サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のW杯関連番組について

 W杯が近づくに連れて、マスコミ各社が事前の関連イベントを出してきてる。
本番が始まったら商標権の関係で、企画物やイベントは制約が出てくるだろうから、
これからの1ヶ月間くらいは、あちこちで色んな事をやるでしょう。

今回は南ア開催という事で、治安に問題があって不安が解消されない場合は、
取材に行くジャーナリストも過去の大会よりは少なくなるかもしれない。
 という事は、南アまで取材に行くフリーライターにとっては願ってもない状況で、

≪稼ぎ時≫であり、マスコミ各社に≪売り込むチャンス≫≪コネを作るチャンス≫

 だから、他のフリーライターとの差別化を計ろうと必死です。
そこでテレビやラジオの関連番組に出ると、滑稽な事を言ったり、目立とうとして
こじ付けだろうが、言いがかりだろうが、議論を吹っかけたり、批判や攻撃を繰り広げ
、挙句の果てが実現不可能な持論や机上の空論を堂々と論じるケースも出てくる。

自分はそういう類を≪妄想サッカー論≫
≪妄想サッカー理論の自慢合戦≫と呼んでるけど、
内情や背景を知っていて、テレビを見たりラジオを聞いてると結構笑えますよ。
時には、「あ~またやってるよ!懲りねえ~な~」と呆れる事もあるけど。

皆さん、騙されたり、丸めこまれないように気をつけましょう。
スポンサーサイト

竹村健一方式を知っているか。

竹村健一方式というのを知っているだろうか?

 この呼び方は自分が勝手に考えて付けたんだけれども。
どういう事かというと、わざと皆や世間の大勢とは反対の事を言って、
注目を集めるという売り込み方法の事だと思ってほしい。

世間の圧倒的過半数の意見とは逆の意見や考えを表明する事によって、
議論屋や理屈っぽい連中を中心にして「へ~そんな見方もあるのか」
って具合に注目される可能性があるんだ。

 例えば、皆が監督の解任を要求している時に、わざと続投支持を唱える。
そうすると、そのスポーツを知らないバカな雑誌編集者やテレビやラジオの
ディレクターやネットビジネスの関係者に注目されるかもしれない。

 それで仕事が舞い込むなんてケースがあると思えば良い。
仮に編集者や担当者がサッカーを知ってる人ならば、トンチンカンな意見や
間違ってる見方なのが判る。あるいは見た人をミスリードする危険性がある
から無視するかバカにするのだが、サッカー無知の人間の場合は、その人に
原稿やコメントの依頼をしてしまう。

これから、マスコミ売り込みたいとか、フリーライターになりたいと
考えてる人ならば、そういう手法もあるのを覚えておいた方が良いだろう。
ただし、晴れてプロのライターになった後で、その作戦がバレて矛盾点を
突かれたり、サポーターやネットの住人達を敵に回した際の覚悟が必要だ。

 自分は、フリーライターが露骨にそういう手法を使っているのが見え見えの
時には、その人の頭の上か反吐を吐きたくなる。

テーマ:スポーツ全般 - ジャンル:スポーツ

岡田続投支持のジャーナリストに告ぐ


岡田は惨敗のショックから3BKの採用とか守備重点に戦術を変更する事を示唆
しているが、これは方向転換、今までのやり方を変えるという事だ。
今まで、どんな無様な内容のゲームを行っても、変更しないと頑固に主張してきたが、
ついに、自分の過ちや限界を感じて現実的に変更するわけだ。

 岡田続投支持のジャーナリストは、どう弁護するのだろうか?
彼らは、今までの岡田の戦い方や采配を支持してたはずで、これで構わないと
思ってきたはずだ。

 4BKで中盤をコンパクトにして、前線から積極的にプレスを掛けてボールを
奪い素早さと連係を磨いてゴールを狙うというのが基本的なコンセプトだった。
それを支持してきたのい、岡田が変更するのに支持したら矛盾してる事になり、
岡田を個人崇拝してるだけの危険なカルト宗教の信者みたいなものである。

 岡田に反対して解任を要求するように意思表示するべきで、そうしないで
言い訳や自分に都合の良い解釈を行うのは、自分の過ちを認めないだけで、
サポーターの信頼と支持を失うと覚悟してもらいたい。

 5月合宿では攻守に渡って徹底的に細かい約束事に取り組むなんて、
何を言ってるのと言いたい。なぜならば岡田はチームコンセプトに合うような
練習を徹底的に行ってきたはずで、新しく招集された選手は、その戦術や
約束事に馴染むのが最初の試練だったはずだ。
小笠原や岩政が呼ばれずに、また呼ばれてもまともに起用されなかったのは、
日本代表とアントラーズのやり方が違ったからのはずだ。


 すでに約束事やコンセプトがあるのに、5月の合宿では徹底などとは、
今までの合宿では約束事もコンセプトも無かったのだろうか?


 マスコミ関係者の中で、岡田支持を表明したジャーナリストの中には、
岡田続投支持に狂ってしまい、今頃になってダメだと自覚したけれども、
引っ込みがつかなくなってしまい、この期に及んでも自分を正当化するか、
論点をすり替えるか、自分に都合のよい言い訳を模索し始めたと思えば良い。

 こういうライターのブログやホームページが大炎上したり、
著作物の不売運動が起きても自業自得なのである。

断末魔の岡田

 W杯ベスト4を全宇宙に轟くほどに声高らかに宣言して、その発言に酔っている
としか思えない岡田は、セルビア戦での歴史的かつ屈辱的な惨敗のショックは大きく
相当落ち込んでいたようだ。

収穫は岡田が ≪現実に目覚めた事≫では無くて、やっとゲーム内容の善し悪し
が判断できるレベルのサッカー愛好者になった事だ。

 テレビ局のインタビューに出てこなかったのは、一服していたからでは無くて、
拒否したという情報もあるが、これは全国のサポーターを裏切る悪行である。
例えば、あまりの惨敗と現実を観たショックで岡田が泡を吹いて倒れた場合でも、
その倒れてる映像を流すべきであろう。発狂して暴れたら、その狼藉ぶりを同様に
カットせずに流すべきだ。

 2006年ドイツ大会の時には、直前の合宿で川淵元大尉殿は、選手を集めて
「監督に言われた事より、選手の考えで云々、日本のスポーツ界の考えを変える」
みたいな訓示を誇らしげに垂れて特異の絶頂だったものの、惨敗後は憔悴しきった
見るも哀れな生気の無い表情でインタビューに答えていた姿が印象的だった。

ある人に言わせると、カルト宗教から覚めた人が、あのような表情や口調になると
聞いた事があるが定かではない。もしかしたら岡田も同じように、唖然!茫然!
訳の判らない宗教に凝っていて、セルビア戦の惨敗でやっと覚醒したのかもしれない。
それが≪ベスト4確信≫という信仰だったのだろうか。

 犬飼会長はマスコミに対して「岡田がガッカリしてるから慰めてほしい」
なんて言ったけど、そんな事をしたら、マスコミの存在意義は無くなるではないか。
批判よりも御慰めの記事を書いたり掲載するような記者はジャーナリストではなく
ただの「太鼓持ち」 「提灯持ち」だ。

ペンを置いて太鼓や提灯を持ってろ!


 普通のサッカー愛好者ならば、オランダ戦完敗で「こりゃ~ダメだ」
「ベスト4など夢の世界だ」と気が付いてる。組み分け発表時点でグループリーグ
敗退が現実的で、奇跡が起きて突破出来るかなと思ったはずだ。

なんで今になって落ち込んだり、ガッカリするのだろう?
それって、ゲーム分析や選手の評価が的確に出来てなかったって事じゃないか。

 ジーコで4年間をムダに過ごして、オシムで回復出来ると期待したら、
岡田で、またこの惨状か。

ジーコと岡田を監督に選んだ最高責任者の罪は重すぎる。
サッカー界から永久追放するべきだ。


セルビアに歴史的惨敗を喫する

 仮想デンマークという事で、皆が圧倒的大勝利を確信していたセルビア戦が
3-0というセルビアの歴史的勝利で終わった。
セルビアは、国際Aマッチが1~2試合という選手が多く、平均年齢が23~24歳
これは、本来2010年W杯が終わって、2014年大会を目指して編成された
ような代表チームといっても良いだろう。

 そのようなチームとホームゲームで大声援の中で、2月の東アジアの頃と違って
Jリーグ開幕後の、【 コンディションも良くなるのは判っているはずの 】
4月に行われた試合だから、大量得点でサムライブルーが勝つと思っていた人も
大勢いたはずだ。

W杯本番を控えて、主力の70%は決まった、残りはサブにだれを選ぶかのテスト
と言いきった岡田のチームは歴史的惨敗の醜態を晒したのだ。

 新しいメンバーが入ったから連係不足などは全く説得力が無い。
興梠や徳永は何度も招集されており、ゲームにも出ている。また出場機会が少ない
石川には何本も良いスルーパスが通っていたのだから、連係云々は矛盾している。
CBの中沢と栗原は同じマリノスのコンビだから言い訳にもならない。
「中沢ー槙野」「栗原ー槙野」といったコンビが連係ミスで失点したのではない。

サムライブルーの攻撃だが「中央突破の壁パスとドリブル」は、仮想デンマークの
セルビアの長身大型でリーチの長いDFとMFの密集の前には全く通用せずに、
全部跳ね返された。

サッカー関係者、マスコミ関係者、誰でも良いから、岡田に「メッシ」と日本人の
区別が出来ているか確認して、同じじゃない事を教えてあげた方が良い。
メッシと大久保や玉田や岡崎の区別が出来てない疑いがある。

 どれだけ出来るか判っている玉田は足首を痛めてコンディションが悪いのに、
出す必要があったのか。

 3-0で自陣に下がりゴール前を固める相手に対して「俊輔」「遠藤」を
引っ込めて、ゲームの組み立て役が居なくなり、効果的なパスが出なくなっては、
矢野を入れても、彼にどれほどのチャンスが来るのだろう。後半の頭から行くべき
だったのではないか。

 3-0とリードしてセンターラインから後方の自陣に下がりプレーする相手に
残り時間も少ないのに、CB「槙野」を投入してもテストにならない。
槙野はピッチに居ただけだ。

 最大の疑問は、日本テレビのインタビューになぜ岡田が出てこないのか。
俊輔や石川だけでなく、この歴史的惨敗のゲームでの岡田のコメントが聞きたい、
どんな表情で出てくるのかに興味があった人も居たと思う。

 最大の収穫は、チケット完売によって大勢の善良無垢なサッカー愛好者に、
現実を知らしめた事である。


サムライの愛称を汚す、恥ずべきゲームだった

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。