サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベテラン選手の引退と移籍を受け入れよう

 Jリーグ終了と同時に、人事面の動きが活発化してきた。
先日の「秋田」(名古屋)「奥」「中西」「下川」(マリノス)に続き、「本田」「名良橋」(鹿島)の解雇が発表された。

 サポーターにとっては、悲しい事、残念な事だろうが、クラブの新陳代謝と活性化と戦力強化の為には、いつかは通る道なので、受け入れてもらいたい。
 いつまでも同じ顔ぶれが維持されている方がおかしな事で、もし、そうなったら、そのクラブは停滞する運命にある。だから、クラブに対して存続のための陳情や署名活動などはしないほうが良い。そういう行為は有能な若者の芽を摘むことになるからだ。

 ベテランは、自分の置かれた立場を受け入れねばならない。指導者の道を歩むか、あるいは解説者や評論家になるか、それとも現役に固執するか、それ以外にもフロントスタッフ入りしても良いだろう。
 サポーターや周囲の太鼓持ちや、芸能人や提灯持ちのジャーナリストは、『まだまだ現役でやれるよ』と甘い言葉をささやく。しかし、その言葉に現実を見失ってはいけない。誰にでも退き際というものがあるのを忘れないように。
 
 日本代表に選ばれて輝かしい過去があっても、全盛期を過ぎて醜態を晒すようなプレーで敗戦の元凶となり、若手の出場機会を奪うような愚行は許されない事を知るべきだ。そのような前例はすでにいくつか有るが、日本サッカーに対する背信行為だと認識して欲しい。

 また、クラブにはクラブの方針とか構想がある。それに外れたならば、まだ現役で通用する人材でも移籍する選択をしなければならない。
 「奥」「中西」は、まだ充分にJ1でもやれる能力があるのだから、自分を必要とするクラブを探して新たな活躍の場を見つけて欲しい。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/209-a4336116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。