例を作りたくなかった≫のだろう。その判断は間違ってはいないと思うが、逆に、監督が選ばなかった事にして決着を計るという逃げ道が出来た事を意味する。

五輪代表のオーバーエイジに関して

五輪代表チームのオーバーエイジは神戸が「大久保」の召集を拒否して「遠藤」一人だけになったけども、神戸の現状ではやむを得ないと思う。五輪の名誉よりもクラブのJ1残留の方が大事だろう。

 優勝候補で選手層に多少の余裕があるならば出せるだろうが、弱小クラブがJ2降格の危機に直面している時に、中心選手を取られるのはダメージが大きすぎる。

 この問題は、現在の日本サッカー界に置ける五輪の位置づけと、協会の政治力が試されたと言えるのではないか。例えば、もっと早めに候補を絞り込んで折衝に当たっていれば神戸も譲歩したかもしれないし、「大久保」がダメならば次の候補者といった具合に交渉の幅も広がっていただろう。反町は、Jリーグの監督会議の席上で、候補者を大量に発表して、皆を唖然、墳慨させたと報じられているが、J1が再開した頃にオーバーエイジで出して欲しいと言われても、言われた方は困っちゃう。

 出来れば5月の中断した時点で、候補者を数人に絞り込んで打診しておけば、抜けている間の補強や戦術の準備が出来るんだけど、6月下旬に交渉に来られても、五輪終了後までの期間のゲームの準備なんか間に合わない。こういうのを見ると、代表や選抜チームの監督経験の有無が交渉や決断に影響が出てくるような気がする。

 それと、強化関係の幹部の言動を見ていると、Jクラブが協会に従うのは当たり前という雰囲気があるように感じるがどうだろう。Jリーグは協会の下部組織だから代表チームに協力するのは当然だと思うが、何か、協会の幹部が要請したら皆が言いなりになるというような錯覚があるんじゃないか。別の言葉で言い換えると「横暴」なんだけど。

次のロンドン五輪の時には(年齢や枠にまだ制限が残っていたら)今回の大久保の例を参考にして、同じミスを繰り返さないでもらいたい。でも、最近の協会やJリーグ当局を見ているとだな。

≪召集が掛ったら、選手を供出するのを義務付けるよう、強制力を持たせる≫
よう強権を発動する方向に行くような気がしてならない。

【 庶民はお上に逆らうな!!! 】

【 登録した者はJFAに逆らうな!!!】

という事になっちゃうのかな~

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。