サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジルW杯予選・ホームのイラク戦に完勝

最終予選、ホームの対イラク戦は、実力通り、日本の順当な勝利で終わった。

イラクのメンバーを大幅に入れ替えた奇策に対して、立ち上がりは日本に
戸惑いが見られ、CKから2度の決定的なピンチを招いた。
4分、20分といずれも、マークが付き切れてなかった。しかし、それ以後は
マークを確認しており、4分にフリーにしてしまったCBの2番には前田が
ついて完封したように、実力ではなくて奇策によって生まれたピンチといえる。

もし、この時に失点しても、両チームの実力差を考えれば、逆転は十分に
予想出来たから、悲観的な分析は、するだけ無駄である。
【所詮、たら、れば、の世界の戯言に過ぎないのだ】

イラクが日本のMFにマンマークを付けてきたのも、ジーコが初めてではなく、
驚く事ではない、2007年のアジアカップ準決勝でサウジが採用したのと
同じだから二番煎じである。あの時のサウジのマークは厳しくて、日本は
中盤が全く機能しなかったのを思い出してもらいたい。
 このゲームでは、本田がFWの位置まで上がって度々フリーになったし、
遠藤や長谷部のマークもズレる時間があった。
清武の動きには付いてこれず、更には、ワン・ツーのダイレクトパスで、
簡単に裏を取られるシーンが何度もあった。
だから、先制点を奪われても悲観する必要が無いという根拠は、そこにある。

【 ジャーナリストの皆さん、本当に、ネガティブ報道は辞めましょう 】

イラクが中盤でのマークを厳しくし、コンパクトにした結果、センターラインより
後方に下がってしまい、日本のDFラインが楽にボールを持ててビルドアップ
出来るようになったのだが充分に活かしきれなかった。

31分に伊野波から吉田に横パスが渡った時に、ザックが縦に入れろと激怒した
ようだが、この時、前線では本田と清武がフリーになっており、さらに前方には
スペースがあった。

 また、14分の清武がフリーになってGK正面にSHした場面では、その前に
吉田⇒本田⇒岡崎と速い斜めと縦のパスが通って生まれたチャンスだった。

このゲームではイラクの中盤のマンマークに注目が集まっているが、実はDFは
前田と、飛び出して来る清武を掴められないばかりか、ラインの裏には穴が
空きまくっていたのだ。
 また、イラクは前半のDFラインの守備の修正を行っていないという点も
触れておく必要がある。後半のイラクはマイボールになった時は、3トップに
して得点の意欲を感じさせたが、MFとDFは自陣に引きこもってしまい、
ひたすら日本の攻めを潰す事に専念しただけである。

ザックは、終盤に清武に替えて細貝を、前田に替えてハーフナーを投入したが、
あの時間帯に、リスクを冒して得点を狙いに行く必要は無い。守備面で安定感
がある細貝、ロスタイムのセットプレーでの守備と、逆に日本にチャンスが来た
時の為のターゲットマンとしての役割を想定したハーフナー、実は理に適って
いる采配だったのが判る。

【1-0でも勝つ】【1点リードして逃げ切る】
これは、現在の日本サッカー界に欠けている用兵思想である。
イタリア人のザックが手本を示してくれていると解釈すれば、貴重な学習の機会
を与えられていると思う。

 イラクは、我々の知っているイラクでは無くなってしまった。
イラクは他のアラブ勢とは異なり、ボールをキープしてパスを丁寧に繋ぎ、
組織的なサッカーで堂々と前面に出て積極的に攻めてくるチームだった。
93年のドーハでも、2000年のレバノンでのアジアカップでも、
イラクは、欧州スタイルで、力強く攻め込んでくる好チームだった。

それが見るも無残な超守備的なスタイルで、奇策を連発する「2流格下」
のチームになって90分間を戦ったのには非常に驚かされた。

しかし、現実的な物の見方をすれば、これは正しい選択だったともいえよう。
ジーコとスタッフが日本とイラクの戦力差を検討した結果、このような
戦術でしか、イラクに勝つチャンスが無いと判断したならば、それは適切で
、ジーコは監督として成長した。レベルアップしたと評価されるべきだ。

「自分たちのやり方で勝つ」「メンバーを固定して若手を積極的に
起用しないで、過去の実績を重視する」
それが日本代表の監督当時のジーコの采配だった。
それらとは、全く正反対の采配を見せてくれたが、それはこういう事だ。

【日本代表の監督になるのが、ジーコには早すぎた】
【ジーコは、まだ日本代表の監督をやる器では無かった】
外国のクラブチームの監督で経験を積んで、それから日本代表監督に
なれば、また違った結果になったと思われる。

 しかし、ジーコらしさは少し出ていた。
前述のように、後半、DFラインの修正をしていない為、本田に2回の
決定機を作られたし、FWの2トップに加えて両サイドのMFを上がり気味
にしたために、中盤のチェックが甘くなった。もしザックが試合勘が戻らず
不調だった長谷部に見切りをつけて交代させていたら、日本に追加点を
取られていた可能性が高い。
 欧州スタイルからブラジルスタイル(守備的だが)に変わってしまったが、
果たして、このようなサッカーが、イラク人に向いているのだろうか?


スポンサーサイト

祝!ヤングなでしこ【3位】

U-20女子W杯の3位決定戦で、日本はナイジェリアに勝って3位を確保した。
ナイジェリアは、身体能力に優れてフィジカルが強く、日本の苦戦が予想されたが、
3位~銅メダルを取りたいという執念が実ったようだ。

 日本はCBの土光のコンビに、木下ではなく、高木を起用したのが正解だった。
監督の吉田弘が、当ブログを読んだかどうかは不明だが、木下をスタメンから外し、
自分が指摘したようにボランチとして途中出場させたが、それは全面的に正しい。

解説とアナウンサーが、藤田の交代要員で木下を起用と聞いて、高木をボランチに
回すのでしょうか?と発言していたが、ここまでのゲームを見て、木下のCBは
不安が多いと、理解していないのは問題だと思う。実際、ボランチでプレーする
木下は無難にこなしていた。
木下は攻めになった時には、球出しのタイミングが良くて、コースの選択の判断が
優れているという長所がある。CBよりもボランチの方が、この長所は更に活きる。

 日本の先取点、田中陽子の無回転シュートは本当に素晴らしかった。これだけでも
、このゲームは金を払って見る価値はあったと思う。積極的にシュートを打たない
男子に見習わせたい位のスーパーゴールで、A代表(なでしこ)の面々も戦々恐々
としたのではなかろうか。
 2点目の柴田のパスを出す前の2人抜きのドリブルも見応えがあった。
香川同様、外国の長身大型の選手達には、素早くて捕まえづらい嫌なドリブラーで、
ドリブルで抜くだけではなく、積極的にシュートを打つ姿勢が良い。
案外、早くA代表のゲームに出る機会が訪れるのではないか。

日本の失点はGK池田の判断ミスだが、ボールが回転しすぎて無回転とは
違った意味で、キャッチしづらく、パンチでCKに逃げるのも難しかったと
思うが、あれを防げれば一流の道が待っている。

ナイジェリア戦は吉田采配が見事だったが、ナイジェリアのシュートがポストに
当たったり、ミスが多かったり、雑な面が目立ち、日本にツキがあったように
思われるが、そうではない。
確かに、ポゼッションは差があったし、65分過ぎからはペースを握られて
一方的に攻め込まれたように見えるが、実はそれほどチャンスを作らせてない。
90分を通して、たったの5回だけで、9番オバラノジー絡みが4回、そのうち
FKが3回。冷静に録画をチェックすれば、ピンチの連続では無かった事が判る。
DFとMFが、ピンチになる前の芽の段階で潰している。
セットプレーも初めからマンマークでついていた。DF陣は一対一の競り合いで、
かなり頑張っていたのが印象的だった。ドイツ戦の経験が活かされたわけだ。

 この黄金世代が順調に成長すれば、次回W杯、五輪の好成績も期待が持てる。
現なでしこのメンバーへの愛着が強い人も居るだろうが、素材の良さと伸びしろを
考慮して、この若い世代に経験の場を与える事で、さらに強力なチームが作れる
ならば、世代交代を促進する事に異議を唱えるべきではない。

U-20女子W杯のドイツ戦は【希望のある】完敗

 U-20女子W杯・準決勝のドイツ戦は完敗だった。
前半の19分、ドイツの3点目が決まった時点で勝負はついてしまった。
キックオフから3失点するまで、日本は何も出来なかったというよりも、
ドイツが何もさせてくれなかったというべきか。

 日本の「少女が楽しく攻めるサッカー」が、
ドイツの「勝負を掛けた大人のサッカー」の前に非情な結果が出てしまった。

ドイツは日本の中盤の細かいパス回しを封じる為に、中盤をコンパクトに
して、猛烈なプレスを掛けてきたのに対して、日本はまともに正面から
向かって行き、ドイツの術中に嵌まってしまった。

1点目は、中盤でボールを持った猶本が3人がかりのプレスでボールを
奪われてからの守備がお粗末で、日本も3人がかりでアタックしたものの、
見事に3人とも振り切られてしまい、縦に入れてきたスルーパスが、
日本DF陣の真ん中、「土光」「木下」の間に入ってきた「8・ロイボルツ」
に鮮やかに決められてしまった。3人の誰かが身体をぶつけるとか、
スライディングタックルを行っていれば防げたはずだ。

2点目、右サイドBKの2番からのロングボールを、「木下」が判断ミス、
実質的には、これが致命的な失点だった。木下はクリアーするのか、GKに
任すのか中途半端だった。マークしていたのが、最も警戒するべき
「マロジャン」だったのだから、あまりにも軽率な守備だった。

3点目、CKから11番ロッツエンをノーマーク「完全ドフリー」にする
という信じられないミスから失点。

3点ともあまりにもイージーなミスからの失点だった。

木下は、対韓国戦でも、戻り遅れから失点の元凶となったが、危機意識が
不足しているのではないか。DFの適性に問題があると思う。
ただ、ボールを持った時には周囲が良く見えて、ビルドアップの能力が高い。
CBよりもボランチで起用した方が良いと思う。

CKの際にゾーンで守るという選択は失敗だった。失点後のセットプレーには
マークをシッカリ付いていたのを見ると、なぜドイツ相手にゾーンを採用
したのかが疑問だ。

そもそも、このチームは、初戦の対メキシコ戦からDF陣の雑なプレーと
相手FWをフリーにするという欠点が目立っており、それがニュージーランド戦
での、早い時間での連続2失点となったのだが、格上の相手に、このような結果
が出たのは当然であろう。

 後半になってから日本はチャンスを作ったが、動きだしもパススピードも
前半とは比較にならないほど速くなった為に、チャンスが生まれたと考えてほしい。

 ドイツに対して勝つ為に必要なのは、もっと高い技術を身に付ける事よりも、
サイドチェンジを使うとか、裏にロングボールを出すといったように、中盤での
密集守備の効果を消す為の戦術ではなかろうか。
 また、スカウティングによって、ドイツがキックオフから猛烈な勢いでプレスを
掛けて攻め込んで来るのは判っていたはずだ。

組織力の差とフィジカルの強さ、対戦相手に勝つ為の戦術の選択、といった要因で
日本は負けたが、選手の成長という面で考えたら、むしろこの結果は良かったかも
しれない。まだまだ学ばなければいけない事が多いのだから。

日本の攻撃は通用する部分があったし、守備を軽視したチーム作りと戦術だった。
ドイツは日本を潰す為の戦術だったが、日本は自分たちのサッカーをした。
それならば、このドイツとの差は、広がるよりは縮まる可能性の方が高いと思う。

テーマ:なでしこジャパン - ジャンル:スポーツ

祝! U-20女子W杯、韓国に余裕で完勝

 U-20女子W杯の準々決勝、対韓国戦は、3-1で日本が完勝した。

韓国のチャンスは、得点場面と30分のショートーコーナーからの混戦の、
たったの2回だけである。後半は互角だったようにも感じた人も居るかも
知れないが、後半の韓国のチャンスは0である。右からのクロスも、全く
危なげなくGK池田がキャッチしていた。

失点場面も、CBの「3番・木下」が守備に戻り遅れてフリーにした事が
原因であり、単純なミスである。また30分のチャンスは、GK池田の
スーパーセーブで助かったようにも見えるが、その前のショートコーナー
への対応の甘さと遅さが、根本要因であり、さらに最初のSHを、池田が
足に当ててしまい、キャッチできなかったミスが大きい。

このゲームでは前半に全ての得点が決まったのだが、韓国だけでなく、
日本もチャンスの回数は非常に少なかった。堅守速攻の韓国に対して、
日本は少ないチャンスを見事に決めたという事だ。

 後半は日本もチャンスは59分と、74分の2回しか無かった。
追加点が奪えなかったのは、田中陽子をサイドバックに下げた事で、
攻めが単調になってしまい、個人の突破に頼りすぎてしまった事、
相手を崩す為の動きやパスもほとんど出なかった。

横山が典型なのだが、得点の意欲が強すぎて強引にドリブル突破を狙う
シーンが目立ったが、競り合いに強い韓国DF相手に、あそこまで勝負出来て、
苦しめたのだから、2点リードして良い雰囲気の状態の中での、その意欲を
評価したい。ゴール裏で観ていると、韓国DF陣が相当疲れて消耗している
のが判ったが、パス回しだけでなくて、田中南、柴田、横山、等に、ドリブルで
仕掛けられ、2~3人でないと潰せない個人技があったのが効いたと思う。

猶本、藤田がああまり無理攻めをせずに、攻守のバランスを取っていたからこそ、
韓国のチャンスが0だったわけで、5-3にはならなかったが、日本が後半は
フィジカルで上回る韓国に対して、巧みなゲーム運びで3-1で勝てたのだ。

 個人の能力で上回る日本が組織力でも上で、順当に韓国に勝ったという事だ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。