サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京の来期監督に「山本」は冗談だろう?

FC東京の来期の監督候補に前磐田監督の山本昌邦氏をリストアップしているそうだ。マスコミ各社の報道によれば、前監督の大熊清氏、前マリノス監督の岡田武史氏も候補に挙がっているが、山本氏を本線に水面下で交渉を進めていると伝えられている。

 本当に山本で大丈夫だろうか?
自分は強い不安を感じる。
 アテネ五輪で、U―23日本代表を指揮した山本氏が、当時のU―23日本代表では、現在FC東京で主力の今野、茂庭、石川、徳永、平山がプレー。選手の特徴を把握しており、低迷するチーム再建にはうってつけの存在といえる。等と書いてるスポーツ紙もあるけど、まるで説得力を感じない。

 山本はU-23の時には、五輪予選段階からジュビロ勢を優遇してた。「前田」にボランチまでやらせて何とか最終メンバーに残れるチャンスを与えたし、「成岡」は中盤ならばどこでも出来るという触れ込みだったが、五輪予選では全く持ち味が出なかったし、「菊地」は本来ボランチなのにCBで起用したりと、これまた五輪メンバー残留に向けて至れり尽せりの扱いだった。東京の「石川」なんかまともな使われかたをしてなかった。

 アテネ五輪のU-23のチームでの山本采配というのは、酷かったじゃないか。
 マイボールにしてからの短時間での速攻にこだわり、ゴール前に急ぎすぎで「タメ」が造れずに、焦りと忙しなさの方に目がいってしまう。

 選手交替も誰を入れるかもパターン化していて、選手のコンディションとか、チームの置かれた情況など全くお構いなしに実行していた。

 「山本」采配ってのは、与えられた玩具が多すぎて、どれで遊んで良いのかわからず迷っている子供みたいだった。

 また結果的に、アテネ五輪でもジュビロでも≪失敗者≫の烙印を押された人物だという点が重要だ。本当にJクラブというのは、何故、こうも次から次へと失敗者を監督として迎えるのだろうか。

 候補に名前が挙がっている中で最悪の選択だと思うのだが、もし本当に就任が決定したら、過去の采配のミスを帳消しするくらいの結果を出してもらいたい。



スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/191-00bf7827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。