サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対マルタ戦は調整とチェックの場だ

 W杯ドイツ大会も来週9日開幕だが、これから行なわれる親善試合は、完全に調整のための物であり、強化のためのものではない。すでに行なわれている試合も、例えば、韓国やオランダなどは主力を外して控え選手を起用しているケースも目立つ。

 大体、この時期に来て、コンディションに問題があるのは、明らかな調整ミスといえよう。ただ、例外的に優勝を狙うチームは、大会が始まってから、徐々にアップさせていくような調整方法をとっているから、そのつもりで見るといい。

 日本も、4日に行なわれる『マルタ』戦は、選手の負傷回復状態に関係なく、控え選手の起用をするべきだ。ドイツ戦で、攻撃陣の連係の良さは判ったのだが、他の組み合わせもテストしておいた方が良い。中田や中村が削られたとか、福西や三都主が退場処分を受けたなどの事態も想定して、中田浩二や小野を入れても、ドイツ戦のようなパフォーマンスがチームとして出来るかどうかを見たい。

 ドイツ戦で出たセットプレーでの弱点も、マルタ戦の展開次第では、再チェックする機会も得られないし、そもそも、このゲームで大量得点しても何の意味も無い。ライバル国の偵察部隊に長所を教えてあげるだけだ。

 各チームの≪ 準備試合 ≫を見て、ドイツ入りしてからのテストマッチは、強いチームとゲームを組んで勝つとか、弱いチームに大量得点して景気付けする。そういう目的のために行なうのでは無いという事が判ったと思う。

 あくまでも、コンディションの調整や基本的な戦術やコンビネーションのチェックが目的なのだ。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/102-b395687f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。