サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリンカップ2009・対チリ戦

 キリンカップの対チリ戦は、内容と結果いずれも合格点を付けて良いだろう。
4対0という結果になったのは、戦力差だけでなくゲーム運びとか戦術という
要素が強かった。

 もしチリが、アジアのチームのように、初めからガチガチに守備を固めるか、
中盤で潰し合いを仕掛けて、攻撃に重点を置かない戦い方を選択していたら、
日本は、もっと苦戦しただろうし、チャンスの数も激減した可能性がある。

 チリの戦術的なミスとして、前掛かりになってしまい、日本の速攻に対応
出来なかった事をあげたい。
 また、采配ミスとして、守備陣のアバウトさを指摘したい。日本の選手個々
の特徴や攻撃パターンを把握していなかったのは明らかで、DFは3BKと
4BKが中途半端で、マークの受け渡しもカバーもでたらめ、岡崎と本田には
無抵抗に近い惨状で、面白いようにやられ放題だった。

 チリから見たら、何も出来ないうちに90分間が過ぎてしまったという事だ。

チリが主力は2人だけだったという事で、割り引いて評価をするべきかもしれ
ないが、過去に来日した「主力の掛けた2流3流の外国代表チームよりは
まともで、個人技を中心に観るべきものはあり、酷評するほどではない。

相対的な比較をする前に、日本の選手のコンディションとチームコンセプト
の理解、それに若手の積極性、さらに控え選手のテストという4点では、
非常に大きな成果があった事を素直に認めるべきであろう。

日本もベストメンバーではなかったし、初めての組み合わせで臨んだ事、
等を考慮すれば、ネガティブ志向で評価する必要はないと考える。

本田は、特に前半は王様だった。格の違いを感じさせるほどのプレーで
右が俊輔ならば、左は本田の組み合わせを観たいと思った人も多かったと思う。
積極的にSHを狙うのとSHの正確性の点では、本田の方が上だ。
 18歳で初代表の山田直は、落ちついていたし、状況判断が速くて適切だ。
これは周りが見えている証拠で、パスを出すコースとタイミングも良かった。
パスの強弱が上手くいかなかったが、これは大した問題ではない。なぜなら、
時間と経験が解決してくれる事で、それも長期間を要しない課題だから。

若手新人が周りに使われて一生懸命ひたむきに頑張りましたというのは、
よくある事だから驚かなくても良いが、山田は、周りを使ったり、活かそうと
試みるなんてのは大器の証拠で、非常に素晴らしかったと評価したい。
スポンサーサイト

Jリーグ序盤戦を終えて( Ⅰ )

 今シーズンのJリーグも13節を終えて、6月20日の再開まで中断する。
全34ゲーム中、13ゲーム終了だから、ほぼ3分の一弱を消化した事に
なる。

 単純に18チームを3段階に分類すると、今シーズンはかなり順当な
成績で、ここまで進んできているのが判る。そうなった要因は、日程の
組み方と消化にある。

 Jリーグはトトが導入されて以降、本来のリーグ戦ではなかった。
正確に言うと、極めて変則的なリーグ戦方式を続けていた。
 それは異常なぶつ切りリーグ戦だったという事だ。五輪に備えたU-23
とフル代表のテストマッチや遠征などで、多くの場合、中断期間が入って
しまい、実質1か月単位で、消化~中断を繰り返すという日程消化の
連続であった。

 これがどのような影響をもたらしたかというと、総合的な戦力が整備されて
いないにも関わらず、勢いに乗ってしまえば、4~6ゲームを一気に乗り切り
実力相応ではなく、上位に出てくるクラブがあったという事だ。
 そして国際試合の度に1~2週間中断するから、そこで休養したり、
コンディション調整に励めば良いから、一シーズンを通した強化や補強や
調整など、実はあまり意味を持たない事になる。

これはどういう事かと言うとだ。
【敗退⇒失格がない勝ちぬきトーナメントを一か月ごとに繰り返しているよう
なもので、クラブごとの総合力が反映されにくい】
 
 今シーズンは、開幕してから約2ヶ月半、ぶつ切りではないから、上位クラス
には、順当に強豪が位置している。しかもACL対策を考慮して補強したり、
選手起用を心掛けているので、ACLを消化しながらも、Jリーグではボロボロ
という惨状ではない。

日本代表メンバーに関して

 キリンカップと、W杯最終予選の残りのゲームに出場する日本代表メンバー
が発表されたが、極めて妥当なメンバーだと思う。

GKの3人は、全く問題も異議もないだろう。川口はアジアカップでは素晴らしい
ファインセーブ連発だが、実力ナンバー1は楢崎だから、コンディションを考慮して
後の2人は随時選別すれば良い。ただし1人は必ず若手を入れる事。

DF
 毎度お馴染みのメンバーで、W杯集出場件を獲得するのが第一の目標
なのだから、ほぼ不動のメンバーで臨むのは当然で、リスクを冒す必要はない。
槙野は選出されるのが遅すぎた位で、もっと早く選ぶべきだったと思うが、
寺田の穴埋めではない事を祈る。今野がDFで選ばれたが、守備のポジション
、サイドバックとボランチが出来るのだから、DFにこだわらなくても良いし、
最近のFC東京でのCBの経験で、どこまで成長したかに興味もある。

MF
 これも現時点ではベストの選択だと思う。日本サッカー史上、バランスの良さ
という点では、もっとも充実していると思われる。
長谷部と本田の成長ぶりが楽しみだし、香川がどこまでやれるかもチェック
してみたい。不安があるとしたら、松井が周囲と連係に問題があったのが、
どうなるかという事。それと「山田直」に出場のチャンスが与えられるかどうか、
例えば、もしウズベク戦で出場決定ならば、オーストラリア戦・カタール戦では、
15分でも良いから起用したら面白いんじゃないか。

FW
 これも納得できるメンバーだ。
ネットライターとスポーツマスコミが狂ったように好意的にバックアップしてる
佐藤寿が外れたが当然の決定で、岡田の正常性を確認しただけだ。

今回のメンバー発表で、一番興味深かったのが攻撃陣、特にFWで誰を
選ぶかだった。田中達也が負傷で出られない穴埋めをするかどうかだったが
FWではなくて、人材が豊富なMFで「山田直」を入れたのが、ある意味
「岡田色」というべきか。

ここまでの国際試合の中で、選手の見極めを行ってきたのは明らかで、
常連だった「巻」「佐藤寿」を外すと決めた節が見られる。
就任当初「羽生」「山岸」を起用しまくったが、岡田色を出すと決断してからは
全く声を掛けなくなったが、それに次ぐ第二弾が「巻と佐藤」外しではないか。
おそらく、この二人は負傷者続出といった非常事態にならない限り呼ばれない
と思った方が良いだろう。岡田はバーレーン戦での佐藤寿のプレーに対して
相当、頭に来てるんだと推測する。
 
 岡田の現役時代を知らない人は、理論派でサラリーマンみたいに思う
かもしれないけど、現役の頃の岡田ってのは、闘争心を内に秘めるタイプで、
根性があって頑張るメンタリティーの強い選手だったから、監督になって時と
して頑固な采配を振るうのは当然なんだ。見かけで判断しちゃいけないよ。



ピッチリポーターには元Jリーガーを起用しよう

数年前だったと思う。

Jリーグの開幕で、ニッポン放送が多次元のリレー中継放送を行ってくれた。
各会場から、アナウンサーやピッチリポーターが試合の進行に伴い、
コメントを入れて様子を伝えると言うパターンで、これは複数会場をカバー
出来る事になるから大変に有り難い中継形態だ。

NHKでも、同様に3ゲーム程度だったかな、地方局を使って映像で
カバーしてくれたんだけども、ビックリ仰天しちゃった。

その時に、名古屋の会場からのピッチリポターというのが、
「フリーのスポーツライターかサッカージャーナリスト」だったか、
残念な事に氏名を忘れちゃったけど、それ以前には見た事も聞いた事もない
若手のライターだった。

それが、ゲーム内容を聞かれて
「両チームともまだ決定的なチャンスはありません」
とハッキリと言ってたのだが、その後ハーフタイムに入ってからNHKの映像
で、一方のクラブのFWが抜け出して、GKと一対一でSHを外したシーンが
流れたのには本当に驚いた。

 FWが角度があるポジションで、GKと一対一になり、あとはSHを決めるだけ
どう見たって「決定的なチャンスだろう」

 FWはSHを枠の外へ外してしまい得点にはならなかったが、
そのピッチリポーターは、SHが枠の中に飛ばなかったので「決定的なチャンス
は、まだありません」と言ったとしか思えない。

その場合は「FWがDFラインの裏に抜け出してGKと一対一になる決定的な
チャンスがありましたがSHを外してしまいました」
というのが正しい。

なぜ、このようなトンチンカンなフリーライターがラジオ中継のピッチリポーターに
起用されたのか? 非常に不思議で納得がいかないのだが。

 この人物は、それ以後、全くラジオの全国中継には出てこなくなった。東海地方の
ラジオ局ではどうなっているのか不明だが、まだ出ているのかな?

ここで提案なのだが、解説者だけでなく、ピッチリポーターといえども、元Jリーガーを
起用するべきではないか。Jリーガーのセカンドキャリア対策にもなるし、現役だった
頃の経験から、このようなシチュエーションの場合には、何が起こってるのかとか、
選手の気持ちや心の動きまで推測出来るから、非常に有益なリポートが出来る。
特にテレビならば映像を観れば住むけども、ラジオでは観れないからリポータ―は、
より重要なものになる。
 
 だから 【文章は書けるけども、サッカーが理解できないフリーライターの、
 デタラメなリポート】 よりも、その方がず~っと良いと思わないか。


移籍ルールの改善に関して

 Jリーグの国内移籍ルールが「国内ローカルルール」から「世界基準」に
修正される。この件に関しては色々な意見があるだろうが、基本的に自分は
賛成である。

 今までの護送船団方式が特異なものであったという認識を持てば良いだけ
で、弱肉強食の世界になってしまうと心配する人もいるだろう。
 それを悪い事、間違っている事等と思うだろうが、プロの世界・勝負の世界
である以上、それは必然だと思うべきではなかろうか。

「厳しいプロの世界なのだから、クラブ間の格差が生じるのは当たり前」
「小さなクラブ。資金力の貧しいクラブが苦しいのは当たり前」

このような当たり前、常識が理解できないのは護送船団方式を続けた
Jリーグのあり方の弊害と言って過言ではない。

中には超ネガティブな考え方に走って、まるでこの世の終わりが明日にでも
起こりそうな、ヒステリックな拒否反応を示す人もいるのではなかろうか。

 まず、この世界基準への改善は「犬飼会長」や「読売グループ」のごり押し
ではなくて、選手会からの要望が強かったという点を認識する必要がある。
キチガイじみた、高い移籍金係数の設定により、若い有望選手が飼い殺し
にされてしまい、自分に合ったクラブへの移籍と活躍のチャンスが不当に
奪われていたのだ。

才能のある者、能力の高い者、実績を残した者、彼らにとっては非常に
好ましい環境になると思われる。複数年契約と高額年俸が待っている。

 これはプロの世界ならば当然の待遇と権利であり、実力本位の環境が
用意されるという事だ。


 Jリーグ当局も、23歳以下の若手の移籍に関しては、前所属クラブへの
トレーニング補償を検討してるし、各クラブが人件費に出せる予算も限度が
あるのだから、法外な引き抜きや年俸など非現実的だ。

 例えば、一つのクラブが保有出来る選手の人数の上限を制限すれば
良いし、もっとも重要な点を指摘すれば、選手にとってはゲームに出る
環境が第一だという、これまた当たり前、常識的な物の見方をするだけだ


 浦和レッズが、他のクラブから日本代表クラスの選手を30人程度、
数億円の年俸で、5~10年契約で大量に引き抜いて抱え込む等という
現象が起きるだろうか。絶対にあり得ないのがバカでも判るはずだ。

まず、そんな予算が無い。公式戦にまともに出られ無い選手が続出する。
もし、心配する事があるとしたら海外流出がさらに進行するという点ではない
だろうか。しかし、それもまた悪い事ばかりではない。「世界基準」とか、
欧州に近づくとか、世界のトップを目指すならば必然的にとおる道である。

そういうのが嫌ならば、鎖国するのが一番良い。もちろん海外からの外国人
選手や監督の加入も認めないのは当然で、外国から選手や監督は来て欲しい。
でも、日本からスター選手や実力選手が出て行くのは嫌だ等と自分勝手な
事をいうのは、絶対におかしいのだ。

ACLで見せたJリーグの実力

 ACLのグループリーグも5戦が終了してJリーグ勢4クラブのベスト8入り、
ガンバと名古屋の1位通過が決定した。

 4クラブの戦いぶりを振り返れば、それぞれの特徴を良くも悪くも出して
実力通りの結果が出ていると思うがどうだろう。

 ガンバは昨年の経験が生かされており、アウェイの「FCソウル」戦に
内容では大苦戦したものの、他のゲームも含めて、非常な勝負強さを発揮
している。必ずしもベストメンバーではないし、コンディション的にも苦しい中
での立派な戦いぶりである。昨年から続いているのが、ACLにおける
西野采配の好調ぶり、当たりまくりである。

 名古屋は、ACL初出場にも関わらず実によく戦っている。ベテランから
若手まで、モチベーションの高さは目覚ましく、少し心配なのが、リーグ戦の
方に、悪影響が出てしまってるのではなかろうか。

 鹿島は、初戦のアウエイの「水原」戦で、信じられないほどの不本意かつ不本意なサッカーで失望させたが、残りのゲームは「試合巧者ぶり」を
見せつけて、キッチリと勝っている。

 川崎はJリーグ戦と同様、本当に不安定な内容のゲームの連続で、勝てる
はずの相手なのに、思わぬ取りこぼしや苦戦が目に付く。選手のメンタル面
に問題があるのか、戦術的なものなのか、監督の采配なのか、原因を明らか
にしないと、この路線が続く限り、毎回このような展開を繰り返す事になる。

 鹿島と川崎の1位通過を期待したい。そして、さらに
参加した日本勢4クラブが全て、1位通過するだけでなく、準決勝の対戦カード
は、日本勢の直接対決という展開になるように望む。

ここまでで判ったのはJリーグは、レベルが高い事、それに対して、まともに
戦えるのは韓国だけだ。中国はプレーの荒さが自滅につながっているし、
、審判が公正なジャッジをしていれば、もっと厳しい結果になってるはずだ。




秋春制はインフルエンザ感染の温床になる

 今は、ゴールデンウイークの真っ最中だが、秋春制に移行したらどうなるか?
年間スケジュールの詳細が判らないので断定は出来ないが、仮に9月開始で、
5月終了としたら、この時期はとんでもなく過酷な日程になるのは確実だ。

 現在の日程だと、3月に開幕してから、コンディションもピークになってる所で、
ゴールデンウイークの過密日程を向かえるので、まだ体力的には持ちこたえる
余力がある段階で、リーグ戦とACLを戦ってるが、秋春制に改悪した場合には、
終盤のバテバテの状態で、ゴールデンウイークに突入する。
コンディションが悪くなるからゲーム内容も酷くなる。

欧州のサッカーシーズンに合わせるのだから、6&7月はリーグ戦はやらない。
犬飼会長は、サッカーは冬のスポーツで、夏場は選手のコンディションも悪い。
そう公言したのだから、夏休み中の8月にJリーグを開幕するのは矛盾してる。

冬場は降雪により、ピッチの問題だけでなく、交通機関がマヒして中止になる
可能性もあるから、3月・4月のスケジュールが詰まるケースも予想される。

したがって、秋春制に移行しても、過密スケジュールは解消されないどころか、
さらに過酷なものになるはずだ。


天皇杯を4月~5月初旬に移動したら、3月中にリーグ戦を消化する
必要が生じてくる。そして冬場には、ケガをしやすくなるし、病気の心配が出る。

特にインフルエンザは高温多湿の夏場よりも、冬場に猛威を発揮する。

無観客試合にしたら収入激減で倒産するクラブが続出する。
少々のリスクを冒してでも熱狂的なサポーターはスタジアムへ行く

そしてサポーターが
強毒性に変異したインフルエンザを発症して、
バタバタ死ぬ。
周囲の人たちに移しまくって、
Jリーグのサポーターは感染の温床という事になり
社会的な糾弾を浴びる事になるだろう


その時、日本国内では「Jリーグカゼ」とか「犬飼カゼ」という
名称で、新型インフルエンザが呼ばれる事になるかもしれない。


冬開催の為に、屋根を付けたり人工芝にする費用があるならば
タミフル購入や、インフルエンザのワクチン製造に回してもらうように
各自治体に要求しましょう。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。