サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の浦和レッズとガンバ大阪

 今日のFC東京対浦和レッズ戦は面白かった。
リーグの優勝争いは、自分の予想どおり最終戦までもつれ込んだわけで、これでガンバとレッズのどちらが優勝するか微妙になってきた。
 今日のゲームを振り返れば、浦和の選手のプレーの硬さとぎこちなさが目立った。優勝への重圧という事だろうが、このような雰囲気と経験を乗り越えて勝って行かないと、本当に強いクラブにはならない。それが続いてタイトルを獲得する事で《伝統》が創られ、積み上げられていくと思えば良いだろう。
『勝たなければいけないゲーム』では、今日のように前線の攻撃陣が厳しくマークされている時には、中盤やDF陣が思い切って飛び出すとか、ラインを高めに上げて押しむ時間帯を作るべきで、相手に来させておいてカウンターという戦い方では、リズムに乗せちゃう危険性がある。FW陣はつぶれ役になるとか、早くボールを回すべきなんだけども。
 だから、今日の浦和は「トゥーリオ」を除く守備陣は慎重になりすぎの感があるのと、ペナルティーアーク付近で「ワシントン」「三都主」「ポンテ」の3人は、ちょっと個人技に走りすぎたように思う。

 ガンバの攻撃力は凄い。
万事休すと思われたロスタイムに「マグノアウベス」の3点目が決まった時には、チームの勢いのような物を強く感じた。大体、過去のリーグ戦やカップ戦を振り返れば、優勝したチーム
というのは、このような奇跡的な神がかったような勝ち方をしていくパターンは、よくある事だから、そういう点じゃ「ガンバ』の方に怖さを感じる。

 自分は、守備の強いチームと攻撃優先のチームが決勝戦、あるいはタイトルが決まるゲームで対戦した場合には、守備の強い方が勝つと思っているし、実際にそうなる傾向が強いから『浦和レッズ』の優勝で決まると予想するけど、今日のような受身の状態で硬くなったら『ガンバ大阪』が3点差以上の圧勝という眼も充分にあり得るだろうから、ポイントは浦和が、キックオフからリラックス出来て、良い意味での緊張状態でゲームに入っていけるかどうかだと思う。
スポンサーサイト

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/205-c4c08481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。