サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!アジアチャンピオン!

 我が代表チームがオーストラリアを破って優勝アジアチャンピオンに輝いた。

オーストラリアは高さとフィジカルの強さを徹底的に活かした闘いで臨んできた。
守備面では、日本の生命線である中盤で、速く厳しいプレスを仕掛けて、
機能させない事を、攻撃面では早めに両サイドに振って、正確な高めのクロスを
「ケーヒル」「キューウェル」のツートップに合わせて日本の弱点である高さの
勝負を挑み文字通り力で押しつぶそうという作戦だった。

 ザックが取った采配はマジックに見える人も居るかもしれないが、理に適った
常識的なもので、評価されるのはリスクを冒してでも勝負に出る決断が出来る
人物だということではないか。

 前回の記事で指摘した通り、岩政を入れて吉田とCBのコンビを組み今野を
サイドに回したのは、高さで攻め込んでくる相手には当たり前の采配で、交代
したのが、この日香川の代役でスタメン起用された「藤本」が何も出来なかった
のだから、もっと早く交代させても良かったかもしれない。
 それに伴い「長友」をMFに挙げたのも、賭けでも意外性でも無くて、ザックが
就任当初に、3-4-3システムで、長友のMF起用を示唆する発言を行って
いたのだから、一つのオプションとして構想にあったはずだ。
 あれだけ運動量豊富で前線まで飛び出し、攻撃力のあるサイドバックならば、
前に挙げるのは予想可能な範囲の采配であり、ザックでなくてもあり得る選択肢
の一つなのだ。
 そして疲労で動きが鈍くなった前田を引っ込めて、李の投入も、得点する為に
必要な選択だった。「高さのある選手を交代させる迷い」があったようだが、
ここで守備よりも、攻撃=得点する。というリスクを冒して勝負に出たのだ。

ザックが勝負師としての側面を見せて、それがズバリと当たったという事だ。
イタリアでは過去の人という評価がされていたようだが、長期間にわたって
「幸運」を使わずに蓄積していたのかもしれない。

オジェックの采配も戦術も単調でリズムの変化が貧しく、あれではツートップが
押さえられたら得点するのに相当、苦労すると思われる。MFでワンクッション
入れて変化させる事の出来る選手、例えば中村憲剛のようなタイプの選手が居て、
周囲とのコンビが合ったら、もう一段レベルアップしたチームになれると思う。

 オーストラリアでイエローカードを受けた選手は
16「バレリー」14「ホルマン」17「マッカイ」といずれもMFである。
日本との中盤での競り合いと岡崎の飛び出しに悩まされたのが判る。 

勘違いしてはいけないので指摘しておくと、このゲームに関してだけ言えば、
内容的には大敗してもおかしくなかったと冷静に評価する事も必要だ。

まず決定的なチャンスはオーストラリアは、前半1回・後半4回・延長に2回
合計7回あった。そのうちGK川島がファインセーブで防いだのが4回あった。
だからこのゲームでのMVPは川島だと思う。
 それに対して、日本の決定的なチャンスは2回だけだった。
後半と延長で左サイドを長友がえぐって中央に入れた物で、岡崎が惜しくも外した
のと、延長で李が決めたのがそれである。

 少ないチャンスを活かして見事に決めたのだが、守備面で、もっと楽で安定した
闘い方が出来るようにする為には、やはり長身大型のDFと空中戦に強いMFが
1人必要だし、本田以外の選手は、もっとフィジカルを鍛えるべきであろう。

 まだ課題はあるし、本当の目標はまだ先だが、
このメンバーで成し遂げた日本代表の最多4回目のアジアカップ優勝を祝おう。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

オーストラリア戦は監督の采配をチェックしよう

 明日、正確に言うと30日午前0時キックオフだが、
いよいよアジアカップ決勝戦の時が来る。

 オーストラリアの高さとフィジカルの強さに対しては、どうしても不安を
持ってしまうが、最近の対戦を思い起こしてみよう。

2006年ドイツ大会、GKのミスと、こぼれ球を拾われてからの失点だったが、
選手交代や守備の指示などに関してのジーコの采配ミスが無ければ勝てた可能性が
高かった。

2007年のアジアカップ準々決勝はPK戦だったが、日本は、あの未熟な段階
での、あのメンバーで戦ったという点を考慮すれば、合格点を挙げて良いと思う。

2010年南アW杯予選のホーム&アウエーの2ゲームでは、1敗1分けの結果は
順当なものだった。

まず2006年の時とは、日本はスタイルもポリシーも全く別のチームになっている
ので、あまり参考にはならないと思った方が良いだろう。後の3戦は欧州スタイル
志向で組織力を活かして闘うチームだったのだが、面白かったというか、以外にも
「高さ」「強さ」に対して全く手も足も出ずという展開にはなっていないのだ。
失点0は難しいとは思うが、例えば、リードした終盤に「吉田」「岩政」を中央に
並べれば防げる可能性もあるのではないか。

逆にオーストラリアは、日本の速いパスワークとポジションチェンジへの対応に
相当、苦労させられたのは苦い体験として身に染みているはずだ。

 欧州でプレーする30代のベテランが主力で経験豊富なチームで安定した闘い方が
出来るのが今回のオーストラリアだ。監督のオジェックは浦和レッズでのスタイルは
「リアクションサッカー」で、もし今回も同じようなゲーム運びに出てくるならば、
まず中盤で潰しておいて、ボールを奪ったら、一気にゴール前に攻め込んでくる。
そういう作戦で来ると予想する。日本の得意のパスワークで、30代のベテラン連中を
消耗させて動きを鈍くさせる事が出来れば、日本の勝利はまず確実なものになる。
逆に、オーストラリアのプレスの前に日本の中盤が機能せずに、カウンター攻撃に
付いて行けなかったら完敗の結果もあり得る。

先制点を取られた時にどうするか?
相手の長所を消す方法と弱点を如何に突くか?
ハーフタイムやメンバーチェンジにおける自チームの修正と相手の分析など。

両監督のそういった采配の駆け引きや、動くタイミングなどを見るのも楽しみである。

準決勝・対韓国戦

 準決勝の対韓国戦は両チームの特徴が出た非常に面白い好ゲームだった。

前半は完全に日本がペースを掴み、3点取ってもおかしくなかったのだが、
1点しか取れなかったのが90分で決着出来なかった要因である。
あれだけ見事なパスワークで韓国を翻弄してチャンスを作ったのだから、
追加点を奪っておくべきだったのだ。韓国は前線と中盤が振り回されて対応に
苦心して、攻めはロングボールに頼るだけの有様で日本の大勝も予想されたが、
皮肉な事に、そのロングボールからPKを得て先制した。

 後半、韓国は得点する為に攻め込むのではなく、日本の長所を消す事を最優先
の闘いを選択した。趙広来監督が的確なゲーム分析が出来て高い修正能力を持って
いる事と選手個々が実践できる事を意味している。相手を潰して、我慢しながら
粘り強く闘いながらチャンスを伺い競り勝つというわけだ。
この作戦は成功して、後半の日本は30分までは攻めあぐみ全く何も出来ず、
体力を消耗していった。

趙監督は、この日、全く機能しなかった右サイドの17番の「イ・チョンヨン」
を引っ張りすぎたが81分にようやく見切りをつけて、11番「シン・フンミン」
を投入して、延長戦に入ってからは、196CMの20番「キム・シンウク」を
前線に張り付けパワープレーに出たのは理に適ったオーソドックスな采配だと思う。

 それに対してザックは、後半、日本の中盤が機能せずに膠着状態だったのに、
選手交代が遅かったようにみられるが、延長戦を見込んだか、組織が破綻した
わけではなかったので、チームのバランスを崩したくなかったかのどちらかだと
思われる。韓国にゲームを支配されたが決定的なチャンスは作らせなかったので、
いわば我慢比べのような時間帯だったといえよう。

 致命的なピンチになる前に細貝、そして延長戦に入ってからの「伊野波」の
投入は守備固めのもので、更に「李」の起用を予定したのは「逃げ切りを図り
つつもカウンターで3点目を狙うという抜け目の無い堅実な采配だったと思うが、
長谷部の交代が誤算だった。交代出場の「本田拓」の、あまりに単純なミス、
(つまりあの時間帯で相手に長身大型の選手が居てパワープレーに出ているのに
、あっさりファウルをしてFKを与えてしまった事)
それが結果的に、PK方式に持ち込まれて日本が決勝進出の権利を獲得
という劇的な勝利に終わったのだから勝負というのは判らない。

 ザックは状況に応じて、システムを4-5-1から4-3-3に、
そして終盤は結果的に、5-3-2へと変更した。
イタリアならば、このやりかたで最後まで守り逃げ切れたのだろうが、
日本は、そのようには行かずに追いつかれたのだが、采配ミスというよりも、
そこまで読み切れなかったと解釈すべきである。

韓国の決定的なチャンスは15分と延長戦の終了間際の混戦から同点ゴール
の時の、たったの2回である。後半と延長で日本はかなり押し込まれたように
感じるが、韓国のチャンスの半分はセットプレーからのもので、流れの中での
ピンチは激減出来ても、やはり長身大型のDFが居ないとセットプレーからの
失点は避けられないと覚悟した方が良い。

懸念だった岩政は韓国がパワープレーに出てきた事もあってか、良くやったと
評価したい。流れの中で何度か裏を取られて危険な場面もあったが、やっと
代表に貢献する仕事が出来たのではなかろうか。

 日本は、急造DF陣にも関らずタイトルの掛った公式戦で、これだけ戦えた
のは大きな収穫だった。改めて日本人の組織力とチームスピリットの高さを
再認識出来たのである。

テーマ:アジアカップ - ジャンル:スポーツ

明日は準決勝・韓国戦

 明日はアジアカップ準決勝の対韓国戦だが、どちらが勝つかは判らない。

楽観的にも悲観的にもいずれの見方も出来るが、正直言って日本の方が
不安の要素は大きいと思う。

 まずDFラインが安定していない。これは今更修正が効かないから、
とにかく出た選手の奮闘を期待するしかない。岩政は年齢的な事を考慮すれば
この大会が最初で最後の代表への御奉公という気持ちで燃え尽きるくらいに
闘ってほしい。頑張るのではなくて闘うのだ。
 韓国は若い攻撃陣が好調のようだが、もし、伸びる時期だったら、本来の
実力以上の力を発揮する事もあり得るので要注意だ。伸び盛りの若手は、
そうやって意外な活躍をする例はよくある事だ。特に今の韓国は上手くて速い
選手が多いから、今野、岩政のCBが対応出来るか不安だ。
パクチソンを軸にして若手に伸び伸びと動き回られると相当手こずると思う。

 日本が1日休養が多いというメリットはあまり期待しない方が良い。
対日本戦になると韓国は異常なほどに頑張るのだから、1日ぐらいの差など
埋められてしまうと計算しておいた方が良いだろう。

日本にも利点があるのは、ここまで対戦した中東勢と違って、韓国は同じ戦い方
をしてこないという点があげられる。彼らは「今回の日本はW杯の時よりも弱い」
そう思ってゲームに臨んでくる。という事は、立ち上がりから意気込んで飛ばし
過ぎてオーバーペースになるかもしれないし、何よりも前に出てくるだろうから、
日本には、スペースを利用できるのと、カウンターのチャンスが生まれるという
事を意味する。

 昨年のアジア大会をふりかえってみよう。
2軍に近い編成で、しかもUー21で臨んだ日本が、イランやUAEに勝って優勝
するなど大会前には予想も出来なかったはずだ。それを思えば、十分な準備も
出来ずに「トゥーリオ」「中沢」「森本」の居ない日本がタイトルを取る可能性
だって全くゼロではないと思う。

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

痛快!ベスト4にアラブはゼロ!

アジアカップも準々決勝が終わりベスト4が決まった。
「日本・韓国・オーストラリア・ウズベキスタン」

 めでたい事に中東が一つも残ってないのだが、
好意的に解釈すれば、ガルフカップとの関連で、コンディションに
問題があった国があるという事で、今後の課題になったという事。

普通に解釈すればAFC私物化を進める「アラブに天罰が下った」

 悪意で解釈すれば「サッカーで勝つのを諦めて権力も放棄しろ」
という正義の審判の結果といった解釈が出来る。

 南アW杯の出場国も
「日本・韓国・北朝鮮・オーストラリア」だった。

中東勢は、勝負を度外視して攻撃的なスタイルを貫いたのではなく、
勝負にこだわり、ずるく汚く、そして見苦しく、戦ったにも関わらず
このような結果が出るという事は、彼ら自身のサッカー観やスタイルや
強化方針に問題や欠陥があるのではなかろうか。

 次の4年後のアジアカップまでに改善がみられなかったら
絶対にAFCは分裂した方が良い。バカがうつる危険性があるから。


 

カタールに勝ってベスト4進出

準々決勝のカタール戦は一言で言えば、

≪ 正義が勝った ≫

という事であろう。


 日本は前後半、特に前半の立ち上がりの悪さが目立ったが、
「負けたくない」「ミスを犯したくない」という意識が強すぎた為に、
丁寧に入りすぎたのではないか。これは今後の課題で、先にリズムを掴み
主導権を握る為には、この拙いゲームの入り方を直さないといけない。

 カタールが最初の15分間に猛烈に飛ばして攻め込んだのに対して、日本
の最初のSHは24分で、逃げるようなパス回しばかりをしていた。

後半、10人になってからのゲーム運びは感動的といっても良い程のもので、
特に遠藤と長谷部の献身的な動きは素晴らしかった。長谷部の強引な縦の
ドリブルは、チャンスを作り、この苦しい状況でどうしたら良いかを見せたと
言っても過言ではない。自分のプレーで実践出来る本当に良いキャプテンだ。

 2失点の場面は1点目はポジショニングと連係に問題があったのだが、
吉田と伊野波の二人を加えたDFラインでゲームを行うのは今大会が初めて
で、DFはほぼ同じメンバーで経験を積む事が大切なのだから、責めるのは
酷かもしれない。二人とも短期間の合宿と、ぶっつけ本番で公式戦という
状況を考慮すれば、完璧を要求する方が非常識である。

このゲームでもポジショニングが悪くて、ピンチを招く要因となっていたが、
ザックのやり方をマスターするには時間が足りないし、A代表の経験が不足
しているのは、彼らのプレーを見ていれば判る事だ。

自分はカタールと対戦した方が良いと指摘したが、その考え方は正解だった。
このような経験をする事で、チームも個人も大きく成長する。
アウエーゲームの公式戦で入れ込んでる地元のチームに対して、一人少ない
にも関らずに逆転勝ち。W杯予選に向けて相当な自信になるし、修羅場を潜り
抜けた選手達には、2014年大会ではゲームに出られない新たなベテランの
助太刀など必要なくなる。ここにトゥーリオが加わるのだから、もう「カズ」
「ゴン」等という声など上がるはずが無いのは、ウルトラバカでも判るはず。

 このゲームでも、主審のジャッジは狂っていた。
いいですか!酷かったのではなくて狂ってるんです。

吉田に対する2枚のイエローカードを出した事で、自分は無能ですと、
2度宣言したも同然の恥知らずの行為である。
日本の3点目が決まった後に、ゲームを再開させるのではなく、直前に香川に
ファウルした悪党を一発退場にしなかったのも、またキチガイのなす術である。
あれはボールではなくて香川の身体を狙って体当たりしたもので、完全にレッド
カードのケースである。もし伊野波のSHが決まっていなかったらPKだった。

スポーツ紙各紙、本当に「微妙な」判定という表現を使うのを辞めたらどうか。
≪誤審≫ ≪汚い≫ ≪インチキ≫ ≪デタラメ≫ ≪恥知らず≫
といった表現を使うべきであろう。

 負け惜しみを言ってたメツ監督もスタジアムで応援していたカタール人達も
本当は凄く悔しいに違いない。テレビ画面に映ったカタールサポーター達の
≪虚ろな目で茫然≫としていた表情が実に印象的で、カタールにAFC会長職と
W杯開催権は強奪されたが、ゲームの勝利は簡単には渡さないという日本人の
強い意思の勝利でもあった。

対サウジ戦について

 対サウジ戦は終わってみれば5-0の大勝でグループリーグ1位通過。

 サウジがグループリーグ敗退が決定しており、モチベーションが低下
していた点を差し置いても、それなりに良くやったと思う。

評価したいのは、まず第一に先制点を早めに上げて更に追加点を取って
試合を決定づけてしまった事だ。えてしてこのような相手と対戦した場合、
いつでも得点できるような雰囲気になりがちで、積極的に大胆にプレーせず
ダラダラとした間の抜けた展開になるからだ。

 第二に、後半も得点を重ねて5点取った事。これは親善試合ではない。
親善試合ならば、このような相手に大量得点しても意味の無い結果だが、
公式戦では、強豪なのに不甲斐ない時には、コテンパンに叩いておいて、
大会の公式記録に残しておくべきで、取れる時に取っておく事の大切さを
知れば良いのだ。もし後半ダレたゲーム運びになったら、サウジになめられて
しまうのと、次のカタール戦に向けてメンタル面でマイナスと考える。

 第三に、控え選手のテストと主力の休養を行えた事。
警告をもらった内田に替えて伊野波、吉田に替えて岩政、遠藤に替えて本田拓。
実戦を通して選手に経験を与え、チームへの適応を試み、テストする。
実に理に適っており、欧州の監督らしい采配だと思う。

 繰り返しになるが、これは公式戦である。親善試合ではない。
まず勝ってトーナメントに進む事で、綺麗な華麗なサッカーをする事ではない。
第1戦のヨルダン戦で、コンディションが悪くても、引き分けに持ち込んだり、
シリア戦でパニックになってもおかしくない状況で勝ったのも経験になる。
ヨルダンとシリア戦では、何をやってはいけないかを学び、サウジ戦では、
このような相手にはどうすべきかを学んだのだ。

サウジのプレッシャーが弱かったからパスが回ってチャンスが出来たのだから、
得点力不足が解消したわけではないという見方は、その通りだと思うが、
逆の見方をすれば、対戦相手がスタミナを消耗して運動量が減ったり、攻めに
出てきて前掛かりになって、中盤にスペースが出来たら、日本の展開力が脅威に
なるという事を意味するのだ。

 日本は、ゲームごとに成長しているし、貴重な経験を積んでいる。


 



 

サウジ戦の勝利を期待する

 もうすぐサウジ戦だが、絶対に勝ってもらいたい。

1位通過ならば準々決勝の相手が「カタール」2位ならば「ウズベキスタン」
対戦相手が決まっているが、普通ならば、よほどの戦力差が無い場合を除き、
地元との対戦は避けた方が賢明である。どのようなインチキや八百長をされるか
わかないから。それにウズベキスタンの方が正攻法で攻めに出てきそうだから、
日本にとっては戦いやすいかもしれない。

しかし、このチームの目標は2014年ブラジル大会であり、その前に予選を
勝ち抜かなければならないのだから、ここで圧倒的アウェイの中でカタールと
対戦するのは悪くない。アジア最終予選で再度対戦する事になる可能性もある
のだから、ここで勝てば凄い自信になるし、もし負けても内容次第では、次は
やれるという手応えを掴めるし、何よりも経験を積めるのが大きな収穫だ。

 最終予選では、CBにトゥーリオが入るし、CFは前田ではないだろう。
また香川と本田のコンディションももっと良くなるはず。
 という事は、日本には相当なプラスアルファが計算できるわけだ。
サウジに勝つ事で経験値を高める事が出来るのだから、良い結果を出すよう
期待する。そしてカタールと対戦する事を望む。

唖然!AFCの規定を読んでないとは!

日本協会が、あの頭の狂ったイラン人主審の誤審に対して提出した抗議文を
AFCは正式に受理しないという。試合終了後2時間以内に文書で提出する
という規約があったのを知らなかったという信じられない言い訳がされた。

そんな失態をするなんて、【 我々が信じられない 】

 FIFAとAFCが全く同じ規約という前提に立つ方がおかしい。
そもそも、AFC自体が公明正大な組織運営をやってきたか怪しいのだから、
規定に目を通すのが常識ではないか。大体、日本は不利益を被るような判定や
処遇をされがちなんだから、何かあった時に備えて準備万端に整えておくべき。

「有事に備える」のが常識である。

平和ボケ・安全ボケ・繁栄ボケの日本政府やキチガイ左翼マスコミと文化人
それらと共通する物を感じる。

例えば、あらかじめ英文の抗議用フォーマットを作っておいて、いざという時は
すぐに提出できるようにしておくべきである。出来るだけ穏便に処理等という
マヌケでお人好しの考えは捨てる。

【日本はウルサイ】【大騒ぎするからトラブルの要因となるミスは犯すな】
【ミスを犯したら必ず埋め合わせをして騒ぎを鎮めろ】
という暗黙の了解が、AFCや審判団や規律委員会などの間に浸透すれば、
効果てきめんだ。

「ベストメンバー規定」等と言う完全に狂った約束事を作って順守しろと
Jクラブに圧力を掛けたり、スタメン編成をチェックする時間と労力があったら
AFCの規定を読んだらどうか。

対シリア戦2-1勝利に関して

 対シリア戦は、2-0か3-0で勝つべきゲームを自らのミスと怠慢プレーで
苦しくしてしまった。ヨルダン戦と違って、プレーは全ての面でスピードアップ
された結果、ゲームは完全に日本が支配しており、ヨルダン戦で問題となった
選手個々のコンディションと連係の面でも大幅に改善がみられた。

 あの頭と眼の悪い主審のジャッジの件はさておき、反省するべき事も多かった。
チャンスで得点していれば早めに勝負が決まっていてもおかしくなかったのだ。
特に、前半11分のフリーで外した前田のミスは弁解の余地が無い程のお粗末な
プレーで、後半の立ち上がりにもDFの裏に抜け出たのに競り負けるなど、
単に決定力不足というより、能力不足、人材難とい言いたくなるほどの惨状だ。

 シリアが後半の立ち上がりから同点ゴールを狙い、2トップにして積極的に
攻めに出てきたのに対して、完全に受け身になって押し込まれる展開になった為、
あのようなミスが連発した挙句のPKだった。あのような状況下で相手のリズム
を崩すとか、出てくる相手の裏を狙って逆に仕掛ける。そして主導権を握る為に、
一歩も引かずに向かって行く勇気と判断力が求められるのだ。

問題のPKのシーンは、イラン人主審による「微妙なジャッジ」ではなくて
【 完全かつ明白な誤審 】だったのだが、自分が下したジャッジに絶対的な
自信が無かったのは明らかで、その埋め合わせで本来はPKではない岡崎への
ファウルをPKにとり、遅延行為気味の日本のFKへの妨害でシリアの13番を
二枚目のイエローカードで退場処分としたのだ。
 しかし主審にしてみれば、両チームにPKを与えて退場者を1人ずつ出して、
トータルで帳尻を合わせた程度にしか思って無いだろう。

シリアの決定的なチャンスは、あのPK直前のシーン、たったの1回だけである。
後のチャンスらしいものは、17分、28分、87分の3回だけで、実際には、
ほぼ何もさせなかったに等しかった。
 
 日本がPK以前に7回あったチャンスで1点しか取れなかった為に、あわや
という展開になってしまったのだ。両チームの間には点差以上の戦力の差が
あったのだから、勝利の為の貪欲さで、選手の意識を変革する必要がある。



テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

対ヨルダン戦の反省

 アジアカップの初戦「ヨルダン」戦はかろうじて引き分けに持ち込めた。

日本の決定的なSHが防がれる一方で、ヨルダンのカウンターからの攻めが
非常に効果的だったが、これは典型的な負けパターンで、よく追いついたと
思う。

アルゼンチンと韓国戦で非常に良いゲームを演じたのだが、ヨルダン戦では
また元に戻っちゃったとしか思えない程に無様な内容のゲームだった。
相変わらずの緩くて短い横パスの多用で手数を掛けて時間を浪費するのと
不正確なクロスのオンパレードにはただただ呆れかえるしかない。

ボールポゼッション信仰と組織重視スタイルの「マイナス」部分が露呈した
のだが、以下の3点をザッケローニに厳命されているのに、無視して自分達の
やりかたに執着するバカ者は、どんなに実績と経験があっても代表に呼ぶのを
辞めるべきだろう。

「速くボールを動かす」
「サイドチェンジを使う」
「縦にパスを通す」

ザッケーローニが就任して練習やゲームの度に指示されている事である。

【 監督のやりたいサッカー 】ではなくて【 自分達のやりたいサッカー 】
という、ジーコ時代に【 川淵が狂ったように絶賛、狂賛したスタイル 】
は、オシムによって拒否されたし、

「緩いパスを回す」
「足元に細かいパスだけを繋ぐ」
「横パスを繋いでドリブルで仕掛けない」

そういうスタイルでは、アジアでも勝てないどころか得点さえあげられないのは、
もう判ってるはずなのに、足元に緩いパスばかりつないでるのはどういう事か。
パス1本につき百万円の罰金を取るくらいの荒療治を行って欲しいくらいに
イライラ、カリカリするゲーム運びは大幅改善の余地がある。

そういう意味ではキープレーヤーは遠藤だ。W杯本大会で、またザック就任後の
アルゼンチン戦、韓国戦で、速い縦パスを何本も出して効果的な攻めを演出した
実績があるのだから、今大会でも回りの若手を引っ張っていく責任がある。
このチームはザッケローニのやり方で闘うのを自覚してもらいたい。
ジーコやオシムやW杯前の岡田らのやり方を踏襲するのではないのだ。

日本選手のコンディションと連係が悪かったのは明らかで、これらは練習とゲーム
を通して解決可能だが、選手の意識はそれだけでは変えられないから、
アジアカップ終了後には、ザッケローニは重大な決断を行う必要があるかもしれない。
2014年は、本田と香川が軸になるのは確実だが、長谷部に加えて細貝や本田拓
が悪習に染まらないように教育しなければならない。

また「緩いバックパスと横パスを多用して手数を掛けるスタイル」を大人のレベルで
志向し実戦させるコーチや監督のライセンスの取り消しと永久追放を求めたい。




田島氏の落選に思う

 AFCによる東アジア選出のFIFA理事選挙で田島氏が落選した。
残念な結果だが、候補者の調整を失敗させた中国の我儘を抑えられない
東アジア連盟の情けなさも相当なもの。

 アラブと東南アジアが結託して、東アジアに権力を与えないという
謀略が成功したわけだが、これでAFCをアラブに牛耳られて、
次はFIFAが牛耳られるようになるんじゃなかろうか。

サポーターの中にはアラブや東南アジアに親近感を抱き、同じ仲間だと
思ってる人も居るだろが、自分は仲間だと思って無い。
いいですか!アラブはアジアじゃないんだよ!!!

「お人良しは辞めよう」

 アジアとアラブが分裂して別々に連盟を作るようになる日が一日も早く
実現する事を望む。

日本協会も、国内サッカー界は現在の幹部が言いたい放題、やりたい放題
という独裁状態だが、一歩国の外へ出るとアラブ勢の前には大惨敗だ。
こういうのを「内弁慶」というのだろうか。政治力の無さは相当なもの。

 幹部は一度どころか100回でも足りないから、何千億回も何兆回も、
頭を冷やして反省するべきではなかろうか。

天皇杯決勝戦、鹿島対清水から学ぶ事

 恒例、元旦の天皇杯決勝は「鹿島アントラーズ」の順当勝ちに終わった。
両クラブとも、負傷者が出た関係でベストメンバーではなかったが、
結果的に総合力の差と勝負強さで上回った鹿島が点差以上の力の差を見せて
勝ったという事だ。

 両クラブの最も大きかったのがDF、特にCBの守備力の差だった。
また、途中出場の選手の駒の豊富さでも明確な差が出ていたし、スタメン
時のフォーメーションの選択が、このゲームの大きな流れを決定付けたと
思える。

 「自分達のいつものやり方で勝つ」というと聞こえは良いし、正々堂々と
した闘いぶりだと好意的に評価する人も居るだろうが、それは間違っている。
間違っている事を証明したのが、この天皇杯決勝だったと位置付けて良い。

 清水は2人のCBが裏を取られると非常に危険な状態だったし、実際に
対応力が弱点だった。にも関らずに4-4-3システムで、中盤の3人の
うちの二人が攻撃的なポジション取りと動きに比重を置きすぎてしまったのが
中盤で鹿島を優位に立たせてしまった要因である。しかも、鹿島にはボランチに
経験豊富で駆け引きに巧みな「小笠原」が居る。

後半、やっと4-4-2、それも中盤の4人を鹿島に対応するような扇形に
変更した事で、守備陣の崩壊を阻止できたのだが、ゲーム開始当初から、
このようなシステムで臨むべきだったのではないか。ただ、評価したいのは
長谷川健太は修正能力のある指揮官で、学習能力のある人物だという事だ。

リーグ戦ではなく、カップ戦では「自分達のやり方で闘う」のではなくて、
その時のチーム状態と、対戦相手との戦力の相対的比較の分析次第では、大幅に
修正する事が必要だと思う。明らかに総合力が戦力が劣っているチームが、
正々堂々と全面に出て正面からまともに打ち合うのは、誠に愚かな事だと思う。

 と言うわけで、今回の天皇杯決勝は、内容は例年よりも少し低調だったが、
「戦術の選択」や「修正能力」それに「判断と決断」という事を勉強する上では、
実に有意義なゲームだったと高く評価したい。
もし、将来スポーツジャーナリストや監督になりたいと希望する人が居たら、
そういった点に注意して録画を見直すと参考になると思います。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。