サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪失敗監督⇔解説者≫の悪循環にNO!

 Jリーグ・FC東京大勝!!!

これで監督が交替してから、2ゲーム連続大量得点劇が見られたのだが、倉又がこれほどやってくれるとは思わなかった。まだ2ゲームなので、この先どうなるかわからないけど、なんとかこの調子を維持して≪天皇杯≫でも獲得出来れば文句無し。
 
 倉又は、日本リーグ時代、《お荷物だった日本鋼管⇒NKK》が比較的、有力な選手を補強して強化の実が出て、ようやく上位を狙えるチームに成長して≪チームとしてピークだった頃≫に、レギュラーだった選手で、あまり派手じゃないというよりも地味な存在だったけど、自分の与えられた役割は忠実にこなす真面目な選手というイメージがある。
 FC東京でも、何人かの監督の下でコーチを務めてじっくりと勉強してきたんじゃなかろうか。監督としての成長を期待したい。

 ところでこの日の相手の福岡は、クラブタイの10戦勝ち星無しの惨状だとか、早く手を打たないとJ2降格の危険性もある。監督は《川勝》だっけ。その選任理由が全く判らない。川勝は、他のクラブで失敗してる人材なんだよ。プロの世界のトップチームレベルでは成功してない人だ。なんで失敗者を呼んでくるんだ?

 プロ野球の世界では ≪監督 ⇔ 解説者≫ という図式を良く観る事が出来る。つまり監督就任~成績不振でクビ・その後は【テレビやラジオの解説者】あるいは【新聞で評論家】などを何年か続けているうちに、また誰かが監督をクビになると、野球無知のバカなオーナーから声が掛かって、晴れて再度の監督就任。そしてまたもや失敗して解説者になる。

《このような悪循環を繰り返すというパターンが存在する。》

 サッカー界・Jリーグでは、そのような愚かな循環劇は必要ない。《失敗者》を採用するとか、チャンスを与えるならば、それなりの実績とか再評価があってしかるべきじゃないか。S級ライセンスを持っていて、過去にJリーグのクラブで監督をやった事があるだけでは採用理由にはならない。

どのような成績を残したか?どんな選手を育てたか?
失敗した原因の解明。クラブとしての目標と将来の構想。

そういった事を分析して、誰が最適か決める。失敗者だが、彼のこういう点を評価して、今後のクラブが発展していく上で、どの部分に期待する。だからこの人を選びましたといった具合に、《監督候補の実績と能力とクラブの現実》を説明すべきだと思う。
 もし縁故採用とか、サッカー界のしがらみとか、そのような情実が絡んだ事情で呼んだのならば《フロントも責任を取るべき》だ。

 他にも何人か同じように《監督》⇔《解説者》というパターンの人が出てきているのが現実だけど、そんな悪習が定着する前にやめてもらいたい。プロってのは実力の世界なんだよ。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/164-f2c94076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。