サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際試合の相手は厳選せよ

オシムは4年後のW杯本大会を見据えて選手選考と強化を行なう 方針をより明確にした。それは《今後の代表の対戦相手は敗戦覚悟で、格上の強豪相手を選んで欲しいと》希望した事だ。

 今回、非常に驚いたのが次の点だ。
ジーコ前監督は「勝って(公式戦へ)勢いをつけたい」などの理由で、FIFAランク100位前後の相手と親善試合を組むケースも少なくなかったという。

 本当に呆れて声が出ないとはこの事だ。救いようが無い程の酷い人物に代表監督を任せたものだと改めて感じた次第である。よく考えなくても、バカでも猿でもわかるだろうが、最近の日本サッカー界は過密スケジュールの中で、海外組みも含めたベストに近いメンバーを集めるのが困難な状態になっている。代表の国際Aマッチ&親善試合は、貴重な場となっているのが現状だ。ジーコの狂った脳の中には《準備とかテスト》という言葉が無かったみ違いない。

【親善試合とか準備試合】と位置付けられたゲームは【負けが容認されるもので、結果よりも内容が問われる】場合が多いのである。

 しかも無能のジーコは、メンバーを固定してしまいレギュラー選手を酷使してきたのだから、これはもう二重・三重どころか十重二十重の犯罪行為と断定してもいいだろう。

 しかし、オシム監督は「調整」的な試合は行わない方針だという。よりプレッシャーがかかる相手を選び、若い選手に経験を積ませる方針だそうだが、これは当然の事で、オシムが凄いのではなく、普通のチーム強化と若手育成策である。
《オフト》《加茂》《ファルカン》《トルシエ》といった歴代の監督の皆がやってきた《当たり前の事》にすぎないのだ。若手を起用せずに、その時点でピークにあるか、過ぎたベテランを大量に起用して重宝したジーコの采配が《狂っていただけだ》

「敗北は最良の教師」という考え方は当然の事で、ジーコのように敗戦から何も学ばずに、ただ悔しさと無念さだけを引きずり、目先の勝利ばかりを追求して先のことなど全然考えない采配は、代表チームの監督としては不適切の代名詞とでもいえるのではないか。

 最近の日本代表が国内でゲームを行なう場合は、相手が欧州や南米の代表チームでも、トップ10クラスではない国の一軍半や二軍編成のチーム、あるいはコンディション不良の状態で来日したならば、日本の一方的なペースになってしまい、ほとんど詐欺同然の内容になることが多い。これでは日本にとってプラス面が少なく得るものが無いのが現状である。
 
 強豪を指定して招待するのは大変に結構なのだが、一軍に近い編成で来なければ、ギャラは半額しか払わない、もしくは来日メンバーによって数段階に設定するとかと言った具合に《契約条件》を交渉してシビアに対応してもらいたい。
 大事なのは、どのようなメンバーで来日するかだ。だから、欧州の有力クラブに所属する選手ならば、開幕直前とか優勝争いの大事な時期には、代表の日本遠征には加わる可能性が少ないといったように《パッと》閃かなければ、マッチメーク担当者は失格なのだ。

 例えば、ジーコの時(平田が専務理事をやってた)のナイジェリアなんか、ギャラなんか一銭も払ってはいけないんだ。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/188-0557a993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。