サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006オールスターサッカー

 ここ数年、オールスターは観なかった。なぜか、所詮お祭りムードの顔見世イベントに過ぎない、プロ野球を真似た下らん興行に成り下がったからだ。

 しかし今年のオールスターは面白かったし、後半の途中までは観る価値のあるゲームだったと思う。終盤はだれちゃったけどね。

 Jリーグが再開するのでコンディション的には申し分なく、この蒸し暑さの中で両チームの選手は良く動いたのではないか。特にDFとMFを中心にアグレッシブなプレーが目立ったのが収穫と言える。

 ただ『巻』『我那覇』以外の日本人FWには失望した。W杯で惨敗した直後の大切なゲームと言う意味が全く判っていないようだった。オシムの御前試合なのだからアッピールしようとするよりも、ケガを恐れて今までの ≪お祭り興行≫ と同じ調子でプレーしていたようだ。
 『巻』は文句なしで代表にふさわしい内容だったし、我那覇は、まだ代表のレベルじゃないけど一生懸命アピールしようとした姿勢は充分に伝わってきた。このFWの組み合わせでは活きないのかも知れないので、一度代表で試しても面白いんじゃないか。

 他には『根本』『小林』といった才能がありながら、ジーコに無視された有望な若者が活躍したのが良かった。それに両サイドできる『内田』なんか、今は、間違いなく成長期だから使えば使うほどに伸びるはずだ。すでに現時点で『三都主』よりも数百段、優れたDFと評価して間違いない。W杯に連れて行けば良かった。
 長い間、日本の弱点と言われつづけたが、根本・内田・駒野・家長・レッズの相馬と、左サイドのBKが出来る人材がこんなに居るんだと皆が気が付いただろう。いまだに服部などと言ってるバカは居ないはずで、オシムが誰を選ぶか楽しみになってきた。

 W杯では ≪川淵の独断で決めたジーコの選んだ代表≫が、不様なゲーム内容で惨敗して大恥をかいたけど、今日は、積極的にロングシュートを打って、前線ではプレスもガンガン掛けてと、4年後に向けて選手の意気込みに関しては期待して良いと思う。

 こういうオールスターならば、来年も見たいものだ。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/138-8d509737
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。