サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホリエモンを絶賛したスポーツライター

 ライブドア、そしてホリエモンが大変なことをしてくれた。(中には、めでたい、愉快だと思ってる人も大勢居るはず)私が興味深く、また楽しく拝見しているのが、マスコミやコメンテーターで、かってホリエモンを支持し好意的に報道してきた連中が手のひらを返して批判・攻撃している様子だ。
 日頃、大衆操作を企み、扇動・啓蒙するような事をやってる連中の、無節操で羞恥心の無い姿を充分に観察できるから愉快でたまらない。
 
 スポーツマスコミも全く関係ないかというとそうじゃない。ホリエモンが全面に出て主役となった、昨年の近鉄球団買収騒動と、それに続くプロ野球界参入の件の頃を振り返ってみよう
 瀕死の状態のプロ野球の救世主のように扱い、狂喜、絶賛の嵐で大歓迎した連中の事を思い出そう。
 
 ホリエモンのような人物、ライブドアのような会社を見たら、普通に人生経験を積み、社会人として生活してきた者の眼で見ると、はっきり言って『ウサン臭い』 『これは怪しい』と警戒するものだが、エリートとか勝ち組みといった評価の前に、冷静な判断が出来なくなってしまったのかも知れないが、誉めたてた連中をあちこちで見ることが出来たはずだ。

 その代表格が、最近はあまり御目にしないが、スポーツライター(世間ではそう呼ばれているらしい。私には理解できないけど) として活躍した『玉木大先生』である。確か、こんなことを言っていた。

『ライブドアの近鉄球団買収を認めよ』
『全てのプロ野球ファンはナベツネ・ツツミの阿呆連合を拒否して、堀江社長の新路線を支持しよう』

 いやはや凄い事を言ってたもんだ。もしホリエモンが、近鉄のオーナーになったり、「楽天・三木谷社長」に競り勝ってたら凄く楽しい嬉しい大笑い、じゃなくてトンでもない大騒動に発展してただろう。なにしろ粉飾決算の疑いの濃厚な会社がプロ野球の球団のオーナーになってたんだから。
 ホリエモンの参入を拒否した「ナベツネ・ツツミの阿呆連合」の判断が正しかったという事じゃないか。

 反ナベツネ・反読売の度が過ぎるのも考え物だ。冷静さを逸して、大衆を扇動するアジテーターのようになってしまってる。このような人物を、スポーツライターとして評価したり、メディアに登場させること自体に問題があるように思う。
 例えば、まだ人生経験が少なく世間をよく知らない若者ならば、ホリエモンを自分達の代弁者、目標とする人物として評価するのは止むを得ない部分がある。
 しかし、玉木大先生のような影響力のある立場の人が、安易に狂喜絶賛したのは、批判されても当然とはいえないか。

 これは実はサッカー界も近い将来に関係があるかも知れない。6月のW杯で惨敗したら、あるいは川淵会長が失脚するような事件があったら、マスコミもライターも、ジーコや川淵会長の、今は公表できないスキャンダルや裏話を次々出して攻撃する可能性がある。それは今後の注目点として頭の片隅に入れておいた方が良い。






 

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/13-90c3c362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。