サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対インド戦で見せた収穫と課題

 対インド戦は見ての通り、川淵会長ならずとも、本当にイライラする内容だった。イエメン戦の時と同様、今後もアジアの格下のチームと対戦する際は攻めあぐみ、じれったくなるようなゲーム展開になると本気で覚悟を決めないといけないようだ。

 ガーナ戦では守備面で良くなり、また全体的にチームとしてのまとまりを出せたのだが、このインドはガーナよりもかなりレベルの低いチームなので同一に比較するのは難しいが、収穫と課題について見ると、収穫は《サイドチェンジのロングパス》を使えるようになった事と、《早くボールを回す》事を積極的に行なおうとする意思が見えつつあった事・そして《播戸》のアグレッシブな動きの3点をあげたい。オシム体制になってから起用されたFW陣の中では、一番良い働きをしたのだからノーゴールの【巻】に替わって中軸として扱ってもおかしくはない。巻の場合はSHの外し方が酷いのと、決定力以前にプレー自体が、もう一杯一杯かなと感じさせるような傾向があって、代表ではサブの選手のような位置付けになってしまう可能性もある。
 
 課題は、劣悪なピッチ状態への対策が必要な事。昔は日本が酷かったのだが、現在は世界有数のレベルにあるといわれている。いつも良いピッチでプレーする事に慣れてしまっているのが、思うようにプレーできず見ている我々もイライラする要因となっている。それと今回、攻撃面でチグハグな点が目立ったが、ここまで不動の存在だった【遠藤】の欠場に加えて、代役の【中村】のリズムの違いが有ったからではないか。中村が出す鋭いスルーパスと、速いテンポに回りが合わない時があるのではないか。

 守備は危うかった。ピンチは少なかったが、相手がインドだから助かっただけで、アジア諸国でも、もっと強い相手ならば後半は確実に失点していただろう。油断と手抜きが感じられたのは残念に思う。

 それにしても、バンガロールというIT先進国のインドの中でも、その中心地でゲームが行われたというのに≪停電!≫とは?
貧富の差が激しい国だから、社会環境や投資先なども歪んだ構造になっているのだろうか?
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/187-308089b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。