サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子アジアカップ Ⅱ

 なでしこは残念だった。勝てたゲームだったのに、実に悔しい敗戦だった。2-0だったが、2失点は両方とも防げたもので、原因は日本側にある。

 1点目、ヘッドでクリアーしたボールが相手に渡ってのもので、典型的な《プレゼントゴール》といえよう。あのヘッドはDFとしては非常に拙いプレーだった。あの場合、クリアーをゴール正面に返しては行けない。あそこで拾われたら正面から、まともにゴールを狙われてしまうから、サイドへ流すのが鉄則だ。しかもフリーで、しっかりとジャストミートしたヘッドだったのだから、まず相手にセカンドボールを渡さない事を第一に考えなければいけない。

2点目、CKからのボールをGKが一端はキャッチしたのに、相手に前に入られて接触した事でボールをこぼしてしまい、それを見事に叩き込まれたもので、表面的にはフィジカルの差がもろに出てしまった形だけど、高い相手との競り合いをする際には、あのようなシチュエーションは、想定の範囲内なのだから、ちょっと油断があったんじゃないか。GKが手を使えるという利点をいかさないと。

 それにしてもオーストラリアは強かったし、随分とレベルアップしていた。特に守備面での成長は著しく、昨年、西ケ丘で対戦した時とは別のチームになってた。あの時は、両サイドのDFがスカスカで、CBとボランチがサイドに引っ張られて、中にスペースを楽に作らせてしまったんだけど、今回は中央のカバーが良くて、最後の一線で日本の攻めを防いでいた。
 調度、日本対中国戦で、日本DFが見せた守備と共通するものを感じたが、このゲームでは、逆に日本がやられたわけだ。
 中盤のプレスも、昨年は最後まで続かずに後半は消耗したのが、今回は最後まで頑張ったし、スリーラインがしっかりとしていて、組織的なサッカーになっていた。

オーストラリアは、地元開催という事もあっただろうが、勝ちにきていた。昨年は、《日本に合わせてシステムを変更するのではなく、自分達のやり方で戦うというポリシーを持っていたのだが、今回は日本を意識して勝つためのやり方を選択してきた。
 西ケ丘の時には、ボールを奪うと一気に日本のDFラインの裏を狙ってきたのだが、今回は両サイドへ速めにロングボールを出して、日本のサイドの選手が楽に攻撃参加させないようにしてきたし、永里のマークも厳しかった。

 もう一つの準決勝で、北朝鮮が負けたのは以外だった。オーストラリアよりも強敵だと思っていたが、もう一度W杯本大会の出場権を獲得するチャンスが与えられたのだから3位決定戦には、何が何でも勝つという戦いを挑んでほしい。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/146-24b71734
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。