サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリノスの大量解雇に関して

 マリノスの大量解雇がサポーターの反感を買っているようだが、
一番の問題はクラブ側の説明不足だと思う。自分は今までもそうだが、
基本的に選手やコーチングスタッフ等の人事に関してはクラブ側が決定権を
持っているのだから、方針が決定したら、それに沿って実施すれば良いだけ
で、選手もサポーターもそれなりに割り切っておく覚悟が必要だと思う。

 ただし、理に適っている人事と理解に苦しんだり、意味が不明な人事とを
一緒にするのはかなり難しいと思う。例えば、30代の大ベテランで、
クラブに残る、あるいは残したいとしたら、もう引退してコーチ業かフロント
入りしかないような選手を解雇するか、選手が拒否して移籍というのは、
当たり前の事で、騒ぐ方が間違っている。

具体的な例を挙げれば、ヴェルディがラモスを、鹿島が秋田を外へ出したのは
正しい判断として評価される。

今回のマリノスの場合は情報不足、説明不足で、まだ「山瀬」「坂田」等は
現役続行が可能で、90分が難しいならばスーパーサブという役割で良い。
あるいはクラブ側が、指導者やフロント要員として期待して居る為の人事だが、
選手本人がそういう形での起用に納得出来ないとか、まだ現役に執着している
ので、双方の考え方に開きが大きい為、契約打ち切りという状況ならば、
判りやすい決断だと思う。

 しかし、まだ現役で使える選手を世代交代を進めたいので契約しない、
解雇する。それでは、クラブの将来的な方向性やポリシー等に関して不安感を
持つサポーターが居ても当然ではなかろうか。
 世代子交代というのはまだ使える選手を切り捨てるのではなくて、今シーズン
よりも出番は少なくなるとか、来シーズンはサブに回ってもらうって事で、
いきなり解雇では、年齢的なバランスの悪いチーム構成になってしまう危険性
の方が大きくリスクが高い。

マリノスはレッズのように才能のある若手が何人もレギュラークラスに居て、
将来の事を考えた采配や戦術で1シーズンを戦ってきたわけではないのだ。

監督の木村和司の意向ならば、来シーズンの成績によっては監督解雇、支持した
GMの責任追及は避けて通れない。要はベテランで将来の事も考慮して、
フロント要員として残す人材と、外へ出して外の空気を経験させてから戻す人材、
今後は一人のOBという形でしか関りを持たない人材。
そのようなクラブの戦略に基づいた人事なのかが見えてこないのが現状だ。
そのような話がGMや木村監督から出ていないならば、何か行きあたりばったり
といった感じを持たれても仕方が無い。
スポンサーサイト

テーマ:横浜Fマリノス - ジャンル:スポーツ

祝!アジア大会男女アベック金メダル

 女子に続き男子も勝って優勝、めでたく金メダルを獲得した。

チャンコロの見てる前で男女アベック金メダル、ザマーミロ!!!
等と言ってはいけませんよ。

 日本にブーイングする事でしか、不満のハケ口や意思表明するしかできない
可哀想な連中だなどと思うのもよしましょう。

中国の皆さんのお陰で、精神力が大幅に強化出来たんですから有り難い事です。
おそらく日本の精神力を強化して中国に勝って欲しいと願っているからこそ、
皆でブーイングを行い、対戦相手には声援を送っているのは間違いないでしょう。

 眼の前で男子がコテンパンにやられて、女子も競り負けてしまい、
ブーイングしても日本は平然と時間稼ぎをしたり、冷静にプレーしてるのを見て、

「日本サッカーの強化に貢献出来て嬉しいな~」と感激してる事でしょう。

 きっと、私たち日本人に対して、自分たちがこんなに協力、貢献してるのに、
日本人は、どうして中国代表にブーイングを浴びせて国家代表と代表選手の
精神力強化に貢献してくれないのかと不満を持っているのは確実です。
大人の対応とかで、中国国歌吹奏の際の拍手や、どんなに汚いファウルや危険な
プレーをしても怒らない日本人サポーターの対応には、イライラしてても不思議
ではありません。

申し訳ありませんが、私たちは「韓国」「オーストラリア」「イラン」
「サウジ」「北朝鮮」等の、アジアの強国との対戦に勝って欲しいので、
中国にまで手が回らないんです。

日中友好の為にも、私達も同様の熱い応援が出来る日が来るよう
努力するので、待っていてください。




テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

U-21の快進撃から学ぶ事

 イランに勝って決勝進出。

U-21はゲームの度に進歩していくのがハッキリと判る。
 若手にとってゲーム出場の経験が、いかに大切かという実例である。
どんなに才能があって有望な選手でも、ゲームに出る機会が無ければ、
伸び悩むか伸び代が小さくなるのだ。特に成長期の時期には多少のミスや
欠点には我慢して実戦で起用して経験値をあげなければならないのだ。

 Jリーグでも「ヴェルディ」そして「ジュビロ」と世代交代に失敗したのは
記憶に新しい。代表クラスのベテラン選手が大勢居て、その上、人気のある
スター選手だったりすると、ピークが過ぎてるのに、なかなかスタメンレギュラー
から外すのが難しい。大局的見地と客観性がない、ウルトラバカマスコミと
ミーハーサポーターが、キチガイのようになってベテラン選手を応援するから。

 所属のJクラブでは控えでも、実戦を通して成長して活躍できるのだから、
「ベストメンバー規定」で若手の出場チャンスを制限しているのは、愚の骨頂
なのが判ったはずだ。今回のU-21の活躍は、大きな教訓になったし、指針と
なったのだから、今、控えで甘んじている若手選手達も、ゲームの出場機会を
求めて、移籍知する方が良い。

どんなんに優秀な素材でも、実戦経験が無ければ「宝の持ち腐れ」だ。

祝!女子代表・アジア大会・金メダル!!!

アジア大会で女子代表が北朝鮮に勝って金メダル獲得

 昨夜は久々にテレビの前で興奮した。
北朝鮮とは、ここまでの対戦成績と内容で判断すれば、勝つのが難しい
というより、勝てそうもない相手だったから、どこまで食い下がれるか
、幸運の女神が微笑んで勝利を物に出来ればと思っていたが、その通りの
結果になったようだ。

 準決勝の中国戦でも、決勝の北朝鮮でも日本にはツキがあった。
完全にやられたと思った場面でも、ほとんど日本側に有利に働いたのは、
日本が優勝する為の大会みたいだった。サッカーの歴史の中には、
このような事があるのは珍しくないが、その幸運は日本の選手達の努力と
健闘が呼び込んだものと思いたい。

 決勝の北朝鮮戦では、中国戦同様かそれ以上に苦しい展開だった。
中国よりも前線と中盤のプレスが速く厳しく組織化されており、DFから
のパスもクリアーボールも大半が拾われて、攻め込まれた時には、速攻と
二列目からの飛び出しに対して、ギリギリで対応していたので、どこまで
持ちこたえられるかという状態だった。

 全員が守備で本当によく頑張った。
フィジカルでもかなり抵抗出来ていたし、守備面での辛抱強さと粘り強さと
そしてメンタルの強さを称えたい。北朝鮮との競り合い場面では、男子より
も勇敢に向かって行ったのではないか。
 得点後は日本の安定性と技術の高さと駆け引きの巧みさが随所に見られ、
面白いようにあしらっていたのが実に愉快だった。
 
 沢に金メダルを獲らせてあげる事が出来たし、新キャプテンの宮間が
あらゆる面で、その地位に相応しい仕事をしていたのが印象的で、沢の
後継者として安心して任せられるようになった。

岩清水を中心にしたDFラインは不安定な場面もあったが、簡単にシュート
コースを開けさせなかった点は高く評価したい。勤勉性と犠牲的精神を
持った4人をうまく揃えたのではないか。攻撃参加は物足りなかったが、
DFはまず守備が大切だし、特に北朝鮮のような格上の相手の時には、
いかに守りきるかを最優先に考えるべきだから。
大会を通じて無失点を誇りに思ってもらいたい。

 北朝鮮は、明らかにメンタルコントロールに問題があった。
あれだけ押し込んでいながら、失点した途端に焦って慌ててしまい、
イージーミスをしたり、前に急ぎ過ぎたりといった調子で、日本の中盤に
余裕を与えてしまい、それまで北朝鮮のリズムでゲームを支配していた
のが、完全に日本の流れになってしまった。
スローインのジャッジに対して監督が不満を表しボールを叩きつけたが、
あれはイエローかレッドの対象になってもおかしくない。

また表彰式では、メダル授与後の、国歌吹奏、国旗掲揚の際に、表彰台の
北朝鮮選手たちが、国旗掲揚台の方に身体を向けないでうつむき加減で、
正面を向いたままだったのが印象的だった。相当ショックだったのが伺い
しれるが、こういう場面で、敗者としての立場を受け入れる精神面での
心得が出来ていないのが鮮明になる。北朝鮮は「良き敗者」にはなれない。

 金と銀では、その後の待遇が大きく異なるのかも知れないが、
非常に残念なことである。選手個々を見れば運動能力は高いしサッカー
の才能もあるし、しかもまだ若い選手が多いのだから、「勝負の世界」は
勝つ事ばかりではなくて、負ける時だってあるのを受けいれるような
考え方を持ってもらいたいし、その方が精神的に余裕や安定性が出てくる。
そしたらもっと強くなるはずだ。

 今回のアジア大会は日本の女子サッカーが新たな歴史を築いた大会として
記憶される素晴らしい大会となったのを祝福したい。




祝・アジア大会、対中国戦勝利!

 アジア大会女子サッカーの準決勝で、日本は中国に勝った。
ゲーム内容は大苦戦で、負けても不思議ではなく、後半の途中までは
全く得点できる気がしなかった。押し込まれ、ルーズボールを拾われた
苦しい時間帯で粘り強く守ったのが勝因だと思う。

 男子に継ぎ女子も、中国は、身体能力が高く運動神経が発達してる
ような人材を集めて強化を積んでいるにも関らず、あの程度の事しか
出来ずに、まるで「日本に負ける為に参加してる」ように見えるのは
なぜなんだろう。

 自分は、中国人はサッカーに向いてないんじゃないかという考えを
持っているが、ますます、確信に近くなってきた。
日本よりも人口が多く、様々な民族が居て、身体能力に優れて、
今回のU-21に関して見れば、日本よりも多くの経験を積んでいる。

決勝戦の相手は「北朝鮮」で勝つのは非常に難しいだろうが、
幸運を期待したい。

管直人はW杯開催地決定最終演説会に出席せよ

民主党管内閣も今や風前の灯と化しつつあるようだ。

仙谷官房長官の「自衛隊は暴力装置」発言に至っては言語道断の暴言であり、
自衛隊違憲を主張する亡国キチガイ左翼思想の色を強く感じる。

シビリアンコントロールという愚かな支配体制を構築した結果、
軍人の現場の声が、無視軽視され、妄想や幻想がまかり通ってしまい、
この国と大衆を未曽有の危機に陥れているのが誰の目にも明らかとなった。
軍事や防衛の事は、政治家ではなく軍人に任せるのが正しい選択だ。

領海侵犯した挙句、体当たりしてきた中国の船長を釈放しておきながら、
海上保安庁の憂国の士の正義の行動を「重罪者扱いし」
「英雄と評価する国民大衆を批判し」民意を敵視する亡国内閣など、
天誅を下し粛清しなければならない。

極右政党が政権を取る可能性が低いならば、残された手段は一つしかない。
憂国の士と自衛隊(国防軍or神軍、皇軍)による軍事クーデターによって
救国内閣を組織するしかないという現実を認めるのが常識人の判断である。

「暴力装置という暴言に対しては、発言の訂正や謝罪を要求するのではなく
憂国と正義の軍事クーデターで応えようではないか」


しかし、支持率が大幅に低下して、外交や防衛関連で、失態、失政が
次々と噴出する管直人以下、民主党内閣にもまだ役目がある。

2022年大会の開催地を決定する際の資料によれば
日本は「政府保証」に関して弱点があるとされている。

管直人は、FIFA理事会の開催地決定前日の最終演説会に出席して、
全面支援の方向で宣言してもらいたい。
それを最後の「御国への奉公」として仙谷と共に引退するべきではなかろうか。

もし、その演説が日本を開催地に決定する要因となったならば、
我々は感謝するし、管内閣の最高の実績として評価したい。




京都と湘南のJ2降格決定

 京都と湘南のJ2降格が決定したが、あのような惨状ではやむを得ない。

ここ数年の「降格候補のクラブ」の傾向として、リーグ戦の終盤に入ってから
異常な頑張りを見せて上位陣との対戦でも善戦健闘するゲームが目立ち、
もっと前から、このような内容のゲームをしていれば、こんな争いには加わら
ずに済んだのにと、周囲やサポーターを悔しがらせる事が多かった。

 だが京都と湘南は、この時期に至っても選手に覇気が感じられず、ただ惰性で
ゲームに臨んでいたような雰囲気を感じる。ズルズルっと負け続けていくだけで、
「FC東京」「神戸」「大宮」それに「山形」などのように、降格ライン脱出の
強い意思と必死さが全く伝わってこなかった。

 京都は監督選任の時点で間違いを犯している。
加藤久は研究者としては超一流だが、Jクラブの監督としての実績は評価できず、
秋田もまた同様に、途中交代での事績が無く指導者としての能力も未知数だ。
したがって、このような人事を行ったフロントの責任は重い。
サッカーの素人ではないか。

 湘南は負傷者続出というハンディが大きかったようだが、シーズンオフの
フィジカルトレーニングと開幕してからのコンディショニングに問題は無かったか、
要チェックだ。それに選手個々のメンタルも問題で、レギュラークラスが負傷して
自分が出場もしくはベンチ入り出来たら、神が与えてくれたチャンスなのだから、
「シメタ!」と思わなければ行けない。自分のポジションは誰にも渡さないという
意思があっただろうか。

レギュラークラスに負傷者が出たらチャンスなんだよ!!!
サッカーで生計を立てている事、プロサッカー選手の寿命は短い事を自覚してほしい。

クラブ関係者やサポーターは、お通夜みたいな状況かもしれないが、一つの考え方
として、1年早くJ1に昇格して痛い目にあっただけだと解釈して、今シーズンの経験を
来シーズンのJ2と、再度J1に昇格した時に活かせれば良いのではないか。



テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

休む勇気を持つ事も必要

 アジアカップを控えて、代表のCB陣が非常事態になってしまった。
「栗原」が負傷、「中沢」も今期絶望、「トゥーリオ」も故障持ち。

 とりあえず実績があるのが「今野」だけという惨状だ。
「吉田」を招集出来れば良いが、連係が十分ではないのが致命的で、
U-21の「山村」も同様に経験不足で、しかもアジアカップに向けた
代表の合宿期間も短いのだから、このままでは、欧州組で一番必要な選手が
「阿部」かもしれない。

 アジアカップでの3位以内という目標達成が困難になったのは明らかで、
このままでは、若手に経験を積ませる場という位置付けになってしまう。
確かに良く解釈してプラス面を上げれば、経験を積ませられる事なのだが、
アジアカップの前に、新しいメンバーの組み合わせで、親善試合を行う場が
必要ではないか。

 この教訓から学ぶ事がある。
サッカーに限らず、プロスポーツ選手は、身体が資本だし大切だという事。
ケガや病み上がりでコンディション不良の状態の時には、強引に出場する
のではなくて、休んで回復を優先させる勇気を持たなければならないのだ。

 ゲームに出たい気持ちは判るが、たかが親善試合や格下の相手の時には、
休養に努めておいて、重要なゲームや大会の時には万全のコンディションで、
悔い無くゲームに臨める。そういう選手になるべきではなかろうか。

もし、来年の一月に行われるのがアジアカップではなくてW杯本大会だったら、
中沢もトゥーリオも、どんなに後悔するだろうか?時間は元に戻せないんだ。




コーチ陣の意識改革を望む

アジア大会が始まった。

 U-21で臨んだ代表は2連勝でトーナメント進出が決定したが1位通過を
期待したい。短期合宿で準備期間も少なく、テストマッチというよりも練習試合
のような感じのゲームを3試合しただけ。しかもベストメンバーに程遠い編成で、
不安があったなか、上々のスタートを切れたようだ。

 実力者の3人「永井」「山崎」「山村」の存在が大きいし、GKの安藤が
ピンチを救ったのも高く評価したい。

永井は今すぐにA代表で使ってみたい程で、ただ足が速いだけでなく、
技術とメンタルの両方も優れてるのが素晴らしい。スピードに高いテクニックが
あるから、トップでのボールキープやドリブル突破が出来る選手で、ザック好み
ではないか。山崎も同じ長所を持っているので、十分にA代表を狙えると思う。

 チーム全体として、まだバックパスと横パスを繋ぐ意識というか癖みたいな物
が残っているが、今までの各カテゴリーの代表のコーチングスタッフによる教育
が、相当徹底されていたのが判るではないか。
 MFがボールを持って前を向いてるのに、横にパスを出して回そうとしてる
シーンが何度もあったが、その間に相手チームに守備に戻って体制を整える、
そういう時間を与えてしまっている。

各年代のトレセンやユース代表候補の段階で、担当しているコーチングスタッフ
の意識を変革する必要があるので、ザックには遠慮せずにドバイスをしてもらい
たい。

ポゼッションサッカーの名の下に、SHを打って得点する事よりも、中盤で
いかにして、スローテンポのバックパスと横パスを回すかを教えて自画自賛
してるような指導者。

相手DFの裏へぬけて点で合わせる能力はあるが、ドリブルもキープも出来ず、
高さも無く競り合いも弱く、守備も積極的にやらない、Jリーグでは得点するが
代表の国際試合では通用しない。そういうFWを高く評価して煽るバカマスコミ。

 もしこの選手がマスコミ対応が悪くて、ゲーム終了後は取材に対して、いい加減
デタラメで、記者とはあまり口も利かない仏頂面をしてる人物だったら、好意的な
記事を書くだろうか?

今時、CBのポジションに176センチの二人を並べて190センチ台の長身大型
FWを要する韓国に高さとフィジカルとメンタルで完全に圧倒されて完敗するような
チームを作る高校サッカーレベルの人物を、Uー19代表の監督にしたり、ユースの
育成担当のコーチにする、どこかの凶会技術委員会。

二人とも180台の後半か、一人が176CMならば、もう一人は長身大型にする。
176CMの選手が守備のセンスが良いのならば、サイドバックかボランチ要員に
構想するべきだろう。

 そのような愚行を繰り返させないためにも、ザッケローニへの期待は大きい。
幸いにも本当にサッカーが好きなようなので、A代表やJクラブだけでなく、
トレセンや技術委員会に対してもアドバイスや練習視察など積極的に行ってほしい。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。