サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平壌での北朝鮮戦に控え主体の日本が大善戦

 アウエーの北朝鮮戦は、1軍半~2軍のようなスタメンと戦術テストと、
あまりゲームに出ていない選手に経験を積ませる場に利用したにも関わらず
実力以上の戦闘力を発揮した北朝鮮に0-1という信じられないような
最少スコアと、4分6分で押し込まれる程度でしかも、あわや同点ゴールか
という善戦で内容的に収穫が多い、実に有意義なゲームだった。

スタメンには
「本田」「香川」「遠藤」のゲームメイクと起点となる3人。
「長友」「吉田」「内田」「川島」の守備の常連の4人。
なんと、レギュラー11人のうち7人も出ていない編成。

いくら最終予選進出が決定したとはいえ、ここまで露骨に主力メンバーを
外してくるとは、普通の感覚だと、対戦相手は「完全になめられてる」
「ふざけるな」と激怒するのが当たり前。

 初めての組み合わせで連係プレー等、スムーズに行く方がおかしい。
更には、あれだけ機能していない3-4-3システムを、そのメンバーで
試すという暴挙と言っても過言ではない采配。

しかも、22年ぶりの北朝鮮でのアウエーゲーム、慣れない人工芝での対戦、
更にはタジキスタン戦から移動して来て、僅か3日の間隔でのゲーム。
これほどマイナス要因が揃ってるゲームは長い日本サッカーの歴史の中でも、
代表チームに関しては、ちょっと記憶にない。

 5-0位で北朝鮮が大勝しても不思議ではない要素がこんなに揃ってる。
それなのに終わってみれば1得点しか挙げられず、決定的なチャンスも
41分、50分のたったの2回。惜しかったチャンスも25分、40分
44分、52分の4回。それに対して日本は前半は全くチャンス無し。
60分、87分と2回のチャンスがあっただけだった。
つまり、北朝鮮は守備に関しては合格点だったが、攻撃に関しては、それほど
チャンスを作っていなかった事になる。

 あの大歓声をバックにして、攻撃陣が勢いに乗って攻め上がり、ゴール前に
なだれ込んでくるから、ピンチの連続で防戦一方で完敗のような錯覚をするが、
実際にはそうではないのだ。

確かに「栗原」は、明らかに代表レベルのプレーでは無く、足を引っ張っており
「伊野波」も前半はメチャクチャだったが、それでも、あの程度で抑えたし、
駒野は失点シーンで競り負けたのを指摘されているが、前半は危ない場面で、
かなり効いており貢献度は大きかった。

このゲームの録画を、音声を消して感情を入れずに、第三者的な立場に立って
冷静に客観的に見れば、北朝鮮がフィジカルとメンタルの強さで上回っている
以外は、日本は特に悲観的になる必要はないのが判る。

現実的に考えてみよう。「本田」「香川」「遠藤」の3人が居たら、全く別の
チームになってしまうのだ。少なくとも攻撃は、はるかに脅威となる。
またDFも「栗原」ではなく「吉田」だったら、あの25分のゴール前のFKは
あっただろうか?そして、あの失点は防げた確率の方がはるかに高いはずだ。
左サイドが長友だったら、あれほどサイドを突破されてはいないはずだ。

 最終予選で対戦する可能性のある国は、スカウティングしても、ガッカリしたに
違いない。いや、ガッカリどころか怒りを感じてるだろう。
日本のあのメンバーのゲームをチェックしても、全然参考にならないからだ。
日本攻略のヒントなど見つけたといっても、それはレギュラー7人が欠けた
チームで、3-4-3システムを試した場合に限定されてしまうのだ。

もし、日本人の監督や目先の勝利に執着したジーコだったら、アウエーのゲームで
このような選手起用と戦術テストなど絶対に行わない。
ある意味、さすがイタリア人ならではの采配といえるのではないか。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

平壌での北朝鮮戦を前に

 明日は平壌でアウエーの北朝鮮戦が行われる。
普通に考えれば日本が圧勝するのが順当な結果なのだが、実力通りに
予選敗退が決まったとはいえ、地元で国交の無い仮想敵国の日本に惨敗
してはメンツ丸つぶれで、監督選手全員が炭鉱送りになっても不思議ではない。

そのような場合、超常現象に近い程の、異常ともいえる実力以上の力を発揮
して、思わぬ番狂わせという結果になる事もある。

タジキスタンよりもピッチ状態は良好だろうから、日本のパスワークが冴えて
華麗な近代サッカーの模範を、北朝鮮のサッカー愛好者に披露出来れば良いが、
無駄なパス回しに酔いしれて、手数を掛けた上にシュートをしないという
悪い癖に走らない事を望む。

北朝鮮は、埼玉スタジアムでの日本戦のように、ガチガチに守備を固めて
カウンターを狙うというスタイルを、地元のファンや政治家、軍人の前で
繰り返すとは思えないので、前掛かりで来る可能性が強い。

日本がカウンターで得点できるチャンスがあったら、徹底的に活かして
もらいたい、過去の代表チームでは、一気に行かないで、ゆっくりとドリブル
して見方が上がってくるのを待つとか、パスを回して手数をかけてる間に
相手のDF陣に戻る時間を与えて守備を構築させてから、崩しに掛るという
愚行をこれでもかという位に見せられてきた。

ザッケローニが
「縦パスを使え!!!」
「手数を掛けるな!!!」
「速いテンポでプレーしろ!!!」
と命令したら、絶対服従を心掛けなければいけない。


ウズベク戦・タジク戦とゲームの入り方の悪さや、前半の拙攻が問題視
されているが、ホームの北朝鮮戦も同様に酷かった。明日のスタメンに
「柏木」と「李」の名前は無いだろうから、同じ展開にはならないと
確信してる。もし李が途中出場したら幸運を祈りたい。
 在日の朝鮮人が日本に帰化して代表メンバーに入ったという意味は
非常に大きい。日本に対して反感と敵意を持っている北朝鮮本国の
人民の前で「日本国籍」で活躍する晴れ姿を見せてあげようじゃないか。

2カ国より4倍の得点でタジクに完勝

 誰も心配しなかったアウエーのタジキスタン戦に実力の完勝に終わった。
雪は止み、ピッチは泥の田んぼ状態ではなく、気温も適度に涼しかった。

スポーツ紙の言う所の 【死の組】を構成する、ウズベキスタン
のアジアのウルトラ強豪が1-0という点差だったのに対して、

日本は、4-0で、なんと

4倍もの大量得点を挙げて


楽に勝ってしまった。

たった4点じゃないかと思う人もいるだろうが、

3点なら12点、5点なら20点 10点なら40点に相当すると
計算すれば、この4点は凄いのが良くわかる。

 前半はピッチ状態への慣れがゲーム内容に影響していたのは明らかで、
日本は慎重になりすぎたのと、除雪の緩いピッチと土の感触になれずに、
キックが不正確だったのに対して、タジキスタンは前回の大敗の経験から、
ハーフナーを厳しくマークしたのと、このようなピッチでの闘いになれて
いたのが大きかった。
 日本は25分までは、観ていてストレスが溜まるような歯がゆい内容だったが、
それ以後はジワジワとゲームを支配していき、後半は一方的な展開だった。
タジキスタンのチャンスは、31分と36分、それに71分の3回だけだった。
31分のは、こぼれ球のミドルSHがポスト直撃、36分は香川のトラップミス
を拾い強引な超ロングSH、71分は日本の中盤のパスミスをカットしての
パスを繋いできたもので、31分以外は、ほとんど崩されてからのピンチは無い。

 それにしても、あれだけピッチ状態が悪い中で、よくパスが回ったと思う。
それも全員が落ち着いてプレーしていたのが印象的で、日本の技術の確かさを
示したわけで、ゲームが進む中で、次第にスピードアップした上に、連係も
良くなっていったのが、ザックが言ったように順応力の高さが判るではないか。

特に4点目は素晴らしかった。アウエーゲームで相手ゴール前で、あのように
流れるようにパスを繋いでゴールに結びつけるなんて、実に気分爽快である。
パスワークというのは、このように最終的にゴールを目指す為のものであって、
パスワーク自体が最終目的のようになってしまうのが、本末転倒だという
指摘や批判が理解出来るはずだ。

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

山形のJ2降格に思う

 山形のJ2降格は非常に残念だが結果としてみれば止むをえないし、
予測出来た結果とも言えよう。
 
 今シーズンは、ボールをキープしてポゼッションサッカーを目指したが、
上手く行かなかったと伝えられているが、この戦術選択、チーム作りが
致命的なミスと言って良いだろう。監督もフロントも選手も、サポーターも
そのようなスタイルで勝てれば楽しいし、観ていても面白いだろうから、
理想として目標とするのは判るが、現在のメンバーで、そのようなサッカーが
出来るかどうかを問わねばらならない。更には、他のクラブとの戦力比較を
行って、どれだけのリスクを負わねばならないかも計算する。

そう考えたならば、今シーズンの戦い方として戦術が適切だったのかを
検証しなければならない。

 Jリーグ全部が同じ戦術やチーム作りを行う必要は無い。
それぞれのチームの事情や戦力に応じて行うべきなのだ。

 

北朝鮮の取材制限は正しい

 北朝鮮がホームの日本戦で、日本側のマスコミに取材許可を出したのが
10人だった事で、納得出来ないという声が関係者の間から出ているが、
北朝鮮当局の「技術的な理由」という説明で納得出来たと思う。

 当初は理由は言ってこなかったが、「1社から配信を受ければ良いのでは」
という誠に説得力のある指摘の前には、日本側マスコミのどのような反論も、
相手にはならなかったのが事実である。実際に、通信社と専門誌には取材許可を
出しているのだから、北朝鮮側の対応は理に適っているのが明白である。

 例えば「サッカーを知らないバカなスポーツ紙の記者や、存在する事自体が
常軌を逸しているフリーの女性スポーツライター等に取材させてもムダだ」
と本当の事を言われたら、一言も反論できないはずだ。

 それはスポーツ紙のサッカー記事や、有名選手を扱った女性ライターの
書いたパープリンな書物を見れば、正常な人間ならば誰にでも理解できる。

 ゲーム翌日のスポーツ紙の紙面を見れば、結果は同じだし、違うのは
どの選手にスポットライトを当てているかと、起用している評論家のコメントの
違いだけである。

 中には、こんな事でも無いと北朝鮮には入国できないからと物見遊山で
取材申請した不心得者も居たかも知れない。

もし、フリーライターの元締め気分の女性ライターがサポーターの中に紛れて
入って来たら、スパイとみなして強制収容所へ叩きこんでもらいたい。

ただ残念なのが、本当にサッカーを知っている男性のフリーライターの数人
にも取材許可を与えてほしかったという事だ。





 

11月、アウエーの2連戦に関して

 2014年ブラジル大会の3次予選も今月で目途がつくだろう。
タジキスタン戦と北朝鮮とアウエーの2連戦だが、普通に考えれば、
2連勝間違いないだ。

 タジキスタンはピッチ状態が悪いようだから、ウズベク戦同様に
意外な苦戦をするかもしれないから、ホームの時のような大勝は
あまり期待しない方が良いと思う。おそらくDF陣は、あのような惨状
にはならずに、もっと落ち着いて対応してくるはずで、ホームでは
ウズベキスタンに0-1だったのを記憶しておこう。
また、カウンターアタックの時のスピードには気をつけた方が良い。

1-0でも勝ちは勝ちだし、敵地で対戦するのは初めてだから、拙い内容でも
悲観する必要は無い。悪いピッチ、そして相手がラフプレーできた場合の
負傷という事態を避けられればそれで結果オーライだと思う。

 北朝鮮戦の人工芝での対戦に関しては、一番、不安に感じているのは、
監督や選手、サポーターではなくてスポーツ紙である。
85年に対戦した当時も人工芝だったが、サッカー愛好者ならば皆が知っている
ように、その後の人工芝は大幅に改良が進み、85年当時の事はあまり参考には
ならないのではないか。
 また、日本のサッカースタイルの特徴を考慮すれば、デコボコの荒れたピッチ
よりも、むしろ人工芝の方が、グラウンダーの流れるようなパスワークが有効と
なる可能性が強い。85年当時、北朝鮮と対戦した日本代表野メンバーは、
FWとMFで、ボールプレーヤー、テクニックのある選手は「木村和司」「水沼」
の二人だけだった。現在の代表とは技術レベルに雲泥の差がある。

スタジアムの異様な雰囲気も都並が指摘したが、静か過ぎるとか盛り上がらないとか
、そんな雰囲気では、力が発揮出来ないようではプロ選手として情けない。
サッカーのゲームは、W杯の予選は、バラエティー番組やサーカスではない。
北朝鮮を圧倒して、ガンガン得点して大観衆を沈黙させて、スタジアム全体を
お通夜のようにしてしまえと言いたい。

アウエーの敵地で地元サポーターの歓声がない。
盛り上がらない。
大変、結構な事だと思う。

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。