サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーコ・ニッポン完敗

 WEBサッカーマニアの予想コーナーでは、対オーストラリア戦を、≪ 3対1でオーストラリアの勝利 ≫と予想して見事に的中しました。

 見てのとおり、はっきり言って完敗の内容でした。

 1点目・川口の強引な飛び出しが全てですが、あのような軽率なプレーを、川口は昔からよくやってるので、驚くに価せず。
飛び出していってボールに触れないとか、キャッチングミスで、ポロットこぼすとか、大事な大事なゲームでやっちゃったわけで、「またか!」「こんな時に出るなんて!」というのが実感。
 2点目・あの瞬間、ゴール正面にぽっかりと穴が空いちゃった。あのシチュエーションでは、あのスペースをカバーする役割はボランチ「小野」と「福西」なんだけど、小野はSHした相手選手の後方で、福西は斜め後ろで、シュートする間際まで、傍観者になってた。
 
3点目・前掛かりになった時の守備の甘さを突かれて失点という、悔しいパターンだけど、一対一で抜かれた駒野は攻められない。
 それにしても、失点場面はセットプレーでDF陣が競り負けた直接ゴールに叩き込まれたモノではないという事に注目しよう。例えば2点目と3点目、シュートする相手に最後に飛び込んでいったのは「宮本」だった。酷評を浴びてた空中戦でも、かなり抵抗して、まともにヘッドさせるシーンは少なく、ピンチになる前に、こぼれ球を随分クリアーしていた。

 このゲームで、奮闘したとして評価されるのは、「駒野」「宮本」「中沢」といったDF陣で、逆に期待外れだったのが「中村」「小野」「中田英」だろう。

 それにしても、ゲーム終了後のインタビューに答える「川淵会長」の憔悴しきった表情が印象的だった。これが何を意味するのか知りたい。いくら現地は暑いといったって、暑さ以外の要員・つまり、4年前、強化委員会を無視して半ば強引に「ジーコ」監督就任を決定付けたのだから、それでこういう結果が出た事が「責任問題に発展する事を連想したためかも知れない。

ア~!あと、2試合の辛抱だよ

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/108-7ca62460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。