サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうした?ストイコビッチ就任?

 非常に興味深いニュースが入ってきた。ただし、ジダンの頭突きの事ではなくて、代表スタッフのコーチ人事に関してだ。
 
 オシムが指揮するA代表のコーチ陣が、全員日本人で固められることになった。また、GKコーチについては田嶋委員長が「日本の弱点でもあるし、外国人を招へいしてみてはどうか」と提案したが、川淵キャプテンによればオシム監督は「今年いっぱいは日本人でいい」と答えたという。

なぜ、興味深いのかというと、川淵失言の直後の次期代表監督の一連の騒動を思い出してもらいたい。その中で注目するのは以下の点である。

 ストイコビッチに対して日本協会が監督候補としてオファーを出していた事を忘れてはいない。
 
 川淵会長は、オシム監督がストイコビッチのスタッフ入りを希望した場合は「問題なく認める」という。また、時にはオシムが総監督的立場になるとも述べたとされている。
 ストイコビッチに近い別の関係者は、当面は代表の監督ではなくチーム強化を統括する立場に就くよう要請されたと明らかにした。

 最近のオシムと田嶋委員長の交渉過程の中で、オシムは『コーチスタッフは日本人で良い。人選を任せるので推薦して欲しいような発言をしているのだ』
 今年いっぱいは日本人で良いというのは、全部のスタッフでは無くて、あくまでもGKコーチであると解釈出来る。

 これらの発言から、オシム本人が≪ストイコビッチをコーチに希望≫などしていないのが判った。では一体誰が希望したのか?
 川淵会長が話して、また日本協会が要請したという、オシムが総監督・ストイコビッチが≪当面はチーム強化を統括する立場≫などと言う構想が、どこにも出てこないのは、どういう事なのだ。

 まだコーチングスタッフの人事は流動的なようだが、もしストイコビッチが選ばれたならば、それは日本協会と川淵会長の強い希望と判断しても良いのではないか。
 
 そして次のような事がポイントになる。
田嶋委員長がリストアップした候補者の中に『ストイコビッチ』の名前があったのかどうか?
 もし無かったのに、監督要請のオファーを出したのならば、これはもう、≪ジーコ≫選任の愚行を再度繰り返した事になるのだ。もしそうだったら、大変な事になると思ってもらいたい。
 これは川淵会長には失礼な事で申し訳ないが、定期的に精神状態を検査した方が良いのではないだろうか。これは侮辱や悪意ではなく、川淵会長の健康状態を心配した上での提案と受け取ってもらいたい。
 
 絶対にあり得ない事なんだよ!
ジーコを鶴の一声で決めてしまい、批判に晒されても馬の耳に念仏で、W杯本番では明らかに失敗したのに、次の監督候補も≪自分の意見を押し通して、監督としての実績が ゼロ のストイコビッチを入れるなんて、このような判断は正常な感覚では起こりえないし、また理解できないものである。


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/135-117fbbe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。