サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退き時期を誤った中条氏

 W杯ドイツ大会の記者取材証の認可と基準等で≪元朝日新聞記者≫の中条氏が醜態を曝け出したのが話題になったが、やっぱり中条氏は、これを機会に第一線を完全に退くべきだと感じた。

 なぜならば、2002年の地元開催『日韓大会』の際には、フリーライター枠の中に、≪長老枠≫というのを特別に設けて特別待遇を与えたそうだ。サッカーに対してそれほど好意的とも思えぬジャーナリズムの中にあって努力していただいた超ベテランライターの方に、永年の功績に報いる為に感謝の意を込めて、そのような枠を作ったそうだ。
 その中には『賀川』さんや『牛木』さんらに加えて『中条』氏も選ばれていた。 
 
 つまり日本協会も、他の若手や中堅ジャーナリスト達も、2002年の時に、すでに超ベテランの方達への義理は果たした礼節は尽くしたという事なのだ。

 現に2002年までW杯取材の第一線で活躍していた毎日新聞の元記者の方は、今回は自費でツアーに参加して一ファンとしてW杯を観戦していたそうだ。
 これが本当にサッカーを愛している姿ではないかと感じて、改めてこの方の人間性に感銘を受けた。中条氏とは対極に位置するようなこの方は、現役の記者の頃から代表やJリーグはもちろん、昔の日本リーグや大学サッカー、そして少年・女子まで、幅広く小さな大会まで観に来ていたのが印象的で、おそらく観戦試合数は膨大な数になってると思う。
 
 中条氏が、自分にはW杯の取材記者証が発給されるのが当たり前のように思っていたならば、これは考え違いといわざるを得ない。それが元朝日新聞記者という思い上がりから来るのか、それとも人間の資質なのか、あるいは4年前の事を忘れてしまうボケの兆候なのか、私には判らないが、別の観方をすれば、中条氏もこれで踏ん切りがついたのは、むしろ幸いと受け止めるべきだろう。

 W杯では日本代表のゲームのチケットなど要らない!自分が求めているのは準々決勝から決勝戦までのチケットだというなら、次回2010年には、どうかご自分で金を出して購入してツアーに参加するべきだ。
 少しは、元毎日の記者を見習ったらどうか。
 

 

 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/192-5ad4fa54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。