サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!東アジア杯初優勝

東アジアカップはめでたく優勝。
当初、結果よりも個々の能力を見極める事を優先する方針のはずが、
3ゲームとも、それぞれ成果のある内容で初優勝してしまった。

ある意味嬉しい誤算と言えよう。

初戦の中国戦は、寄せ集めのメンバーで僅か2日間の練習に加えて
初めての代表戦の緊張のせいだろうか、前半のお粗末な内容は
言語道断だったが、参加国の中で、最も充実したメンバーで参加
した中国に3-1か4-1で勝てたはずのゲームが出来たのだ。
連続失点は、経験の無さと守備陣のリーダーシップ不在の影響が
大きく、駒野ではなくて槙野か栗原をキャプテンにすべきだった。
このゲームでは代表に残る選手は誰も居ないと思われる惨状で、
代表戦の経験のある駒野、栗原までも信じられないミスを連発した。

オーストラリア戦は、スタメン総入れ替えという冒険的な采配が
見事に当たった。特に攻撃陣は豊田、斎藤、山田、大迫の4人は
素晴らしく、今がW杯予選前ならば、すぐに代表に選んでも良いと
思わせる出来だった。また徳永、高橋の安定性が目に付いた。
しかしCB2人のポジショニングのミスと軽率さは致命的で、
経験が少ない2人をCBに並べる事の危険性とリスクの大きさを
実感できたのが成果だ。オーストラリアのボディコンタクトが
甘かったので、ほぼ同じメンバーで次の韓国戦に臨み、厳しい中で
どれだけ通用するかを見たかった。

韓国戦は、押し込まれたが実は決定機は少なく、見た眼よりは危機的な
内容ではなかった。中国戦と同じメンバーだったが、全員が見違える
ような貢献度を見せたのは一種の驚きで、明らかに中国戦よりも
精神的、肉体的なコンディションが良かった。酷かった中国戦が
ウソのようなゲームで、例えば槙野は中国戦は攻撃は良かったが守備が
ボロボロだったのが、このゲームはあれだけ自分の所を攻め込まれたのに
充分に抵抗したし、CBの森重は安定した守りを見せていた。
韓国の空中戦に対しても破綻せずに闘えた点を評価すれば、高さに関して
だけいえば、このチームの方がW杯予選メンバーより強いのではないか。

 柿谷・豊田・大迫と今すぐに使えるFWが3人も出てきたのだから、
ザックも嬉しい悲鳴を上げているのではないか。前田とハーフナーが
優れているのは経験だけである。柿谷の決定力と、走るタイミング
豊田のポストプレーと高さ、大迫の競り合いとメンタルの強さ。
3人ともセンスが良いから、本田や香川とも連係が上手く行くと思う。
来年のW杯で勝負するならば、この3人に経験を積ませた方が、前田と
ハーフナーに頼るよりは可能性を感じる。

 残念だったのが柴崎が来れなかった事だ。遠藤の後継者としての地位を
確率出来た大会になったかも知れないのに。

今大会の内容と結果はJリーグのレベルの高さというよりも、
選手個人のレベルの高さと可能性の大きさを証明したと言いたい。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。