サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本田の代役に関して

 本田が膝の負傷で、北朝鮮戦、ウズベク戦と欠場の可能性がある。

不安を感じてる人が多いと思うが、何故、不安かというと、本田抜きでの
ゲームの経験がほとんどないからだ。本田を軸にした戦い方で、ずっと来たのを
、このW杯3次予選の初っ端で、未体験の編成で公式戦に臨むのだから当然で、
やってみなければ判らないと思う。本田以外の選手の自覚に期待するしかない。

代役は「柏木」か「中村憲剛」になるようだが、柏木は明らかに経験不足で、
北朝鮮の激しいサッカーに対応出来るか難しいと思う。本田の代役という重圧に
耐えられるかどうかも疑問だ。例えば、香川が中心になって、柏木が補佐する
という役割にした方がプレッシャーも違ってくるのではないか。

 だから「中村憲」の方が望ましいのだが、過去の「オシム」「岡田」いずれの
場合も、「中村俊輔」の居ない時に、トップ下で起用された時は、有効な働きは
全然していないのが気掛りで、単なる繋ぎ役としか機能せず、相手に脅威を全く
与えなかった。
「中村俊輔」とセットで、それもボランチとして起用された時に、初めて持ち味
が生きた事しか印象にないのだ。中村憲は自分から仕切ってチームを動かす
のではなくて、中村俊の副官として動いた時にのみ代表チームでは有効だった。

所属クラブで出来てるプレーが代表では出来なかった選手と評価せざるを得ない
のだが、代表を外されて、この1年間で変わったかどうかが問われる事になる。
本田と同じ事は出来ないが、香川の負担を軽くして、北朝鮮の激しいチェックと
球際の強さに対して、逃げたり尻込みしないで、勇敢に向かっていき、
「オシム」や「岡田」の頃とは違って、無駄なパス回しをしないチームに進化して
いる途中の段階にある、ザックニッポンのやり方に融合しなければならない。
 現在の代表は、緩い横パスもバックパスも激減しているのを自覚して
≪自分のやりたいサッカー≫ではなくて、≪ザックの目指すスタイル≫に対して
忠実に実践する事だけを考えてもらいたい。

良い結果が出れば、今後も非常事態の時のスーパーサブとして期待されるだろう。
しかし、

1・速いパス回しや縦のパスを通す事が出来ない。
2・厳しいプレスの前に逃げたり尻込みしてバックパスと横パスばかりする。
3・自分から仕掛けずにパスを回す事ばかり優先する。

そのようなプレーに終始した場合は、今後はJリーグでどんなに活躍しても
代表には二度と呼ばれないだろう。

あるいは、ウルトラCで「清武」の起用も一つの選択として考えておくのも良い。
経験不足だが、物おじせずに、自分を売り込み活躍する事に対して意欲旺盛の
若者で、今は伸び盛りの時期なのだから、もしかしたら一発やってくれるかも
しれない。  
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

タジキスタンに変更の報道に関して

 シリアが失格、代わりにタジキスタンが日本の組に入ったが、朗報でも
何でもない。日本が勝って勝ち点6を稼ぐ相手が変わっただけだ。

 もしシリア開催が不可能でニュートラルになって、その場所が
「シンガポール」か「タイ」になったら現地在住の日本人に加えて、
日本からのツアーで、大勢の日本人サポーターが押しかけて、事実上、
日本のホーム状態になっていた可能性が高かった。だから朗報ではない。

「死の組」と称して日本のピンチを煽ったスポーツ紙がどう対処するか
見ものだなと思っていたが、スポニチもサンスポも常識的な記事だったが、
当たり前の事で、最低限の良心はあったようだ。

 タジキスタンの情報収集に奔走とか、非常事態等と報じた社があるが、
本当に頭がおかしいんじゃないか。日程では、日本は北朝鮮と次にウズベクと
対戦し対タジキスタン戦は最後で、しかも日本のホームで対戦する。

 タジキスタンは、日本が予選のゲームを行っている間は、何処とも対戦して
ないのだろうか?ウズベクとタジキスタン。北朝鮮とタジキスタンは、日本が
対戦して日程を消化してから対戦するのだろうか?と言う事はC組は変則日程
なのだろうか?

 直近の情報を収集して分析する点でいえば、日本が一番有利ではないか。

 ウズベクと北朝鮮は対戦相手がシリアから変更になったのは非常事態では
ないのならば、その根拠を示すべきなのに、一切、触れずに、日本だけが
非常事態とは、一体、どういう基準で記事を書いてるのか?

 タジキスタンは対日本戦がいきなり日本のホーム、それも初対戦なのだから、
むしろ、タジキスタンにとって不利な展開だと思うのだが、そういう視点で
見ないのは、無理やり日本の危機を煽る記事を書こうとするあまり、正常な
判断が出来なくなっているに違いない。

 今、セルジオ越後をメインの評論家に起用してる、あのスポーツ紙は
必死で日本不利のデータや情報や事象を探しているに違いない。
もしなくても無理やりこじつけてネガティブキャンペーンを張るだろう。

 担当記者まで、洗脳されて辛口という名の自虐報道を心掛ける必要は無い。
もし悪い影響を受けているのならば、早くメインの評論家を「秋田」にして、
W杯に一度も出た事の無い、あの日系ブラジル人をクビにしろと言いたい

ウズベキスタンは怖い相手なのだろうか?

 ウズベキスタンは、近年、ユース世代の育成に力を注ぎ、レベルアップ
しているのは間違いなく、最近は大会の度に要注意国の一つに挙げられている。

アジアカップベスト4の成績・3位決定戦では韓国に2-3と善戦したと評価
されているが、準決勝では、オーストラリアに0-6と記録的な大敗を喫した。
なぜ、この点差を取り上げずに、ベスト4という結果ばかり大袈裟に書くのか。
日本は決勝でオーストラリアに6点差以上で大敗したのだろうか?
スポーツ紙の記者は、4位と1位とでは、どちらが順位が上か判ってないとしか
考えられない。つまり簡単な算数が出来ない連中という事だ。

 日本との準決勝で激闘の末にPK方式の結果、決勝進出出来なかった韓国は、
心身ともに相当に消耗しており、3位決定戦に向けたモチベーションも低かった
はずで、そんな韓国に勝てずに、2-3で負けたのは、高く評価する方がおかしい。
ウズベクは、消耗した韓国に3点取られたが、日本は2点しか取られてない。
【 2 】と【 3 】では、どちらが数字が上か下か判るはずだ。
やはり算数が出来ない事が証明されたようだ。

南アW杯予選では、ホームでは一方的に押し込みながら、岡田の拙攻で引き分け。
アウエーで1-0で勝ったが後半は防戦一方と書いたアホが居たが、あのような
デタラメな審判によるジャッジでは、まともなゲームとして成立しない。
 日本側が、ペナルティーエリア内では、下手にタックルしたり身体でブロック
したり、ちょっとでも手で掴んだりしたら、わざと倒れてPKを取られる危険性が
あったのだから、凄く困難な守備を強いられた中で、実に上手く辛抱強く守った
点を評価するべきで、ウズベクの強さの評価には参考にならないのだ。
そういう事を判らない、分析出来ない人間が記事を書くと「後半は防戦一方だった。
だから大変だ、強敵だ」等と言うネガティブな事しか書けない。

しかも、正当なゴールだった2点目を取り消すという暴挙があったから1-0という
得点差で済んだのに、そのようなジャッジに関して全く触れないようでは、
ジャーナリストとしては失格といえよう。

 日本は今回、直前に球際に強くて激しいサッカーをする北朝鮮と対戦してから、
ウズベキスタンと対戦するのはメンタル面に関して良い準備が出来ると思う。
なぜウズベキスタンが高く評価されるかというと、組織的なサッカーを
するからで、レベル的に観れば、アラブ勢よりも一歩進んでいるように評価
しているからだと思う。しかし、日本にとっては組織力で劣るチームが、組織で
攻めて守る闘い方を選択するよりも、中盤から最終ラインまでガチガチに守り、
フィジカルが強くて速いドリブルで、一発のカウンターを狙ってくるチームの方が
嫌な相手なのは、過去の対戦内容から判る。

 今回のウべキスタンとの対戦は、そういう点を見極めると言う意味では、非常に
興味深いものがある。


テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

一番、過酷なのはシリア

 ブラジルW杯3次予選の組み分けが決まってから、重箱の隅を突っつくように
不安な点を探したり、こじつけたりして悲観論を流して危機を煽ったスポーツ紙
だが、韓国に快勝したら、あまり煽らなくなったからいい加減なものだ。

 シリアの政情不安によって、シリアのホームゲームの会場が決まらない事を
何故か「日本の不安要因」として危機を煽ったのだが、これは絶対におかしい。
北朝鮮とウズベクが対戦する時には、シリアでのゲームは政情不安は考慮せず、
すでに会場は決定しているのだろうか?
 この件に関しては、3カ国とも会場が決定してないのだから、ことさら日本
だけを不安とするのは無理があるというよりは、異常なこじ付けである。
そもそも、これで、最もマイナスとなるのは、ホームでゲームを行えなくなる
可能性が高いシリアなのだが、スポーツ紙で【シリアは不利】という表現を
書いた所があっただろうか? 

 最悪、予選6ゲームが「ニュートラル&アウエー」の展開になるシリアが、
この組で一番過酷な状況に置かれるはず、しかも同じアラブ勢が同居してない。
極東の日本と北朝鮮、中央アジアのウズベクに遠征するのは負担になる。
どうしてスポーツ紙は、このような簡単なマイナス要因を指摘しないのか?
それともAFC加盟国の中で対戦する時には、日本が中東に遠征する場合のみ
不利な要因となるデータが存在するのだろうか?

アジアカップの、対シリア戦・準決勝の対韓国戦・決勝の対オーストラリア戦。
録画した皆さん、見直してください。日本のコンディションが、全然違うのが
誰にでも判るはず。

 というわけで、マスコミ、特にスポーツ紙が大騒ぎした日本不利の項目は
全く説得力がないのが、どんなバカやサッカー無知の人間でも判ったはず。
  

韓国に歴史的快勝

 札幌で行われた対韓国戦は、日本が素晴らしいゲーム内容で快勝した。

3-0という結果だけでなく内容でも、日韓戦の歴史の中で、これほどの
差をつけた快勝は無かったと思う。
例えば、1974年の日韓定期戦での4-1のゲームはアジア大会直後で、
韓国が全く乗ってなく覇気の無い状態で、心身ともにコンディションが酷く
このチームが韓国とは信じられないような惨状だったから、韓国の方は
大きなショックを受けなかったであろう敗戦だった。

 それに対して今日のゲームでは、韓国のMFとDFの守備が日本の攻撃に
対して対応出来ず、絶望的なまでの明確な差を感じるほどのショッキングな
内容だったに違いない。

 本田と香川のテクニックとポジショニングにはなす術もない有様で、
フィジカル面でも圧倒出来なかった事が、決定的な差となった。
この二人に完全に振り回されて、さらには遠藤にいいようにあしらわれて、
中盤では一見無策としか見えないような守り方だったが、それほど本田と
香川の個人技と二人を軸にした日本のパス回しと展開が素晴らしかった。

 韓国は日本の中盤に対して、特別な事はせずに、コンパクトにして
人数を増やしてスペースを作らせない事、そして本田が持って危険な地域に
侵入して来た時は2~3人掛かりで潰す。香川に対しては飛び込むと抜かれる
。かわされるから、安易に飛びこまずに少し距離をあけて仕掛けててくるのを
待つという守り方をしてきた。

これらが全て機能せずに、日韓戦の歴史上、記憶にないほどに中盤で
面白いように振り回された。2010年W杯の直前の埼玉スタジアムの日韓戦
での、岡田ニッポンが絶望的な惨敗を喫したのと逆のパターンである。

 韓国のプレスが激しくなかったように見えるが、あれは、プレスを掛けても
かわされたりパスを回されるから行けない、飛び込めない。しかも当たり負け
しないから、得意のボディコンタクトで潰そうとしても潰せない。

 これは韓国選手と監督が、サッカーを良く知っている事の証明である。
飛び込めばやられる。だから行けない。という事だ。
 ボールをキープしたりスルーパスを出す能力は高いが積極的にSHしない
のが、今までのテクニシャンタイプの日本人選手の傾向だったが、本田と香川
の二人は、積極的にドリブルで仕掛けてSHを打ってくる傾向が強い。
 
 韓国のようなチームは「本田と香川」は実にやりづらいタイプの選手だと思う。
 
 日本は後半に数回のピンチがあったが、3-0と勝負がついた後で、
遠藤と長谷部のボランチの二人を代えた為に生じたものであり、それほど
不安視する必要は無い。あえて指摘すれば、緩いバックパスと横パスを
自陣内で、しかも相手選手のプレーエリア内で行った結果が何を招くか
を自覚して絶対に繰り返してはならない事だ。

 よく考えてみよう。
親善試合とはいえ、大事な日韓戦で、長谷部と遠藤の二人を負傷したわけでも
ないのに交代させるなんて、凄い余裕ではないか。

 韓国が相手なのだから、出来れば、4点・5点と追加点を挙げて欲しかった。
こういう展開の時にはドンドン得点を重ねるべきで、徹底的なダメージを与える
事が望ましい。

北朝鮮代表の入国容認の見通し

 ブラジルW杯予選での北朝鮮代表選手団の入国が容認される見通しだ。
別に驚いたり、ホッとする程の問題ではない。

日本政府が北朝鮮からの入国禁止等と言ってもFIFAがそれを受け入れる
はずもなく、そんな事をしたら日本サッカーのイメージダウンに繋がり、
世界の非常識として、異常な国、キチガイが支配する悪魔のような政府と
断定されても反論など出来るはずが無かった。

 これで、一番ガッカリしてるのは、不安と悲観論を煽るスポーツ紙だ。
常識で考えれば、入国禁止などあり得ないのは初めから判ってるはずで、
不安要素として指摘した人物はサッカー担当記者失格である。本当に
サッカーを愛して、日本の予選通過を望むならば、北朝鮮の入国を許可して
ホームゲームを行うような論陣を張るべきなのだ。

3次予選の組み分けが決まったら、格下のチームばかりで2位以内通過は
確実なので、なんとか不安や危機の要因を無理やり見つけたり、こじつけ
、マイナスと決めつけてネガティブ報道をしたのが実情だ。

不安を煽れば新聞が売れるとか、ファンの注目を集める等と判断した人物は
【 国賊 】【 売国奴 】である。
こんな連中をサッカー担当記者として取材を許可するのは記者席の無駄使いだ。

記者席ではなくて牢獄と拷問と
処刑場を用意するべきであろう

祝!なでしこ・国民栄誉賞

 W杯に優勝した女子代表(なでしこ)に国民栄誉賞が贈られた。

この賞は個人に贈られるものであって、団体は対象外だからなどと
したり顔で言うインテリモドキのアホも居ただろうが、そんなものは
例外を作れば良いだけだという政治判断が適用されれば何も問題なく
クリアー出来ると言う現実の前には、ただの戯言に過ぎないのだ。

 たと女子と言えども、サッカーの重要性と世界的な影響力が内閣や
議員によって正当に評価される時代になったという事で感慨深いものが
あるのは自分だけではないだろう。
 Jリーグ以前、サッカーがマイナースポーツ扱いで、無視、敵視された
時代を体験した者としては、本当に夢のようだ。

女子サッカーやなでしこの選手の待遇改善というありがたい話も出ているが、
文部科学省には、以下の事を来年度から実行してもらいたい。

1・全国の中学や高校に女子サッカー部を作る。
2・小中学校の女子の体育授業の必修科目としてサッカーを義務付ける事・
3・それに連動し、サッカーの実技指導の出来る教師や講師を採用する。
4・校庭が狭いとか、生徒が少ない場合は、フットサルで代行する


 しばらくはフィーバーが続くだろうが、勘違いをしないように。
五輪予選は「カッコウ良く華麗にプレーするのではなくて、
泥だらけになって恰好悪くても構わないから、何が何でも勝つ事を
自覚してもらいたい」

まだ銀座でのパレード実現が残ってる

テーマ:なでしこジャパン - ジャンル:スポーツ

アジア3次予選について

 2014年大会アジア3次予選の組み分けが発表された。
日本は、ウズベキスタン・北朝鮮・シリアの3カ国と対戦する。
マスコミは例によって死の組という表現で危機を煽り立てるが、

日本代表は前回大会の予選の時とは全く別のチームになっているし、
2006年大会のジーコのチームを参考にしたら赤っ恥をかく。

対戦成績やゲーム内容も、それほど神経質になる必要は無い。

ウズベキスタンとは相性が良く、直近の対戦は前回の予選の2戦だが、
ホームでは岡田のチームの拙攻が目立つ酷いゲームだった。
思いだしてみよう。ゴール正面の狭いエリアを強引に中央突破を狙い、
両サイドは、早めに低いクロスを単純に放り込むだけで、これらの攻めは
大半が跳ね返されて、全く得点を奪う可能性を感じなかった。
ザッケローニは、あのようなショートパスを多用した攻めに執着しない。

アウエーでは、頭のオカシイ3人のキチガイを審判に起用したミスによる
「インチキ・デタラメ」の狂気の判定に悩まされたが、内容は完勝だった。

したがってウズベキスタンは、若手に成長を注意するだけで、問題なく
勝てると思う。最大の問題点は審判団が普通の人間かどうかだ。

 北朝鮮とのW杯予選は2005年。ジーコの時の対戦だが、
ジーコのチームは古いブラジルスタイルのサッカーをやっていたが、
今も同じだろうか?どんなバカやスポーツ紙の記者でも、完全に違うのが
判るはずだ。ザッケローニの代表チームの左サイドのDFは「三都主」
ではないし、緩いバックパス・横パスを繋ぎ、ダイレクトパスをしないで
手数を掛ける攻めをするだろうか。

 シリアとはアジアカップで対戦して、一見大苦戦したように見えるが、
まず日本は大会の初めは、コンディションが非常に悪かったし、
そもそも、あのメンバーで公式戦を戦うのは初めてだったから、連係面での
練習も、ほとんどしていないに等しかった。そしてGK川島の退場は
ミスジャッジではなくてルールを知らない人間にレフェリーを任せた事に
よる結果であって、得点差は両チームの実力差を現わしたものではない。

以上のように冷静に客観的に観れば、過去の対戦は参考にもならない。

注意点を挙げれば、
9月2日・最初の北朝鮮戦・それに続くアウエーのウズベキスタン戦だ。
Jリーグの過密日程による疲労の影響がコンディションにどう影響するか?
また、南米選手権不参加による代表の強化試合の少なさが
いきなり本気モードの北朝鮮にガツンと来られた時に、出鼻をくじかれ、
国際試合、それもW杯予選の厳しさに対応出来るかどうかの不安がある。
欧州組の経験と実績が役立つと思われるが、相手がアジアで、
審判のジャッジがデタラメという問題点がある。

シリアと北朝鮮とのアウエーゲームの開催が心配されているようだが、
これまた全く問題なしだ。2ゲームとも日本で開催すれば良いだけだ。
中立地開催で第3国に気苦労と手間暇を掛けさせないで、日本が引き受け
消化するのが現実的だ。シリアも北朝鮮も自国開催が困難という状況なら、
ここは対戦相手国に開催の権利を譲るべきであろう。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。