サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうするスウェーデン

 グループリーグも2順目に入って、ベスト16進出の見通しが出て来たようだ。ここではグループBについて触れてみたい。

 まずイングランドは決定・残り一つは、スウェーデンが有力だが、3順目のゲームは、どのような駆け引きが行なわれるかが見所だ。トーナメントの一回戦で、対戦するA組の相手は、おそらく1位がドイツ・2位がエクアドルになるだろう。
 
 最後のイングランド対スウエーデンは、イングランドは引き分けでも1位通過なので無理はしないと思う。もし負けて2位になってもドイツとは行けると考えているだろう。ドイツとの対戦は、現在の戦力比較ではドイツの方が嫌がるはずだ。
ドイツのDFでは、イングランドの攻撃を封じ込められないだろう。初戦から2戦目とイングランドは、攻撃陣が徐々に調子を上げてきているので、トーナメントの1回戦で当たったら意外な大差がついても不思議ではない。 

 スウェーデンは負けた場合、トリニダード・トバゴが、パラグアイに勝ったら勝ち点で並び、得失点差で抜かれる危険性がある。そこで、引き分けて勝ち点5の2位通過という線が一番可能性があるのではなかろうか。 
 ただし、イングランドの監督はスウェーデン人のエリクソンなので、ひょっとしたらメンバーを落として母国スウェーデンの1位通過に協力するかどうかもチェックしたい。

 問題は、スウェーデンがドイツとやっても勝てるという自信があるかどうかだ。ここまでの2戦は、決して悪い出来ではなく、ただ得点がなかなか入らない展開になったので苦戦していたように見えただけなのでドイツと対戦しても勝てるはずだ。
 
 というわけで、イングランド対スウエーデンは駆け引きが横行しても仕方が無いと思いたい。もちろんそのような計算抜きで好ゲームを演じてくれたら嬉しいけど、上位進出を考えているならば、あまり消耗しない戦い片を選ぶのが賢いと思う。


スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/114-32c92c70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。