サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-17・アジアチャンピオン!

 U-17アジア選手権で見事に優勝!今回の優勝は非常に価値がある。

 対戦した相手が困難な相手ばかりだった。
地元の『シンガポール』に引き分け・来年の世界選手権・開催国の『韓国』に競り勝ち。準々決勝で『イラン』とPK戦の死闘の末勝ち残り、準決勝ではこの年代では強い『シリア』に完勝。決勝で強敵の『北朝鮮』に延長で逆転勝利。

 このような競り合って勝ち抜いた展開というのは、メンタル面での強さとか充実ぶりが感じられる。今までは競り負けてた相手に勝ったのだから喜びも大きいものがある。
 だからといって、この前提唱した靖国神社参拝など行なう必要なしと短絡的に結び付けたりはしない。自分は靖国参拝と言うのは国民的義務だと思ってるから。

 決勝戦だけテレビで見ることが出来たのだが、録画時間の関係で、延長前半の10分間までしか映ってないのが非常に悔しい。再放送をやってくれないかな。

 日本はテクニカルで攻撃的なチームだったと思う。良いリズムに乗せたら、ちょっと手がつけられないような怖さを相手に印象付けたんじゃないか。ワンタッチで綺麗にパスが回るけど、ただ綺麗なだけじゃなくて意図のある有効なものになっている。もっと涼しい環境でやったら『人も動く』サッカーが観れるだろう。

 得点に繋がった、ボールを持ち直さないでダイレクトでSHする習慣を大人になっても持ちつづけて欲しいと強く願う。ワンタッチ余計に触ったために、チャンスを潰すシーンを数え切れないほど観てきたから。
 
 それと、パワーとフィジカルの強さで上回る北朝鮮とまともに競り合っても何とか抵抗できていたのが素晴らしかった。相手FWの突進力にヒヤッとさせられるシーンも何度かあったが、この年代では、あのようなシチュエーションは必ずあるので、来年の世界大会では対応策を考えておかないと守備面で不安がある。

 面白かったのが『水沼』の走り方、特に腕の振り方や足の運びが、高校&大学生の頃の父親とソックリだった事か。ボールを持って無くても走る姿を観ただけで、『あ~あれが水沼の息子か~』と言う具合にすぐに判った。
 
 父親と比較して「キープ力」と「動きの幅の広さ」では息子の方が上だけど、内側に切れ込む時のシャープさでは父親の方が優ってたように思う。落ち着いてプレーしているのは親譲りでメンタル面では安定しているようだし、芯の強さも持ってるようなので頼もしい。

 これで、《U-19》 《U-21》も後に続いてもらいたいと思う。


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/176-5abdf15d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。