サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見ていて疲れた対イエメン戦

イエメン戦は、一方的に押し込む展開で、あれだけチャンスを作りながら攻めあぐみ、イライラが募る見ていて非常に疲れるゲームだった。どうにかこうにか得点を挙げて2ー0の勝利を挙げたが本当に疲れた。
 さて、オシム《ニッポン》見所として5点を指摘したが、どうだったろうか。

1・[CF巻とのコンビ]・東アジア選手権の時に一緒にプレーしていた事もあり「田中達也」との凸凹コンビは良かったし、佐藤寿人は出場時間が少なかったが、この相手ならば、思い切って3トップにしても面白かった。

2・[MFの構成]・スタメンの4人が一番良い組み合わせと考えたのだろうが、羽生が入ってからアグレッシブな組織的な攻撃が見られたのが印象的だった。特に指摘したいのは、三都主が「羽生」「佐藤勇」との間の意思疎通が欠けており、連係が巧く行かなかった点である。後半の三都主はジーコの代表そのままの動きであり《オシム流》とは相容れないプレーだ。

3・[三都主の動き]・2点に絡んだのだが、やはり懸念したとおりの惨状だった。後半、あれだけフリーでボールを持つ機会があったが、強引に真ん中へのドリブルとショートパスを連発してチャンスを潰し、何も工夫をせずに中途半端なクロスを放り込み、拙攻のS級戦犯である。やっぱり、サイドから崩すよりも中央突破の攻めが好きなのであろう。

4・[中央の守備陣3人の連係]・相手のカウンターの威力がたいしたことが無かったのも幸いしたのだが、うまく行ったのではないか。「トゥーリオ」は後半はほとんど前へ上がりっぱなしだったが、「鈴木啓太」と[阿部」とのバランスも良かったが、強い相手との対戦ではどうなるか。

5・[退いて守る相手への攻め]・ジーコの時は、中央突破に執着して攻めあぐねる展開になったが、このゲームもやはり同じパターンなってしまった。その原因は3の項目とも重なるのだが、三都主を起点に使うのと、相手とのレベル差が大きく、ボールが持てて余裕があるので、 持ちすぎ&左右への展開が遅くなるためである。

 オシムは終了後のインタビューで《メンバーの入れ替え》を示唆したが、当然だろう。9月のアウエイの2連戦で、海外組みを収集するならば、今回のゲームの反省点も考慮する選考が行なわれるのではないか。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/161-8c69f400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。