サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンフェデ杯・ブラジル戦

 コンフェデ杯のブラジル戦に点差以上の完敗でガッカリした人も
いると思う。もし勝っていたら素晴らしい事だったが、この完敗で
現実をしっかりと直視する事が出来るのだから、幸いである。

 地元で本気モードで向かってくるブラジルに対して、日本は、
昨年の対戦時と同様に、自陣に閉じこもりガチガチに守ってから、
カウンターを仕掛けるという戦法ではなくて、正面から堂々と
まともに立ち向かっていった。
 その結果として、ブラジルの怖さを肌で知る事が【再度】出来たし、
日本代表のチームと選手の現状の力と、課題がハッキリと現れた。
超守備的な戦い方で0-1の敗戦で善戦大健闘と称えられるよりは、
遥かに良いだろう。選手一人一人はもちろん、サポーターもマスコミも
結果だけで、世界のトップと対等に戦えた等と勘違いしないからだ。

 このゲームで比較的良かったと評価出来るのは
「本田」「内田」「今野」「長谷部」だけである。他の選手は論外で、
特に、清武、岡崎、長友、吉田にはガッカリした。

観た通り、攻撃で個の力が通用したのは本田だけだった。前半の途中から
ブラジルは本田がボールを持つと潰しに掛って来たのが、その証拠で、
相手の中で、怖い選手、自由にさせたら厄介になると認めた相手は
早目に潰して持ち味を出させないようにするのは、トップレベルの
戦いでの常識である。
 内田は、右サイドでオスカルと対峙しつつ、サイドに流れてくる
ネイマールにも対応するという、ある意味、非常に贅沢なマッチアップを
体験した事になる。右サイドをズタズタにされても不思議ではないのに、
それほど大きな破綻は無かったのだから、評価するべきであろう。
 今野は最終ラインの危険なシーンになる直前にクリアー、あるいは
ブロックしており、決定的になる前の段階でかなり防いでいた。
1点目は、後一歩早めに出ていれば、防げたかもしれない。たしかに
ネイマールのSHは素晴らしかったが、普段Jリーグでプレーしていると
またアジア勢との対戦経験だけでは、初っ端での対応が遅れてしまう。
 長谷部は、ボールの出し所を探して苦労していたが、それ以外は
安定しており、所属クラブで変な起用法をされずにボランチでフルに
出場しておれば、代表でも安定した力を発揮して存在価値がある。

岡崎は、このレベルの相手では全く通用せず、後半の頭から「乾」と
交代させるべきだったと思う。清武は空回りしていてゲームから
完全に消えていた。そして長友は、良く動き走っていたが、W杯予選の
2戦同様に、コンディションが良くないと思われる。プレー面で
負傷の影響が残っているのではなかろうか。身体に切れが無い。

吉田は、ヨルダン戦のミスと同様にプレミアリーグでの経験が本当に
活かされている、あるいは糧となっているのか疑問だった。2点目の
失点は、後一歩遅れており、あの局面であれだけフリーにするとは
信じられない。ブルガリア戦でも感じたが、ポジショニングを修正
する必要を強く感じる。聞いた話では、所属のサウサンプトンでも
ポジショニングでは、かなりイージーミスを冒しているとの事だが、
もしかしたら速い動きへの対応が遅れる傾向があるのかもしれない。

 ブラジルのゲーム運びから学ぶ事はボール回しの意味である。
DFラインで回しているのは、日本のFWとMFをつり出す為のものだし、
ピッチを広くワイドに展開するのは、日本を左右に振り回して疲れさせ、
また守備の組織に綻びを作らせる為のものである。パス回しの為のパスは
無かったのが判るはずだ。
日本のパス回しとは大きく異なり、パススピードが速く、ダイナミックで
斜めに入れるパス、ミドルパスとサイドチェンジを多用していた。

そし3点目の凄いカウンターアタック。
前回の対戦でも日本はカウンターから失点したが、この3点目は、
センターラインよりも深い自陣から、スピードドリブルで長い距離を走り、
日本のDFの動きを観て、対応しずらいスルーパスを通したものだった。
日本だと、あの位置からスピードドリブルで前進する事は、ほとんど無い。
ボールを持った者は、バックパスと横パスを出す為に周囲を見回して、
ゆっくりとドリブルしながら、誰かがパスをもらえる位置に出てくるのを
待っている事が多い。なぜならば、そうやって細かいパスを回して攻める
のが高級なオシャレな攻め方だと洗脳されているからだ。

日本よりも、遥かに格上のブラジルでさえ前回の対戦同様に、格下の日本
相手でも、手数を掛けずに速攻の方が得点できると判断したら、あのような
カウンターアタックを仕掛ける。

 そして我が日本代表は、パスを出すスペースを消されてしまい、
前線の動きが無いと、個の力、例えばドリブル等で、局面を打開出来ずに
横パスを繋ぐしかなく、プレスを掛けられるとバックパスか、ミスをして
ボールを奪われるという見るも無惨な光景となってしまうのだ。
スポンサーサイト

本田発言について考える

 W杯出場決定後の記者会見での本田の言動が支持され感動をよんでいる
ようで、メディアの論調と扱い方を観ると「カリスマ化」ともいえる。
しかし、これは当たり前の事で、今まで、代表クラスの選手やJリーグに
対して甘すぎたのかも知れない。

 例えば前田だ。
前田はヨルダン戦の前半に2回、決定的なシーンでヘッドをミスして
まるでGKへのバックパスのようなSHをしている。もし欧州のクラブならば、
次のゲームはベンチかベンチ外になるのは確実で、サポーターからは非難の
大合唱が起こったはずだ。オーストラリア戦でも随分と攻撃の足を引っ張り、
本来ならば、前半で交代させられても仕方が無いだろう。

岡崎も長友も決定機を活かせなかった。後半の長友の惜しかったSHも
GKの出鼻を浮かすか、あるいは中に居た2人のどちらかに合わせる
クロスを入れた方が確実だった。逆にSHするべき時にパスを選択した事も
あり、判断力に問題があったと思われる。
全体として身体の切れが戻って無く体調が完璧ではなかったようだ。
もしかしたら酒井の方が良かったかもしれない。

川島の失点シーンは、クロスが飛んだコースが良くて偶然ゴールしたような
もので不運だったのだが、川島のポジションが後一歩後ろか、ジャンプする
タイミングを少し遅らせていたら防げたはずで、厳しく言えば目測ミスだが、
ちょっと油断があったのではないかと思われる。

長谷部と遠藤のボランチは全盛期よりも衰えてきており、DFラインの前に
強力な壁を構築していた代表のゴール正面に穴が出来るシーンが観られる
ようになってきたし、プレスを掛けられると攻撃が遅れるようになった。
長谷部の場合は、所属クラブでの右サイドバックでの起用が多くボランチ
としての対応への不安が懸念されていたが、それが的中してしまった。
 遠藤は非常に有効な縦パスを何本は供給したのは素晴らしかったが、
Jリーグのような感覚で、緩い横パスを叩いた所をカットされて、一気に
ピンチを招きかかったシーンが2回あった。ちなみに遠藤は対ブルガリア戦
では、パススピードが遅くて欧州組とタイミングが合わなかったシーンが
何度もあった点を指摘しておこう。
日本代表の場合、女子のなでしこも共通しているのだが、このボランチの
所で潰されたり、良い球出しが出来ないと攻撃が苦しくなる。

 このように分析すれば、記者会見で本田が名指しで指摘したのは正論で
誠に適切だったのが判る。

W杯で優勝を狙うからではなくて、日本代表をJリーグを更にレベルアップ
させる為には、このようなシビアな指摘と検証を行う必要がある。
一般には「個の強さ」と言われているが、日本サッカーは今まで、組織力に
頼ったスタイルと戦術を構築してきたが、更にレベルアップする為に、
個を重視する時期が来たのではなかろうか。

祝W杯出場決定「対オーストラリア戦」

 我が代表チームはオーストラリアと1-1で引き分けて、ブラジル大会の
出場権を獲得した。ハラハラドキドキの展開だった事で、不安を感じたかも
知れないが、劇的な結果となり、またまたサッカーの奥行きの深さに接する
事が出来たのではなかろうか。

 結果は引き分けだが、内容的には日本の圧勝と言っても過言ではなく、
実質勝利ゲームと評価するのが常識的な見方である。

 オーストラリアは戦術的に非常に優れており、この日のゲームは、日本に
対して勝つか引き分ける事だけを考えた選手起用とゲームプランで、
過去の対戦とは大きく異なる戦いを仕掛けてきた。
両サイドからの早めのハイクロスを多用するか、DFとGKからロングボール
を入れて、空中戦とフィジカルの強さを活かす攻めで日本を力でねじ伏せる
ような展開ではなく、両サイドで数的優位を作り、速いパスワークと、ドリブル
による地上戦を仕掛けてきた。
 両サイドのMFは守備に回った時にはDFラインまで下がったかと思うと
攻めに出た時には大きく開いて起点となったが、日本の守備が高さに対応する
為に、両サイドバックが真ん中に絞った裏を突く結果となり、それがカウンター
からチャンスを作る上で実に効果的だった。

実はゲーム前の練習で、3人1組のトライアングルでワンタッチのパス回しを
かなり入念にやっていたのが、実際のゲームでは中盤から前線への速く鋭い
パス回しとなり現れていた。

後半のオーストラリアは、自陣に退いて見事なブロックを作り、引き分けでも
良いが、カウンターで得点出来れば上出来という戦い方で、ちょくちょく
ボケ采配を演じて、自ら墓穴を掘るオジェックの采配の特徴が、今回は
観られなかった事も幸いして、この結果には満足して良いだろう。

 日本は攻撃が、狭いエリアに集中し過ぎた為にオーストラリアのDFが
密集地帯を構築する結果となってしまい、こじ開け、崩すのに相当苦戦する
展開となってしまった。本田と香川のトリッキーなコンビプレーは素晴らしく
金を払う価値のあるプレーだったし、遠藤のタイミングの良い縦パスは
チャンスを作り続けたが、得点はPKの1点だけだった。

 持ちこたえた点については、オーストラリアの守備陣と戦術を評価する
べきだろうが、効果的なサイドチェンジ、例えば、同じ距離のパスだけでなく
一人飛ばして大きく振ったり、もっとワイドに展開していれば、簡単に
崩せて決定機も増やせたはずだ。

 スポーツ紙各紙、ザック采配に疑問や批判を投げかけているが、
実は、イタリア人らしい駆け引きと判りやすい采配だった。
前田に代えて栗原を投入したのは、内田を上げて3BKにする為ではなく、
終盤になってから、オーストラリアがパワープレーに出てきた場合に
対応する為に中央の守備を高さのある「吉田・栗原」で固めて、最悪
0-0の引き分けに逃げ切る為の意図を感じた。
勝ってW杯出場を決定出来れば、それは良い事だが、引き分けでも良いの
だから、無理攻めしてオーストラリアのカウンターの餌食になるリスクを
払う必要は無い。そしてトップにはキープ力のある本田を上げる。
この日の前田は、前線での守備と質の高い動きだしで貢献していたが、
ボールが全く収まらず、日本の攻めを苦しくした要因となっていた。
ザックは今野を左BKに回し、長友をMFに上げたが、これで左サイドの
守備は強力になったし、若くて突進力のあるオアーと対峙する右サイドに
スペースを作られたら危ないから4BKを維持する。

スポニチのコメント欄じゃないけど、誰かさんみたいに、バカの一つ覚えで、
攻めて得点する事ばかり考えていたらゲームには勝てない。

 不運な失点後、今度は、内田に代えてハーフナーを投入。
同点にしなければ、ここでW杯出場を決められないのだから、逆に積極的に
得点を狙う必要がある、だからリスクを覚悟で3BKにする。
実に理に適った采配である。オーストラリアが自陣に引いてしまいスペースが
少ないから、乾のドリブルが効果的かは疑問なので、ハーフナーを入れて、
最後は吉田も上げて、一か八かの空中戦勝負を仕掛ける。
ザックはイタリア人、欧州人である。CFには長身大型の選手を起用する
のはよくある采配ではないか。
そして3人目は岡崎に代えて清武である。ザックは清武は好きなタイプの
選手だと言ってる。最後の最後に自分の好みのタイプの選手を入れて
任せるが、それでも実らず負けてしまっても悔いは無い。諦めがつく。
監督も一人の人間なのだから、そういう点では人間味のある采配といえる。

 

対ブルガリア戦をどう評価するべきか

 W杯出場が掛ったオーストラリア戦をまじかに控えたブルガリアに0-2の敗戦
という結果に対して、スポーツ紙とテレビ局を中心に悲観論が広がっているが、
冷静になって見なおせば、このゲームの内容は悪くない事に気がつくはずだ。
 敗戦の後で、選手が悔しがり出来が悪かったと反省したり、奮起を求めるのは、
よくある事だから全てが適切な表現だと思わない方が良い。

 もし、対戦相手が「オランダ」「イタリア」「ドイツ」「アルゼンチン」
といったベスト8クラスのチームだったら、この敗戦は「完敗ではなく大善戦」
と評価され、オーストラリア戦に向けて明るい展望が語られたに違いない。
 問題なのは、対戦相手がネームバリューが無いブルガリアだった点にある。
実際のブルガリアは非常に強力なチームだった。イタリア・チェコ・デンマークと
同組の欧州予選を無敗、それもイタリアと2-2の引き分け、そして親善試合の
オランダ戦に勝利という実力は本物だった。
 来日したチームは主力メンバーをずらりと揃えた本気で真面目に戦う集団
だったのだから、そのような相手に負けたからといって悲観する必要などは全く
無いのが判ったはずだ。

 1点目は情報不足だったのかもしれないが、川島が虚を突かれたもので、
FKをブレ球で直接決めるという素晴らしいゴールだった。2点目はFKから、
長谷部のオウンゴールによるもので、日本は流れの中から崩された失点では
無かったのだから、完敗という表現は当てはまらない。

 日本が無得点だった事を指摘しても、あのブルガリアの強力なDFを相手に
決定機を何度か掴んだシーンを振り返れば、相手を崩して作ったチャンスは、
ブルガリアよりも、日本の方が多いのだ。むしろ、ブルガリアの守備の強さ、
そしてDFのラインコントロールの上手さを高く評価するべきだろう。
また、フィジカルの強さと派手さは無いが堅実で水準以上の足技を駆使して
きたのも、昔からのブルガリアの特徴を維持している事を確認できただけで、
日本が特別に酷かった事にはならない。

 オーストラリア戦を4日後に控えて大丈夫かという声が上がったが、
次のように考えてもらいたい。
4日後に大事な本番があるのだから、ここでムキになって全力を出して消耗
したり、負傷したり、コンディションをピークに持っていくのはバカである。
そして、すでに来日しているオーストラリアが、このゲームを観ている事を
忘れてはならない。そこで全開モードで手の内を曝け出すのはバカ丸出しだ。
例えば3-4-3のMFの左のサイドで長友ではなく駒野を起用したのを
おかしいと思っても、ベストの布陣をオーストラリアに披露する必要が
あるだろうか?

また3-4-3をテストした中では一番良い出来だった事も認めるべきで、
これでオプションが広がったし、ベストメンバーでも100点満点の準備
でもないのに、強力なブルガリアを相手に、あれだけやれたら決して悲観する
内容と結果ではないと思うだけである。

 確かに問題点はあった。
前半の吉田のポジショニングの悪さは、長谷部と内田との連係に支障をきたして、
攻守に渡り右サイドを不安定なものにしたし、ボランチの2人長谷部と遠藤は
全盛期のような堅固な壁とならずに、ゴール正面にスペースを与えてしまい、
ブルガリアに巧みに利用されていた。

しかし、今の日本代表にとって一番の目標はどこにあるか、
親善試合のブルガリアに勝つ事ではなくて、4日後のオーストラリアに勝って
W杯出場権を獲得する事である。マスコミは「大一番」という言い方をするが、
それならば、全ての準備と戦略は大一番に備えた物になる。
何時でも、何処でも、どんな相手でも、ベストのメンバーとコンディションで
全部に快勝するなど、理想を超えた妄想の世界の出来事にすぎないのだ。

自分は6月4日は埼玉スタジアムへ行ってライブで応援します。
代表メンバーとスタッフを信じて最後まで勝利の為にベストを尽くしましょう。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。