サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ヴェルディの存続に関して

 東京ヴェルディが存続の危機を迎えているようだが、本格的なプロリーグの
誕生によって、このクラブの目的と存続意義はかなり無くなったと思えば、
この際、解散もやむを得ないのではないだろうか。

 少なくとも、Jリーグ誕生以来、このクラブが安定経営を考えて努力したとは
あまり信じられないのが多くのサポーターの受け止め方ではないかと思うが、
どうだろうか?

 何度も指摘してきた通り、日本サッカーのプロ化が成功した時点で、役割は
終了してしまい、地域密着とサポーターズクラブの組織化という次のステップに
進む段階で挫折したというか、発展がみられなかったのだから、自ら終焉を招
いたようなものだ。

特に絶対に容認できないし徹底的に批判されるべきは、フロントや監督よりも
有力なスター選手の独善的主張を一方的に支持して、スポーツ紙を利用した
「アジ演説」や「プロパガンダ」を野放しにした点である。
 これは本当に許しがたい物であり、サポーターや他のクラブの人事や運営に
まで、多大な悪影響を与えているのだ。

 今、読売絡みで自分が興味のある事と言えば、日本サッカーの盟主が
丸の内グループの企業であり、早大と東京教育大閥によって支配されてきた
構図を知らずに、スポーツ紙に騙されて、一生懸命アンチ読売で叩いてきた
サポーターや、ヴェルディ(読売)を悪者にしていれば、それだけが正義だという
雰囲気を作り上げた結果、 ≪ 川淵独裁 ≫ を容認してしまい、最後は批判も
疑問も言えずに、隷属して、失われた4年間を招いたスポーツ紙が、これから
誰を悪者に祭り上げるのかだ。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

レアンドロ移籍に関して

またか!

 ガンバのレアンドロがカタールのクラブに持って行かれた。
これで3年連続で得点源を引き抜かれた事になるが、以前指摘したように、
中東の金持ちクラブに、金銭の勝負に持ち込まれたら、どうしょうもない。

契約条件に、移籍を認めないと一筆入れようが、違約金を設定しようが、
ほとんど無抵抗に近い状態で応じざるをえない。せいぜい、莫大な違約金を
設定しておいて、金銭的なメリットを求めるしかなさそうだ。

ブラジルからJリーグで通用しそうな比較的若い才能と実績のある選手を
連れて来て、期待通り活躍してくれて、「シメタ!良い買い物をした。
これで上位の成績を、そしてACLのタイトルを」等と構想を持っても、
目についた活躍をした途端に、持ってかれるんだから、関係者もサポーター
も、皆不愉快だろう。

このままだとJリーグは ≪ブラジル⇒Jリーグ⇒中東のクラブ≫という形で、
選手供給源かテスト会場みたいなもんになっちゃうな。

ガンバは、新潟でプレーしている「ペドロジュニオール」を完全移籍で緊急に
獲得したそうだが、これで、来シーズンの開幕前か途中で、中東の金持ち
クラブに、またまた引き抜かれて行くんだろうな~





AFCでの犬飼会長の姿勢を支持する

 クアラルンプールで行われていたAFC・プロリーグ特別委員会に出席した
犬飼会長の姿勢は高く評価すべきである。

 ご存知のように犬飼会長は、その強権的な発言が原因で、国内的には
秋春制移行問題や天皇杯でのベストメンバー規定等で、問題を起こしている。
このような姿勢を、国内ばかりでは無くて国外でも発揮出来るのかという点に
興味があったのだが、今回は日本の立場に立った提案を行ったようだ。
前任者の川淵元大尉と比べて、AFC内での自分の栄誉や肩書保持を優先
するのではなくて、日本サッカー界の利益を追及して「言うべき事は言う」
という姿勢を見せたのは素晴らしい。

 以下の2点について提案したようだ。

1・2014年のW杯アジア予選の開催日程
2・ACLの運営に関して

世界最速でW杯本大会の出場権獲得など求めないのは悪くない。
準備期間が多く獲れるというプラス面はあるが、予選の日程がハードになり
選手のコンディションや国内スケジュールとの調整といった問題が出ている。
過去2度の予選を振り返れば、アジアは広いので、移動や気候や習慣など
の弊害がある為、ホーム&アウエイのゲームを短期間で連続的に行うのは
相当な負担が生じる。

ACLは、組み合わせ抽選の結果、同じ国のクラブ同士の対戦という事は
あって当然と考えるべきなんだろうが、リーグ戦にナビスコカップと同じ対戦
では、観る方が飽きてしまうし、つぶし合いをするわけで、正直言って
不愉快な組み合わせ以外の何物でもない。
 
 例えば、日本から4チーム出場しているのだから、数字上は準決勝で
4チームが残っているという状態もある。準々決勝の前に組分けるのならば、
残ったクラブを同一扱いで抽選するのではなく、同国内のクラブ同士の対戦
は避けるようにシードして抽選する方が望ましい。

しかし不思議なのが、川淵元大尉殿が、今までなぜこのような件に関して、
意義を唱えたり提案を行ったという形跡が見られない事だ。また、過去の
各カテゴリーの日本代表の公式戦で、日本に対して露骨に不利なジャッジを
行った審判や、日本選手に対して悪質で危険なファウルをした選手等の
厳しい処分が出た話を聞いた事が無い。処分があったとしても信じられない
ような軽いものだったはずだ。

日本のホームゲームでも有利なジャッジをしなくても良いが、アウエイの
場合は、地元に露骨で一方的に有利なジャッジを行っても大丈夫だ。
日本人は怒らないし、抗議や苦情が出ても怖くないから適当にあしらっておく。

何か、自分にはAFC内部にはそのような考えかたが浸透&定着してるように
思えてきて仕方がない。

もう一度、アジア全域に進軍して、日本人を本当に怒らせたらどうなるか、
恐ろしいぞというのを教え込まないといけないように感じる。

 だから、今回、犬飼会長が「言うべき事は言う」という姿勢を見せたのは、
良くやったと高く評価するのだ。






フィンケ監督来季継続が内定の意味

 浦和がフィンケ監督の来季留任を内定したが、現時点ではきわめて常識的
な対応を取ったので安心した。放置しておくと、トウーリオ発言がドンドン増幅
してゆき、同調する選手が出てきて不安が充満するようになり、大騒動に
発展したのは確実。

 特にシーズン末期になり、優勝が無理と決定した時には、サポーターが
動き、マスコミが選手の側に立って、騒動や抗議行動を煽りまくって、
フロントの責任だけが追及されるようになったであろう。

 今回の内定により、「フロントの方針はぶれない」
のが明白になったわけで、駆け引きが出来ず、社会人としての自覚と経験が
足りない愚か者を除いて、

「選手やコーチングスタッフの人事権」
「クラブの強化方針や経営方針」



それらを決定するのは選手ではない事を
深く自覚するようになると思う。


おそらく今シーズンが終了してからは、不平や不満を持ち越権行為を行う
選手の待遇に関しては、移籍による補強やユースからの昇格&成長に
よって穴埋めが可能となると判断したら、放出もやむなしと決断する。

 放出された選手というのは、プラスとマイナスの両面で判断される。
他のクラブのGMや幹部等の眼には「問題児」とか「不満分子」の要素を多く
持っている選手というマイナス評価も付けられているのを覚えておくべきだ。

オジェック体制が選手の批判と、煽ったスポーツ紙により、サポーターが
扇動されて退任騒動が起こった。そして後任にエンゲルスが就任した時
には ≪規律よりも話し合い≫ 重視なので、これで上手くいくとマスコミは
絶賛の嵐に包まれた好意的な報道を展開した。
しかし、その後、エンゲルスに対して、どのような扱いが行われたのかは
皆が知っているはずだ。

自分はフィンケ監督就任の際に、フィンケで大丈夫かと思ったのだが、
案の定、タイトルがきつくなる危険性が出てくると、主力選手とサポーター
から、不平不満が飛び出してきた。
 
 資金力にものをいわせて大型補強で他のクラブの有力選手をかき集めて
≪ 外様 ≫の力を使って強化するのではなくて、ユース組織を充実させ
自前の若手育成により土台を築くという方針を選択したのだ。

 今回の来季もフィンケで内定と、こんな早い時点で公表されたのは、
その方針はぶれないという、選手とサポーターへ向けた強いメッセージだと
思われる。

 

浦和はフィンケ体制を維持するのか

 フィンケ監督とトゥーリオは、話し合った事で、問題解決したのだろうか。
まだ火種は残っており、何時発火してもおかしくない状況にあるのでは
ないだろうか。

浦和は昨年大量補強したが失敗し、今年はフィンケを迎えてユース世代
の生えぬきを育てて3年計画で土台を築きあげて、恒久的な強いクラブ
に育て上げるという方針だったはずだ。その為には目の前の結果に対して
一喜一憂するのではなく、将来を見据える考え方が大切だし、そのための
監督人事を行ったわけである。

 トウーリオが不平・不満を表明した事で、このクラブの方針がぶれるのなら
、今シーズンに入ってからの斬新で勇敢な若手起用は一体何だったんだと
いう事になるし、今後、中間時点で優勝から遠ざかるような成績だと、毎年
同じ騒動を繰り返す事になる。やがてはヴェルディのように内紛がお家芸に
なってしまう危険性がある。

クラブが 「フィンケで行く」 「ドイツとの関係を重視する」 と決めて、それを
ぶれさせないという意思があるならば、シーズンオフには重大な決断をする
べきで、新しい大型補強を、ドイツあるいは欧州中心で行う必要がある。
あるいは、フィンケとトゥーリオの意思が統一されるか、クラブが何らかの
妥協点を探し出せれば状況は変化するのだが、どうなるかは判らない。

浦和の第一期黄金時代は終わった。それも短期間で。

第二期黄金時代は、新しいスタイルとコンセプトと規律で、違った選手たちに
よって実現されても別に不思議な事だとは思わない。



トゥーリオ発言に注目したい

トゥーリオが吠えた。

 補強に関して、フロントと監督を批判した発言の内容自体は正論だと
思うし、今の浦和レッズのフロントに欠けている部分かもしれない。
 ただし、この発言を行ったのがトゥーリオだというのがかなり問題に
なってしまう。

「大好きな先輩の三都主が放出された」
「土台作りよりも、自分が現役の時に優勝したい」

以上の2点が根本にあるわけで、これはクラブの事よりも、要は、自分の
都合や希望を優先した発言だというのが判る。しかも、それがフロント批判
になってしまったために、今後一騒動起こる可能性がある。

 マスコミ、特にスポーツ紙の常として、このような場合は選手の側に付き、
監督やフロントを批判する論調の記事を掲載するようになる。

 Jリーグ誕生当時の読売ヴェルディの騒動を思い出そう。
ラモスの監督とフロント批判、その一連の騒動全般を、マスコミがどう報じた
かを参考にすれば理解できる。

 なぜ、そうなるかというと、クラブが激怒しても、この程度の事なら、
取材証の発行拒否とか、出入り禁止処分にはしないのが判ってるからだ。
逆に中心選手や影響力の強い選手のご機嫌を損ねて取材に応じてもらえ
なくなると、記事が書けなくなる。例えば、試合の翌日の記事を見れば凄く
ハッキリ判るはずで、試合の経過と、選手のコメントと感想や裏話によって
記事が構成されている場合が多く、これがスポーツ紙の記事の基本である。

 これでレッズが負け続けると、この発言による影響がドンドンと広がって、
選手とフロント相互の不信感が拡大する。結果的に、クラブ運営の主導権
をフロントではなくて選手が握ってしまうようになったら最悪で、権限や責任
の所在が明確で無くなっていき、最終的にクラブ経営が破綻をきたす。

 もしかしたら、シーズン終了後のオフには、浦和のフロントは重大な決断を
迫られるかもしれない。


2010W杯を日本サッカーはどう戦うかの考え方

 2010年大会をどう戦うかを考える上で重要なのは、それは監督が決める
事であって、他のサッカー関係者やマスコミ関係者の意見や理想とは、
必ずしも一致しないし、また一致させる必要もないという事だ。

 だから、監督以外の人物が論じる場合は、「どう戦うか」ではなくて、

「どうやって戦って欲しいか」 「どう戦うか予想する」 「自分ならどうするか」

といったテーマで論じるべきである。そうしないと現実とかけ離れた議論が
展開されてしまい、全く無意味な内容の議論になってしまう。
 日本サッカーはどう戦うかで論じたければ「岡田監督」か「強化責任者の原」
のどちらかが出席して議論するべきだ。

 岡田のここまでの采配や持論から予測すれば、それは、日本人の特徴を
出したスタイルで、ベスト4を目指すと目標設定したのを参考にすれば良い。

キーワードは 「組織」 「運動量」 「勤勉性」 「素早さ」であろう。

現在の代表チームのサッカーで、その特徴は明らかで、後は、来年の本大会
までに、どれだけレベルアップするか、選手層を厚く出来るか、そして期待値
として、急激にレベルアップする若手や中堅が現れるか、それでおおよその
戦力も戦い方のベースも決まってくる。

それは面白いサッカー、良いサッカーを追及するという事ではないし、また、
そういうサッカーをしたからといってベスト4に入るとは限らない。
過去の大会に限らず、サッカーでは、
≪面白いとか、楽しいとか、良いサッカー≫をした事と、
【 成績は正比例しない事が多い】



ベスト4に入る為に一番大切な事は何かといえば、
≪勝つサッカーをする事≫である。
≪勝つサッカー = 面白いサッカー・良いサッカー≫ではないのが
現実で、良いサッカーを行う事が、ベスト4進出の絶対条件ではない。

 
そして、戦力比較は相対的なものだから、その時々の対戦相手によって、
お互いの長所・短所は異なってくるし、勝負を決定づける要因も違ってくる。

 そこで次のように考える。
相手の長所をいかに消して、逆に自分たちの長所を出せるかどうか。
自分達が普段やっているサッカーで、それが可能ならば問題ないが、
上手く行かなかった時にどう対応するか、あるいは修正する力があるか。
それで、どのような結果になるか決まるだろう。


でも、今、自分がここで指摘した事って、W杯を何度も取材してるジャーナリスト
ならば、知ってて当たり前の事だと思うんだが、「良いサッカーをやってほしいし、
そうしないとベスト4には入れないなんて、ど素人観たいな事を言うアホは
居ないと確信してるけどどうだろう?」

 ハッキリ言って取材に行かせるだけ無駄だと思う。来年の南アには無駄な
取材記者が何人行くのかな。


NHk・「W杯サッカー日本はどう戦うか」について

 NHKの新BSディベート・「W杯サッカー日本はどう戦うか」を再放送で、
後半部分だけ見たが結構面白かったし、参考や勉強になった人も多いはずだ。

出席者は、加茂周氏(元代表監督)、山本浩氏(NHKアナウンサー)
後藤健生氏(サッカージャーナリスト) トルシエ氏(元代表監督)
S山?某氏(????自分が観てる間は、テロップが無かったので確認できない)

 加茂・山本・後藤・トルシエの4氏は、さすがと思わせる意見や考えを披露
してくれて、中々、ハイレベルな議論が交わされていた。加茂氏は代表監督
を経験した立場からの判断、また後藤氏も長年のサッカー観戦と取材を通じた
中から岡田監督の分析と客観的な見方を述べていたのが印象的だった。
 
 そのなかでも山本氏の意見は貴重で、普段はあまりメディアの表面に出ない
話や出来事に触れたのが良かった。たとえば岡田監督の本心とか、仲間うちの
会話等から得た情報を公開してくれるから、非常にありがたい人だと思う。

テレビの中継やスポーツニュース、そして解説者の話、ゲーム翌日のスポーツ紙
や一般紙の記事等には出ないが、取材にあたってるマスコミ関係者ならば知ってる
ような情報全般に渡って公開されると、非常に困る連中がいる。

 ゲームの分析や選手の適切な評価は全く出来ないが、選手や監督の周囲の
出世物語や苦労話を書いて単行本に出そうと考えてるフリーライターや
コラムニスト。そういった連中だ。
まあ~サッカー的には必要ない邪魔者集団だと思えば良い。

 この番組の出席者を選ぶ際にどのような基準を設けたのかはわからないが、
レベルが低すぎる人物が入ると、トンチンカンな発言をしたり、マスコミ関係者なのか、
サポーター上がりの素人なのか、クビを傾げたくなるような事を言い始めるので、
出席者の選考は慎重を期すべきであろう。たとえば、番組の構成上、似たタイプや
同じような意見の人ばかりでは好ましくないならば、元選手とか選手を送り出す
クラブのフロントとか、そいいう立場の人物を選んでも良かったと思うがどうだろう。








歓迎!サッカー専用スタジアム

 素晴らしいニュースが入ってきた。

セレッソ大阪が、長居スタジアムに隣接し、現在はアメフトなどで使用
されている長居球技場を2011年までに全面改修。人工芝を天然芝に
張り替え、2万数千人収容のサッカー専用スタジアムにする計画だという。

現在、計画が進行中のガンバのホームスタジアムのサッカー専用という
から、これが実現すれば、大阪に2つの専用スタジアムが出来るのだ。

 東京の「西が丘」や横浜の「三ツ沢」で観戦した経験のある人は、
ピッチとスタンドの間に、邪魔な陸上競技のトラックが無いから、迫力ある
プレーを間近に見れて、選手の息遣いまで聞こえる、あの雰囲気の良さが
判ってると思う。

それが大阪でも味わえる事が出来るようになるんだから本当に素晴らしい。
そうして、関西地区のサッカーの普及と人気の向上につながり、もっともっと
ファンを拡大して日頃の話題になれるよう目指してもらいたい。

 新スタジアムは、その拠点となるほど役割は大きい。




 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。