サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子アジアカップ・Ⅲ

 アジアカップ準決勝・中国対北朝鮮での暴行事件は話題になったようだ。女子選手による審判暴行に加えて、相手サポーターとのペットボトルの投げあいはかなり衝撃的な映像だった。
 しかし、裏を返せば、それだけ真剣にゲームに臨んでいたという事になる。全体主義国家の場合、国際大会の成績が生活や引退後の待遇に直接的に関わってくるのだから、負けて平然としてたり、ピッチに大の字になって寝転がるよりは必死さが伝わってくるではないか。

問題の得点シーンは、≪戻りオフサイド≫じゃないだろうか。不幸にも2~3回しか問題の映像を見てないのだが、オフサイドルールが新しくなって≪オフサイドポジションに居るだけではオフサイドにはならないが、ボールに関与した時点でオフサイド≫なのだから、あのシュートした選手は、その直前に飛び出ていた2人のうちの手前の方の選手に見えた。 

 対日本戦の出場停止の3選手は、ともに守備の選手で、アジア杯ではレギュラーとして活躍していたそうだが、これで日本はかなり有利になったように見えるが交替で出てくる選手がどれだけの能力があるか不明なので、やってみないと判らない。

 昨年の東アジア選手権で日本は完敗したが、あの時とGKは同じで、DFも右サイドは「ソン・ジョンソク」だった。ただ右CBの「ソン・キョンソン」は出ていなかったので実力は不明だ。
 あの時の対戦を参考にすれば、北朝鮮のチャンスの多くは、中央と右からの攻めから生まれたものだが、右のCBとサイドバックは、攻撃よりも安定した守備で貢献していた。ツートップのFWに、右MF・ボランチまでもが、その右サイドを使ってガンガン攻撃参加してきて、日本の左サイド《矢野》と《柳田》が防戦に追い込まれて消耗してしまい、左サイドの攻めが全く機能しなくなった。
 
 3位決定戦では、それがどう影響するかに注目したい。
守備の二人が抜けたお陰で、攻撃にも悪い影響がでるのか、それとも北朝鮮の層の厚さを見せ付けられるのか、いずれにせよ非常に大切な一戦になるのは間違いない。
 アテネ五輪予選の時の《上田監督》は、対戦相手の弱点を突く戦い方を選択する事が多かったのだが、《大橋監督》は、自分達のやり方で勝つという選択をするようなので、ちょっと戦術的に柔軟性に欠ける危険性がある。展開によっては《勝つためのサッカー》にこだわってもらいたいのだが、果たしてどうでるか。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/147-f691284c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

なでしこWの壁…相手と同宿、広報ナシの“極貧待遇”

 なでしこジャパンの前の監督って、上田栄治さんでしたっけ。ネットの百科事典(ウィキペディア)を閲覧したら、成績不振でベルマーレ平塚の監督を辞任して、下積みに近い形でマカオの監督をやって、それからなでしこジャパンの監督に就任なんですね。そして、アテネ五輪で

  • 2006/07/30(日) 00:41:36 |
  • 関東佐藤組

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。