サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアユース決勝戦で無念

 アジアユース決勝は残念だった。後一歩という所で優勝を逃してしまった。
 小野や稲本が居た時の黄金世代よりも、このチームの方が実力やレベルは上だと思う。トルシエの時のユースは守備陣がフラットスリーを消化し切れてないどころか、ほとんど試行錯誤のような段階で大会に参加しなければならなかったせいか、一試合2失点してたんじゃなかろうか。
 そう考えたら、日本も随分と守備能力が向上したようだ。

「韓国」「北朝鮮」は、このカテゴリーでも既にチームとしてのまとまりは良く、成熟しており伸びしろが少ない場合が多い。逆に日本は、このカテゴリーでは未熟な段階で、準決勝の韓国戦・決勝での北朝鮮戦を延長~PK戦まで良く乗り切ったと評価して上げたい。

 決勝の北朝鮮から学ぶ事は、積極的なシュートをする姿勢だ。この特徴はフル代表と同じで、ユースでも距離があるところからでもドンドン打って来た。それが功を奏したのが先制点の場面であった。
≪日本≫≪韓国≫≪北朝鮮≫とベスト4のうち東アジアが3国を占めたのは大きい。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/200-77e9041d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。