サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21日のオシム調印の役割とは?

WEBサッカーマニア・正論55[『オシムはジーコの流れを継ぐか』
おかげさまで大好評です。多大な賛同とお褒めの声を頂き、皆さんのお役に立てて良かったと思います。あそこで取り上げた20項目をチェックする事で、ジーコ流を継ぐ人材とかで、オシムを選んだと言う川淵会長の矛盾点を指摘出来て、またジーコの失敗を暗に認めたという解釈が可能となる。

 単なる皮肉やブラックジョークでないのは一目瞭然。実用的なチェック項目と批判のための資料として御活用ください14日に行なわれた技術委員会では、大変に驚いた事に、ジーコ采配の検証は行なわれないという異常な状況だったようだ。
そのような状況だからこそ、正論55は、安易で引用しやすい資料的価値としての役割が増大したといえよう。

 さて、川淵会長は、相変わらず策略を練っているようだ。
21日にオシム監督就任を理事会で承認後に、契約調印を公開で行なうという。
 
 さて、ここで『?』と感じる事がある。
21日の理事会というと、川淵会長の進退問題が問われる場にしないで、オシム監督正式誕生を世間とマスコミにアッピールする場にしようという腹積もりが見え見えではないか。
 おそらく、翌日22日の新聞各紙は『川淵会長留任の是非』など片隅に押しやられて、オシム調印報道一色で埋まると予想される。これで『川淵会長も次の2年間~4年間』南アフリカ大会まで万全となり、ホッと一安心するという筋書きかな。

 帰国会見での『オシム』失言で自身の責任・進退問題を封印したのと同じ手法のようではないか。

 7月に入ってからは、本来、広報担当が発表すれば良いと思える程度の事までも、わざわざ川淵会長自ら発表している。あれは、皆の前へ出て行って、各記者の様子と自分への態度を偵察するのと、批判出来ないように睨みを効かせるという二つの目的があると思う。

 こういう事を行なうのは典型的な独裁者の特徴だ。疑心暗鬼になっている権力者には良くみられる事だ。また小心者のそれでもある事を知っておこう。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/137-4eeca687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。