サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田監督の評価は難しい

 0-1で負けた対バーレーン戦はネットで見られなかったので、
詳細は不明だが、各種報道で知る限りでは、相当酷い内容だったようだ。

 マチャラの得意とする戦い方。
「相手の長所と持ち味を消して、弱点を徹底的に突く」
それが見事にはまったようだし、また日本は選手のコンディションが悪かった
というのが、今回の結果につながったと思われる。

W杯予選でも、バーレーンに負けた時と同様に、まだ絶望的な結果ではなく、
立て直す時間も、戦力的な余裕もあるのが慰めというか希望となっている。

アジアカップ予選は始まったばかりだし、上位2チームが本大会に出場
出来る。またW杯予選のオーストラリア戦は主力選手が揃う。

気になる点といえば、岡田が自分たちのコンセプトで戦い続ける事に執着し、
ゲーム中に修正するのが遅いのかも知れない事。これは親善試合ならば、
我慢して使い続ける選択も構わないが、公式戦で強豪相手の場合には、
命取りになる致命傷となるかもしれないからだ。

 今更、「内田」「香川」「安田」「長友」といった、テクニックと素早さがあり、
攻撃的だが、身長が低くて空中戦に弱点があって、守備の不安が大きい
サイドの選手を積極的に起用する采配を変更する時間は無い。

日本代表は攻撃の際に、両サイドBKからの攻めがりが重要なアクション
となっている以上、相手がサイドを抑えるという戦い方を選択してくるのは
当然で、そこをどうやってカバーするのかが問題で、中沢やトゥーリオが、
引っぱり出されると、中央のカバーをどうするかという問題点も出てくる。

低身者が多いために、セットプレーでは、どうしても1枚か2枚足りなくなる
という決定的な弱点を抱えているが、現状のメンバーでは修正できない。

 岡田監督の去就をどうするかの判断に関しては非常に難しい。
W杯予選での「バーレーン戦」 そして「ウズベク戦」では非常にお粗末な
内容のゲームで、あの時点では更迭されても仕方がないような惨状だった。
しかし、その後のゲームでは持ち直して「これなら行けるのでは」と
期待させるような内容のゲームを行ったのも事実だからだ。

 つまり「岡田ニッポン」のゲーム内容は【非常に不安定】といえる。
それが選手の起用法やコンディションにあるというのも、厄介にしている要因
で、采配に問題があるだけならば即刻クビの決断が可能だが、有力選手の
負傷、新しい組み合わせ、欧州組の不在などの理由が明確なために、
非常に決断しづらいように感じるのだがどうだろう。

最悪のケースとして、考えたくないのだが、
「なんとかW杯の出場権を勝ち取れるのでは」という期待と、
「このままでは、もしかしたら思わぬ取りこぼしで敗退するかも」という危惧を
持たせながら、ズルズルと最後まで行き、更迭する時期を逸してしまい

最後の最後で
「あ~あ!やっぱりダメだった!」という結果に終わってしまう懸念がある事か。





スポンサーサイト

東京ヴェルディの身売りに関して

 東京ヴェルディが身売り目前という状況らしいが、結論から言ってしまえば
「読売クラブ⇒ヴェルディ川崎⇒東京ヴェルディ」と続いた一つのクラブの
日本サッカー界での役割が終わったという事だ。

 その役割とは、以下の3点ではなかろうか。

1・サッカー界のプロ化の促進とリーグ誕生初期の牽引役。

2・日本協会のドイツサッカー偏向と技術とセンス敵視の強化育成方針の
 誤りの是正

3・学校運動部主体のサッカー界の改革

読売グループが好きか嫌いかという尺度で判断するのではなく、役割と貢献は
素直に評価して認めねばならない。プロ化と少年からの一貫した指導育成による
確固たる実績を作ったのは「読売クラブ」である。

この3点から判るように、70年代から80年代半ばに掛けての読売クラブは、
学閥支配⇒丸の内グループ支配による組織運営が行われていたサッカー協会の
中にあって「よそ者」「外様」であっただけでなく、日本サッカー発展の希望だった。

 それがJリーグが誕生してからは、読売グループが志向するプロ方式とは
異なる理念に基づく組織運営が行われるようになった結果、その存在が
旧態依然とした立場に変わってしまったのである。逆にそれまで読売クラブの良さを
受け入れなかった旧勢力が、受け入れたばかりか、さらに前進した体制を整備した事
により、サッカー界の新しい流れに抵抗する勢力になってしまった。

そう考えれば、Jリーグ誕生の時点で、読売グループの役割は終わっていたと判断
しても良いのではなかろうか。終わったもの、過ぎたものを騙し騙し継続していたが、
ついに臨界点に達してしまった結果として、
「来るべきものが来た」というのが、今回の身売りになったといえよう。

普通のクラブの場合、ホームゲームが17あるならば、仮に1万人のコアな
サポーターが毎回、応援に来てくれて、トータル17万人の観客動員を望むはずだ。
これは選挙の政党支持に例えると、基礎票のようなものだ。それにコアではないが、
時々来る人、強いから、スターがいるから等という理由でスタジアムに来る客、
これは浮動票のようなものと考えてみよう。浮動票から基礎票に移行する人、
熱心なサポーターを増やすのが、健全な運営やサポータークラブに発展する。

 ところが東京ヴェルディ(読売グループ)の場合は、違った考え方をするようだ。
17ゲームで、トータル17万人動員の場合でも、17万人が1回来れば良いという
思考スタイルが歴代のフロントの根底にあるのではないか。

熱心に応援に来てくれるサポーターを1万人育てるよりも、
17万人の人に1回ずつ観てもらえれば良いというわけだ。

 このような思考からは、地域に密着する必要性は浮かんでこないばかりか、
全国に展開する方向に向かうようになる。ホームタウンというよりも「本拠地」
のゲームの他に、例えば「東北」「北海道」「北信越」等の地方巡業のような
形で公式戦を行う運営スタイルを志向する方を希望するだろう。


≪スポーツ文化》ではなくて≪興業≫である。

 異端児として日本リーグに参入してきた読売グループは、出ていく時も、異端児と
して出て行く。しかし、最初は正しい道を志向した革命派だったのが、出ていく時
には間違った道を歩む守旧派になってしまったという事になる。

 そのように考えれば、東京ヴェルディがJリーグの本来の理念に則った
組織運営が行われる健全なクラブに変身するチャンスが訪れたのを吉とするべきだ。




川口の負傷に思う

 GK・川口が負傷して対オーストラリア戦の出場が絶望だという。
これで楢崎と川口という、長い間、代表チームのゴールを守っていた二人の
守護神抜きという非常事態になってしまった。

 帯同していた「川島」「菅野」「都築」の三人の能力の高さは心配ないが、
代表戦の経験不足という問題は、今更解消不可能なために不安を感じる。
DFとの連携という点を重要視するならば「菅野」は未知数だし、トゥーリオと
阿部が居ない「バーレーン」戦での「都築」起用は、やはり不安がある。
Uー23での国際試合の経験と、A代表候補での合宿経験と素材の高さという
点で「川島」が、川口の穴埋めには適切と思われる。

 CB同様、GKも長い間、同じ選手ばかり起用し続けていると、このような
ケースが現実に起きた時に困る事になるのが判ったと思う。
「勝っている時には選手は替えない」とジーコが発言して、その言葉に納得
していた≪取り巻きジャーナリズム≫に対して「備えあれば憂いなし」という
言葉を送りたい。

 自分は「川島」を推奨したが、誰であっても、バーレーン戦で大きなミスが無く
、あるいは不安を感じ無ければ「フィンランド戦」「オーストラリア戦」の
2ゲームも、DF陣との連携を深める為に同じGKで行くべきだ。

 ものは考えようで、川口はドイツ大会のオーストラリア戦でキャッチミスを
して失点の元凶となったのを思えば、負傷による欠場は「マイナス要因」
が一つ減るのだから、必ずしも悪い事態ではないという解釈も可能だ。

不動のメンバーで戦い続けるというのは、今回のようなリスクが生じる危険性
と隣合わせだと認識するべきだろう。

アジアカップ最終予選・対イエメン戦(ホーム)

 イエメン戦は最悪に近い内容で、とりあえず勝って良かったという程度の
散々なゲームで、相手のイエメンのレベルの低さも合わせて考えると、
3流以下のゲームと判定したい。熊本で開催して良かったと思う。もし首都圏
の開催だったら、ブーイングの嵐が起こったんじゃなかろうか。

 経験の少ない選手を同時に起用してテストする構想は、辛口だが失敗だった
と評価せざるを得ない。新戦力の発掘の場としての期待感が高かったために、
新しく召集された選手を中心にして、個々が自分を売り込む場としての思惑が
強すぎて、裏目に出てしまったのが残念だ。

 自分は「負けなければ良し」という気持ちで見ていたが、ここまで力の差がある
相手で一方的な展開だったのを考慮したら、点差よりも内容が酷過ぎるのだ。

 まず守備面は参考にならなかった。
セットプレーで失点したが、香川がボールを奪われた問題とは別に、マーカーの
青木がマークを簡単に外してしまったのは非常に拙かった。また寺田の指示が
どうなっていたのかも疑問で、若手の長身CBを育てるのは急務だ。

 中盤でのプレスは連動性に欠けており、向かっていく意識は高かったが、
即席の急造チームの限界ではないか。

 攻撃面は、「田中達也」「岡崎」「巻」「中村憲」以外は論外で、
次から代表に召集されなくても仕方がないだろう。この3人以外の選手は、
個々が勝手にプレーしており、自分をアッピールする為のドリブルとキープと
強引なSHだけが目立つという惨状で、チームとして組織されていなかった。

 「乾」に至っては周囲とのリズムが全く合わず、もし監督が岡田で無かったら
召集したか疑問である。まず最初に学ぶ事は、サッカーは一人でやるものではない
という事だ。

金崎は明らかに気負い過ぎで、ボールが足に付いてない状態で、相手にパスを
していたようなものだった。

 ただこの二人を弁護するような見方をするならば、出場時間の少なさをあげたい。
それも残り時間が少なくなってからの起用で、結果を出さなければいけないという焦り
があったのかも知れない。後半の頭から起用していたら違っていた可能性もある。

 興梠は前線に居ただけで、ほとんどの時間帯消えていた。ワントップは無理だ。
現状では次からは、このような起用法は無いと思われる。
香川は、ボールキープと時折見せるサイドチェンジが目立ったが、得点のチャンスの
切っ掛けとなる効果的なプレーがほとんど無い。特に失点場面は北京五輪でも
ドリブルやキープのミスから奪われて失点というパターンがあったように、失点の起点
となっているようでは、学習していない事になる。

若手の組み立て役としては柏木(サンフレッチェ)が最有力だと思うがどうだろう。

サッカージャーナリストになりたい人へ(代表のCB報道から学ぶ)

岡田ニッポンから「森重」「阿部」の二人が離脱というニュースが入った。
水本は間に合いそうなので、寺田・高木と3人態勢で臨む事になるそうだが
岡田の口から「今野」の名前が全然出てこないのが愉快だ。

オシム⇒岡田体制になってからのCBの選手起用に関するマスコミ報道を
思い出すか、チェックしてみたらどうだろう。

 岡田のCB采配を振り返れば

 東アジア選手権の北朝鮮戦で「水本」が「チョンテセ」に対応できずに失点
してからは次の中国戦戦からは起用せずに代表からも外した。
 その中国戦からは「今野」をスタメンから起用して、「韓国1-1」戦では
簡単にマークを外され続けて失点。W杯予選の初戦「バーレーン戦0-1」でも
、アタックに行かずに失点。
この事から、今野にはCBとしての適性と資質に問題があるのが判明した。
しかし今野には二度のチャンスを与えたにも関わらず、水本はたった1ゲームで
見限ってしまうが、ここにきて再度の召集を行う。


 一般紙・スポーツ紙・スポーツライター・フリーライター・ネットライター等の立場で
サッカージャーナリズムに関わり活動している者達の報道はどうだろうか。

1・アジアカップでの全ゲームで「失点かピンチの大半」に阿部が関わっており
 守備の足を引っ張っていた事

2・にも関わらずに、オシムが我慢して使い続けた事で、阿部はDFとして成長して
 戦力として計算できるようになった事。

3・岡田が行った今野のCB起用のミスと今野のCBとしての適性や資質の問題

4・水本がチョンテセには振り回されたが、他の2人の攻撃陣には的確に対応
 出来ており、今野よりも水本の方がCBとしては才能がある事

上記のような点を指摘したジャーナリズムがどれだけあっただろうか?
記憶に無いし、それどころか以下のようなトンチンカンな報道をしてきたのだ。

1・中沢とトゥーリオが居るのに、阿部が負傷でゲームに出場できないと、
 守備の柱が抜けて大ピンチと危機を煽る。

2・今野をオシムが発見したポリバレントの代表格のようにもてはやして高く評価
 しておきながら、バーレーン戦以後のゲームにCBとして起用されていないにも
 関わらず沈黙する

3・水本を批判・攻撃するが、今野のミスは一切指摘しない。

そんなメディアに「お金を出すのは無駄だ」
スポーツ紙は¥130もするから、
ネットで見るだけで良いと思う。



将来、サッカージャーナリストになりたいとか、スポーツライターになりたいとか、
マスコミと関係が深い仕事をしたいと希望している若者達が大勢いると思うが、
このような間違った報道をしないように勉強してほしい。
 その為には、ゴール裏で、歌ったり飛んだり跳ねたりしないで、
落ち着いた場所でちゃんとメモを取ってチェックする事を薦める。


昔の日本リーグ時代、自分はまだサッカージャーナリストになる前の「後藤健生」さん
と一緒に数多くのゲームを観戦していた。
 当時の後藤さんは、(今でもそうだが)毎回、どんなゲームでもノート片手に、
ゲーム中に気が付いた点を、しょっちゅうメモに取っていた。
自分は、それを横目で見ながら、あるいは見せてもらいながら質問をしたし、
喫茶店や居酒屋での会話の中から学んだ事が多く参考になった。

 今から考えたら、随分と恵まれたサッカー観戦環境に居たわけだ。
何しろ、一緒にゲームを見ながら無料で講習会や勉強会のレクチャーをして
もらってたようなものだから。

 選手の出世物語や生い立ちや、選手やクラブの周辺の物語を描きたいと
思ってる人は、必要ないだろうが、ゲームの分析や評論をしたいと考えてる
人は、たくさんゲームを見て学習するべきだ。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

岡田ニッポン2009!始動

 代表が始動したが、CB候補にアクシデントが続出して黄信号が灯てる。
トゥーリオが手術からリハビリの途中。水本と森重が負傷。中沢が休養。
阿部のベストではないのだから、寺田と高木の二人の成長と奮闘に期待
するしかないが、「今野」を頼った岡田のバカ采配を悔やんでも仕方がない
から、高木がどれだけ使えるようになったかを祈るだけだ。

 対イエメン戦は、カウンターに対してなんとか対応出来れば大丈夫だと思う
が、アジアカップの初戦なので、ここで転んでも立て直す事は可能だから、
負けなければ良しとしたい。
 
 幸い、鹿屋体育大との練習試合では8-0という結果だったので、攻撃陣が
爆発すれば意外な結果も出てくるかもしれない。相手の鹿屋体育大が準備
不足で酷い状態だったという指摘もあるが、そういう相手に大量得点するのも
大切な事で、過去には学生相手になかなか得点出来ずに、内容では圧倒
された事も有ったのを振り返れば、悲観的な見方をする必要は無い。

 オーストラリア戦にもトウーリオの復帰は困難なようだが、「中沢」「寺田」の
コンビで対応出来るんじゃないか。寺田の高さは効果的だろうし、開催が2月
だから、オーストラリアは夏から冬への対応が、欧州組は移動というハンディ
がある。
 
 それにACLでのガンバのゲーム運びと完勝が我々を勇気づけてくれた。
あのような戦い方が十分に通用するのならば、代表レベルでも日本が勝つ
可能性が大きいと思う。

イエメン戦では「寺田」「高木」の成長と若手攻撃陣の連係を注意して見る。
フィンランド戦でも同様で、中沢が復帰すれば寺田とのコンビを、全体として
中堅と若手・ベテランの融合のチェックをすれば、対オーストラリア戦の展望
が見えてくるのではないか。

 オーストラリアの偵察部隊の監視が行われている中のゲームだから、
手の内を見せたくないが、現状ではそんな余裕は無いから、まず、自分達の
チームのコンセプトを確立させることの方を優先するべきだろう。

モンテディオ山形の改造問題について

 チーム名改称でもめてるモンテディオ山形の公開プレゼンと討論会が行われたが、
当初、世間一般に流布された話とは随分と違うようで、むしろ建設的な方向で話が
進行しているようでホッとした。

 出席した友人からの報告で概要は判ったが、単にクラブ名やユニフォームの
デザインの改称という事ではなくて、山形県民全体でバックアップする為のクラブの
改造という構想が前提にあったという事だ。
 内容全般として悪くないどころか、むしろ、素晴らしい構想と理念だと感じた。
特にクラブの名称に「ラテン系の造語」を使わないというのは大賛成で、日本語を
使うのは当たり前・当然である。このような考え方が正常な物の見方であって、
他のクラブも改称する際には、絶対にやってもらいたいと強く願うものである。

「ラテン系の言葉の造語」
「グッズのデザイン」

この二つはJリーグ誕生時における、日本サッカー界の歴史に残る愚行として記憶
に残される必要がある。日本語ではなくて外国語の造語を使ってるから、外国でも
通用しないとか意味不明のクラブ名になってしまったのだ。

 だから、山形が日本語で行きたいという考え方は素晴らしい。

 今回の山形の顛末は、説明不足と話の持って行き方が拙かった。
という点に尽きる。段取りの立て方や地元マスコミの利用の仕方を上手くやって
おけば、サポーターの間に誤解も生じなかったであろう。
 
 山形の最大の問題点は、ユニフォームの色とデザイン、チームカラーの変更だ。
確かに構想のデザインを見せられた時には、
「これはサッカーをイメージした物ではない」と強く感じた。

 「黒」 「白」 「シルバー」を基調とした斬新すぎるデザインは、
慣れていないからとか、奇をてらい過ぎる。等といった感じよりも、サッカーチーム
で、このようなデザインにするという意味合いが良く判らないので、これならば
従来のものから変更せずに行けば良いと思う。

例えば、一歩譲って、応援旗やチームロゴとしての利用ならば仕方がないかも
知れないが、どうも落ち着きがないように受け取ってしまうのだがどうだろう。

広島市民球場の跡地にサッカー専用スタジアムを建設しよう!

 広島県協会は、閉鎖される広島市民球場の跡地利用について、
「サッカー専用スタジアムの建設を強く求める」との要望書を広島市に提出した
という。

 要望書の「市民球場は戦後復興のシンボルであり、にぎわいの拠点だった。
野球からサッカーへと、スポーツ文化の拠点として引き続き発信していくことが
重要だ」という点は、全くその通りで、シンボル&にぎわいの場が、『野球場
からサッカー場に代わる』と考えれば良いのだ。

 市の浜本康男都市活性化局長は「サッカー専用では年に約20試合しかできず、
難しい」と答えた。そうだが、この発想が間違いの元というか既成の価値観を引き
継ぐ古い考え方に過ぎない。

 活性化局長という肩書ならば、もっと広い視野と柔軟な発想を持ち検討するべき
である。「サッカー専用では年間20試合しか出来ず、難しい」とは、サンフレッチェの
Jリーグやナビスコカップのホームゲームでの利用しか予定していないのだろう。
それ以外のサッカー関連のイベントを行うとか、スポーツ博物館やスポーツ医学や
健康関係の施設を内部に作れば、一般市民の為にも有益な施設となるのだが、
そのような発想が浮かばないようでは、≪活性化≫の名が泣く。

 さらに、新しい野球場とサッカー場が、広島のスポーツ文化の象徴のような存在に
なって、将来の広島市民の憩いの場であり、名誉と誇りと意識の一体化の役割を果
たせるようになれば有意義とは思わないのだろうか。

 市は跡地を「緑地ゾーン」「にぎわいゾーン」の東西2つに分ける基本方針を基に、
1月中に利用計画をまとめる予定だそうだが、これは公園や商業施設や遊興施設を
作る構想と考えられるがどうだろう。

 このような発想や基本計画は旧態依然の思考から生まれてくるもので、いかにも
役人らしいではないか。日本経済がデフレ再来で大変な状況になりそうだと言う予測
がされている時に、商業施設か。
 少し前に日本各地の自治体が「○○村」とか「××ランド」みたいなものを作ったが
利用者が激減して、累積赤字蓄積でとんでもない事になってるけども、そのような
二の舞を実践するのか。

 損得勘定や、財政を考慮するならば「緑地ゾーン」や「にぎわいゾーン」にしたら、
完成された暁には、収支決算で建設費と維持費は赤字にならずに問題ないのか。
例えば、「緑地ゾーン」では利用者から、しっかりと「入場料を取るんだろう」

 一昔前には「サッカーご三家」と言ってだ、「埼玉」「静岡」「広島」が、サッカーが
盛んだとか、伝統や名誉に対して他県のサッカーファンは一種羨望の眼差しが
注がれていた時期があった。今はもう、ハッキリ「埼玉と静岡」に遅れをとっている
のだから、これを契機に回復するチャンスだ。

 これは広島だけの問題ではないから、全国のサッカー愛好者は、サッカー専用
スタジアム実現に向けて、あらゆる角度からバックアップするべきじゃないか。
他のクラブのサポーターが広島までアウエイゲームの応援や観戦に行く時も、
あの不便な総合運動場よりも、交通の便が良い場所にスタジアム
(それもサッカー専用だ)が出来たら嬉しいじゃないか。




天皇杯決勝・G大阪対柏での西野采配について

元日の天皇杯決勝戦は「ガンバ大阪」が1-0で柏レイソルに辛勝した。

柏にも勝つチャンスがあったが、あと一歩及ばず、準決勝までは
勝利の為に決定的な役割を果たし、対戦相手の脅威となった、
フランサと李の二人が時間と共に封じ込まれたのが痛かった。

ガンバは明らかにコンディション不良で、ベストとは程遠い内容だったが、
ACLとクラブW杯での経験が見事に生かされており、「余裕と自信」が
みなぎったプレーで、延長戦まで120分間を戦った、
遠藤はあまりボールに触れず、また決定的なチャンスへの関わりも
少なかった。

西野監督が中々メンバーを交代しなかったのが注目された1戦であった。
よく、「監督が選手と心中する」という言い方をするが、それが典型的な
采配となって現われたのが、この決勝戦であった。

ゲームの内容が柏が主導権を握る時間帯が全体の3分の一くらい有った
ものの。それ以外はガンバがゲーム支配する時間帯が続いており、後半
に「フランサ」「李」の二人が交代出場しても、同じような流れの展開が
続く状態であった。その中で、チームの軸の選手を引っ込める事で生じる
変化の必要性を西野は求めなかったというわけだ。

延長に入ればベストコンディションではない、二人に攻撃を頼る、柏の方に
苦しい展開になると読んだのではないか。と同時にそれは、疲労が蓄積
してるはずの自分の選手達の頑張りと粘りを信頼していた事の証明である。

次のように考えてみよう。

遠藤を出場させているのが得点出来ない原因ではない。
遠藤を他の誰かに替えたからといって得点する保証は無い。
遠藤を出場させている事で失点する危険性も無い。

むしろ、精神的な支柱である遠藤を替える事で、残された選手たちに
動揺と焦りが生じる危険性がある。

それならば、精神的な支柱であり、ガンバのやり方で戦うために必要不可欠
な遠藤を勝負の決着の目処が立つまでは、ピッチに残しておくのがベストで
あり、最悪それが失点し、敗退の要因となっても構わないし、諦めがつく。
という覚悟を決めたのであろう。

 それが「西野が遠藤と心中するつもり」という意味であり、カップ戦の時の
戦い方の一つの方法である。

 このように考えれば、西野は我慢したというよりも、実は中心選手を大切に
してゲームを乗り切るという点では、実は理に適ってるのが判る。
つまり「石崎」の采配ばかりが注目されているが、西野も名監督の道を歩み
つつあるのが判ったゲームであり、また日本人監督として、将来への夢と
期待を持たせてくれる器に育ってきたと評価して良いのではないか。

ガンバ大阪の選手・関係者・サポーターの皆さん、天皇杯優勝とACL出場権
獲得、おめでとうございます。ベテランの後継者育成と獲得がスムーズにいき、
黄金時代が続けられるように努力されるよう希望します。



テーマ:ガンバ大阪 - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。