サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン五輪、男女とも勝利!!!

 ロンドン五輪の先陣を切ってサッカーが開幕したが、日本代表は、
女子は苦戦の予感を感じる内容だったのに、男子は素晴らしい発進だった。

女子は、初戦という事で、堅さとぎこちなさが少し眼についたが、
明らかに格下のカナダに対して完勝と言って良いだろう。
問題点は鮫島のパスミスが目立った事で、チームのリズムをぶち壊す
危険性を感じた。また鮫島の上がった裏を突かれるという不安は全く
解消していない。沢と坂口があれだけフリーなのに、攻めになった時に
パターンが少なくて攻撃に厚みが無いのも気掛り。

男子は前評判が低かったが、「吉田」「徳永」の2人を比嘉と山村が
いた場所に起用した事で、一気に守備面での安定感が増したばかりか、
徳永の攻撃参加からチャンスが生まれそうな予感を感じさせた。
またコンディションとゲームコンセプトが非常に良かった。
始まる前にはどうなるだろうかと不安だった人も多かったはずだが、
終わってみれば、日本の勝利は順当な結果にも見える。

 スペインがべストコンディションで無かったのと、日本のアタックへの
対応を見ると、日本の選手の情報が少なかったとしか考えられない。
 それによってⅠ-0という思わぬ勝利を得る事が出来たが、
理由と原因はともかく、公式戦でスペインに勝ったという事実と結果に
対しては、イチャモンやケチを付ける筋合いは無い。
内容でも結果でも、完全に日本の方が上だった。

 この勝利から認識するべきは、守備の重要性とカウンターアタックの
威力で、ボールポゼッションでは、スペインに大差をつけられたが、
SH数もチャンスの数も日本の方が多かった事だ。

もちろんサッカーのレベル的にはベストのスペインの方が上なのは
間違いないが、「勝負の世界」というのは、その時々の状況によっては
このような結果が出る事を知ったのは大きな成果と学習といえよう。



スポンサーサイト

収穫が多かった対フランス戦

 女子代表(なでしこ)は、フランスに完敗した。
自分が何度も、「フランスは強くてやりづらい相手で要注意」だと指摘して
きた事が事実だと判ったと思う。

W杯では優勝しても不思議じゃ無かったという評価も適切だったのも、
これまた判ったと思う。

キックオフから先取点を上げるまで、ほぼ一方的なフランスペースで、
主導権を握られて、日本は何も出来なかった。
日本はフランスの勢いに全く対応出来ずに、攻守ともに戸惑いが見られ、
特に鮫島の出来は酷く、立ち上がりから、このサイドを徹底的に狙われて
ピンチを招く始末だった。
 日本は失点してから、目が覚めたかのように反攻に出てチャンスを作り、
GKの防がれたが、大儀見の惜しいSH、宮間のFKと沢のSHがポストに
当たる不運があったものの、これで防戦一方という惨めな結果にならずに
済んだのが幸いであった。

 後半はフランスの運動量が落ちて、日本が開き直ったかのように
積極的に攻めに出た事で、CKから2点目を奪われたが互角に近い内容で
ゲームを終えた。

このゲームでの日本のピンチは、「アメリカ」「スウエーデン」戦と
共通しており、中盤でボール奪取に成功すると一気にスピードドリブルか、
手数を掛けずにDFラインの裏にスルーパスを通して、速さとフィジカルで
日本のDF陣を切り裂くという戦術でやられたという事だ。
そして守備では「沢・坂口」のボランチをマークして球出しをさせない事。

 これが日本攻略の戦術として今後対戦してくるチームは仕掛けてくると
考えた方が良い。

確かにフランスはコンディションの良さが目立ち、逆に日本は動きが
悪く、身体が重たそうだった。例えば、1-4で惨敗したアメリカ戦も、
合宿のハードトレーニングの疲労蓄積でコンディションが悪かったが、
オーストラリア戦では、まるで別のチームのようになっていた。

このフランス戦も同様にコンディションが悪かったという事情があるならば、
この完敗も悲観するだけではなくて、希望が持てる内容だったと思う。

1・フランスはホームゲームだった事と、初戦のアメリカ戦にピークに持って
 いく調整をしているが、後半は運動量が落ちて、日本にかなり抵抗されている。

2・日本の後半の試合運びは悪く無くて、前半のような戸惑いやミスは激減
 している事。

3・2点目を取られた「ルナール」にやられたのは、あの1回だけで、
 むしろ、日本DF陣にとって、貴重な経験が得られた事。
 あの失点シーンは岩清水が交され、大儀見が弾かれたが、あの1回だけで、
 あれだけ身長差がありながら、ピンチはほとんど無かった。

4・沢と坂口が封じ込められた場合は、非常に苦しくなる。このゲームでも
 大儀見が中盤に下がってパスを受けて組み立てるシーンがかなり目立ったが、
 あのような場合にどう打開するかがポイントで、例えば、両サイドバックが
 高めに位置取りして起点とするとか、沢と坂口に無理してもっと動くように
 させるべきか。いずれにせよ打開する策を準備しないと、対戦相手は、皆、
 このような作戦に出て来て、日本の長所を消しに掛ると予測される。

5・一番の収穫は選手が実際に対戦して、フランスを肌で体験した事だ。

 フランスは、昨年のW杯で、大会に参加したチームの中で、一番、日本と似た
タイプで技術レベルが高くてフィジカルが強かった。という特徴はそのままに、
更に、スピードドリブルで積極的に仕掛けてくる、日本が苦手なチームだが、
以上のような要件を考慮すれば、準々決勝で対戦する時には、この完敗という
結果が良い方に作用してくると考えたい。



関塚狂ったか!!!

 ロンドン五輪に向けた18人の男女代表メンバーが発表された。
なでしこは現在のメンバーでメダルを取りに行くという目標に基づいた
選考で、順当なものであったが、男子は驚いた。

 マスコミは「杉本」選出を、サプライズとしていたが、違うだろう。
五輪出場の日本代表史上最大のサプライズともいえる「山村」だ。
比嘉を外したのは、関塚が正常な判断と思考力がある人物だという証明
なのだが、山村の選出は、想像を絶する世界観としか言いようが無い。

今後のゲームで、山村がお馴染みの惨状でミスをしたり、超消極的な
プレーをして失点の元凶となっても、山村には「代表を辞退しなかった
責任はあるが、選んでゲームに起用した関塚の責任の方が遥かに大きい。

ポジションは違うが、同じ鹿島アントラーズの「大迫」の方が大いに
貢献しているにもかかわらず、外されたのに対して、ボランチでも
CBでも、全く良い所の無い山村を選んだのは、絶対におかしい。

まさかとは思うが、「大迫」と「山村」の漢字を読み間違えたのだろうか?

オーバーエイジで「吉田」そしてCBも出来る「徳永」を選んだのは
中央の守備に不安が有るからだというのは誰にでも判る。
その不安の中心は「山村」なのもまた、誰にでも判る。

頼む!!!

お願いだ!!!


山村は代表を辞退してもらいたい。


五輪期間中は、OBの秋田に頼んでマンツーマンで、

「タックルの仕方」
「身体の張り方」
「シュートのブロックの仕方」
「身体を投げ出す勇気」
「声を出して味方を鼓舞する」

そういった事の特訓を受けるべきではないか。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。