サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準々決勝の予想・Ⅱ

 昨日はイタリアの完勝もありうるという予想は的中したけど、ドイツのPK勝ちは、ちょっと予想外だった。ペケルマンの采配に関しては、GKの負傷交替という不測の事態による不運もあったという見方が出来るが、そういう時にどのように対処するかが問われるという事だ。

 さて「イングランド対ポルトガル」予想はイングランドの勝ちにしてるけど、ポルトガルをどう評価するかだ。オランダ戦では、カード連発の激しい肉弾戦に負けなかったので、イングランドが相手でも通用する可能性が高いだろうが「相性の良いオランダだったから」という点を割り引いて評価するべきだろう。ポルトガルが勝つとしたら、その経験豊富で老獪なベテランが、若手の多いイングランドを「経験と駆け引き」の差で翻弄するというパターンに持ち込んだときだと思う。
 ただ対オランダ戦の結果、ポルトガルはプレーが荒いという印象を審判団に持たれているようだと、ファウルが命取りになる展開も充分にあるんじゃないか。その時は「ベッカム」のFKが勝負を決めるかも。

「ブラジル対フランス」は、普通に考えればブラジルの圧勝だろう。フランスの対スペイン戦の勝利は、スペインが舐めてかかっていたように見えるんだが、どうでしょうか?自分達が絶対優位にあると思っていたので、フランスの意外な粘り強さにあって、最後までリズムに乗れなくて、ずるずるっといっちゃったように思う。
 ブラジルは対日本戦で楽をしすぎたので、その反動で「ガーナ」に苦戦したわけで、今回は気を引き締めてゲームに臨めるはずだ。ちょっと気がかりなのが、対日本戦を除いて、後のゲームは、コンディションが良くない事で、負ける要因になるかもしれない。もっとも、フランスが勝つとしたら「ジダン」の狂い咲きを期待するしかないでしょう。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/128-d4d9ed84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。