サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見逃せないオランダ対アルゼンチン

イングランド対スウェーデンは、両チームにとって最も望ましい結果になったようだ。当初の予想では、駆け引きが横行して退屈なゲームになるかと思ったが、意地と意地がぶつかり合った中々の好ゲームだった。それに気がついたと思うけど、両チームとも初戦の時よりも、コンディションが随分良くなってる。 

オランダ対アルゼンチンは、凄いゲームになりそうな予感がする。通過順位が1位か2位かで、ラウンド16以降の対戦相手の予測が立つから、メンバーを落として駆け引きをしたり、何が何でも勝ちに行くかの判断をしてゲームに臨む事になる。

 特にオランダの方が必死になると思う。ここを2位通過だと、次は曲者のポルトガルになる公算が強いし、準々決勝の相手が優勝候補のイングランドになる。いずれも相当な苦戦が予想されるし、オランダは、セルビアの善戦に苦しめられて、次のコートジボアールには負けても不思議じゃない内容だった。

 1位で通過すれば、次の相手はこれまた今大会パッとしないメキシコと当たるだろうし、準々決勝の相手は、おそらくスウェーデンがドイツに勝って出てくると予想する。アルゼンチンは、どちらでも勝ち抜いて準決勝まで行く力を持っているが、1位で通過した方が予想される次の位対戦相手が2位で通過するよりも比較的楽な相手になるのだから、こは消化試合ではなく激戦になると予想したい。

 グループリーグでの戦い振りを見ていると、アルゼンチンの順当勝利という形になると思うのだが、オランダがどこまで抵抗するかが興味深い。アルゼンチン攻撃陣の速さと巧さに付いていけるかどうか疑問を感じるのだ。逆の見方をすれば、アルゼンチン封じ込め対策の手本となれるかどうかが、オランダの守備陣には掛かっているわけだ。


スポンサーサイト

テーマ:FIFA World Cup 2006 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/119-2b6b84d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。