サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子の決勝戦単独開催は当然である

 小倉会長が天皇杯決勝の前座試合として行ってきた女子選手権の決勝戦を
近いうちに別の日に移動する意向という事だが、適切な判断だと思う。
正直言って、あの寒い中での2試合観戦は、サポーターや観客にとっては非常
にきつい。VIP席や記者席に座ってる人達は、ハーフタイムや天皇杯決勝の
間の時間は暖房が外より効いた控室に戻り、暖かい飲み物や食事を取って
休養十分の状態で過ごせるから良いだろうが、スタンドは違うんだよ。

 女子に大勢の観客の前でゲームをさせてあげたいという考えだろうが、
これは見に来てる人達の苦労を全く考えていない暴挙である。
寒い日は前座試合などやらないでもらいたい。決勝戦は決勝のゲームだけに
集中して盛り上がった方が良いと思う。

 今回、なでしこ人気で単独開催でも観客動員の期待が高まったからという
事だが、このように早急に提案した小倉会長の意向は素晴らしい。
川淵も犬飼も出来なかったし構想さえ出さなかった事である。

 自分が以前から提案しているように、次回大会からは3月3日のひな祭りに
やれば良いだろう。

スポンサーサイト

柏レイソル優勝は小見の成果でもある

 柏レイソルのJ1昇格初年度優勝おめでとう。

 優勝の要因は、監督にネルシーニョを招聘した事に尽きるが、
それとともに、招聘したフロントの小見の判断も評価するべきだろう。
クラブの強化の責任者の選考を間違えたら、その時点で運命も大方
決まるようだ。対象的なのが浦和レッズだったから、ゲーム終了後に
サポーターが怒り狂うのも判るような気がする。

現在J2のクラブ、またJ1だが中位から下位、そしてJ2をエレベーター
のように上下してるクラブは、サッカーの判るフロントを増やさないと
いけない事を自覚して欲しい。GMも同様で、ネームバリューよりも才能と
実績で起用しないとクラブがダメになる。

スポーツ紙の評論家やテレビの解説者と、このようなエレベータークラブの
監督を行ったり来たりしてる人物が居るけれども、全く良い成績を残さず、
いつも同じ事を繰り返してる。それはクラブのフロントの責任だし、
実績という物の評価の仕方を勘違いしてるとしか思えない。

他のクラブの成功や失敗から学ぼうとしないし、デタラメなフロントだと
天下に公言したようなものだ。

元日本代表とか、五輪の監督だったとか、選手時代に優勝経験があるとか
、そんな事で評価して選んで結果が出なければ、それはフロントがバカなんだ。


例えば、J2のクラブをJ1に上げたってのは、評価出来るけれども、J1で
実績を残さず、途中で更迭&辞任とか、そのような人物をJ1のクラブは監督に
呼んじゃいけないんだ。ここで名前を出さなくても、そういう便利屋みたいに
思われてる人物を、すぐに何人か顔を思い浮かべると思う。

大熊(FC東京)や小林(山形)あたりは、J2⇒J1を狙うクラブには
良い人材だと思うから、どこか監督に招聘する所は無いのかな。

サポーターの皆さんは、自分がサポートしてるクラブの監督に、評論家と監督を
行ったり来たりしてるような人物が就任しないようにチェックしましょう。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。