サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロアチアの強さと脆さ

 ブラジル対クロアチアは予想通り、クロアチアの強さが証明された1戦だった。ブラジルが初戦で無理をしてこなかったという面を考慮しても、守備陣はかなり強力で粘り強い。98年のフランス大会の時のようなスター揃いで攻撃力のあるチームではないけど、駆け引きが巧みでしぶとくて勝負強い特徴は変わらないようだし、むしろ、このチームの方がまとまっているんじゃなかろうか?

 テストマッチでブラジルと引き分け・アルゼンチンに3-2で勝ったのに、日本国内では異常に低い評価しかされなかったのは非常に不思議で、どこに原因があるのだろうか。強さを認識するよりも、重箱の隅をほじくるように弱点や欠点を探してたのが印象的だった。

 大会直前の親善試合で、不振だった為に『守備陣崩壊』なんて伝えられたけど、直前のゲームなど、強化目的ではなく調整に過ぎないのだという事がよく判ったと思う。

 どうしても日本に勝って欲しいという願望を込めて辛口評価するとしたら、別のところでも指摘したのだが、クロアチアが、両極端な内容のゲームを行う原因として考えられるのは、対戦相手に合わせてしまう傾向があるのではないかという事。

 それは、日本のように弱い相手にガチガチに守備固めされたら拙攻を繰り返す一方で、強い相手には速攻が決まるという戦術的な要因ではなく、クロアチアの場合は、弱い相手・レベルが低い相手には『油断する』 『手抜きを行なう』といった『メンタル』に問題があるように感じる。

 こういうことなんだ。クロアチアは強さ・巧さ・クレバーが目立つけど、メンタルに問題あり。

 こういうチームは一端、波に乗せたら手がつけられない強さを発揮する反面、気分が乗らない時には、ガタガタになって崩壊する危険性もはらんでる。
 
 だから、日本戦よりも対オーストラリア戦で『ヒディンク』がクロアチアのリズムをぶち壊し、モチベーションを低下させる為に、どのような『策略を練ってくるのか』のほうが楽しみだ。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/111-db3da087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。