サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月のアウエイ・2連戦に向けて

 オシムは欧州勢の召集に消極的と伝えられているが、今、非常に難しい情況にあると推測する。なぜかと言うと、欧州のシーズンは開幕したばかりで、立場が不安定な日本人選手の場合、レギュラーポジション獲得の為には、ここで代表に戻るのはマイナスになる。

 国際Aマッチデーであっても、9月の2連戦は中東で行なわれる。日本に戻ってくるよりは近いだろうが、気候とコンディショニングの面で問題がある為、まずは所属クラブでの地位確保に専念させる考え方は良いと思う。

 オシムが表明したように、所属クラブでゲームに出場している事が条件ならば、それに確当するのは《松井》《中村》の二人だけだ。

 この二人抜きでも《サウジ》《イエメン》とのアウェイゲームを乗り切る事が出来る自信があれば、無理をしてでも召集する必要は無い。
 またこの二人、特に中村のプレースタイルが、「オシム」の目指すサッカーと合致しなければ、なおさら呼ぶ必要は無い。ただし、その場合には対イエメン戦のようなゲーム運びとスローテンポな手数を掛けるサッカーではなく、《考えて走るサッカー》をピッチ上で表現出来る事が条件になる。

【 暑いサウジ 】【 標高の高いイエメン 】この条件の下で、果たしてオシム流のサッカーが展開できるのかという点に不安を感じている人も多いだろう。
 9月の2連戦は、そのような環境も考慮して選手選考を行なうか、万全の対策を取るべきだ。
 W杯アジア予選の対イラン戦・バーレーン戦・などを参考にすれば、コンディショニングさえ注意して臨めば問題なくクリアー出来ると思うが、イエメン戦の時のような戦い方では、サウジには大苦戦するはずだ。
 あのような展開になってしまったら≪小笠原≫と≪中村俊輔≫が必要になってくる。遠藤と三都主ではゲームメイクし相手を崩すのは不可能だし、押し込まれてからのカウンターの起点にもなれない。

9月のアウェイの2連戦は、≪考えて走るサッカーを行なう為に、加地・三都主・遠藤を外して千葉勢をスタメン起用するか≫ それとも≪イエメン戦のやり方を基盤にしつつ若干の修正を加えるだけで選手の意識改革に期待するのか≫という、どちらかの選択をするわけだが、準備期間の少なさがオシムの思うようなチーム作りを行なう上で弊害になっているのは否めない。

 対イエメン戦での浦和とガンバ勢は(田中達也は除く)攻撃面で非常に拙かったのは誤算だったと思うが、オシムの引出しがどれだけ用意されているかが、早くもこの時点で試されるわけだが、新たに召集される顔ぶれを見れば、どのような決断をしたのか判るだろう。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/162-27cd5810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。