サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表よりも、イベントのスポンサー優先

 日本代表の対ボスニア戦メンバーには、2月25日に行われるゼロックススーパーサッカーで対戦する、ガンバ大阪と浦和レッズに所属する選手は選出されない方向のようです。

 呆れました!!!
昨年の東欧遠征も『オールスター』に出場する選手を除いたメンバーで行い、MF陣とDF陣の連係の悪さを浮き彫りにさせたばかりだというのに、またもや同じ事の繰り返しとなる可能性が強い。

 東欧に続き今回と、この二度の遠征は欧州組みも召集して戦える数少ないゲームとして重要なものであったはずだ。
 今回、遠征に参加しないのは、ガンバの『宮本』『加地』レッズの『三都主』『坪井』、いずれもDFの選手達だ。
 ジーコは昨年『今後は、メンバーの入れ替えを少なくして固定して戦いたい』というような主旨の発言をしているのだから、協会としても、ここは代表優先を貫くべきではないか。
 
 リーグ開幕の1週間前にゼロックスサッカーを行うという日程の変更が出来なかった。(最初から動かすつもりもなかったのかもしれないが)オールスターもゼロックスも、スポンサー企業の顔色を伺い、利益を優先させたという事だ。
 
 この事に関しては、スポンサー企業も多額の出資をしているし、プロなのだから、このようなイベントを優先するのは当然という意見が出てくるだろうし、そのような考え方も間違ってはいない。スポンサー企業にしてみれば、代表選手が参加してくれた方が盛り上がり、マスコミの注目も集まるから、譲れないという気持ちが強い。

 しかし、今年は4年に1回のW杯本大会の年であり、その為の準備期間も消化できるゲームも限られているのだから、今回は調整するべきではないだろうか。興行よりも代表強化のほうを優先するべきだ。例えば、今年に限り中止にするとか、時期を変更する。あるいは代表選手抜きで開催するという方法もあっただろう。

 あるいは、ジーコがW杯で不振に終わった場合の格好の言い訳を用意させてあげたつもりなのだろうか?
 『主力選手が国内のイベントやクラブの都合を優先するのを協会が認めたために、思うような強化が出来なかった』と言われてしまい、監督の責任ではなく、協会とJクラブに責任があると責任転嫁をされて、世間一般に評価が定着してもいいのだろうか。
 

  




スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/16-6e073e97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。